ダイエット

大根ダイエット。効果が発揮されやすくなる食べかたを覚えよう

大根ダイエットは、健康にも美容にもよいとされますが、食べかたを間違えると効果が得られません。ダイエットによい成分が含まれる大根ですが、効果を実感するためにも、おすすめとされる食べかたを覚えて、ダイエットを成功へ導き楽しく摂り入れましょう。

テレビで話題の大根ダイエットの効果

テレビ番組で紹介されたり、特集された芸能人たちも成功した大根ダイエットは、痩せられるとしてとても注目されているダイエット方法のひとつです。実際に痩せられるのか知りたいと考える人もいるのではないでしょうか。大根で確実に痩せられるのなら、試してみたいと思っている人は多いことでしょう。

大根ダイエットは、単に体重を減らすことを目的とするのではなく、健康的に痩せられると紹介されているため、魅力に感じる部分は多いです。大根自体がダイエットに向いている食材であるため、大根の特性を知り実践することで、効率よくしっかり痩せられるダイエットにつなげられます。

大根がダイエットに向いている効果の理由

  

大根はダイエットに向いている食材です。理由を把握することで、希望を持ち効率よくダイエットができます。

大根は糖質を消化しやすく脂肪をつけない手助けをしてくれる

大根に含まれる「イソチシアネート」が活性酸素を除去する働きで、老化防止の役割をしてくれます。そして、「アミラーゼ」という成分が糖質の代謝を手助けして脂肪の付きにくい体にするため、太りにくく痩せやすい体へと導いてくれるのです。

このため、大根は糖質を効率よく消化し、脂肪をつけないようにサポートをする作用があり、ダイエットに向いている食材であることが分かります。ダイエットだけではなく、健康維持やメタボ解消にもよい効果が期待でき、日々の食事に工夫して摂り入れましょう。

大根にはお通じの味方 食物繊維が豊富

大根は、便秘解消に役立つ食物繊維を多く含む食材です。また、アミラーゼ(ジアスターゼ)の働きにより糖質を消化しやすくし、便秘解消につながります。青首大根を厚さ1cmくらいの大きさでカットしておろすことにより便秘解消につながるとされています。

大根の上のほうは辛みがなく、おろすと甘みのある大根おろしが楽しめます。毎日のお通じによい作用があるため、腸内環境もスムーズにさせ、体のリズムも整いモチベーションも保ちやすくなります。

大根は美肌効果にも力を貸してくれる食べ物

大根にはカリウムが多く含まれており、余分な塩分を排出し、むくみを予防する働きがあります。老廃物を流しやすくさせ、体の巡りをよくしてくれるのです。活性酸素を除去する働きを持つイソチシアネートや、美肌ビタミンのビタミンC、血管を強くし新陳代謝を高めるビタミンP(ルチン)により、アンチエイジング効果も得られるため、美肌効果も期待できるのです。

美しくダイエットがしたい人にとって、嬉しい成分が含まれた食材であることが分かります。体の内側からきれいになり、ダイエットを成功へと導きます。

【参照リンク:https://josei-bigaku.jp/120006/

大根を効果的に食べる方法

大根を効果的に食べる方法を知ることで、効率よくダイエットを進められ、成功へとつなげられます。

そのまま食べる

大根は酵素が脆く、煮る焼く炒める等で繊維が壊れてしまい、せっかくの効果も期待できなくなります。いろいろな調理法で食べることができ、便利な食材なのですが、火を通すことでよい成分がなくなることを知っておきましょう

そのまま食べるという方法は、下ろしにする方法、サラダスティック、お刺身の横についているツマにするなど、生でもいろいろな食べかたができます。スライスをしてサラダにしても楽しめるので、火を使わない大根料理を日々の食卓で試してみましょう。

大根は一日300g食べよう

ダイエットをしている人は、大根一日300gを目安に食べることを心がけましょう。食前・食中に生の大根を300g食べる事が大切です。ダイエットをしっかりと意識している人は食前に食べるようにしましょう。

300gを一度にではなく、一日で300gなので、無理せずにゆっくりと噛んで食べることを意識しましょう。大根の汁を捨ててしまう人が多いのですが、汁も大根の成分が含まれているので、大根おろしにする場合は汁も一緒に食べるように心がけましょう。

大根おろしで食べる

生で食べる場合は、大根おろしにするという人は多いです。作り置きにするのではなく、食べる直前におろすことがポイントで、イソチシアネートを効率よく摂り入れることができます。

食べる直前におろすことで、大根の栄養効果をしっかり摂取でき効率よくダイエット効果が引き出されていきます。食べる直前は面倒なので、作り置きしてしまいがちですが、大根のよい成分を無駄なく摂り入れるためにも作り置きではなく、食べる直前におろすようにしましょう。

【参照リンク:https://dietbi.com/daikon-2613.html

生に飽きたら切り干し大根

毎日生大根を食べていると飽きがきます。大好きで毎日食べられるという人はよいのですが、万が一飽きてしまった場合は切り干し大根にしても大根の効果を得られます。切り干し大根にすると、カルシウム、ダイエット効果、鉄分、貧血予防という女性にとって嬉しい成分を摂取できます。

切り干し大根にしても得られる成分は多く、貧血で悩みを抱えているという人はこちらの食べ方のほうがおすすめできます。火を使わず大根の栄養を摂り入れられるため、切り干し大根も試してみましょう。

【参照リンク:http://xn--59jtb317n5pap61gg67d.com/archives/16767.html

大根ダイエットでの注意点

大根ダイエットを成功させるためにも、注意しなければならない点があります。しっかりと把握しておきましょう。

一日のトータル摂取カロリーに気を付ける

いくら大根に消化を期待できる効果があるからといっても、一日の摂取カロリーが多いと痩せられません。大根を食べて、他の食事も含めたトータルカロリーを減らすことがポイントとなります。

大根を食べたので痩せられると思っている人もいますが、トータルカロリーが行き過ぎてしまうと痩せられないことを把握しておきましょう。あくまでも、大根を含めると効率よく痩せられるということで、大根を食べればカロリーオーバーしても痩せられるということではないので、注意しましょう。

胃に負担がかからない様に摂取量を守る

大根は食べすぎると胃に負担がかかり、下痢などの原因になるので一日の摂取量は300gまでにとどめておきましょう。また、一食でまとめて大根を食べようと思わないことです。一度の食事で食べようとすると、胃に負担をかけることになるため、体調を崩してしまう原因となります。

食べれば食べるほど体によく、ダイエットを効率よく進められるわけではありません。適量を食べることでダイエット効果を引き出すことができるため、くれぐれも食べ過ぎや1度に食べ過ぎることがないようにしましょう。

食べる直前に大根はおろすこと

大根はカットすることにより酸化され酵素が壊れてしまいます。出来るだけ新鮮でカットされていない大根を使うことがポイントとなります。また、毎食時おろす事で酸化を防ぎ効果が得られるため、おろしにする場合は面倒でも食べる直前が効果的です。

サラダにする場合でも、できる限り食べる直前にカットをして食べるようにしましょう。時間をおいてしまうと大根のよい成分が壊れてしまうため、食べても効果が得られません。効率よく摂取するためにも、時間をおかずに食べるようにしましょう。

栄養不足に注意して健康的に痩せる

痩せやすい効果がある大根ですが、栄養価としてはあまり優れておらず、ダイエット中に栄養不足で倒れる人もいます。大根だけではなく、いろいろな食材と一緒に食べるように心がけましょう。カロリーオーバーしなければよいので、大根と一緒にお肉も食べてよいです。

摂取カロリーに注意しながら、栄養のバランスも考えて健康的に痩せられるようにメニューを作るとよいでしょう。計画的に痩せるためにも、プログラムを立てて楽しく取り組むことが大切です。

【参照リンク:https://bodymakeup.jp/white-radish-diet

大根を使ったダイエットレシピ

大根おろしだけじゃなく、スティックやサラダ、酢漬けなどのレシピにしたら飽きません。生だけじゃなく、スープや煮物など合わせたレシピをお伝えします。

大根と水菜のシャキシャキ梅サラダ

材料

・大根    1/3本
・水菜    1株
・梅     1~2個
・めんつゆ  大さじ3
・刻みのり  適量

作り方

1.大根と水菜をカットしてボウルで混ぜる
2.梅を刻み調味料と合わせる1と和える
3.刻みのりを上にのせる

梅の味でヘルシーでおいしく食べられる1品です。水菜の食感もよく、さっぱりと食べたい人におすすめのレシピです。時間をおくと大根がしんなりとして食感も悪くなるため、食べる直前にカットし調味料と合わせるのがポイントです。

【参照リンク:https://cookpad.com/recipe/1798136

大根スティック

材料

・大根   1/6本
・人参   1/2本
・キュウリ 1/2本

作り方

1.大根は1センチ幅に切り、他の野菜も同じようにカットする
2.味噌・マヨネーズなどと混ぜ合わせたソースで食べる

手軽で簡単に生の大根を食べられ、お好みの野菜を加えて食べることができます。マヨネーズだけではなく、味噌を加えることで大豆のイソフラボン効果を少しでも摂取できます。つけすぎはよくありませんが、大根だけではなくお好みの野菜を手軽に食べられるのでおすすめです。

【参照リンク:https://cookpad.com/recipe/4886981

大根の酢漬け

材料

・大根    半カット
・塩     10g
・酢     15cc
・砂糖    50g

作り方

1.大根は半月に薄切り
2.「ラッキョウ酢」または「かんたん酢」に半日漬ける

つけるだけで簡単にできる1品です。一週間をめどに食べ切りましょう。冷蔵庫において置けるので、作り置きしておきたいという人にもおすすめできます。酢なので、胃にも優しくさっぱりと食べれるため、漬物感覚でも食べれます。砂糖を加えると酸味がきつくならず食べやすくなりますが、入れすぎに注意しましょう。

【参照リンク:https://cookpad.com/recipe/5006423

ツナと大根の煮物

材料

・大根    半カット
・ツナ缶   1個
・醤油    大さじ2
・砂糖    小さじ1
・だし汁   250cc

作り方

1.大根は3cm幅のいちょう切りにカットする
2.調味液と大根を煮る
3.沸騰したら中火にして大根が透き通るまで煮る
4.ツナと醤油を加える
5.大根が煮えたらしばらく放置

ツナのうま味でさらに美味しくできる1品です。特別な食材を使わなくても、大根とツナ缶だけで十分おいしく仕上げられます。圧力鍋を使うと、大根が軟らかくできるので柔らかいのが好きな人は活用してみましょう。ツナにはEPAが含まれているため、栄養面も考えている人にもおすすめできます。

【参照リンク:https://cookpad.com/recipe/4960644

人参と大根の春雨スープ

材料

・大根      半カット
・人参      半カット
・ごま油     適量
・水       4カップ
・春雨      30g
・鶏がらスープ  大さじ1
・だし汁     1カップ

作り方

1.大根と人参は千切りにし、ごま油で炒める
2.野菜がしんなりしたら水とだし汁を入れる
3.沸騰したら春雨と鶏がらスープを入れる

春雨を入れているので腹持ちもよく、ヘルシーに食べれる1品です。置き換えレシピにも活用でき、カロリーを抑えたい人は、夜に春雨スープにする方法もおすすめです。ごま油の香りもよく、ダイエットメニューでも楽しく食事ができます。たくさん食べたい人は、春雨の量を調節するとよいです。多少食べ過ぎてもカロリーが低いので、置き換えメニューに最適です。

【参照リンク:http://www.recipe-blog.jp/profile/17812/recipe/1046563

大根おろしに飽きたらスムージー

スムージー、りんごやバナナ、ヨーグルトと一緒にミキサーにかけることで大根が嫌いな人も飲みやすくなります。朝がおすすめなので、試してみましょう。

大根スムージー

大根スムージーにすることで、生のままおいしく食べるという方法もおすすめです。ミキサーにかければすぐにできるので、ヨーグルトに混ぜて食べてもおいしくなります。大根おろしが面倒に感じた場合などにも活用できるので、調理機器がある人は試してみましょう。

【参照リンク:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1910003866/

りんごと大根のスムージー

ミキサーで大根をリンゴを一緒にかければ、簡単にできる1品です。大根は上のほうを使うことで辛みがなく、リンゴの甘さが引き立っておいしく飲めます。繊維もしっかり残るので、噛むことを意識すれば満腹感も出てダイエット効果も発揮されやすくなります。リンゴは体を温める作用があり、大根との相性もよいので朝がおすすめです。

【参照リンク:https://oceans-nadia.com/user/12913/recipe/112627

大根とバナナのスムージー

ミキサーに大根とバナナを入れると、とろみのあるスムージーができます。バナナはエネルギーに変換されやすく、余分な糖質を大根でカットできるため、お互いのよい成分を体内にしっかり巡らすことができます。朝の忙しい時間でも栄養をチャージできるので、朝ごはんが忙しくて食べれないという人にもおすすめです。

【参照リンク:https://cookpad.com/recipe/4052293

大根とりんごの豆乳スムージー

大根とリンゴだけではなく、プラス豆乳を加えることで、美容と健康に最適なスムージーが作れます。栄養を意識している人にもおすすめで、まろやかな味わいになりさらに飲みやすくなります。体の内側からきれいになりたい人は、ぜひ試してみましょう。それぞれの栄養を手軽に摂り入れられる1品になります。

【参照リンク:https://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20161104/Beauty_co_006953.html

大根のダイエット効果を無駄にしないで痩せていこう

おでんや茹でてもおいしい大根ですが、厚揚げ豆腐の上にのせたり、納豆、なめたけ、しらす、梅と混ぜ合わせるなど、いろいろな食べかたがあります。刺身を千切りに切ったツマから代えることにより、大根の栄養をきちんと摂り入れられるようになります。大根の栄養は生のほうがよいとされるため、大根おろしやスムージーにするなどして楽しくダイエットを成功へ導きましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール