生き方

「色気がある」女性になる方法。特徴を知って自分の魅力を引き出そう

色気がある女性にはいろいろなタイプがあります。自分には無理だと思っている人でも、魅力的な女性の特徴を知ることで、自分もその一人に近づくことができます。自分の魅力をアピールできる、色気を感じさせられる女性になりましょう。

色気がある女性になりたい

色気のある女性になって、男性を魅了させたいとおもっている女性もいるでしょう。男性も、色気のある女性を魅力的感じる人が多いようです。色気のある女性は、どんな特徴をもっているのでしょうか。

恋や女性として自信がない人でも、色気のある魅力的な女性になるためのポイントを知っておきましょう。

色気がある女性の特徴

色気がある女性は、次のような特徴があります。特徴を把握して、自分も色気のある女性に近づきましょう。

上品な所作ができる

グラスやカップは持つ手を添えるなど、上品な所作ができる女性は美しく見えます。このようなしぐさができる人は、女性らしい色気を感じるという男性が多いようです。

一つ一つの所作を雑にするのではなく、丁寧に一呼吸置くことで上品できれいな所作に見えます。落ち着いていると、むだな動きもないので一部分ではなく全体的に美しく見え、色気のある女性を表現できるでしょう。

清潔感がある

露出した服や高い服を着ていても、清潔感がなければ女性らしい魅力がなく、色気を感じないと思う男性は多いです。露出の多い服装は、基本的に「不潔」「淫ら」「だらしない」というイメージを持つ人もいます。しかし、露出があっても、姿勢がよくて服も上手に着こなせていれば、上品さを感じさせる着こなしができるでしょう。

また、清潔感を感じさせる着こなしができる人も、大人の色気を感じさせられるようです。綺麗な服を着ればよいという意味ではなく、身だしなみを整え自分らしい服装だできるかがポイントになるでしょう。

適度に肉付きがよい体型

女性は細身の女性に魅力を感じがちですが、お尻や胸に適度にボリュームがあると、女性らしい曲線が強調されたボディラインになり、男性からは魅力的な女性に見えるものです。そのため、細すぎる女性は魅力を感じないという男性も多いでしょう。

程度な肉付きがあると女性らしさを感じられ、色気のある女性としてみられます。肉付きのよい体型でも、魅力的に見える服装を選ぶことでさらに上品で色気を感じさせることもできるので、体型にコンプレックスを感じずプラスに考えて、女性らしさを表現しましょう。

ミステリアスな雰囲気

自分のことを必要以上に喋らない女性は、独特の雰囲気が色気となって魅力的に見える傾向があります。人は話をすることが好きで、自分のことをどんどん話したがります。

しかし、逆に話をしない女性は「ミステリアス」「気品」「上品」さを感じさせ、無駄に喋らない大人の色気を表現できます。話す女性も魅力を感じますが、逆に話さないミステリアスさも色気を感じさせる雰囲気を持っているものです。

男性経験が豊富

男性経験が豊富な人は、どのようにアピールすれば色気がある女性として見られるか熟知しているようです。男性経験が豊富だと、嫌なイメージをしがちですが、その経験を自分の魅力として表現することを知っているのでしょう。

だらしがない軽い女性ではなく、男性を知っている大人の女性として自分を高められれば、自然に色気のある女性として見られます。男性経験が豊富ということは、それだけ自分に魅力があり、辛いことも乗り越えてきたからこそです。自信を持って自分を表現しましょう。

色気がない女性の特徴

色気のない女性の特徴を知ることで、自分を見直すことができます。特徴を知り、このような女性にならないように心がけましょう。

男っぽくてガサツ

言動が男っぽい人は、女性らしい魅力を感じられずと色気がないと思われていることが多いようです。男性によっては、男っぽいガサツな女性のほうが気楽に付き合えるとして、魅力を感じるという人もいますが、多くの男性は苦手と感じるタイプであることを覚えておきましょう。

ガサツで男っぽい性格を見直し、「こうなりたい」というイメージを想像して、自分を改善できる工夫や取り組みを心がけることも必要でしょう。

服装に気を使わない

清潔感のない服装や極端に地味な服装は色気がなく、女性らしさを感じないという意見が多いようです。いつも同じ服、普段着だと女性らしさを感じにくいでしょう。いくらスタイルや肌もよく、メイクもバッチリしていても、服装に気を遣わない女性は色気を感じにくいと思う男性もいるようです。

季節に合った服や、いつもは着ないような服を着て、女性らしさを表現しましょう。自分も気分転換やリフレッシュ気分、イメチェン感覚になれるので、服装にも意識をしてみるとよいでしょう。

無表情で感情表現が乏しい

無表情の女性はリアクションが乏しく、話していても面白くないと感じ、魅力を感じないと思う男性もいるようです。無表情だと、自分に興味がないと感じさせ、会話の展開も進まず場の雰囲気も暗くなってしまいます。まずは、笑顔を心がけてみることから始めてみましょう。

笑顔の練習をすれば、場の雰囲気も明るくさせられ、魅力的な女性に近づけるでしょう。自分の笑顔にコンプレックスがある人でも、無表情でいるより魅力的な女性を表現できます。自分に自信を持って、最高の笑顔になれる練習してみましょう。

色気がある女性の服装

色気を感じさせる女性は、服装も違います。どんな服装が色気を感じさせるのかみていきましょう。

適度に露出した服装

過剰な露出ではなく、デコルテや腕、脚など、いやらしさを感じさせないよう適度な露出をすることも、色気を表現できる女性のファッションです。恥ずかしいからという気持ちが強いと、露出なしの服を選んでしまいます。

そうすると、男性なのか女性なのかわかりにくい服装になってしまうこともあるので、女性らしさを表現するためにも、ナチュラルな露出があるほうが魅力を感じさせられます。過剰になりすぎないように注意して服を選びましょう。

ボディラインが強調された服装

ボディラインが強調された服装は、露出していなくても体型がわかるので、女性らしい色気をさりげなく強調できます。しかし、体型にコンプレックスのある人は、このような服装を苦手とするので無理はしないようにしましょう。

今までとは違った服装にチャレンジしてみたいと思う人や、ボディラインに自信のある人、色気を感じさせる服装を選びたいという人は、積極的に選んでみることをおすすめします。

透け感がある素材の服を選ぶ

肌がうっすら透けて見える服は、男性の想像力を掻き立てる効果があります。抵抗がある人は部分的に透けた服装なら挑戦しやすく、レディース人気ファッションとして取り入れているお店も多いので選びやすいでしょう。

透明感があると、露出が苦手という人でも自然に露出に近いニュアンスの服を選べるようになるので、女性らしいファッションに近づけます。男っぽい服装になりがちな女性は、透け感のある素材の服装を選ぶように心がけましょう。

揺れ感のある服装で視線を釘づけ

シフォン素材やチュール素材のものなど、揺れ感のある服装は男性の目を引きつける効果があります。色気を感じさせるというよりも、女子を感じさせる素材です。シフォンだと、落ち着いた女性という雰囲気を演出し、チュールは若い女子という雰囲気を演出できます。

どちらも女性らしさを表現できるファッションに仕上げられるので、1着あると着回しもできて便利に活用できます。今まで挑戦できなかった人も、思い切って利用して女性らしさを表現してみましょう。

色気がある女性の髪型とメイク

色気を感じさせる女性の、髪型とメイクのポイントもチェックして、自分も色気のある女性に近づきましょう。

かきあげ前髪でラフな色気

かきあげ前髪は適度な抜け感がありつつ、大人っぽい色気を演出することができる髪型です。自分の髪質にもよりますが、できそうなら積極的に挑戦して、これをきっかけにイメチェンしてみることもよい方法でしょう。

かき上げるしぐさも、色気を感じさせるポイントになるので、髪型としぐさのダブル表現で、自分の魅力をアピールしましょう。ラフさは、自然でナチュラル、自由を連想させ、男性が魅力に感じるポイントになります。

揺れ髪ふんわりボブで大人の色気

パーマをかけたり、コテでゆるく巻くと、ボブでもフェミニンな印象になり、ふんわり感のある女性らしい髪型になります。髪型からも女性らしさが感じられると、男性も魅力的に感じる人が多いようです。

ふんわりボブは女性定番の髪型ですが、大人の色気を演出できる髪型として人気があります。単に肩まである長さの髪型ではなく、ふんわりを演出できるように工夫をして、自分なりにセットをして表現してみましょう。

おくれ毛まとめ髪で抜け感を演出

きっちりまとめるより、ゆるくおくれ毛を出して髪をまとめると、程よい抜け感が演出できます。ラフですが、だらしのなさというより女子のかわいらしさを表現できるでしょう。

男性からすると、キュンとするような髪型なので、きっちりまとめるのではなく、抜け感を出してまとめてみましょう。まとめかた次第では髪に動きをつけられるので、自分なりに楽しくアレンジできるようになります。

素肌のようなベースメイク

厚塗りしすぎず、欠点をしっかりカバーするベースメイクで、メイクしすぎていない自然な印象を目指すことで、綺麗でナチュラルなメイクができます。

男性は、ナチュラリメイクに魅力を感じる人が多いので、厚塗りはNGと考えましょう。メイクも大切ですが、スキンケアも忘れず素肌ケアも継続して行うことです。素肌がよいと、メイクも綺麗に仕上げられるので、薄いメイクでも綺麗にまとめられます。

赤リップで大人の色気を演出

色味がはっきりした赤リップにすると、大人っぽい印象になります。赤でもいろいろな種類があるので、自分のなりたいイメージや肌の色に合った赤リップを選ぶと効果的でしょう。

リップだけではなく、最後にトップコートをすることでさらに潤い感のある唇を演出でき、グラスなどにもつかないので、綺麗な口元をキープできます。男性は口元に色気を感じる人も多いので、赤リップで上品な口元に仕上げてみましょう。

アイライナーで印象的な目元を作る

目尻が跳ね上げるようにアイラインを入れると、色気のある目元になれます。アイライナーの色によっても雰囲気が変わるので、意識して選ぶのがおすすめですが、自分で確認することも大切。黒は力強く、茶色は優しげでナチュラルな感じのメイクに仕上がります。

紫やバーガンディーなら奥ゆかしい色気になるので、色によって変わる変化を理解して、自分好みと色気のあるバランスの取れたメイクに仕上げてみましょう。

まずは服装やメイクから色気を出そう

女性は、自分自身の心がけ一つで色気のある魅力的な女性になれるでしょう。第一印象とする服装やメイクも心がけ、自分らしさを上手に表現できる方法も見つけておきましょう。

自分の魅力を知っていると上手に表現でき、色気も自然とアピールできるようになるでしょう。自分に自信を持ち、自分が変えたいと思うポイントを意識して改善して、積極的に自分の魅力を表にだしていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール