• HOME
  • 恋愛
  • 良い女の条件とは。魅力的な女性の特徴を知り、理想の女性を目指そう
恋愛

良い女の条件とは。魅力的な女性の特徴を知り、理想の女性を目指そう

年齢と共に、女性は変わっていきます。十代の頃に似合っていた可愛らしい洋服や化粧、言葉遣いなど。可愛いといっても、いつまでも同じわけにはいきませんね。大人の女性の魅力とはなにか、外見だけではなく内面も知り、「良い女」を目指しましょう。

様々な視点から「良い女」の条件をみてみよう

どんなに外見が魅力的でも、言動が伴っていなければそれは「良い女」とはいえません。また、10代の若い女の子が好んで身につけるような可愛らしいブランドの小物や化粧品を、30代の女性が身につけていてもふさわしくない印象を与えてしまうことがあります。

また、性別によっても視点は異なります。よくあるのが男性たちから圧倒的な人気を得ている女性を、女性が見ても素敵だと思わないケースです。そこには「良い女」と感じる男性と女性の視点のズレがあるのです。

魅力的な女性に共通する、素敵な外見、言動、内面とはなんなのかを知り、これから目指すべき自分自身の「良い女」をみつけていきましょう。

外見から見る「良い女」の条件

洋服のセンスなどは人によって異なります。しかし「良い女」には、センスとは別に共通する特徴があるので、それらを取り入れてみましょう。

清潔感のある身だしなみ

清潔感のある身だしなみの女性は、男女問わず好印象を相手に与えます。服や装飾品が綺麗でも、ヘアスタイルが乱れていたり、指先がささくれ立って手入れされていないと清潔感が感じられないので注意が必要です。

出勤前などは、全身が映る姿見で頭のてっぺんからつま先まで全体を眺めてチェックすること。そして予備のストッキングや、リップクリーム、ネイルの手入れ用品などもできるだけポーチなどに入れて持ち歩くようにします。

通勤中に、不意の通り雨にあうかもしれませんし、乾燥していて唇ががさがさになるかもしれません。また爪がかけてしまうなんてこともあるかもしれません。そのような自体に、すぐに対応できる女性こそ大人の女性です。

自分に似合うものを着ている

女性がついついやってしまうものとして「若作り」があります。しかし年齢に合わない洋服は、逆に女性を老けてみせてしまうこともあります。わざとらしい若作りはしないようにしましょう。年齢にふさわしい上品な服装や、自分に似合うものを着るのが一番です。

また高級ブランド品など、ここぞというときの勝負服がクローゼットの中に眠っていて、普段は安物のトレーナーやTシャツという人もいるかもしれません。しかし魅力的な大人の女性は、普段着にこそ質が良く、ある程度値段の高い服を着ます。普段使いのセーターやブラウス、スカートなどにお金をかけているのです。

気に入っている服が汚れないか心配で大切なのもわかりますが、着なければそれはないものと同じです。普段使いをすることで、その服にふさわしい女性の所作が身につくこともあります。

良い香りがする

魅力的な女性からは、良い香りがします。上品な香水を少しだけ使用してみましょう。よくある香りの失敗は、香水のつけすぎです。電車やバスなどで、プンプンと香水の匂いをさせていると、匂いに敏感な人などは不快に感じてしまいます。

上品な香りや、せっけんなどの自然な匂いのする香水を少しだけ。洋服などにシュッシュッとかけず、耳元や、手首などにほんの少しだけつけるようにしましょう。

姿勢が綺麗

姿勢というのはとても大切です。少し猫背になっただけで気が弱そうに見えますし、背筋を伸ばせば堂々として自信がありそうに見えます。そのように姿勢というのは第一印象を決定づけてしまうのです。

まず美しい立ち姿のポイントですが、横から見たときに垂直になるよう、耳、肩、腰骨の外側、外側のくるぶしが一直線に並ぶように立ちます。壁に背中をつけるようにしてみると、自分の立ち姿のゆがみポイントがわかりやすいかもしれません。

次に座っているときの姿ですが、骨盤を立てるようにして座り、両手をばんざいしてみます。背筋が伸びたら手を下ろして膝の上にのせます。それが美しい座りかたです。

鞄をいつも同じ側の肩にかけていたり、足を組んだりしていると体が歪んできて美しい姿勢を保てなくなります。日常生活の中で気をつけましょう。

素敵な笑顔を絶やさない

魅力的な女性は素敵な笑顔を絶やしません。誰でも笑顔を向けられれば、その人に好感を抱いてしまうものです。一般的に美人とはいえない人でも、笑顔が素敵な人の周りには人が集まったり、男性からも好かれたりします。

どんなに美しくても、不機嫌な顔を常にしていたら近寄りがたく、性格も悪くみえてしまいます。表情は練習することでもつくれますので、鏡をみながら練習するのもよいかもしれません。

内面から見る「良い女」の条件

外見が美しいだけでは「良い女」とはいえません。内面も美しくあってこそ魅力的な女性です。

心が広く優しい

傷ついた人や、悩んでいる人をみかけたときに、そっと寄り添って辛さを共感してあげる女性。その心の広さ、やさしさ、包容力は男女問わず人間としての魅力です。心に余裕があるからこそ、相手の痛みを引き受けることができます。

たとえばあまり仕事ができない部下に対して、イライラすることもあるかもしれません。それは自分自身に相手を受け入れるだけの心の余裕がないからです。そしてそのイライラを、言葉や態度でぶつけてしまいます。そのときの自分の表情を客観的に眺めたら、けっして美しいとはいえないでしょう。

相手が成長できるように、どこが問題なのか、どうしたら仕事ができるようになるのか、一緒に考え導こうとすることが相手に対するやさしさです。

明るく前向きな性格

何事にもポジティブな考えかたができる人は、やはり魅力的です。ちょっと難しいことにチャレンジしていったり、将来に向けて頑張っている姿はみているだけでも元気をもらうことができます。

常に前向きに進んでいこうとする人は、どんなに年齢を重ねても若くみえるものです。服装などで若作りをするよりも、自然に若さを感じさせます。なにごとも前向きに取り組むことで、精神的に若くありましょう。

社会的常識やマナーがしっかり守れる

魅力的な女性が颯爽と歩きながら、道路にペッとガムを吐いたらどうでしょうか。思わず眉間にしわを寄せてしまうかもしれませんね。社会的な常識やマナーが欠如していると、相手を不愉快にさせてしまいます。

大人の魅力ある女性は、相手を不快にさせない言動をするどころか、さらにその上をいきます。たとえば電車の中で年配の人が辛そうに立っていれば、さりげなく席を立って席を譲ることができます。社会的に正しいとされる行動指針をしっかりと持っている人は、言動にブレがありません。

いつも謙虚で誰にでも平等に接する

自虐と謙虚は異なります。自虐というのは、自分を卑下して「わたしなんて」という言葉を頻繁に使います。謙虚というのは、相手を立てるため自分は一歩控えることであり、素直に相手の言葉を受け止めることができる人です。魅力的な女性は謙虚な態度はとっても、自虐などしません。

またさまざまな状況下で、人に平等に接するというのは非常に難しいことです。お金の有無や、人種、肩書きなどに惑わされない女性は一本筋が通ってみえることでしょう。

言葉遣いが上品

外見が美しくても、言葉遣いが汚いとこれまでの育った環境(思春期に荒れていたなど)を想像してしまいます。また正しい日本語が話せないと、教養がないかのようにもみえてしまいます。

美しい言葉遣いは、その人を理知的にみせます。方言などが悪いというわけではなく、たとえ方言などがあったとしても、その口調や話すトーン、話す内容が下品でなければ大きな問題はありません。

また言葉遣いが正しくても、早口ぎみだとせわしない印象を与えてしまいます。どうしても早口になってしまう人は、意識してゆっくりめの口調で話してみてください。落ち着いた大人の雰囲気は出すことができます。

理解力があり知的

聡明な女性は、人に憧れを抱かれます。相手がどのような話を振ってこようとも理解できるその知識は、ニュースをみたり読書をすることでしか身につかないものだからです。

知的な人はどのような話題にも対応ができるため、一緒に話していると面白く、会話が弾みます。さまざまなニュースソースから情報を取り入れ、自分の中でそれらを消化しましょう。ニュースを暗記しても仕方がありません。

自分自身がそのニュースに対してなにを感じ、なにを考えたかしっかりとした意見を持つことが重要です。控えめながら自分の考えをはっきりと伝えることができる女性は、非常に魅力的です。

行動から見る「良い女」の条件

内面の輝きは、行動に表れるものです。また憧れる女性の行動をまねすることで、少しずつ「良い女」に近づくことができます。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力の高い女性の周りには、男女問わず人が集まります。よくコミュニケーション能力が高い人は、話し上手な人だと勘違いされていますが、実はそれは誤りです。独りよがりにペラペラと話したいことを話している人は、基本的に自分のことしか考えていないと思われてしまいます。

コミュニケーション能力の高い人は、実は聞き上手。相手が話したいと思っていることを引き出すことに非常に長けていて、相手に気持ちよく話をさせる術を心得ているのです。

まずは相手の声に真剣に耳を傾けましょう。誰でも、自分に興味を持ってくれる人には好感を抱くものです。

所作が綺麗

茶道や華道など、「道」のつく習い事をしている人の所作に目を引かれることはないでしょうか。静かな足裁きや、指先の動きに美しさだけでなく色気を感じることさえあるかもしれません。

それはそれらの所作が、つま先、指先まで神経をつかい、みられていることを意識しています。また、それらの動作は長い年月をかけて美しさを追求されてきたものでもあるからです。

同じことは、そのような習い事をしていない人にもいえます。誰かにみられていることを意識すれば、電車の中で足を広げて座席に座ることはありません。美しい所作を心がけるだけでも、言動は変わってくるものです。

他人を詮索しない

女性はゴシップネタを好む傾向にありますが、あまりに他人を詮索しすぎる人は少し品がありません。それは話題にされている人がどう感じるかの配慮や、詮索している自分が他人からどう思われているのかといった想像力の欠如を感じさせるからです。

自分は自分、他人は他人とある程度割り切りましょう。そしてあまりプライベートなことに踏み込まないように気をつけます。もちろん、とても親しい仲の場合は踏み込んでこその場合もあるでしょう。そのようなこともしっかりと自己判断できるのが大人の女性です。

人に依存せず自立した女性

男女関係で特にありがちなのですが、女性はどちらかというと他人に依存してしまいがちです。それは女性というのが子どもを産み、育てる性質を持っていることに由来するかもしれません。その間には仕事などをすることができず、経済面で家族に頼らなければならなかったりするからです。

しかし、自分の意見を持たず判断をなんでも他人任せにしてしまう人は、話をしていてもまるで暖簾に腕押しのようで、歯ごたえがありません。

「良い女」は、しっかりと自分の考えを持ち、一人になったとしても自分の足で立って歩ける女性です。まずは精神的に自立するところから始めてください。

女性視点で見る「良い女」の特徴

男性視点と女性視点では、「良い女」の基準も変わってきます。まずは女性視点からみていきましょう。

スタイルが良い

女性が憧れる女性といえば、やはりファッション誌に出てくるモデルや、俳優です。その特徴は、スタイルが良いことが上げられます。女性が好むのは、どちらかというと胸が大きかったりするグラマラスなタイプよりも、スタイルがよく格好よい女性かもしれません。

モデルでなくても、街中で人目を引くような美しい人の特徴は、姿勢が綺麗というものです。街中でショーウィンドーに映る自分の姿を確認したり、電車でつり革に捕まっている際に、美しい立ち姿ができているか気にかけてみましょう。

陰口を言わない

女性は話が達者な上に、噂好きです。そのため群れるとついつい陰口をたたいてしまう傾向があります。自分が悪口をいいたくなくても、話している仲間が「○○って、ちょっと陰気だよね~」のように話題を振ってくれば、ついつい「そうだよね」のように軽い気持ちで同意してしまうでしょう。

しかし陰口はいつかは自分に返ってくるものですし、聞いていて気持ちのよいものではありません。もしも属しているグループがそういう陰口をたたくようなグループなら、抜けることも考えてみてください。

基本的には、女子で群れないでいることです。群れていると安心感はありますが、グループの雰囲気に染まりやすくなってしまいます。

仕事が出来る自立した女性

仕事を持つ女性は、どうも2種類に別れるようです。仕事をきっちりとこなし、責任感のある自立した女性。そして仕事は結婚までの腰掛けと考え、ほどほどにこなしている女性。

女性が憧れを抱くのは、仕事ができる自立した女性のタイプです。仕事ができる人は、決断力があるため仕事を上手にこなし、給料もアップしていきます。身につけている服などもワンランク上のものを身につける傾向がありますし、営業などで外に出る女性は、メイクなどにも気をつけているでしょう。

仕事のみにガツガツしている女性は引かれてしまうかもしれませんが、恋と仕事、プライベートとの両立を図りながら仕事をこなしている女性は、女性からみても魅力的です。

プライベートが充実している

「干物女」という言葉を知っているでしょうか。平日は会社で働いているものの、休日やオフでは家でだらだらと過ごし、身なりなどにも全然かまわない女性のことです。恋愛から遠ざかり、何事も面倒くさがってしまいます。

「良い女」は「干物女」の真逆です。平日もそうですが、オフも充実した日々を過ごしています。恋人と一緒に旅行に行ったり、趣味の習い事に通ったり、資格所得のための勉強をしたりして、自分を磨くことに余念がありません。プライベートが充実しているため、毎日を楽しむことができます。

男性視点で見る「良い女」の特徴

男性視点でみる「良い女」は、また女性目線とは違ったものです。それは恋愛や結婚の対象となるからかもしれません。それでは男性視点の「良い女」をみてみましょう。

女性らしいスタイル

男性の中には、女性が力を入れて頑張っているダイエットを理解できない人も多くいます。なぜなら男性は、女性らしさにひかれるため、胸が大きいとか、おしりが大きいとか、いわゆる「ボン、キュ、ボン」の程よい色気に引かれる傾向があるからです。

ダイエットをして、痩せすぎてしまう女性を残念に思っている男性陣は予想以上に多いもの。女性の中にはモデル体型でないことを悩んだり、ちょっとぽっちゃり系だということに自信喪失している人もいるかもしれません。しかし男性目線は異なることを知り、自分の良さを生かすようにしましょう。

派手過ぎず清潔感のある女性

ネイルに通うようになると、ついついデコを盛りすぎてしまったり、メイク道具が増えると厚化粧になりがちです。お洒落をするのはよいことですが、派手すぎる服装は男性視線からみると軽い女性にみられます。

ファッションは、清潔感のある上品なものを目指しましょう。メイクはナチュラルメイクを心がけ、厚化粧をしているように思われないスッピン美人系。

ネイルはデコで飾る必要はありません。ピンク系の単色か、フレンチネイル程度が控えめでよいです。飾りすぎていると、家事ができなさそうなどそちらの目線で男性からみられてしまいます。大切なのは爪も、肌も、髪も、手入れをしっかりとしているのがわかることです。

ポジティブで笑顔が素敵な女性

男性も、ポジティブで笑顔が素敵な女性に惹かれます。明るく前向きに未来を語ることができる女性は、そこに存在するだけで華があるからです。

男性は雑誌に乗っているようなハイスペックなモデルを確かに美しいと思いますが、恋人や妻にしたいとはあまり思わないようです。

それらはあくまで観賞用であって、恋人や妻にしたいと思うのは近づきやすかったり、笑顔でそばに寄り添ってくれる女性。男性と話すときには、少しでも口角を上げ、笑顔を心がけましょう。

男性を立てることが出来る

男性は、やはりどこかで自分自身の男性らしさにこだわっています。そのため隣にいてくれる女性には、ある程度控えめで男性を立ててくれることを心のどこかで望んでいます。

たとえばホームパーティーなどで、さりげなく配膳の手伝いをするなど気が利くところがみられると、男性はそこに女性の家庭的な姿をみ出します。また男性同士の議論が白熱しているときに、それを邪魔するようなおしゃべりをはじめないなど、空気が読めることも重要です。

どうしても頑張りすぎの女性は「男女関係ない、私が頑張ればいい」と思いがちですが、男性を頼れる場面ではエスコートなどを受けるようにしましょう。

甘えるのが上手

男性は上手に甘えてくる女性には、ついつい甘くなってしまうものです。なにもキャバクラ嬢のように、腕にすがりついて「○○がほしいんだけど~」と甘える必要はありません。頼りかたの問題です。

たとえば重い荷物を運んでいるときに、男性が「重そうだね、持とうか」といってくれたとします。そのときについつい悪いと思って「大丈夫です」と無表情で答えたりはしていませんか。断られた男性は、少しがっかりしてしまうでしょう。それよりは素直に笑顔で「ありがとう」といって甘えたほうが、相手の心象はよいのです。

素直さが甘え上手のポイント。男性が頼りになる場面では、素直にうれしい気持ちを言葉と表情で伝えましょう。

家事が上手に出来る

女性らしさを表すものの一つに、家事があります。特に料理の上手な女性は、それだけで家庭的な女性ということをアピールすることができます。失敗せずに上手につくれる得意料理を作っておくことで、いざというときに恥ずかしい思いをしません。

ついつい上手なところをアピールしようと、おしゃれなカフェ飯や洋食を作ってしまいがちですが、毎日食べるなら家庭料理を連想させる和食がよいです。肉じゃがや、魚のホイル焼きなどは失敗しにくい上に美味しいので作りかたを覚えておきましょう。

また、男性を部屋によんだときに、片付けができていないとだらしない女性にみられてしまいます。掃除のスキルもしっかりアップしておいてください。

良い女になるために普段からできること

好きな人にアピールしたいときだけ「良い女」になることなど無理です。普段の生活から少しずつ魅力的な振る舞いを心掛けるようにしましょう。

言葉遣いに気を付ける

自分の話している言葉を意識してみると、その汚い言葉遣いやクセに愕然とすることがあります。特に気ごころを知れた人や、家族に対して思いやりのないぞんざいな言葉遣いをしてはいませんか。

家族だから許されると、普段から汚い言葉遣いをしていると、外出先でもそのクセは出てしまいます。そしてそのような女性は、決して「良い女」にはみえません。

言葉遣いを美しくするのと同時に、口調も少しゆっくりにしてみてください。ゆっくりした口調は、心の余裕や落ち着いた雰囲気を作り出してくれます。

背筋を伸ばし姿勢を良くする

バレリーナや、フィギアスケーター、モデルなどに共通していえるのが、その姿勢のよさです。猫背のバレリーナなんてみたくありませんね。姿勢というのはとても大切で、第一印象を決める大きな要因にもなります。

姿勢が悪いと、それだけで気が弱そうにみえたり、老けてみえてしまいがち。逆に背筋を伸ばすだけで、ポジティブな印象を与えたり、スタイル良くみせることが可能です。全身が映る鏡などで、一度自分が人からどのようにみられているのかチェックしてみてください。

普段から体のバランスが悪くならないように、バッグなどをいつも同じ肩にかけたり、足を組むときに同じ足を上にしないように気をつけましょう。またヨガやストレッチを毎日短い時間でも行うと、より美しい立ち姿、座った姿を手に入れることができます。

いつも笑顔でいるように心がける

いつも笑顔の人は、まわりを幸福にします。笑顔にはそれくらい大きな力があるのです。しかし実際には毎日笑って暮らすなどというのは難しいですね。特に仕事に追われるなど心に余裕がなくなっていれば、笑顔よりも眉間のシワが深く刻まれることになってしまいます。

笑顔というのは、心のゆとりです。疲れているときこそ、リラックスタイムには美味しいハーブティーを飲んだり、ゆっくりと温めのお湯につかったりして心身ともに癒されましょう。心を休ませたら、次は日常生活のどんなささいなものでもよいので、幸せを感じてみることです。

通勤途中に、昨日まで咲いていなかった美しい花が咲いた。元気に登校する小学生が「こんにちは」と明るく挨拶してくれた。そんなことに幸せを感じてみる。そのときのあなたは、きっと素敵な表情をしているに違いありません。

断る時はしっかりと断る

「良い女」は八方美人とは異なります。八方美人は、自分の意思を伝えることができないために、頼まれればなんでも引き受けてしまい、ゆくゆく困ってしまう人です。

大人の聡明な女性は、相談を受けたときにそれを最後までしっかりと聞き届け、一度本当に自分はそのことができるのか真剣に考えます。そしてもしも難しいと考えた場合には、恐れずにそれを相手に伝える勇気を持っています。

悩んだときには一度答えを保留してもよいですが、できるだけ早くYesかNoではっきりと答えを出してあげましょう。答えをもらうことで、相談相手も次の行動に移りやすくなります。

良い女の条件を知って理想の女性を目指そう

素晴らしい営業成績などをあげる営業マンの行動特性(コンピテンシー)を知って、他の営業マンにそれを伝授することができる上司は優れた上司だといわれます。同じことは、会社以外でもいえます。

良い女に共通するコンピテンシーを知り、身に着けること。そのことで憧れの女性を目指すのです。まずは目標とする女性像をしっかりと自分の中に作り、日常生活でできることから自分磨きをしていきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール