生活雑貨

ガラストップコンロを選ぶメリットとは。タイプ別の特徴にも注目

ガラストップコンロを使用するメリットやデメリットを知っておくことで、普段のお手入れ方法などが学べ、より快適に利用することができます。新しいガラストップコンロをを購入する際に、最適な知識を学んでおき、毎日楽しく料理をしましょう。

ガラストップコンロを買い替えたい

毎日料理をする際に、欠かさず使用する「ガスコンロ」。使用頻度が高く、そろそろ新しいガラストップコンロに買い替えたいという人も多いのではないでしょうか。ガスコンロは頻繁に買い換えるものではないので、選び方が分からないと不安になりがちです。ガラストップコンロのメリットやデメリット、そして新しいガラストップコンロの取り付け方法などを、しっかりと学んでおきましょう。

ガラストップコンロの特徴

ガラストップコンロを購入する前に、さまざまなメリットや知っておくと便利な知識を知っておきましょう。

トッププレートが強化ガラス製

ガラストップコンロに使用されている「ガラストップ」とは、一般的なガスコンロに多く使用されているガスコンロの天板。透明感のある強化ガラス製のトッププレートで、見た目の美しさも人気の秘訣といえます。

近年販売されているガスコンロは、ガラストップのものが主流になっています。他にトッププレートに使用されている素材は、アルミトップやパールクリスタル製、ガラスコート素材、フッ素コート、そしてホーローがあります。

トッププレートに使用している素材によって、ガスコンロの特徴やお手入れ方法が異なるため、選ぶ際にはしっかりと検討することが大切です。ガラストップコンロの場合、お手入れ方法が簡単で、毎日料理をする主婦からの人気も高い素材となっています。

焦げ付きにくく綺麗が長持ちする

ガスコンロを利用して調理していると、コンロ周りが焦げ付いてしまうことは日常茶飯事。汚れを放置してしまうと落としずらくなってしまいがちです。定期的にこびりついた汚れを落とすのは、非常に大変な作業で骨が折れます。

ガラストップコンロを選ぶメリットとしては、調理による焦げ付きなどの汚れがつきにくく、綺麗な状態が長持ちするという点があげられます。ガラス素材なので、見た目もきれいでふき取りも簡単でお手入れしやすいのです。

耐久性と耐熱性に優れている

ガラストップコンロが選ばれている人気の秘訣として、耐久性・耐熱性に優れていることがあげられます。トッププレートの表面に塗装加工されているホーロー等とは違い、塗装がはがれる心配がないのです。そのため年数がたっても塗装が剥がれたり、サビてしまうこともありません。

一般的なガスコンロの寿命の目安としては、耐用年数で10~15年といわれています。使い続けていくうちに、ガスコンロの見た目や品質が劣化してしまうのは、使う側としても避けたいもの。長い期間使い続けるアイテムだからこそ、耐久性・耐熱性にも優れたガラストップコンロを選ぶことをおすすめします。

高価である

ガラストップコンロは、他の素材をしたガスコンロよりも、高価な価格設定の製品が多いのが特徴。ホーローやフッ素コートのガスコンロは、比較的に安価な製品が多く販売されています。

ガラストップコンロは見た目の美しさに加え、他素材に比べると高価で高性能です。ホーローやフッ素コート、ガラストップ、そしてアルミトップの価格を比較してみると、アルミトップが一番高い素材です。

ガラストップコンロのお手入れのしやすさというのは、快適に生活していくうえでも圧倒的なメリットです。他の素材を使用したガスコンロより、多少価格が高くても購入する価値はあります。ガラストップコンロの価格相場は約6万円~20万円です。

ガラストップコンロのデメリット

お手入れが簡単で人気の高いガラストップコンロですが、デメリットについてもしっかりと確認しておきましょう。

割れる可能性がある

一般的には使い勝手のよいガラストップコンロですが、衝撃を加えてしまうと、トッププレートが割れてしまう可能性があります。普段からガラストップコンロを大切に扱っていても、高い場所に調理器具を収納してれば、ちょっとした不注意で調理器具を落としてしまうこともあるのです。

ガラストップコンロの周辺には重たいものを置かないようにしたり、使用する調理器具を軽めのものや、やわらかい素材のものを中心に使用する、など各自で対策が必要でしょう。

重いものを落とすと割れてしまったり、ひび割れもあります。また、掃除のときに天板の上に乗らないように注意しましょう。これらは日ごろから気を付けておく必要があります。ガラストップコンロの真上に設置されている、換気扇の掃除をする際にも、コンロの上に誤って落としてしまわないように、十分に注意しましょう。

天板の修理には数万円かかる

ガラストップコンロは、トッププレートに丈夫で耐久性のある強化ガラスが使用されてています。通常、正しい使用方法でガスコンロを使っていれば、めったに割れてしまうことはありません。

ちょっとした不注意などによって、トッププレートに大きな衝撃を与えてしまうと、割れてしまう危険性があります。万が一割れてしまうと、思わぬ出費がかさんでしまうことになるのです。

保証期間が過ぎた製品の場合、高額な修理費用が発生してしまう可能性もあります。天板の修理にかかる費用は、数万円かかると予想しておいた方がよいでしょう。これはあまりにも高い高額な修理費といえます。使用年数によっては、買い替えを考えた方が良いでしょう。

ガラストップコンロのお手入れ方法

ガラストップコンロを長い期間使用し続けるために必要なことは、自分自身で簡単にできるお手入れの方法を、学んでおくことです。しっかり覚えて、日頃のお手入れを行いましょう。

柔らかい布やメラミンスポンジを使う

ガラストップコンロについた汚れをふき取る場合、柔らかい布やメラニンスポンジを使用するようにしましょう。ゴシゴシこすらなくても汚れはふき取りやすいため、お手入れは簡単にできます。

掃除の際に使わないように注意するアイテムとして、かたい素材でできているナイロンや、金属たわしがあります。こえらはガラスを傷つけてしまうのでNGです。ガラスに傷ができることによって、ガスコンロの見た目に影響が出てしまったり、衝撃に弱くなり、割れやすくなってしまうなどの影響が出てしまう恐れがあるため、あまりおすすめできません。

汚れが付いたらすぐにふき取る

ガラストップコンロをいつまでもきれいに保つ秘訣としては、こまめなお手入れを怠らないことです。他のガスコンロと比較すると、汚れが付きにくく掃除が簡単なガラストップコンロですが、長期間お手入れしていないと、原型が分からないほど汚れたてしまうことも。そのような状況になるまで汚さないようにするのが、大切といえます。

お手入れといっても、ガラスなのでふき取りはとても簡単です。毎日忙しい主婦の方でも、無理なくあっという間に掃除ができて◎。軽い汚れであれば、洗剤や特殊な汚れを落とすアイテムを使わなくても水拭きで綺麗に落ちてしまいます。もし汚れがついてしまった場合は、早めにふき取ることで、綺麗な状態が続きます。

がんこな汚れは中性洗剤や重曹でつけ置き

ガラストップコンロは汚れが付きにくいですが、長期間お手入れをせずに放置していたり、がんこで根強い汚れがこびりついてしまっている場合、水やお湯だけでは汚れが落ちにくい場合があります。

ガラストップコンロを掃除する時には、食器を洗う際に使用する中性洗剤を使用するのがおすすめです。ガラスに細かい傷がついてしまう恐れのある研磨剤入りの洗剤や、刺激の強い酸性、アルカリ性のものはNGです。

ガラス部分に細かい傷がついてしまうことによって、トッププレートが曇ってしまったり、割れやすくなる危険性があります。掃除にピッタリなのが、常備品である重曹です。汚れた部分に重曹水を振りかけて、つけ置きしてからやさしくふき取ってあげるときれいに汚れが落ちます。洗剤や使用するスポンジを、間違えないように注意しましょう。

ガラストップコンロの付け替え方

ガラストップコンロの付け替え方はタイプによって違います。タイプに合った手順をしっかりと覚えて、安全に設置しましょう。

ガステーブルタイプの場合

一般的なガステーブルタイプの場合、個人で交換可能です。付け替えのためにわざわざ業者を呼んだりする必要がなく、ガスコンロ以外の費用が発生せずに済みます。自宅で設置されているガスが、都市ガスかプロパンガスかを、確認しておきましょう。

ガスコンロの取り付け方法は、説明書に従って設置しましょう。ガスの元栓をしっかりと閉めてから、ホースを取り外してください。周りをきれいに掃除してから、新しいガスコンロを設置すればOK。とても簡単な手順で付け替えができるため、手順さえ覚えておけば女性の方でも安心して交換ができます。最後にガス漏れチェックをしっかりと行い、安全に使用できるように確認しましょう。

ビルトインタイプの場合

ビルトインタイプのガスコンロを付け替える場合、簡単に付け替えることができません。システムキッチン埋め込み式になっており、自分で変えることは難しいため、業者に依頼する必要があります。

ビルトインタイプのガスコンロを付け替えるためには、ガス工事の資格が必要になります。ガスコンロ購入と同時に工事込みのケースが大半です。またガスコンロに加えて、工事費用が発生するため大きな出費になってしまいます。

自分の住んでいる家が賃貸物件の場合、設置されているガスコンロを自由に取り換えできない可能性があります。後からオーナーをトラブルにならないように、事前に設置可能かどうかを確かめておきましょう。

ガラストップコンロは10年綺麗に長持ちさせよう

ガスコンロを新しいものに買い替えるなら、お手入れのしやすさ・耐熱性・耐久性などを参考に選ぶのがよいでしょう。ガラストップコンロは、料理の際に飛び散った油や調味料なども、布を使って簡単にふき取ることができます。

ガラストップコンロの寿命は10年前後が目安とされています。最低でも10年間は使い続けられるように、大切に手入れや掃除をして、普段の扱いも丁寧に行いましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール