仕事の悩み

仕事のやりがいと見つけ方がわかれば楽しくなる。その方法を知ろう

仕事にやりがいを感じられないと、仕事をする意味がわからなくなってきます。そのようなときは、気持ちを立て直しましょう。やりがいを見つける方法がわかれば楽しくなります。また、この機会にお金とやりがいはどちらが大切かも一緒に考えてみましょう。

皆の悩み「仕事のやりがい」とは、なにか

「仕事のやりがい」については皆の悩みです。仕事にやりがいを感じられずに働いていると、会社に行くことが憂鬱になってきます。仕事にやりがいを感じることができれば、毎日憂鬱な気持ちで会社に行く日々から解消されて、仕事に行くことが楽しくなることでしょう。

仕事のやりがいとは誰かのために働き、お金をもらっているということが一番の喜びであり、仕事にやりがいを感じている方の多くはそういった働き方に誇りを持っています。そのように「仕事のやりがい」を持つためにはどうしたらよいのかを、以下を参考にしながら考えてみましょう。

仕事にやりがいを感じられない方の特徴

仕事にやりがいを感じられない方に共通する特徴を知り、やりがいを見つけるためのヒントにしましょう。

誇りを持っていない

仕事が雑用ばかりで面白くないなど、やりがいを感じないという方はご自分が行っているいる仕事の意味が理解できておらず、誇りを持てていないのではないでしょうか。仕事の意味を理解し、誇りを持つことがやりがいへとつながります。

入社したばかりの頃は、仕事に対する理想があり、やる気に満ちていたものの、実際に入社してしばらくすると、理想と現実のギャップという壁に当たります。こちらは誰にでもよくあることです。さらに、友人が出世したなどの話を耳にすると、自分との差に卑屈になってしまったり、自分も同じだと見栄を張ってしまうこともあります。

失敗が多くなる

仕事にやりがいを感じることができないと、仕事に集中できなくなるので失敗が多くなります。1日が長く感じたり、なかなか仕事がはかどらないのはやりがいが感じられないからかもしれません。

体調も万全なのに仕事に集中できないのであれば、今の仕事が合っていない可能性もあります。異動や転職をしたことで、あっという間に1日が過ぎてしまうくらいに集中して仕事ができるようになったというケースもあるのです。そのようであれば、仕事にやりがいを感じていると言えるでしょう。

同じ目標を目指す仲間がいない

同じ目標に向かって取り組み、目標を達成したときに一緒に喜ぶ仲間がいると仕事も楽しくなり、それがやりがいにもつながります。例えば、学生時代に部活に打ち込んでいた方は、同じ目標を目指す仲間と共に一生懸命になった気持ちを体験しているのではないでしょうか。

仕事も同じことが言えます。ともに苦労をし、喜びも一緒に分かち合う仲間がいると、仲間がやりがいを感じさせてくれるのです。職場だからといって、周りの同僚や先輩後輩に対して自ら壁を作らず、勇気を出して打ち解けてみてはいかがでしょうか。

ライバルがいない

ライバルがいると仕事も刺激が出ます。「負けたくない」という思いを仕事に向けられれば、それもやりがいの1つとなるのです。

現実では、ライバルと呼べる存在に出会う機会はほとんどありません。だからこそ、もしライバルと呼べる存在に出会うことができたら、大切にしましょう。自分よりも優れている人に出会うと、つい自分は負けてもなんとも思わないと強がって、ライバルではないといい張る方は多いです。しかし、せっかく出会えたライバルという存在を大切にすることが自分のためにもなります。

仕事を認めてもらえない

仕事にやりがいを感じる、感じないというその差は、仕事を認めてもらえているかどうかがポイントの一つです。実は、自分の仕事を上司や家族に認めてもらえている方ほどやりがいを感じています。

仕事を認めてもらえない方はやる気も出ないので、やりがいは感じられません。評価されないことで、やりがいを感じないだけでなく、「自分は仕事ができない」と自虐的になることもあります。そして日に日に仕事が嫌になってしまうのです。

仕事にやりがいを感じている方の仕事の仕方

仕事にやりがいを感じている方の仕事の仕方を学び、できることがあればやってみましょう。

給与にやりがいを持つ

どんなに仕事がつらくても頑張って働いている方のやりがいの多くは「どこよりも給料がいいから」という理由です。例えハードワークで仕事が嫌になったとしても、給与明細や通帳を見ればモチベーションが復活し、ハードワークでも乗り越えることができます。

いい暮らしがしたい、貯金を今のうちにしておきたいと思っている方も、給与をやりがいにして仕事をしていることが多いです。ネイルやエステ、ブランド品のショッピングなど、いい暮らしを優先したい、将来結婚するときのために貯金しておきたい方が当てはまります。

成果にやりがいを持つ

仕事が大変であっても、想像していたものとは違っても、それでも頑張っている人の中には、「自分のアイデアが形になる」という「成果」にやりがいを見出している人もいます。普段はむしろつらそうに仕事をしているのに、心の中では会社や世間に認めてもらいたいという野心を持っているのです。そして、仕事が終わったときの達成感や、成果が出た瞬間の喜びのために、毎日の仕事を頑張っています。

例えば、商品企画の仕事の場合、売れるためのアイデアをずっと出していかなければいけないので、プレッシャーとの戦いとなるのです。それでも仕事にやりがいを感じられる理由は、自分のアイデアが形になり、それを求めてくれる人の存在があるから。さらに、雑誌やSNSで商品が話題になると、今までの苦労が一気に吹っ飛び、嬉しくなります。

仲間と一緒に目標を目指すことにやりがいを持つ

仕事仲間と目標を目指すという一体感がくせになり、目標を達成したときの喜びを分かち合う仲間と一緒に働くことにやりがいを感じる方もいます。チーム一丸となってプロジェクトを進めるなど、仲間がサポートしあって成果を目指すという「一体感」にやりがいを感じているのです。

一緒に頑張る仲間がいれば、やりがいを感じることができます。友情を大切にするタイプや、困った人を放っておけないタイプ、後輩や年下の面倒見が良いタイプに多いです。

仕事の内容そのものにやりがいを持つ

自分の好きな仕事に就いていて、その仕事の内容に誇りを持って取り組むことにやりがいを感じている人も少なくありません。一方で、仕事にやりがいを感じていない方が見たらうらやましい限りです。

仕事の内容そのものが好きだからやりがいを持っている方は、家でも仕事のことを考えていることが多く、仕事が楽しくて仕方がないと思っています。そのため、つい働きすぎてしまうこともあり、健康面には注意が必要ですが、ワーカーの鏡とも言えます。

責任ある仕事をすることにやりがいを持つ

どんなに激務で帰りが遅くても、休日も仕事のことが頭から離れなくても、自分の実力を認めて責任のある仕事を任せてもらえることがやりがいにつながっている方もいます。まわりから期待されると、それ以上に仕事にやりがいを感じるのです。

期待に応えなくてはいけないというプレッシャーもありますが、それ以上に期待されているという喜びが大きくなります。そのため期待に応えたいと、多少難しい仕事であってもやりがいを持って頑張ることができるのです。

仕事に「やりがい」を見つける方法

仕事にやりがいを見つける方法とは、どのようなものでしょうか?

目の前の仕事に真剣に取り組んでみる

つまらない仕事でもまずは一生懸命取り組んでみると、だんだんその仕事の必要性や他へのつながりが見えてきて、自分がしている仕事の意味が理解できるようになります。自分の仕事に意味を見い出すことはやがて、やりがいへとつながるものです。

まずは、目の前の仕事に真剣に取り組んでみましょう。集中して仕事に取り組むことで、時間が経つのも忘れ、気がつけば仕事にやりがいを感じている可能性もあります。

新しい仕事を上司にたくさん提案してみる

自分にとって意味のある新しい仕事を上司に何度も提案した結果、それが通るとやりがいが見つかるかもしれません。ただし、上司に新しい仕事を提案する前に、きちんと自分は仕事ができるということをアピールしておく必要があります。

まずは与えられた仕事をしっかりとこなすことが大切。仕事ができるアピールが伝わったら、さらに上の仕事をもらうか、新しい仕事を提案してみましょう。意味を感じる仕事をしてやりがいを作っていくのも1つの方法です。

「当事者意識」を持って働く

指示を受けてその通りにやっている仕事は「やらされ感」が強く、やりがいに結び付きません。自分の仕事に課題を設け、業務の改善に工夫を凝らすといった積極的な行動がやりがいにつながります。

「当事者意識」を持つと、仕事に対する責任感がうまれます。プレッシャーや苦労もありますが、自分で考えて行動を起こす姿勢で仕事をすることで、周りから評価され、自分自身もレベルアップでき、報酬も得て将来の成長にもつながるのです。

仕事の中に「楽しい」を見つける

自分の仕事の中で「自分しかできないこと」を見つけることで、まわりから頼られることも増え、それが誇りにつながっていきます。人間は楽しいと感じたらドーパミンという快楽ホルモンが分泌され、脳が活性化されて気分が前向きになるのです。

自分にしかできないことを見つけたら、それが自分の武器になり、まわりの人からは魅力的に見えます。どんなに些細なことだったとしても、自分にしかできないことを少しずつ増やしていきましょう。

「お金」と「やりがい」どちらを選ぶ

「お金」と「やりがい」はどちらが大事なのでしょうか?どちらを選んだらよいのかを考えてみましょう。

「お金」を選ぶとやりがいにはつながりにくい

給料のいい仕事は内容が過酷なものが多いです。給料が多いことがやりがいになっている人以外はそんな仕事を定年まで続けていくことは難しく、ましてややりがいなんて感じられません。

超高学歴のエリートであれば、過酷な内容でなくても給料のいい仕事に就けるでしょう。しかし、それは限られた方のみに当てはまることで、一般的には、給料のいい仕事はハードワークで長く続けることはつらい内容がほとんどです。そうなると、「お金」を選ぶとやりがいにはつながりにくいという結論になります。

「やりがい」を選ぶと給料は高くない

「やりがい」を選ぶと、給料が高い仕事はあまり見つかりません。しかし、働く女性の約3割は給料ではなく「やりがい」を重視して働いています。それは給料は低くてもやりがいがないと働いていてつらいと感じたり、居心地が悪い職場にはいられないと感じているからです。

そんな思いをするのであれば給料は安くてもやりがいのある仕事がいいと思って働いています。職場は1日の大半を過ごす場所なので、どうせならやりがいがあった方がよいですね。

「お金」と「やりがい」の両立を目指す

理想は「お給料も高くてやりがいもある仕事」です。どちらかに不満がある場合は理想の仕事を探して転職を考えてみるのもよいでしょう。

「お金」と「やりがい」のどちらかを選択すると考えるのではなく、どちらも両立できれば仕事が楽しくなります。ただし、それはわかっていても、そのような仕事はそんなに簡単には見つかりませんね。仕事探しが困難になった場合は、転職エージェントを利用するのもあり。転職エージェントは、その名の通り転職・仕事探しをサポートしてくれます。

20代女子が選ぶやりがいのある仕事

20代女子が選ぶやりがいのある仕事を知り、どのような仕事を選んだらよいのか参考にしましょう。

美容師・理容師はやりがい度が高い

やりがいのある仕事ランキングで上位の美容師・理容師などは直接顧客と接する機会が多く、自分の仕事の評価もされやすい仕事なのでやりがいにつながりやすいです。顧客から自分の仕事を認めてもらうことで自信と誇りを持てるようになります。

美容師・理容師には技術が必要で、資格を取得したとしても一定のレベルに達するまでは自分のセンスを発揮することが難しい仕事です。そのため、その成果を認められると、成長できた実感がわいてますますやりがい度が高くなります。

接客業はやりがいを感じられる

エステティシャンや販売職など、顧客と接する機会が多い職種では売上目標の達成に向けてチームで取り組んだり顧客の声を聞くことができるので、やりがいを感じている方が多いです。売り上げ目標を達成できたときは、仕事に対する充実感も得られます。

また、顧客に直接「ありがとう」といわれるなど、人に必要とされていると実感しやすいのも接客業の魅力。人と関わることが好きな方でやりがいを感じる仕事を探している方におすすめです。

やりがいを見つけて楽しく働こう

やりがいを感じるポイントは人それぞれです。給与、成果、責任、仲間、仕事内容など、些細なことでもやりがいを感じるポイントにつながります。
自分の仕事にやりがいを持つことができれば、仕事が楽しくなるものです。生き生きと働けずに悩んでいるそんなときこそ、気持ちを立て直し、やりがいを見つけて前向きに働きましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール