• HOME
  • ココロ
  • 結婚
  • 独身は気楽で自由。メリット・デメリットを把握して独りを楽しもう
結婚

独身は気楽で自由。メリット・デメリットを把握して独りを楽しもう

独身であることに、不安を持ったことはありますか?周囲に流されずに、自分らしい生き方を選択することもひとつの生き方といえます。独身であることのメリットやデメリットを知って、より充実した楽しい独身生活を送っていければよいですね。

独身で気楽で自由に生きる

内閣府の発表によると、平成27年(2015年)時点での未婚率は、30~34歳の男性はおよそ2人に1人。女性は、およそ3人に1人が未婚なのだそうです。気楽な独身生活を、まだまだ続けたい人がたくさんいるということなのでしょうか。

昔は結婚するのがあたりまえでしたが、今は結婚するのも独身を貫くのも、自由に選択できる時代なのです。では、気楽で自由な独身のメリット・デメリットとは、どのようなものがあるのでしょう?よい面と悪い面を把握したうえで、独身生活を満喫していきましょう。

独身が気楽と感じるとき

独身であることが気楽だと感じられるときは、どのようなときなのかを見ていきましょう。

自分の時間とお金がある

趣味に遊びに、全て自分のペースで自由に過ごす…。なんて素敵なことでしょう。おしゃれをして、きれいにメイクをして…。独身なら当たり前のことでも、結婚して子どもが産まれたりすると、なかなか自分にお金や時間をかけられなくなるものです。

しかし独身であれば、自分だけのために自由にお金を使えます。今は、大人向けの習いごともたくさんあります。また、DIYも流行っているので、部屋のインテリアをDIYしてみてもよいかもしれません。こんなふうに、新しい自分を開拓できることも、独身ならではです。

気ままに遊べる

仕事をしていると、女子会ひとつとっても、やはり集まるのは夜になってしまうもの。時間を気にせずに遊べるということは、自由の象徴ともいえます。せっかく盛り上がっているのに、タイムリミットで帰宅なんてしたくないですよね。

翌日仕事でも、少しくらい無理したりすることも可能です。時間を気にせず気楽に遊べるのは、独身だからこそで、「気ままだな」と思えるのではないでしょうか。

既婚者から結婚生活の愚痴を聞いたとき

友達などから、結婚生活の愚痴を聞かされたことがありませんか。やはり、自分以外の誰かと生きていくということは、容易なことではありません。家事に育児、両親や親戚とのお付き合い。そして、子どもが大きくなってくると、ママ友とのお付き合いも。

こうして、自分の考えだけで行動できないことが多々あります。そういったことを、気にしなくてもよい環境というのは、恵まれていると思ってもよいのではないでしょうか。わずらわしい付き合いのない生活は、本当に気楽でよいですね。

仕事がしっかりできる

多くの方が、仕事をされているかと思います。働く理由は人それぞれですが、仕事を任されるからには、責任を持ってやりきりたいもの。

もしも、結婚して子どもがいる場合。子どもの体調不良など、家庭の事情に左右されることもあり、どうしても職場に迷惑をかけることもあるでしょう。独身の場合、そういったことに振り回されずに仕事ができるので、上司や先輩への信頼にもつながります。

独身が気楽と感じる男性の心理

男性の場合は、どのようなときに「独身は気軽だ」と感じるのか、見ていきましょう。

ひとりの時間がある

結婚をして守るものができると、仕事をがんばれるという話も聞くものの、やはり仕事と家庭の両立は、簡単ではありません。趣味のある方ならなおさら、仕事以外の時間は趣味に使いたいものではないでしょうか。

しかし、大半の男性が、結婚をしても仕事を続けることになるかと思います。独身であれば、仕事以外の時間を自分の時間として使え、趣味に没頭することも可能ですね。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

高い買い物が自由にできる

やはり男性も、時間と共に自由に使えるお金があるということは、大きなポイントになります。特に高価なものとなると、結婚してからではなかなか買えないものです。例えばバイクや時計など、奥さんに理解してもらうことは、なかなか難しいでしょう。

「自分が稼いだお金で自分の欲しいものを買って何が悪いんだ」などとは、結婚したら口が裂けても言えません。自分のお金を自分のために自由に使えることも、独身ならではの気楽な部分でしょう。

養う責任がない

男性が結婚を考えたときに、「自分が家族を養えるか?」ということは、大きな問題だと思います。結婚しても、奥さんがそのまま仕事を続ける場合も多いでしょう。しかし、子どもができたとなると、そうもいきません。家計の全てが男性の稼ぎにかかってきます。その責任は相当に大きいものですよね。

そうなると、現在の仕事にやりがいを感じられなかったとしても、簡単に転職もできません。このご時世、リストラの恐怖もあります。誰かを「養う責任がない」ということは、独身の大きなメリットともいえるかもしれません。

独身を貫く心構え

独身にはメリットも多いですが、もちろんデメリットもあります。デメリットを知って備えておくことは、独身生活をより楽しいものにするために、必須なことといえるでしょう。

交友関係をしっかりする

一人の時間も大切ですが、友人などと過ごす時間もまた、独身生活を充実したものにするためには、とても大切なものです。ただし、皆が皆、いつまでも独身というわけではないでしょう。

いろいろな場所に出かけ、さまざまなことにチャレンジし、たくさんの交友関係を築いてみてはいかがでしょうか。仲間と共に楽しみ笑うことは、心の充実につながるものです。

好きなものややりたいことを見つける

自由な時間を、だらだらと過ごす日があってもよいとは思います。しかし、せっかくならその時間を有効に使いたいもの。これといった趣味のない方も、友人がやっていることを一緒にやってみたり、テレビで観た場所に出向いてみたりなど。「面倒くさいな~」と思っていても、ぜひとも挑戦してみましょう。

考えがまとまらない場合は、一度メモに書き出してみてもよいかもしれません。とにかく思いつくものを、片っ端から書き出して、あとは時間とお金と相談して、できそうなものからやっていく。こんなやり方なら、計画的に無理なくできそうですね。「気付けば歳だけとっていた…」ということではもったいないので、どんどん行動していきましょう。

健康管理を忘れない

人間は、なんといっても体が資本です。毎日を楽しむためにも、健康管理はきっちりとしたいものです。独身は自由な分、体調を崩しても、自分で自分を看なければなりません。たまには羽目をはずすことがあってもよいかもしれませんが、基本的には規則正しい生活で、体をいたわってあげましょう。

また、どうしても自分だけでは無理なときに、頼りにできる友人とは、すぐに連絡を取れるようにしておきたいものです。楽しい独身生活のためには、健康であることが大切です。

独身の気楽な生活を満喫しよう

周りの友人が結婚をしだすと、独身であることに不安を感じることもあるかもしれませんね。しかし、自分の人生は自分のものです。そして今は、独身を貫くことも珍しくない時代で、独身であっても、人生は楽しんだもの勝ちです。
当然、デメリットもありますが、そうした部分の対策を考えながら、気楽で自由な独身生活を思う存分満喫していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧