仕事の悩み

「仕事の人間関係」がうまくいかない理由を知り、解決する方法を探る

仕事の人間関係は人生の中で重要なポイントになってきます。毎日楽しくないという方は、健全な解決策を知ることによって世界観が変わってきます。せっかく努力して入った会社ですので、辞める前に一度立ち止まり考えて、人間関係の悩みを解決しましょう。

ストレスをかかえながらの仕事

社会人のほとんどが、なにかしらのストレスを抱えているといわれています。通勤に時間がかかることや、仕事がはかどらないなどたくさんの理由が挙げられます。その中でも仕事に関する人間関係でのストレスが多いようです。どのように解決すればよいのか、自分でもわからない人もたくさんいます。

意外と自分はどのくらいのストレスがあるのか、把握していない方も多いようです。なぜストレスがたまってしまうのか、うまくいかない理由をしっかりと考えて解決につなげていきましょう。

仕事辞める理由ランキング

ストレスの理由を知ることによって、解決策を練りましょう。自分で改善できる方法を見つけます。

1位:「圧倒的なのが人間関係」

仕事を辞める理由は将来の不安だったり、引越しをして通えなくなったなど、さまざまな理由が挙げられます。しかし、多くの中からダントツでトップなのが「人間関係」です。人間関係に悩みもう限界と辞める人がとても多くいらっしゃいます。「上司と折が合わない」「部下がいうことを聞いてくれない」など挙げたらきりがないほど沢山あります。

とくに女性の場合は仕事において、精神面が弱い方も多いため、上司が自分の仕事を認めてくれないなどで、ストレスを抱えてしまうことも多々あります。逆に人間関係さえよい職場についている方は、ストレスが少ないのでしょう。仕事といえど、どうせなら楽しく働きたいです。

2位:「意外に多い評価や人事制度」

仕事を辞める理由として人間関係の次に多いのが、「評価や人事制度」です。人事制度が嫌という一番の理由は、「評価・昇給・賞与」を決めるための制度だという認識があるからです。必然的に自分の働きと、評価の差をつらいと思う人も多いのです。

しかし、人事制度は会社にとって全体的に向上心をあげるために作られたものですので、正しい人事制度をよく理解しなくてはけません。また、評価が高い方ほど充実した生活を送っています。その方の仕事に対するあり方を、お手本としてもよいのではないでしょうか。

3位:「同率の理由が3つ」

居心地の良さにもつながる社風や風土

なんとなく新しい会社の雰囲気になじむことができず、辞めたいと思う方は多いようです。例えば自分が体育会系ではないのに、会社の社風が体育会系だったと知ったときは居心地が悪くなるでしょう。また、週一回の飲み会に、強制参加させられるということも少なくないです。

実際には社風などは会社に勤めてから、初めてわかることもあります。なにが会社のモチベーションになっているのかを事前に調べることにより気づくことができますが、なかなか難しいことではあります。

生活する上で不可欠になる給与

自分の生活水準とのギャップで悩む人は、ほとんどではないでしょうか。時給ではない限り、働いた時間だけ給料がもらえるということは少ないのです。会社員は固定給がほとんどで、自分の仕事量と見合った金額をもらえるのはなかなか難しいのです。成績を上げても収入に反映されないという不満は、昔から多くの声があります。

仕事量と見合った金額をもらえるのが成果給ですが、女性の場合は成果給よりもリスクを考えて、固定給を希望する方が圧倒的に多いです。生活する上で給与に不満はありますが、減給などの不安もあり我慢をしているということなのでしょう。

 給料が上がらない理由は?自分の能力は正当に評価されているのか

残業や休日出勤などの拘束時間

残業や休日出勤などで自分の時間をとれないなどの不満が募り、ストレスになってしまっています。日本の企業は仕事が終わったら、次から次へと仕事が舞い込んできます。仕事ができないので残業は仕方がないですが、仕事ができる人はその分の仕事が一気に増えます。

休日出勤の場合は会社が休みと決めた日に、働かさせられるということです。休日出勤は労働基準法で定められた休日や労働時間、賃金の支払いの規定が守られていない場合は違法になりますので、賃金が支払われない場合は申告してください。意外と知らずにいわれるがままに、働いている人もたくさんいます。

仕事を辞める前にできること

人間関係で会社をすぐに辞めるのは簡単なことです。しかしそのあとの会社でも、同じことが起こりうるかもしれません。すぐ辞めてしまわずに、自分で解決できる方法を探してみましょう

信頼できる人に相談する

家族や友人にまずは相談してみてはいかがでしょうか。自分では冷静に判断できない分、 第三者からの意見はとても重要です。近しい方なら親身になって相談してくれます。また、人に話すことで内に抱え込んでいた悩みをはき出せますので、ストレスも軽減されます。また、信頼できる上司や同僚がいれば仕事する上で的確なアドバイスがもらえるでしょう。

考え方を変えてみる

嫌われる勇気を持つ

嫌われたくないという気持ちがストレスを生むこともあります。なんでも断らずに仕事や、嫌なことを引き受けたりはしていませんか?相手も「あの人は断らないからどんどん押し付けよう」という悪循環につながるのです。やりたくないことは無理せずに一度断ってみてはいかがでしょうか

他人には期待しない

心のどこかで相手を期待するからこそ傷つくことがあります。それは相手にとっても大きな迷惑ですし、あまり期待をかけないようにするのが大事です。あの人なら自分を助けてくれるという甘えは捨てなければいけません。何事にも自分の行動に責任を持つように努力していきましょう。

視野を広く持つ

趣味や特技など、仕事以外の居場所を持つことも大切です。仕事にしか意識が集中していないと、仕事が全てになり、一喜一憂してしまいがちです。心にも余裕が持てなくなりますので、なにか違う没頭できる趣味を見つけてみてください。仕事に対して余裕が持てるため、ウソのようにうまく物事が回り始めます。

反面教師として捉える

反面教師として自分の成長に活かすようにしてみましょう。明らかに会社の空気を悪くしている人や、部下に厳しく上司にゴマをすっているという方は反面教師になりやすいです。自分は同じように反面教師にはならないと決めて仕事にのぞむと、世界観が変わってくるはずです。

スキルアップを目指す

スキルアップすることで仕事が円滑に進み、人間関係も円滑になる場合もあります。最初は冷たい反応かもしれませんが、資格などをとって自分自身レベルアップし、周りも自然にあなたに頼ってくることでしょう。時間はかかりますが、仕事ができる人にはみな憧れるものなのです。

 「仕事にいかせる資格」とは何か。人気の資格でスキルアップしよう

人事部などの第三者に相談する

人事など職場の環境と整える部署へ相談することも一つの手です。人事は職場環境をだいたい把握していますので、どのようにすればよいかを的を得たアドバイスをしてくれるでしょう。

いじめにあっていたり、パワハラといった状況だとしたら、まずは人事に報告するのが一番最善の方法です。会社を辞めなくても部署を変えてくれたりと提案をしてくれます。

自分に自信を持つ

自分に自信を持つことで、他人の目を気にならなくなります。とはいえ根拠のない自信ではなく、仕事の面でしっかりと成績を上げて、確固たる実力と自信をつけていく努力は必要です。常に他人と比べていては物事がうまく回りません。

極端な例でいいますと、自分に自信があると会社内で孤立をしていても、不思議と周囲の反応が気にならなくなります。実際に自信のある素敵な女性は、大勢でつるんだりはしていないということに気がつくでしょう。

仕事辞めるタイミング

どうしても精神や身体に異常をきたしてしまいそうな場合は、辞めるのも一つの方法です。ストレスが悪化する前に、辞めるタイミングをみはからいましょう。

人間関係に悩んでいる人

人間関係に悩む人は思い切って辞めることも大切です。しかし、人間関係で辞めて次の会社が円満にいくとは限らないことを頭に入れておきましょう。一度会社を辞めたいと思ったらすべてが楽しくなくなってしまうのは、生きていれば誰しも経験するはずです。辞めることしか頭にないため、自分に余裕がなくなってしまいます。

会社を辞めるときは何カ月か前に申告しなくてはいけません。辞めると告げたあとの仕事に行くつらさも、覚悟しなくてはいけないのです。簡単に辞めるクセはなるべくつけないほうがよいですが、人間関係は仕事をする上で重要なポイントになってきます。どうしても辞めたいと思ったらせめて円満退社を心がけるようにしましょう。それだけでも人間的に成長につながります。

 【仕事を辞める理由】退社までの流れと円満に手続きを進める方法

うつ病になる前に

なぜうつ病になるのかはまだ医学的に解明されていませんが、ストレスや環境の変化によってうつ病になりやすいといわれています。仕事などでの慢性的疲労が続くと、気持ちが後ろ向きになっていきます。

また、真面目な方ほど昇進や降格などといった自分のポジションが決められて、周りからの反応などが気になることもあります。

うつ病の前兆として「なにをしても喜びを感じられない」「好きな趣味なのに楽しくない」「よいことがあっても喜べない」などが特徴です。そのようなことを感じたら、カウンセリングに行くのも一つの手です。うつ病が深刻な状態になる前に、早めに相談しましょう。まずは自分の心身が一番ですので、自分を大切にしましょう。

人間関係以外の悩みなら環境を変える

職場の人間関係以外でしたら、改善の余地はあるかと思われます。仕事量や、休日でも楽しめないことで悩む人は環境を変える努力をしてみてはいかがでしょうか。満員電車のストレスであれば思い切って会社の近くに引越しをするとか、休日にはなにもせずに公園のベンチで本を読んだりして、リラックスすることも大事です。

仕事量が多すぎていつも疲れているという人は、仕事での楽しみを見つけてみましょう。例えば好きな人を作ったり、好きな上司にほめられるのがうれしくて頑張れるなど、方法はいくらでもあります。

自分の気持ち次第では楽しく会社に出勤できるでしょう。また、朝にウォーキングをして、やる気ホルモンのセロトニンを分泌させるのも一つの手です。ほんの少しの環境の変化で自分自身がよい方向へ変われる可能性もあります。

 仕事のただしい辞め方。退職のタイミングや失敗しない転職の方法

自分の気持ちに素直になって働く

楽しくないのに楽しいふりをして、自分の気持ちにウソをつきながら働いていると、次第にストレスがたまり身体に異常をきたしてしまいます。ストレスは大病につながる恐れもありますので、無理をしないで働くとこを一番に考えましょう。

自分の職場環境をよく変えられるのであれば、それがよいには越したことがないです。しかし、なかなか大企業などの場合は難しいこともあります。自分の心に問いかけて、無理をしていないかを確認してみましょう。

人間関係が合わないまま突っ走ることを一旦やめて、自分の気持ちに素直になることもときには大切です。もし現在、人間関係がうまくいっていない人は早速実践してみましょう。

 転職の前に仕事の適性診断|適職でキャリアアップする方法とは

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール