• HOME
  • ココロ
  • 恋愛
  • 運命の出逢いはどこに?社会人女性が運命の人に出逢う方法を解説
恋愛

運命の出逢いはどこに?社会人女性が運命の人に出逢う方法を解説

社会人女性が男性との出逢いを望んでいても、会社や仕事では出逢いが少なく機会がない、などと悲観的になっていませんか?社会人が気軽に出逢いを期待をできるスポットについてさまざまみていきます。また、出逢いの際に注意事項についてもアドバイスします。

社会人女性の出逢いの見付け方をパターン別に紹介

働き始めてはや何年。同じ年代の男女が集まっていた学生時代と違って、会社では出逢いがないと感じる人が多いのではないかと思います。自分で行動しなければ出会いはないとわかっていても、では実際どこで何をしたら出逢いにつながるの?とお困りの方へ、パターン別の「出逢いの見付け方」をお伝えします。

日常生活の中での出逢いの見付け方

まずは、日常的な行動の中で異性と出逢いを増やす方法です。普段の生活の延長上なので、気軽に始められるのではないでしょうか。

習いことを始める

会社やしごと以外の習いことは、定期的に同じメンバーで会うことになるため、人となりを知りやすく、交流も深めやすいです。男女混合でできるスポーツ、合唱や音楽、山登りなどの社会人サークルもおすすめです。ただし、男女比や年齢が極端に偏っているサークルだと出会いに繋がらないので、よく考えて選択してみましょう。

例えば、着付けやヨガの習いことでは若い男性と出会うのはかなり難しいのではないでしょうか。また、少人数クラスや個人クラスの英会話なども、目的が異性との出逢いだとすると確率が低く、適していません。「出会いのため」の習いことは、自分磨きとは分けて考えましょう。

行きつけのお店を作る

ランチでもお茶でも、いつも同じ・会社の近くのお店だけではなく、少し方向を変えて別のお店にいくことで、会社以外の人と出逢いがあるかもしれません。よい雰囲気のお店があれば、通って常連になってみましょう。同じ時間に昼休憩を取っている人は大体決まっているのがわかるはずです。

ただしランチ時間は混み合うので、声をかける時は空気を読んで、お店や相手の迷惑にならないように気をつけましょう。

バーで一人呑みをしてみる

「行きつけのランチ」からさらに一歩進んで、夜のバーに一人で行ってみましょう。女性の一人呑みは緊張するかもしれませんが、友達連れよりも男性から声をかけられる確率が飛躍的にアップします。アルコールの力もあり、隣り合った人と気軽に打ち解けあえるでしょう。家の近所であれば、思わぬご近所さんに出会えたりもします。

映画館に通う

映画館といえばデートスポットのイメージがありますが、案外一人で見に来ている人は多く、出逢いは意外と多いのです。映画の好みが同じ人であれば、趣味や考え方も似ていると考えられます。観終わってから、映画の感想で盛り上がれるかもしれません。

案外「感動した?」よりも、「びっくりするくらいつまらない映画を見てしまった…」などというときに、「この映画ちょっとひどくないですか?」なんて隣の座席の人に聞いてみても良いかもしれません。悪口のほうが盛り上がりますよね。

同じ趣味の集まりに参加

ライブ・フェスなどの音楽のイベント、スポーツ観戦やボランティア活動などで出逢うカップルも多くいます。趣味が同じ・休みの日の過ごし方が似ているということなので、出逢いにつながりやすいのかもしれません。また、子供向けのボランティア活動は、子供好きの男性が多いですし、社会的地位の高い方が進んでやる傾向があるのです。

知人の力を借りた出逢いの見付け方

ここでは、人を通じて出逢う方法をご紹介します。「恋人が欲しい」というのを、他人に公言するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、自分をよく知る人からの紹介は信頼できるものです。これまで辛い恋愛を経験しているのであれば、思い切って身近な人に紹介を頼んでみてはいかがでしょうか。

合コンに参加する

男女の出逢いの定番である合コン。セッティングは「友達の友達」「友達の彼氏の友達」などが多く、出逢いが交際に発展する率も高いことが魅力です。今どきの結婚式では「出会いが合コン」というのも隠さずに知らせているなど、社会的には認知されている出逢いになりつつあるようです。

ただし複数人の飲み会の席なので、後日デートしてみたら印象が違う、同じ人を合コンにいた友達同士が好きになってしまう、などのデメリットがある場合もあるので、その辺は理解してから参加するようにしましょう。

お見合いする

合コンに比べるとハードルが高く思えるかもしれませんが、結婚を視野に入れている場合は「お見合い」も手段として検討してみてはいかがでしょうか。お見合いの紹介者にもよりますが、現代のお見合いは堅苦しくもなく、身元のはっきりした人との出逢いが期待できます。

結婚に絶対に譲れない条件(住む場所など)がある場合は、こと前にそれを伝えた上でお見合いができるので、「好きになってしまったのに、どうしても条件が合わない」「親に結婚を反対される」などの悲しい別れをしなくて済みます。

友達に紹介してもらう

お見合いはちょっとまだ早い…でも合コンで大勢の中でアピールするのが苦手、というひとは、自分を理解している友人に自分に合った異性を紹介してもらうのも良いでしょう。最初はピンとこなくても、信頼している友人が紹介してくれる人には、きっとあなたに「合う」と思った理由があるはずです。

真剣度が高い分、お断りするときや交際後に別れるとなると、紹介者に気を使うこともあるという点もあります。

同窓会を活用

久しぶりの同窓会なども思わぬ出逢いの穴場です。もともと思い出を共有しているので、仲良くなりやすいですし、出身地や家庭のことなども最初からある程度わかっているため、安心感があります。当然年齢もほぼ同じ層になるので、その点も安心です。ただし既婚者に引かれてしまわないように注意が必要なのは、職場と同じですね。

友人の結婚式を活用

友人の結婚式は、年齢の近い独身男女が呼ばれることが多く、また職場のつながりなどが多いので、堅実な出逢いの場として最適です。式中は新郎新婦のお祝いに徹するべきですが、二次会などで気になる人がいたら、積極的に連絡先などを聞いてみましょう。

新郎新婦も、独身で信頼感のある人同士のことであれば応援してくれるでしょう。当日に連絡先が聞けなかったとしても、新郎新婦に「実は結婚式でお会いしたあの人が気になっているのだけど…」と素直に相談すれば、キューピッドになってくれるかもしれません。逆に、交際がすすめられない人であれば、「あの人は既婚者だから…」などの率直な情報を教えてくれることでしょう。

企業の力を借りた出逢いの見付け方

多くの人と知り合いたい!という場合は、企業の力を借りて出逢いの数を増やすことができます。人伝いでは絶対に出会えないような数や、地域の広さが魅力です。

街コンを利用する

友人同士のセッティングの合コンに比べ、街コンは大規模・大人数に交流でき、それだけ出逢いのチャンスとしては大きくなります。合コンに比べるとセッティングに気を使うこともないため、気軽に参加できます。規模が大きい分、大人数でのアピール合戦になるので、人見知りの人は苦戦するかもしれません。

出逢い系アプリを利用する

スマホで簡単にマッチング可能な出逢い系アプリが多数あります。住んでいる地域が遠い人など、普段の生活圏内が全く違う人と出会うことができます。また、出逢いを求めていることを周囲に知られたくない人にもオススメです。アプリによって利用者の年齢層や目的(婚活or恋活、ライトな友達作りなど)が違うので、目的にあったものを選ぶようにしましょう。

SNSを利用する

TwitterやFacebookなどのSNSで異性と出逢うことも可能です。コメントやメッセージを通じての出逢いになるので、価値観の合う人と出逢えるチャンスにもなりますが、実際の友人や企業からの紹介のような身元の保証はないので、真剣な交際に発展させるには注意が必要です。

相席居酒屋を利用する

近年、都市部には定着してきた相席居酒屋は、少人数の合コンのような雰囲気で、女性は無料で利用することができるので気軽に利用できるのではないでしょうか。週末は待ち時間が1時間を越えるような、大人気のお店もあるようです。

少人数で、女性が優遇されるため、クラブやバーでのナンパはちょっと怖い、という人は試してみても良いかもしれません。もしトラブルがあった場合は、店員さんが席を帰るなどの対処をしてくれるお店もあるようです。

結婚相談所を利用する

最初から結婚を視野に入れたお付き合いをしたいのであれば、知人のお見合いだけでなく、結婚相談所を利用することをおすすめします。職業・学歴・年収などがきちんとわかった上での紹介になりますし、相手側も結婚を前提にしているため、結婚までの道のりが一番短くなるといえます。

ただし、会費や写真撮影代、成婚した時の成婚料など、年間で20~30万円以上が必要となることが多いため、費用の負担は重めといえるでしょう。

婚活サイトを利用する

インターネットからの登録のみで、ネット上ですべて完結できるのが婚活サイトのメリットです。自宅のパソコンから、あまり人に知られずに活動できるので、お見合いや結婚相談所に比べると心理的なハードルは低めです。また、費用も結婚相談所よりも割安です。

その分、対面でのカウンセリングやアドバイスなどは相談所の方が充実しています。女性は特に男性からのアプローチが数多く届くので、選ぶのが大変、どう選んで良いのわからない、という悩みがあるようです。恋愛の進め方に不安がある人は、少し割高でもオンラインでもカウンセラーに相談できるサービスがあるものを選ぶと良いでしょう。

仕ことを利用した出逢いの見付け方

「仕ことでは出逢いがない」本当にそうでしょうか?実は結婚の出逢いのきっかけの1位は、現在も「職場での出逢い」(アルバイト含む)なのです。極端に女性比率が高い、年齢層が合わない、ということがなければ、本当にあなたの職場には出逢いがないのか、今一度考えて見ませんか?

同じ職場の人を恋愛対象として意識する

社会人が職場で過ごす時間は長く、男性と出逢う機会が一番多いのも職場です。上司、同僚など、長い時間をともにしているので、気心もしれやすく、交際してからのギャップなども少ないでしょう。職場のつながりであれば学歴や収入などで大きな嘘をつくことは難しく、不誠実なことをされる危険も少ないです。これまで異性として意識しなかった人も、改めて「この人と交際してみたらどうだろう?」と想像してみてください。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

職場、特に同部署では近い立場であるだけに、親密になりやすいですが、反面、別れたあとには同じ社内では恋人が作りにくい雰囲気になるかもしれません…元彼が同じ社内にいる場合は、特に注意が必要です。

取引先の人を恋愛対象として意識する

上司や同僚についで、出逢う可能性が高いのが取引先です。飲み会などの機会で気の合う人がいれば、積極的に自分のことを話してみましょう。ただし取引の内容や、上下関係によっては気を使わなければならないこともあるかもしれません。パワハラだ!とならないように、気になる人ができたら、相手と、相手の会社との関係性には注意しましょう。

同じビルに勤めている人を意識する

違う会社でも、同じビルに勤めている人とは、エレベーターやランチ先で同席する機会が多いです。素敵な男性が居ないか、チェックしてみましょう。逆に、エレベーターや共用廊下などでも「見られている」意識を忘れずに、大声で他人の噂話をしないとか、やたらとため息をついたりすることのないようにしましょう。

同僚に紹介してもらう

「友人の紹介」にも似ていますが、同僚に紹介してもらうと、同じ会社だけど普段接点のない人や、別の部署の人と知り合える可能性があります。合コンのセッティングなどにも広げることができます。あまり近すぎる同僚だとアプローチするのが気まずい場合もありますが、別の部署なら気になりません。

友人からの紹介と同じですが交際を断ったり、交際後に別れたりすると、紹介者とも気まずくなってしまう恐れがあります。しかし誠実に交際しているのであれば、率直に伝えても紹介者も納得してくれるのではないでしょうか。

【参照リンク:http://www.loveepisode-selection.net/100/

通勤電車で一緒になる人を意識する

毎日の通勤電車は眠くて億劫なものと思いがちですが、同じような生活スタイルの会社員が同じ電車に乗っている、と考えることもできます。疲れているから、座れたらさっさと寝てしまおう!ではなく、素敵な男性が居ないか、車内を見てみるのいい暇つぶしになります。

昔の知り合いが乗りあわあせていて、びっくりなんてこともあるかしれません。通勤電車の中で出逢っても、見苦しくない大人の女性としての振る舞いを常日頃から心がけましょう。また、「お互いに目が合うな」と思っていても、いざ声を書けてみたら相手は全然こちらを意識してなかった、などのことも起こりがちです。勇気を出して声を掛けるときは、あまり重くならないように気をつけましょう。

自発的な出逢いの見付け方

実際に出逢いを見つけるための、具体的な行動を起こしてみましょう。行動の際はできるだけ一人で行動しましょう。連れが居ない方が男性側が声を掛けやすいですし、一人のほうが自由に予定を変えられるからです。出かける時は女友達でグループ行動ばかりという人は、まずは少人数で行動することから始めましょう。

フェスなどのイベントに参加

好きなアーティストのライブなら、一人参加でも楽しめます。来ている人は同じ音楽や同じスポーツが好き、という前提があるので、知らない人とも交流しやすい雰囲気になります。雨に振られたりの多少のトラブルも、いいきっかけになります。これまでCDは買うけどライブやコンサートは経験無しという人も、社会人ならではの経済力でイベントを満喫しちゃいましょう。

クラブに通う

クラブは音楽・アルコール・雰囲気とも、出逢いやすい雰囲気を演出してくれます。学生時代はクラブは合わない、と思っていた人こそ社会人として堂々とクラブを楽しみましょう。案外普通の人や、友達に連れてこられましたという人は多いものです。音楽が嫌いでなければ、楽しめる人は多いです。

お祭りに参加

地域のお祭なども、異性と知り合うチャンスです。お花見は外で開放的にアルコールを楽しみますし、夏祭りや花火大会は浴衣姿で女性らしさをアピールできます。特に温かい時期のお祭りはオススメです。また、出先で困っている人がいた場合は、積極的に助けるようにしましょう。

逆に自分のトラブル(浴衣で、鼻緒が切れてしまった、急な雨で困ったなど)を助けてくれる人はとても頼もしく、優しく見えますよね。

旅行に行く

普段の生活では、慎重になりすぎて、なかなか異性と話せない…という人でも、旅行先という非日常で知り合った人とは気さくに交流できたりするものです。思い切って一人旅も良いかもしれません。

特にスキーやスノーボードや、スキューバなどのマリンスポーツ・シーズンスポーツの旅行は、旅行者同士で話が弾みやすいです。

街中でのナンパ待ち

ナンパなんて、不真面目な男性が遊び目的でしか居ないのでは?と思われがちですが、中には真面目な男性もいます。ショッピングも女性が興味あるところだけではなく、男性が多く集まるところに立ち寄ってみましょう。

バーや居酒屋に通う

仕ことが忙しすぎて出逢いがないという人は、平日の夜の居酒屋やバーなどを利用して出逢いの機会を増やすことができます。晩御飯を外食にする、くらいの気軽さで一人で利用できますし、一人客の方が男性が声をかけやすいためです。お店の雰囲気や客層などを見つつ、お気に入りのお店を見つければ、自然と他のお客さんとの交流も生まれていくはずです。

出逢いの場で注意すべきこと

いろんなシュチエーションでの出会いをご紹介しましたが、どのシチュエーションでも共通して女性が注意するべき点を再確認しておきましょう。これまでご紹介した「出逢いのための場所・行動」を実践しているのに、真面目な出会いにつながらない、というのであれば、今一度自分が「女性として相手から意識してもらっているか」を考える必要があります。

冷静さを忘れない

どんな場所でも、「出逢いたい」という気持ちがあまり全面に出てしまうと相手に引かれてしまいます。特に職場は仕ことが第一ですし、趣味の場や習い事では内容が疎かになってしまっては逆効果です。周囲から反感を買ってしまいます。

男性側も、なりふり構わずガツガツした様子の女性には魅力を感じないものです。また、出逢いの時点では良い雰囲気でも、あまりすぐに「結婚したい」ということばかりを強調しすぎると、男性は引いてしまうでしょう。

男性側の真剣度を見極める

「女性と遊びたいだけでまだ交際や結婚は考えていない」という男性と出逢っても、女性が辛いだけの結果になってしまいます。特に共通の知り合いが居ない出逢いでは、慎重に振る舞いましょう。深い仲になった途端、連絡がつかなくなってしまったり…遊ぶだけが目的の男性と親しくならないよう注意しましょう。

「遊び目的の人を、交際して真剣に思ってもらうようにする」というのはかなり難しく、望み薄です。それよりも、最初から真剣に付き合える人を探すほうが、結局は近道になります。

振る舞いに注意

素のままの自分を知ってほしい、自然体で付き合える人がいい、と考えていたとしても異性との出逢いを考えるのであれば、女性らしい振る舞いを心がけましょう。学生時代のクラブ活動気分で、がさつな言動や我を通そうとすると、男性から真剣な恋愛相手として見てもらえません。

女性としてだけでなく、社会人として、相手から信頼され尊敬されるような振る舞いを心がけてください。「面白い奴だけど、恋愛対象ではない」というカテゴリーに入れられてしまいます。

身だしなみに注意

男性は案外女性の身だしなみを見ています。仕事で忙しいから、または趣味の場では趣味を思い切り楽しみたいから、などとつい楽な格好をしていませんか?話しかけやすい気さくな雰囲気を演出することは良いことですが、女性として意識されるような身だしなみはどんなときでも維持することが大切です。

特に「清潔感がない女性」は、男性側から生理的に受け入れられないと拒否されてしまいがちです。特に髪や服装、靴などがだらしない雰囲気や、場にそぐわなくて浮いてしまっていないかを注意しましょう。スポーツ系の活動でも、女性らしく清潔感のあるウェアを選ぶことがポイントです。

協調性を忘れない

気になる人ができてから、それ以外の男性や、女性への対応が疎かになってしまうと、周りから大幅に評判を下げてしまうことになりかねません。特に職場で、「お気に入りの男性以外の仕ことは手を抜いている」なんて言われてしまったら、お目当ての男性からの評価も下がってしまいます。どんなに魅力的な女性でも、周りから好かれていない人と交際したいと思う男性は稀です。

合コンやパーティーでも「自分が自分が」のアピールをしてしまうと、悪印象が残ってしまう可能性があります。意思表示ははっきりと、でもしつこくならないように気をつけましょう。

出逢い系利用の場合は業者に注意

一般的に出逢い系の悪徳業者といえば、女性を装って男性客を騙すものが想像されますが、女性も同様に悪徳業者に狙われています。例えば、送った写真を別の出逢い系の広告に使われたり、マルチ商法や悪質なセールスに誘い込もうとしたりなどのケースがあるようです。

もちろん運営業者は悪徳業の対策をしているのですが、もし自分でおかしいな?と思うことがあれば、突き進まずに一度立冷静に立ち止まって考え、業者を調べてみましょう。

社会人女性が男性と出逢う方法は日常にたくさんある

日常生活や普段の人間関係の中にも、たくさんの出逢いのきっかけがあることについて、その例を取り上げてみました。出逢いの際に気をつけるべきことがらの共通点は以下の通りです。

  • 出逢いがないと嘆くのではなく、前向きに
  • 自分から周囲に目を向けて、自発的に行動する
  • どんな局面でも女性らしく、エレガントに周囲の気配りを忘れない
  • でも、自分の意思は強く持ち、なあなあで都合の良い女にはならない
  • 一人で行動することを恐れない

この5点に集約できるのではないでしょうか。「出逢いがない」と嘆いているばかりでなく、自分から周囲に目を向けて行動することが、素敵な出逢いにつながります。そして、その出逢いを有効に活かせるかは自分次第ともいえるのです。自分に合った「出逢いの方法」を普段の生活や行動から見つけていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧