• HOME
  • 恋愛
  • 準備万端ですか?新しい恋が始まる前に直しておきたいこと
恋愛

準備万端ですか?新しい恋が始まる前に直しておきたいこと

新しい恋を求める前に、まずは今の自分の状況を確認。準備もしないまま、出会いだけを求めるのは、ちょっぴりわがままかもしれません。今回は、新しい恋が始まる前に直しておきたいことをご紹介します。

新しい出会いを求める前に、準備を開始

新しい恋を求めているというのに、肝心な「準備」を忘れていませんか?
いつ彼と出会ってもいいように見た目だけではなく、習慣や日ごろの過ごし方を改める必要がありそうです。

素敵な彼と出会えるように、早速、準備をはじめてまいりましょう。今回は、新しい恋が始まる前に直しておきたいことをご紹介します。

スマホの画面割れを直しておく(印象があまりよくない)

最近よく見かけるのは、スマートフォンの画面が割れたままで、どうにか使い続けようとしている人です。経済的にすぐに直せないのかもしれませんが、いつまでも同じ状況にしておくのは、あまり周りにもいい印象を与えないでしょう。

これからデートをしようとしている女性の画面が割れていたら、さすがに「えっ?」と思うはずです。そもそも、頻繁に落とすというのは、それだけ注意が散漫している証拠になってしまいますから、スマートフォンを落とさないように気をつけるのも大事ですね。

遅刻グセを直す

5分の遅刻を遅刻とは思っていない人もいるようです。
待ち合わせ場所に13時と決めたなら、せめて5分前には到着しているのが理想的。というよりも、それが遅刻をしていない状況です。

しかし、最近は13時にホームに到着するように電車を調べ、13時すぎに到着しているのを「私は遅刻していない」と認識している人も、なかにはいるみたいですね。大きな遅刻は、もちろんデートマナーとしてNGですが、5分未満の遅刻を遅刻と思わないのも、やや危険です。

新しい出会いを求めているなら、たとえ相手が友人であっても、遅刻しないように気をつけましょう。

自分を否定しない

前回の恋から、しばらく時間が経過していると、つい「私なんて」と口にしてしまったり「どうせ私は」と否定的な言葉を使う癖がついてしまっていたりします。自分としては、それほど口癖として定着していないつもりでも、心の中で思っていることは自然と口にしているものなんです。

もし新しい恋の気配がしてきたなら、もう自分自身を否定せず、むしろ、今までひとりで頑張ってきたからこそ自信をもちましょう。「どうせ」「だって」「でも」はどちらかというと、あまり使わない方が安全です。

丁寧に準備を進めておく

新しい恋が訪れてから準備をするのは遅いかもしれません。
「もうそろそろ新しい恋をしてもいいかなぁ」と思いはじめたら、未来に合わせて、現在の環境を整えておきましょう。

画面が割れているなら、スマートフォンも修理に出す。遅刻グセを直せるように努力する。そうやって自分なりに丁寧に準備を進めているうちに、運命の出会いを果たすはずですから。


山口 恵理香

コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。金髪とCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

プロフィール