生活雑貨

大音量な目覚まし時計で二度寝防止。朝もスムーズに目覚めよう

目覚まし時計とは朝起きるための必需品です。普通の目覚まし時計や、スマホのアラーム機能では朝きちんと起きることができずに、遅刻をしてしまうことも多いのが現状。大音量な目覚まし時計を使って、朝スッキリと時間通りに起きましょう。

朝起きるのがつらい

朝起きるのが苦手な方にとって、目覚まし時計はとっても重要なアイテム。最近ではスマホに搭載されているアラーム機能を使って生活している方も多いです。

スマホだけを使用する場合、寝ている間に充電が切れてしまっていてアラームが鳴らなかったり、たまに起こるスマホの不具合によって、アラームが鳴らずに大遅刻してしまった方もいるのではないでしょうか。

大事な予定やイベントに寝坊してしまわないためにも、おすすめな目覚ましの選び方を学びましょう。

朝確実に起きるために

まず始めに毎朝スムーズに目を覚ますためにはどのような目覚まし時計を選ぶべきなのか、おすすめの目覚まし時計の特徴を知っておきましょう。

目覚まし時計は大音量を

朝が苦手な方にとっては普通の目覚ましの音量では気づかない場合も多く、なかなかスムーズに起きることができません。そのような場合には、自分に合った目覚まし時計を使用していない可能性が高いため、一度目覚まし時計を見直す必要性があります。

仕事に遅刻しないために、気づかないうちに気が張ってしまいストレスが増えたり、なかなか寝付けないなどメンタル面にも大きく影響してしまいます。朝、遅刻をすることなく時間通り確実に起きるためには、音量が大きい目覚まし時計を選ぶようにしましょう。

大音量といってもどの程度のものがあるのかわからない、とにかく大きな音の出る目覚まし時計が欲しい。そんな方には売られている目覚ましの中でも最大音量まで出せる目覚ましの購入をおすすめします。

現在市販で売られている大音量目覚ましの中には100デシベルを超えるものもあり、この音量レベルは電車のガード下の騒音と同じくらいです。マンションや集合住宅で使用すれば、騒音になってしまい苦情が来てしまったり、周囲に大きな迷惑が掛かってしまう可能性も。

毎日使用するには音量が大きすぎる可能性もあるため、音量が調節できる目覚まし時計を購入するとよいでしょう。

絶対に起きたい大事な予定が入っている日だけ、大音量に設定して使用するのもありですし、普段から他の目覚ましやスマホのアラーム機能と併用して使用するのがおすすめ。

目覚ましの最終兵器として設定しておき、大音量で鳴ってしまう前に目覚まし時計のスイッチを切るという習慣をつけるのもよい作戦だと思います。毎日複数の目覚ましを止める必要があるため、手間はかかってしまいますが、確実に起きるためにもこちらの方法が有効です。

中には振動付きのものも

毎朝目覚まし時計を設定してもきちんと起きれないのは、起きているときには十分に聞こえているはずの音量でも、寝ている間には気づけないことが大きな原因です。いくら大音量の目覚まし時計を使用していても、音に気付くことができない方にとっては、大音量の目覚まし時計は効果的な方法とはいえません。

毎朝目覚ましをきちんと設定しているにもかかわらず、音が鳴ってもなかなか目を覚ますことができない。耳の聞こえが悪いため、音で目を覚ますのが難しい。そのように音だけで目を覚ます、目覚まし時計のシステム自体に、悩みを抱えている方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが「振動式目覚まし時計」です。振動式目覚まし時計とは、通常の目覚まし時計に振動機能が搭載されているもののことです。音にプラスして振動が加わることにより、脳や身体が反応して、通常の目覚まし時計よりも目を覚ましやすくなります。

振動式の目覚まし時計の中には、腕時計型のように体に密着させて使用するものや、枕の下に敷いて振動で起きる方法としても使えるものがあります。

よくある一例として、目覚まし時計の音が聞こえて一度は目を覚ましても、音を止めながら無意識のうちに目覚ましを移動させてしまっているというパターン。布団の中に入り込んでしまった目覚ましは、音を出しているスピーカー部分が塞がってしまい、音がこもってしまったり小さくなって聞こえなくなってしまいます。

いくら気を付けていても、寝ている間や無意識の行動というのは、なかなか改善することが難しいです。何度もそのような経験をしてしまっている方は、振動機能が搭載されている目覚まし時計を使用してみましょう。

二度寝しないためには

寝坊の理由として最も多い理由の一つが「二度寝」。二度寝をしないためにもおすすめな目覚まし時計をチェックしておきましょう。

二度寝対策機能付きのものを

二度寝を防止するためには、二度寝対策機能が搭載されている目覚まし時計を選ぶのがおすすめ。スヌ-ズ機能つきの目覚まし時計を選びましょう。寝過ごし防止で大音量目覚まし時計には基本的にあらかじめ備わっている事が多いです。


セイコークロック(SEIKO CLOCK) 目覚まし時計NR532Wなら、5分おきに再度アラームを鳴らしてくれる”オートストップ機能”を搭載。時刻はもちろん、カレンダー、温度をデジタルで表示。便利な電波修正機能がついており、正確な時刻表示を自動でしてくれます。

ユニークな目覚まし時計

普通の目覚まし時計では耐性がついてしまい、なかなか起きることができない場合、ちょっと変わったユニークな目覚まし時計を使ってみることも面白いかもしれません。

例えば、目覚ましが鳴りながら部屋中を動き回るタイプのものや、設定した回数を持ち上げないと、アラームが止まらないダンベル型の目覚まし時計など、さまざまな目覚まし時計があります。気になる方は、手に入れて挑戦してみましょう。

好きなキャラクターの声で

普通のアラーム音で朝起きるのが憂鬱な方は、自分の好きなキャラクターの声で起こしてくれる目覚まし時計がおすすめ。ポケットモンスター、ドラえもん、妖怪ウォッチ、ドラゴンボールなどのさまざまな大人気アニメのキャラクターの目覚まし時計が販売されています。朝起きた瞬間の気分も違います。

アトラクション式目覚まし時計

朝からハラハラドキドキするような、アトラクション式目覚まし時計もあります。アラーム音とともに空を飛んで動き回る目覚まし時計や、的に当てないと止まらない射撃型目覚まし時計、UFOキャッチャー型のクレーンゲーム時計など、楽しそうな目覚まし時計を使えば、知らずに夢中になり、目を覚ますことができそう。

恐怖感を利用して朝確実に起きたいという方には、ダイナマイトの銅線を切るようなアトラクション形式で時計を止める目覚まし時計もあります。

アラーム音の音慣れ対策


どんな目覚まし時計を使用しても、だんだんと耐性がついてしまい元通り二度寝をしてしまうなどということはよくあること。アラーム音の音慣れ対策法として、アラーム音が数種類あるものを選ぶことにより、いつものアラーム音という慣れを解消します。

セイコークロック(SEIKO CLOCK) 目覚まし時計 アナログ 大音量 NR436 は、ライフスタイルによってアラーム音を数種類選ぶことができます。シンプルな見た目によらず大迫力の音量で、毎朝起こしてくれます。

近隣トラブルに注意

二度寝対策におすすめな目覚まし時計を使用する場合、一緒に暮らしている家族をはじめ、周辺に住んでいる方との近隣トラブルには十分に注意しておきましょう。

音の大きさが100デシベル以上の音になると、騒音となり、部屋の外にも漏れる場合があります。壁の薄いアパート・集合住宅・マンションなどであれば、苦情が来る恐れがあります。

メリハリのある生活を

朝起きるのが苦手な方にとって、目覚まし時計選びというのは人生に影響するほど重要なことでしょう。朝に強く、起きたい時刻にスムーズに起床できる方であれば、寝坊しないことなど当たり前のことかもしれません。

しかし、いくら努力しても起きられないという方にとっては、毎朝が眠気との戦いです。寝坊しないために対策をしないといけませんし、予定時刻に間に合うようにきちんと起きることのできる目覚まし時計を購入しなければ、まともに日常生活を送ることができません。

普通の目覚ましだけで起きるのが難しいなら、目覚まし音の大きさを変えたり、アラーム音にこだわってみたり、面白い目覚まし時計にチャレンジしてみたりして、メリハリのある生活を心がけてみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール