健康・運動

黒酢の効果的な摂り方を知ろう。健康や美容にもたらす効果とは。

健康や美容のために、黒酢を飲んでみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。黒酢に含まれる成分は、さまざまな効能が期待されています。ここでは、黒酢が健康や美容にもたらす効果や、黒酢を使ったおすすめの飲み方などをみていきましょう。

黒酢には天然の有効成分がたっぷり

健康や美容のために、黒酢を飲みたいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、黒酢が健康や美容によいと聞いたことがあっても、具体的にどのような効果や効能があるのかを知っている人は多くないかもしれません。
また、黒酢は「酢」なので、どのように飲めばよいのかわからない人もいるのではないでしょうか。ここでは、これから健康や美容のために黒酢を飲みたいと考えている人へ向けて、黒酢の効能や効果や黒酢を飲みやすくしたおすすめの飲み方をみていきましょう。

そもそも黒酢とはどんなもの

近年は特に、黒酢が健康や美容によいことが、さまざまなメディアで紹介されているため、「黒酢」という名前や健康や美容によいということをなんとなくご存じの人も多いのではないでしょうか。
黒酢が「酢」であるということは、その名前からわかりますが、そもそも黒酢とはどんなものなのでしょうか。ここでは、黒酢について詳しくみていきましょう。

普通のお酢との違いは

黒酢は、酢の中でも精米などの穀物を原材料とした穀物酢やリンゴなどの果物を原材料とした果実酢とも違い、玄米や大麦を原材料とした醸造酢という種類に属しています。黒酢は、他の酢とは熟成期間にも違いがあり、穀物酢の中でも原材料となる米の使用量が40g/l 以上の「米酢」は、熟成期間が約4カ月と短いのに対して、黒酢の熟成期間は、1~3年間熟成させています。

また、中国では、黒酢の原材料にもち米を使用しており、その独特な香りから「香醋」という呼び方をされることがあります。

黒酢に含まれる必須アミノ酸

黒酢は、他の酢と違って熟成期間が長いということから、健康や美容に効果があるといわれている「必須アミノ酸」がたっぷりと含まれていることが特徴です。必須アミノ酸は、人間が体内で生成することができない栄養素であるため、食品やサプリメントなどで摂りいれる必要のある栄養素の一つです。

多くのタンパク質から成り立つ人間の体は、食品などから摂りいれたアミノ酸を原材料としてタンパク質を生成しているので、アミノ酸を積極的に摂りいれることが必要だといえるでしょう。

黒酢に含まれるクエン酸

黒酢には、疲労回復に効果があるといわれている「クエン酸」も含まれています。クエン酸は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や梅干しにも含まれていることで知られています。

その他にも、ビタミンCを始めとするビタミン類、ミネラル、カルシウムなど、さまざまな栄養素が含まれており、多くの栄養素がたっぷりと凝縮されていることも特徴です。また、それらの多くの栄養素バランスよく含まれていることなどから、黒酢は健康や美容によいといわれています。

黒酢に含まれるアミノ酸の効果とは

黒酢には、アミノ酸を始めとする多くの栄養素が含まれています。その中でも、「アミノ酸」の種類がたっぷりと含まれていることが特徴です。しかし、アミノ酸にはどのような効果や効能があるのでしょうか。ここでは、黒酢に含まれるアミノ酸について詳しくみていきましょう。

黒酢には8種の必須アミノ酸が含まれている

黒酢には、人間が生きていく上で必要とする栄養素であるアミノ酸が多く含まれています。全部で20種類あるアミノ酸うち、黒酢には17種類のアミノ酸を含まれており、そのうちの8種類は人間が体内で合成できない「必須アミノ酸」です。黒酢に含まれる8種類の必須アミノ酸と効能は、以下のとおりです。

バリン

バリンは、筋肉や肝臓の機能を補強する働きをするアミノ酸の一つです。また、肝臓で吸収されることなく筋肉に取り入れることによって、エネルギーとしての働きもします。

ロイシン

ロイシンは、肝臓の機能を促し、筋肉を増強する働きをするアミノ酸の一つです。また、筋肉に含まれるタンパク質が分解するのを抑制する働きもします。

イソロイシン

イソロイシンは、血管の拡張や肝臓の機能を促す働きをするアミノ酸の一つです。また、また、筋肉の疲労を予防し、皮膚の回復を補助する働きもします。

リジン

リジンは、肝臓の機能を促し、筋肉が作られるのを促すことによって、骨の成長を補助する働きをするアミノ酸の一つです。また、カルシウムの吸収を補助したり、外部から侵入してくるウイルスと戦うなど、免疫力にも影響を与える働きもします。

メチオニン

メチオニンは、肝臓から不要な老廃物を排出し、肝臓や腎臓の機能を補助する働きをするアミノ酸の一つです。また、体内で起こるアレルギー反応を和らげたり、うつ症状を抑制する働きもします。

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、細胞の老化を抑制したり、免疫力を高める働きをするアミノ酸の一つです。また、脳に繋がる神経伝達に作用するため、精神を安定させる働きもします。

スレオニン

スレオニンは、肝臓に脂肪が溜まらないように抑制する働きをするアミノ酸の一つです。この働きによって、脂肪肝を予防するという効果に繋がるといわれています。

ヒスチジン

ヒスチジンは、赤血球や白血球などの血液中の物質を作るために必要不可欠なアミノ酸の一つです。また、胃や十二指腸などにできた潰瘍を改善する働きもします。

アミノ酸の効果で血液をさらさらに

黒酢に含まれるアミノ酸のうち、リジン、メチオニン、ロイシンなどは、血液の循環をよくすることによって、血流をよくする働きがあります。この働きによって、血液がサラサラになり、血液中のコレステロールなどの脂質が蓄積するのを予防する効果が期待できます。

アミノ酸は免疫力を高めてくれる

黒酢に含まれるアミノ酸のうち、アルギニンやグルタミンは、外部から侵入するウイルスや細菌から体を守る働きがあります。これらのアミノ酸が、免疫細胞に働きかけることによって、免疫力が落ちにくくなり、風邪やインフルエンザなどにかかりにくい体を作ることができます。

筋肉を増やす効果

黒酢に含まれるアミノ酸のうち、必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンは、「分岐鎖アミノ酸」といわれており「BCAA」と呼ばれることもあります。この分岐鎖アミノ酸は、筋肉のエネルギー源となっており、ジョギングなどの運動によって起こる、筋肉の損傷を抑制し、筋肉の回復を早める働きをします。

悪酔いや二日酔いを防ぐ効果

黒酢に含まれるアミノ酸は、アルコールを分解し、代謝を高める働きがあるため、アルコールによる悪酔いや二日酔いを防ぐ効果が期待できます。また、肝臓の機能を高める働きもあります。アミノ酸にはこのような働きがあるため、アルコールの量が気になる場合には、黒酢を飲んでおくといでしょう。

肌を保湿する効果

黒酢に含まれるアミノ酸は、女性にとって気になる肌の保湿因子の約半分を構成しています。保湿因子は、肌の角質層にある成分で、肌に潤いを与える働きをします。この働きによって、肌の乾燥などが気になる季節にも強い肌を手に入れることが期待できるでしょう。

肌の新陳代謝を促してくれる

黒酢に含まれるアミノ酸のうち、アスパラギン酸、チロシン、セリンは、肌の新陳代謝に深く関係しています。さらに、プロリン、アラニン、グリシンは肌のハリには欠かせないコラーゲンの主成分です。これらのアミノ酸が、肌の健康を維持するために重要なターンオーバーを促し、メラニンの色素沈着を予防します。

脂肪燃焼を促進するダイエット効果

黒酢に含まれるアミノ酸のうち、アルギニン、リジン、アラニン、プロリンは基礎代謝の働きに深く関係しています。これらのアミノ酸が、基礎代謝を促進させることによって、ダイエットの効果が期待できるといわれています。

冷え性の改善

黒酢に含まれるアミノ酸は、血液の循環を促すことによって、血行を良くする働きをします。また、血液中の赤血球を柔らかくする効果もあるため、手や足の末端にまで血流が回り、冷え性の改善が期待できるといわれています。

黒酢に含まれるクエン酸の効果とは

黒酢には、アミノ酸以外にも多くの栄養素が含まれています。その多くの栄養素のうち、クエン酸は健康を維持するために、さまざまな効果が期待できるといわれています。ここでは、クエン酸の効果や効能について詳しくみていきましょう。

黒酢に含まれるもう1つの成分クエン酸

クエン酸は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や梅干しにも含まれており、どちらかというと酸っぱい食品に多く含まれています。黒酢に含まれるクエン酸は、疲労回復効果があることでも知られています。この疲労回復効果は、研究結果でも証明されています。

また、疲労回復などの健康に効果があるだけでなく、女性にとっては嬉しい美容にもさまざまな効果があります。

エネルギーを生成するクエン酸サイクル

黒酢に含まれるクエン酸には、タンパク質などの数種類の栄養素からエネルギーを生成する「クエン酸サイクル」というクエン酸独自のサイクルがあります。このクエン酸サイクルは、代謝に深く関係しており、クエン酸サイクルがスムーズに機能していないと、体内に乳酸が蓄積して疲れの原因となっていまします。

したがって、クエン酸の適度な摂取が、健康維持に大きく影響すると考えられています。

クエン酸の疲労回復効果

疲労は、体内に蓄積された乳酸によって引き起こされることがわかっています。したがって、疲労回復するには、体内に蓄積された乳酸を排出する必要があります。乳酸の排出を促すには、クエン酸を摂取することによって「クエン酸サイクル」が活発にさせることが重要です。

これによって、体内に蓄積してしまった乳酸もそのサイクルに取りこまれて、エネルギー源として再活用されるという効果を発揮します。

血糖値を下げる効果

血糖値に深く関係する生活習慣病の一つに、糖尿病があります。糖尿病を予防するには、糖質の過剰な摂取を避け、血糖値を正常な値に維持しておくことが重要になってきます。

黒酢に含まれるクエン酸は、血糖値の急激な上昇を抑制する働きがあります。その働きによって、体内での糖質利用率を高めて、その価値を失うことなくエネルギーに変える効果を発揮します。

カルシウムの吸収を高める効果

黒酢に含まれるクエン酸は、食材に含まれるカルシウムを効果的に取り出して、カルシウムの吸収を高める働きがあります。この働きによって、骨粗鬆症の予防などに役立つと考えられています。

また、クエン酸はカルシウムの吸収を高めるだけでなく、鉄、マグネシウム、ミネラルなどの栄養素を体内でしっかりと吸収させる効果があるといわれており、忙しく栄養素が不足しがちな現代人にとっても、クエン酸は必要な栄養素の一つであるといえるでしょう。

クエン酸の効果で痩せやすい体質になる

黒酢に含まれるクエン酸は、血液の循環を促し血流をよくする働きがあります。この働きによって、代謝が上がるという効果を発揮します。特に、食前に黒酢を飲むことによって、血糖値の上昇を抑制し、脂肪が蓄積しにくい体へと導いてくれる優秀な栄養素の一つであるといえるでしょう。

また、脂肪を燃焼させる効果もあるアミノ酸と併用することによって、体に負担の少ないダイエットを行うことができるでしょう。

便秘を改善する効果

黒酢に含まれるクエン酸は、血液の循環を促し、血流をよくする働きがあります。この働きによって、腸の動きを活発にして便秘を改善する効果が期待できます。

また、毎日の食事にヨーグルトやバナナなどの食物繊維を多く含む食材を併用することによって、便秘解消の効果がより期待できるでしょう。

むくみを防ぐ効果

運動不足や塩分の多い食生活などが原因で、「むくみ」が気になっている人もいるのではないでしょうか。黒酢に含まれるクエン酸には、利尿作用があることで知られています。

この作用によって、体内の余分な水分を排出することを促し、むくみを予防する効果が期待できます。むくみを予防するには、食生活などの生活習慣の見直しを併用するとより効果が期待できるでしょう。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

黒酢が持つその他の健康効果

黒酢には、アミノ酸やクエン酸以外にも多くの栄養素が含まれています。ここでは、黒酢に含まれる栄養素による、さまざまな健康効果をみていきましょう。

ストレスから身を守ってくれる

ストレスは、現代人が避けて通ることは難しいともいわれていますが、このストレスによって、体内のビタミンCが多く消費されてしまうことがわかっています。しかし、黒酢にはビタミンCが含まれているため、ストレスを受けても体内のビタミンCが壊れることを予防する働きがあります。

また、カルシウムの摂取が不十分であると、少なからず精神状態が安定しなかったり、イライラすると聞いたことはないでしょうか。カルシウムが足りないと、骨粗鬆症だけでなく、高血圧や動脈硬化などの深刻な病気に繋がる可能性があると指摘されています。

黒酢には、体内でカルシウムをしっかりと吸収する働きがあるクエン酸が含まれているため、なるべく避けたいストレスや病気から身を守ってくれる効果があるといわれています。

血圧を下げる効果

黒酢には、穀物酢や果実酢と同じように「酢酸」という成分が含まれています。この酢酸には、血圧を上げてしまうホルモンの働きを抑制する効果があることで知られています。塩分の多い食生活によって、血圧が上がり高血圧になってしまうと、血管が狭くなって血液が流れにくくなり、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの深刻な病気に繋がる可能性があると指摘されています。

また、黒酢には血管を拡張させる働きや、血液の循環を促し血流をよくする働きもあるため、結果的に血圧を下げる効果があるといわれています。

食中毒を防ぐ効果

お寿司に酢飯が使われているように、酢には元々殺菌効果があることで知られています。食中毒が出やすい高温多湿の時期などには、多くの人が、食品の取り扱いには特に気を遣っていることでしょう。

このような酢の殺菌効果は、サルモネラ菌やブドウ球菌などの食中毒を起こす菌に対して効果が認められています。黒酢の殺菌効果は、穀物酢や果実酢などに比べて強く、食品が腐るのを予防する防腐効果があるといわれています。

肌や髪の毛の健康を保つ

黒酢に含まれるビタミンB2は、卵や納豆、レバーなどの食品に多く含まれていることで知られています。このビタミンB2は、肌をきれいにして健康に保つ効果があるため、注目されている栄養素の一つです。

ビタミンB2は、体内の脂質を分解する働きをする他に、髪の毛を健康に保つ効果もあるといわれています。また、ビタミンB2が足りないと、肌が荒れてしまったり口内炎の原因に繋がるので注意が必要です。

毎日続けられる効果的な黒酢の摂り方

健康や美容によい栄養素を多く含む黒酢ですが、酢を摂るということに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。多くの効果や効能があるので、できれば長く続けて摂りたいと考えている人もいることでしょう。ここでは、毎日でも続けられる黒酢の効果的な摂り方をみていきましょう。

1日に摂る適量は

黒酢は、1日にどのくらいの量を摂ればよいのでしょうか。1日に摂る量があまりにも多いことによって、毎日続けることがストレスになってしまっては、健康のために黒酢を摂る意味がなくなってしまいかねません。しかし、黒酢の1日に摂る量の目安は、大さじ1~2杯程度で充分です。

この量を知って、思っていた以上に量が少ないと感じた人もいるのではないでしょうか。でも、大さじ1~2杯程度であれば、毎日でも続けられると感じませんか。また、黒酢を飲むのは、1度に一気に摂ってもよいですし、朝と夜など何度かに分けて摂るのもよいので、自分のライフスタイルに合わせて都合のよい時間に摂るようにしましょう。

黒酢を摂るタイミングもポイント

黒酢を効果的に摂るには、タイミングがポイントです。黒酢は、酢なので胃腸などの消化器官に与える刺激が強いため、空腹時に摂らない方がよいでしょう。

また、食事中か食後に摂るのが効果的です。その他には、ジョギングなどの運動後や、体が温まって血行がよくなった入浴後に摂るのもよいでしょう。このように、黒酢を効果的に摂るタイミングはさまざまなので、自分のライフスタイルに合わせて都合のよい時間に摂るようにしましょう。

水で薄めて飲む

黒酢は、酢なので酸味が強くそのままではなかなか摂りにくいという人も多いのではないでしょうか。黒酢をそのままで摂ることが苦手な人は、黒酢を水や炭酸で割るという飲み方もよいでしょう。また、ハチミツやガムシロップなどで味を調整して飲むのがおすすめです。このように、黒酢の摂り方もさまざまなので、自分好みの飲み方で黒酢を楽しんでみましょう。

さらに、黒酢が苦手な人や毎日同じ摂り方では飽きてしまう人も、毎日さまざまな味で試してみることによって、レパートリーが増えて楽しい黒酢ライフが送れるようになることでしょう。

牛乳で割ってカルシウムアップ

黒酢の摂り方には、水や炭酸などで割る以外に、牛乳で割って飲むという方法もあります。黒酢を牛乳で割ることによって、黒酢の酸味が抑えられる効果もあり、黒酢が摂りやすくなります。また、牛乳で割ることによって、牛乳に含まれるカルシウムも摂れるだけでなく、カルシウムの吸収が高まる効果も期待できるおすすめの摂り方です。

オレンジジュースで割って飲む

黒酢の摂り方には、オレンジジュースで割って飲むという方法もあります。また、レモン汁を少し加えると、さわやかに美味しく飲むことができるので試してみてはいかがでしょうか。また、オレンジジュースでも、炭酸のものとそうでないものがあるので、それぞれ試してみるのもよいでしょう。

さらに、果汁100%のオレンジジュースで割ることによって、オレンジに含まれるビタミンCなどの栄養素も同時に摂ることができます。

赤ワインで割ってポリフェノールも一緒に摂取

少し意外かもしれませんが、黒酢の摂り方の他の方法には、赤ワインで割って飲むというものもあります。赤ワインには、動脈硬化や脳梗塞を予防する効果のあるポリフェノールが含まれています。したがって、黒酢を赤ワインで割って飲むことで、黒酢に含まれるアミノ酸と赤ワインに含まれるを同時に摂ることができます。

また、この飲み方をすると、アルコールも同時に摂ることになるので、忙しくて黒酢もアルコールもどちらも摂りたいという人には、とてもおすすめの飲み方です。

黒酢バナナドリンクで便秘解消

黒酢の摂り方には、これも意外かもしれませんが、ミキサーしたバナナと牛乳で割って飲むという方法もあります。バナナには、食物繊維がたっぷり含まれていることでも知られており、腸の働きを活発にするクエン酸を含んだ黒酢と同時に摂ることで、便秘解消の効果が期待できます。

また、バナナをミキサーするときは、皮を剥いてそのまま使ってもよいですが、予め冷凍しておいたバナナを使うことによって、夏場などにぴったりのフローズンドリンクを作ることができます。

黒酢と豆乳ドリンクで血液をさらさらに

黒酢の摂り方には、豆乳で割って飲むという方法もあります。豆乳には、女性ホルモンに働きかけ、骨粗鬆症や更年期障害などを予防する効果があるイソフラボンがたっぷり含まれています。また、血液中のコレステロールなどの余分な脂肪を蓄積しにくくし、血液を流れやすくする効果が期待できるサポニンが含まれています。

さらに、このサポニンは、小腸の脂肪吸収を抑制する働きもするので、ダイエットの効果も期待できるのです。黒酢で割る豆乳に甘さを求める人は、無調整豆乳ではなく調整豆乳を選ぶとよいでしょう。また、ハチミツやきなこを加えて飲むと、より多くの栄養素を摂ることができます。

長く続けるならサプリもおすすめ

黒酢をそのまま摂ることや、他の飲み物と割って飲むこと以外に、さまざまなメーカーから黒酢のサプリメントが販売されています。黒酢の味が苦手な人や、酢の強い刺激による胃の負担が気になる人には、サプリメントもおすすめです。

また、サプリメントはパウチや小さめのボトルで販売されていることが多く、持ち運びにも便利なため、仕事で出張が多い人や、旅行にも手軽に持っていくことができます。

おすすめの黒酢を紹介

近年は、健康ブームなどの影響もあり、黒酢に対する関心がより一層深まったことから、さまざまなメーカーから多くの黒酢が販売されています。ここでは、おすすめの黒酢をいくつかみていきましょう。

美容効果を求めるならミツカン ざくろ黒酢

さまざまな料理酒などを販売しているミツカンの「ざくろ黒酢」は、国産の玄米を100%使って醸造した黒酢です。その特徴は、黒酢をベースに、ザクロとブドウの果汁を加えていることで、黒酢だけで飲むよりも飲みやすくなっています。

また、ザクロには、ビタミンCやビタミンB2などの数種類のビタミンに加え、女性ホルモンに働きかけるタンニンやアントシアンなどの栄養素が美容効果をもたらします。さらに、「ざくろ黒酢」を牛乳や豆乳で割って飲む方法だけでなく、ヨーグルトやアイスクリームに加えて摂ることもできます。

血圧が高めの人にはミツカン マインズ<毎飲酢>黒酢ドリンク

ミツカンの「マインズ<毎飲酢>黒酢ドリンク」は、他の黒酢商品と違い、血圧が高い人に向けて作られた黒酢ドリンクです。ミツカンは、長年の自社研究によって、酢が血圧が高めの人に適しているという結果を得ています。また、酢の酸味を抑えるために、リンゴ果汁とハチミツを加えており、酢独特の強い酸味が和らげられた黒酢となっています。

さらに、ミツカンの「マインズ(毎飲酢)黒酢ドリンク」は、消費者庁長官の許可を得ている特定保健用食品に認定された黒酢です。

コンビニでも手に入るタマノイ はちみつ黒酢ダイエット

タマノイの「はちみつ黒酢ダイエット」は、コンビニやスーパーマーケットなどでも幅広く販売されているため、手軽に購入できるという特徴があります。「はちみつ黒酢ダイエット」は、ハチミツとリンゴ果汁が加えられており、飲みやすい黒酢ドリンクとなっています。

また、「はちみつ黒酢ダイエット」は、水や牛乳などで割る必要もなく、1本あたり125mlと量も少なめなので、手軽に飲むことができます。さらに、1本あたりのカロリーも13キロカロリーと低カロリーなので、ダイエット中でもカロリーを気にせず飲むことができます。

疲労回復効果を求めるなら伊藤園 黒酢で活性

お茶を始めとするさまざまな飲料を販売している伊藤園の「黒酢で活性」は、1本の中に、クエン酸が1,000mgも含まれており、疲労回復効果が期待できる商品です。また、ノンカフェインで人工甘味料などの人工添加物を使っていないことが特徴なので、人工添加物が気になる人も気にすることなく飲むことができます。さらに、リンゴ果汁とマンゴーピューレが加えられており、飲みやすい黒酢ドリンクとなっています。

サプリメントならえがおの「黒酢黒にんにく」

https://www.241241.jp/lp/ekn/lpi_003/?r=true&sci_campaign=1215&f=9673

さまざまなサプリメントなどの健康食品を販売しているえがおの「黒酢にんにく」は、黒酢の豊富な栄養素と黒にんにくの効果で、より高い健康効果が得られることを特徴としています。また、黒酢のブランドをいわれるほど伝統のある鹿児島県産や、日本アルプスの湧水で作られた長野県産の国産黒酢を使っており、2016年にモンドセレクションの銀賞を受賞した商品です。

さらに、ニンニクの強い香りが気になる人も、その香りが気にならないように、ソフトカプセルとなっており、飲みやすいサプリメントとなっています。

黒酢を摂って美しく健康的な身体をめざそう

黒酢には、アミノ酸やクエン酸の他に、健康や美容に効果のある多くの栄養素が含まれています。また、黒酢は、少しの期間だけ集中して摂るのではなく、継続して長い期間摂ることでより一層の効果が期待できます。そして、その摂り方もバリエーションが豊富なので、自分に合った黒酢の摂り方を選んで、美しく健康的な身体を目指していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧