生活雑貨

人気のトースターと選び方。おいしく焼いてもっと料理を好きになろう

一家に一台はあるトースター。日々の生活に欠かせないトースターの選び方と機能、そしてトースターを使ったおすすめレシピの情報を得たい人も多いのではないでしょうか。それらの疑問についての解説と、トースターの手入れについてのコツも見ていきましょう。

トースターはどのように選べばいいのか

昔と違って、最近では実にいろいろな種類のトースターがあります。ただ単にパンを焼くだけでなく、機能が充実しているものも多く、どの商品を選んだらいいのかを迷ってしまいがちです。使い勝手がよく、料理が簡単で楽しくなるようなトースターを選んでいきましょう。

トースターの種類

現在販売されているトースターには、いくつかの種類があります。ここではその違いについてまとめましたので、自分の生活スタイルに合うトースターの種類を把握しましょう。

ベーシックなオーブントースター

トースターとしては主流なオーブンタイプ。上下のヒーターで加熱するタイプがほとんどで、食品によって加熱する時間を調節します。庫内に食品を並べて加熱するので、パンやグラタン、もちや冷凍フライなどを焼いたり、温めたりするのに適しています。

使い方が簡単なうえ、いろいろな使い方ができるので、1台あるととても便利なトースターです。

パン専用のポップアップトースター

食パン専用のトースター。このタイプは食パンをトースターに差し込んで焼くトースターです。焼きあがるとパンが飛び出てくるのが特徴で、焼き色調節ができるものがほとんどです。古くから日本で使われてきたおなじみの商品といえます。

オーブンタイプより安価で手に入れることができ、スリムな省スペース設計のものが多いです。どことなくレトロなイメージですが、最近はおしゃれなデザインも多く、根強い人気を誇ります。

熱風を使ったコンベクションオーブン

コンベクションオーブンとは、ファンで熱風を対流させることで、食材に火を通すことのできる、トースターとオーブンレンジの間をとった調理家電のことです。

油を使わずに揚げ物が作れること、また、ケーキやピザもおいしく焼けるのが特長です。コンベクション調理だけでなく、グリル調理(焼き目をつける)やオーブン調理(一定温度でじっくり火を通す)、スローべーク調理(弱い火力でじっくり)などの機能も充実しているので、従来のトースターよりも値段が張ります。

トースターの選び方

数あるトースターの中から、自分に合った「これ」というものを見つけるのは難しいですね。ここではトースターの選び方とそのポイントをみていきましょう。

加熱方式で選ぶ

ヒーター

一般的なトースターに採用されていることの多いヒーター。赤外線で食品を加熱するガラス管ヒーターや、食品の表面に熱が吸収されやすいタイプの遠赤外線ヒーター、などがあります。特に遠赤外線は表面をすばやく焼き上げたい、トーストなどに適しています。

過熱水蒸気

100℃を超える高温の水蒸気で食品を加熱します。外はパリパリ、中はふんわりと加熱することができます。非常に熱量が高く、常温や冷凍食品など温度の違う食品を、同時にムラなあく温めることが可能です。

過熱水蒸気のトースターは調理の場合も、余計な油を落としヘルシーに仕上げられるという特徴があります。また、揚げ物の温め直しにも向いており、揚げたての食感を再現できる加熱方式です。

ハイブリット

「瞬間発熱ヒーター」と「熱風循環(コンベクション)」によって食品を加熱する、いわゆるハイブリット加熱方式です。すぐに発熱するので、トースターを予熱しておく必要もなく、調理の時短になります。

食品をよりすばやく焼き上げるので、表面はサクサク、中はもっちりとした食感に仕上がります。水分を逃さず、食品がパサつくこともありません。水蒸気同様、揚げ物の温め直しにも適しており、さまざまな調理ができる魅力があります。

大きさで選ぶ

個人の生活スタイルにより、トースターの大きさも変化します。たとえば、一人暮らしで「パンも一枚ずつ焼ければよい」、「調理にも使用しない」という人はスリムでコンパクトなポップアップタイプで充分でしょう。

しかし家族が多い場合や、「調理にどんどん活用したい」とい場合には、庫内が広くある程度大きいサイズのものがおすすめです。大きめのサイズを選ぶときは、幅や奥行きなどをしっかり検討し、購入した後で置き場所に困ることのないように注意しましょう。また、その都度移動して使う予定がある場合には、全体の重量にも気をつけて購入しましょう。

機能が充実しているか

温度調節機能

温度や火力を無段階、または段階ごとに調整できる機能です。食材によって焼き加減を変えられ、焦げ目をつけたり、じっくり中まで火を通したりするときに使います。作る料理によって、温度を調節しながら火を通すことができる便利な機能ですので、機能として備え付けてあると料理の幅が広がります。

マイコン機能

食材やメニューに合わせた温度や時間をコンピューターが自動コントロールしてくれる、便利な機能です。材料を入れ、オートメニューボタンを押すだけで、簡単に料理が完成します。

ミラーガラス

食材を加熱しているときはガラス扉から庫内が見えて、使っていないときは中が見えません。使用していないときの見た目がシンプルでおしゃれになるだけでなく、熱を反射させ、焼きムラを防ぐ効果もあります。

このことから実用性からみても、優れた機能であるといえるでしょう。ミラーガラスの有無は、使う人の好みで分かれてきますが、同じ値段の商品を比較する場合には、ミラーガラス付きのトースターを選ぶことをおすすめします。

はずせるパーツ

扉、焼き網、くず受皿などの取りはずしが可能だと、お手入れが簡単です。汚れやすいです扉など、こまめに丸洗いができるので、常に清潔を保てます。

パンのくずなどは、どんなに丁寧に食材を扱っても、必ず出てしまうものです。トースターは毎日のように使う家電製品ですので、こまめに掃除をすることが長く使うためのポイントといえるでしょう。

キッチンやダイニングに合うデザインか

トースターはその都度、出したりしまったりしないものです。使用する主な場所となる、キッチンやダイニングとの雰囲気やデザインが合うものを選びましょう。

シンプルでくせのないデザイン、レトロなクラシックデザイン、木目調のもの、お店に置いてあるようなスタイリッシュなデザインなど、さまざまです。また、カラーによっても印象はガラリと変わります。たくさんのデザインの中から、お気に入りのトースターを選びましょう。

消費電力が選べるか

料理によって、消費電力の高いほう(1,200Wなど)と、低いほう(300Wなど)を使いわけられるトースターを選びましょう。たとえば、料理に焦げ目をつけたいときなどは、高い電力で短時間で焼くと、低い電力で長い時間をかけて焼くより、効率がよく、電気代の節約にもなります。

もともと、待機電力のかからないトースター。食材やメニューによって消費電力を切り替え、上手に使いこなしましょう。

人気のトースター

現在人気があるトースターにはどんなものがあるのでしょうか。それぞれの機能を紹介します。

象印 オーブントースター こんがり倶楽部 ET-WM22

上下遠赤外線ヒーターで、80℃から250℃までの温度調節が可能です。なんといっても、扉がはずせ、丸洗いできるところが魅力で、汚れのつきにくいシリコン加工トレーでお手入れ楽々。さらに広い庫内も人気の秘密です。

付属の「もち焼きネット」は網が重なっていないので、もちが垂れることなく、こんがり焼けます。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

Panasonic コンパクトオーブンNB-DT51

遠近赤外線ダブル加熱が特徴です。近赤外線ヒーターは中を温め、遠赤外線ヒーターは外をこんがりさせる役目をはたします。7つのオートキーで失敗知らず。パンや焼きいもがおいしく焼けます。

特質すべき機能に、「ドライ機能」があります。これは湿気た食品を焦がさず乾燥させ、スナック菓子やせんべいなどの、開封したての食感を再現できます。
【参考リンク:https://panasonic.jp/toaster/products/NB-DT51.html

タイガー うまパントースター KAE-G13NK

合計1,300Wのハイパワーのトリプルヒーターで焼きムラをなくします。高温で一気に焼き上げるので、外はサクサク、中はふんわりのトーストができます。無段階温度調節と30分のロングタイマーで、料理の幅も広がります。

付属の調理トレイで、フレンチトーストやクッキーを焼くのもおすすめです。パーツが分解でき、丸洗いもできる優秀なトースターです。
【参考リンク:http://tiger-netshop.jp/shop/g/gKAE-G13NK/

デロンギ コンベクションオーブン EO1258J

オイルヒーターでもおなじみのデロンギから発売されている、コンベクションオーブン。「コンベクションオーブン」「オーブン」「スローベーク(下ヒーターのみでじっくり加熱)」「グリル」「解凍」と5つの機能を備えた商品です。

120分のロングタイマー、直径約30cmのピザストーンなど嬉しい機能も充実です。ラックはオープンスライド式で、飛び出てくる仕様なので、食材の出し入れが楽にできます。
【参考リンク:http://www.delonghi.co.jp/products/detail/id/82

ラッセルホブス クラシックトースター ポップアップ

昔ながらのクラシックなデザインのポップアップタイプで、カラーもシルバーとパープルから選べます。オーブンタイプトースターよりものコンパクトな設計ですが、食パンだと5枚切り、山型パンも対応可能です。

微妙な焼き加減を調節できる、「濃淡調節機能」や、続けてパンを焼いても焼き上がりが一定に保てる、「連続補正トースト機能」は、毎日のトースト作りに重宝します。
【参考リンク:http://russellhobbs.jp/archives/product/classic-toaster

T-fal ウルトラミニ ソリッドブラック

一見ポップアップトースターに見えますが、付属している「パンウォーマー」でクロワッサンやロールパンなど、食パン以外も焼けるので、とても便利です。パンウォーマーは本体に収納できるので、紛失の心配がありません。

場所を取らないコンパクトサイズで、見た目もかわいらしいです。ボタン操作も少なく簡単に使用できるところが魅力のトースターです。
【参考リンク:https://www.t-fal.co.jp/調理家電/トースター/ウルトラミニ-ソリッドブラック/p/1500578234

トースターでできる簡単おすすめレシピ

トースターを使って楽しく簡単な料理を楽しみましょう。

ナスのミートソースのグラタン

材料(4人分)

・ナス…3本
・シメジ…1袋
・ミートソース(市販)…1/2袋
・塩コショウ…少々
・とろけるチーズ…1/2カップ

作り方

1.ナスはヘタを取り、輪切りにする。シメジは石づきを取り、小房に分ける。
2.フライパンに油大さじ2を入れナスを炒める。ナスがしんなりしてきたらシメジを加えて炒め、軽く塩コショウをする。
3.トースターに入る大きさの耐熱皿にナス・シメジを入れ、上からミートソースをかけ、チーズをのせる。
4.トースターでチーズがこんがりするまで焼いて出来上がり。
【参考リンク:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1010005904/

揚げない唐揚げ

材料(2人分)

・鶏モモ肉…250g
・塩コショウ…適量
・おろしショウガ…小さじ1
・おろしニンニク…小さじ1/2
・酒…大さじ
・しょうゆ…大さじ1と1/2
・小麦粉、片栗粉…適量(1:1)

作り方

1.ビニール袋、ジップロックなどに一口大に切った鶏肉を入れる。鶏モモ肉以外の調味料を加えてよくもみ込み、冷蔵庫で20分以上置く。
2.オーブントースターを250℃に予熱。天板にクッキングシートを敷いておく。
3.小麦粉・片栗粉をまぜ、1を1~2個ずつ入れて粉をまんべんなくまぶす。余分な粉を丁寧にはたく。
4.天板に3を重ならないように並べて(皮目が下)トースターで焼く→250℃で10~15分、鶏肉を裏返して5分焼いて完成。
【参考リンク:https://cookpad.com/recipe/1114280

朝におすすめのオムレツ

材料(1人分)

・卵…2個
・牛乳…大さじ2
・ピザ用チーズ…ひとつかみ
・塩コショウ…少々
・ケチャップ…適量

作り方

1.グラタン皿に卵2個、牛乳を入れよく混ぜる。(フォークを使うと卵白、卵黄が早くきれいに混ざります。
2.ピザ用チーズを入れ、軽く塩コショウを振る。(チーズに塩分が含まれているので、塩は微量、または無しでもOKです。)
3.トースターで5分程度焼き、ふんわり膨らんで真ん中が生っぽいところで電源を切り、そのまま1分放置すれば、予熱で仕上がります。
4.お好みでケチャップをかけてください。
【参考リンク:https://cookpad.com/recipe/1074600

冷凍パイシートでアップルパイ

材料(4枚)

・冷凍パイシート…2枚
・リンゴ…1/2個
・バター(マーガリン)、砂糖…適量
・卵(艶出し用)…少量

作り方

1.冷凍パイシートを半解凍して半分に切り、ハケで卵を塗る。リンゴは薄くスライスする。
2.パイの上にリンゴを並べ、マーガリンを1枚につき2カ所にのせて砂糖を散らす。
3.トースターに並べて焼き色がつくまで、10~15分焼く。
【参考リンク:https://cookpad.com/recipe/1640533

トースターのお手入れ方法

ほぼ毎日のように使うトースターは当然汚れもつきやすいです。こまめに手入れをして、清潔を保ち長く使えるように心がけましょう。

セスキ炭酸ソーダを使って汚れを落とす

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性のため、酸性の油汚れを中和し、落とす効果が高い製品です。洗浄力が高い割には、肌に優しく手荒れの心配が少ないのも特徴の一つです。

ただし、アルミはアルカリ性に弱く、セスキ炭酸ソーダを使うと、変色や腐食の恐れがあります。アルミ製のオーブンには中性洗剤を使いましょう。

焦げが落ちないときは重曹を使う

どうしても落ちない焦げには、粒子の細かい重曹を使うと効果的です。重曹を水でペースト状にし、焦げ部分に塗り、しばらく置いておくと焦げが浮き上がります。あとはこするだけでだいたいの焦げが落とせます。

重曹もアルカリ性なので、やはりアルミ製のトースターに使用するのは避けたほうがよいでしょう。人体に無害で環境にも優しい性質なので、使いやすい洗剤といえます。

ヒーターの取扱に注意

トースターのヒーター部分は、ガラス製のためデリケートです。壊れやすい部位なので、取扱には十分注意しましょう。トースターのお手入れは一気に片付けてしまいたいものですが、そこは丁寧に、決してごしごし擦ったりしないよう気をつけましょう。

ヒーターも同じように、セスキ炭酸ソーダで汚れを浮き上がらせ、優しく乾拭きすれば十分です。ヒーターの熱が完全に冷めてから掃除をするように注意しましょう。

トースターで今より楽しい生活を送ろう

トースターはパンだけでなく、いろいろな料理を作れることがわかりましたね。紹介したレシピをぜひ活用して、毎日の料理を楽しく、簡単にしてみてはいかがでしょうか。トースターは各メーカーによって機能が違っています。

新しく購入する予定の人や、買い代えを考えている人は、解説にある最新のおすすめトースターを参考にして、自分の生活スタイルに適した商品を選んみることはいかがでしょうか。トースターを上手く活用して、さらに楽しい自炊生活を送りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧