• HOME
  • ココロ
  • 生き方
  • 公私ともに充実させたい!30代に入る前に確認しておきたいプライベートのこと
生き方

公私ともに充実させたい!30代に入る前に確認しておきたいプライベートのこと

仕事に集中していると、プライベートについて考える時間を削ってしまう……。30代に入る前に改めて、これからについてよく自分自身と会議してみましょう。

30代になって、改めて、自分がどう生きたいのか迷ってしまう

25歳を過ぎた頃に、はじまった結婚ラッシュ。そのときはまだ周りにも自分と同じように独身女子がたくさんいて、そこまで焦りはしなかった。

けれど、30歳が近づくにつれて、再び結婚をしたいのか、子どもを産みたいのか、どうすればいいのか分からなくなる現象がはじまっていく……。

30代に入る前にプライベートについても、確認しておきましょう。

婚活はしたいですか?

30代まで独身を通してきたということは少なからず、仕事や趣味に対し「やりがい」や「生きがい」を感じていたからこそ、結婚という選択肢がなかなか考えられなかったのでしょう。

今は30歳に突入。改めて、婚活をするかどうか方針を決めないといけません。あくまでも、仕事を最優先にしていたいなら、無理やり婚活をはじめる必要はありません。

筆者の周りの独身女子たちの中には、30歳を目の前にして「そろそろ、落ち着きたいんだよね」「ゆっくりしたいなぁ」と、本音を話しはじめる人が多くなりました。仕事と結婚を天秤にかけながら、婚活へと切り替えるべきかを決めましょう。

そもそも、恋愛や結婚に興味がありますか?

そもそも、恋愛や結婚に興味はありますか?仕事一筋で今まで過ごしてきてしまうと、今さら自分の生活の中に恋人をいれたくないと思う人もいるはずです。

毎日のルーティンがいくつもあって、それらをこなすからこそ、いつもの調子がでてくる。そう、まさにアスリートのように仕事に対してもストイックになっていると、恋人が側にいることが、かえってストレスになる可能性もあるのです。

最近は、あえて結婚をしない、あえて恋人をつくらない、あえて子どもを産まない選択肢を選ぶ人もいるくらいですから「なにがなんでも、いつかは落ち着かなくちゃ」と思い込む必要もないのかもしれませんね。

理想のパートナーシップのかたちはありますか?

今の時点でパートナーがいなくても、理想の未来について考える時間は大切です。たとえば、結婚をしても別拠点で住み続ける通い婚や週末婚があります。パートナーシップは結ぶけれど入籍はしない事実婚、という選択肢もあります。

これから自分がどう生きていたいかで、選ぶべき二人のかたちも違ってきます。恋人ができたときに考えればいいやではなく、今からよく検討しておくことで、理想の未来に現実が追いついてくるのです。頭の中だけで考えるのが難しければ、紙に書き出して、結論をまとめましょう。

無視しがちなプライベートのことを、ちゃんと考えよう

仕事に生きていると、プライベートという感覚を失いがちです。しかしプライベートの時間があるからこそ、再びハードワークの日々に戻れるのもたしかなのです。

30歳になる前に、改めてプライベート面をどうしたいのかを、じっくりと検討してまいりましょう。20代が終わる前に、自分の中でひとつの方針を導き出した方が、30代を楽しく過ごせるはず。

山口 恵理香

コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。金髪とCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

プロフィール

関連記事一覧