• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 女性正社員の平均年収っていくらぐらい?男性と比べてどのくらい違うの?
働き方

女性正社員の平均年収っていくらぐらい?男性と比べてどのくらい違うの?

女性正社員の平均年収っていったいいくらぐらいか知っていて働いていますか。おそらくですが、知らないという人の方が圧倒的に多いと思います。しかし、どうせ働くなら年収が高い方が良いですよね。そこで、ここでは女性正社員の平均年収について解説していきたいと思います。

女性正社員の平均年収はいくらぐらい?

年齢に関係なく女性正社員全体の平均年収がいくらぐらいかというと400万円前後と言われています。契約社員や派遣社員、パートタイマーに比べると高いですが、日本の給与所得全体の平均と比べるとまだまだ低いのが現状です。日本全体の平均年収がだいたい440万円と言われているので、40万円くらい低いことになります。

年代別に女性正社員の平均年収を見てみよう

では、年代別ではどのくらいもらっているのでしょうか。男性と女性を比較しながら紹介していきたいと思います。

20代女性の平均年収とは?

20代女性正社員の平均年収は319万円と言われています。男性の平均年収は367万円で、48万円ほど低くなります。また令和になり、男女の平均年収の差はだんだん埋まりつつあると言われています。もちろん業種によって差はありますが、20代は男女の平均年収の差は比較的少ないでしょう。

さらに、副業が解禁された会社も多くなってきているので隙間時間を使ってポイントを溜めたり、自宅に居ながらできるクラウドソーシングや投資信託などでお金を稼いでいる人も多いです。

30代女性の平均年収とは?

次に30代女性の平均年収ですが382万円と言われています。30代になると勤続年数も長くなり、スキルをたくさん持っている人も多く、20代の時と比べて多くの人の年収がアップします。しかし、30代男性の平均年収は482万円となり、およそ100万円の差が出てきます。

これは、女性の働く会社や職種によっても変わってきますが、一番は結婚や出産による退職する人とそのまま働き続ける人の差だと言われています。

また、働きながら子育てしていると急に早退したり、休みをとる必要が出てきてしまうこともありますよね。そうなると、短時間勤務になってしまったり、遅刻、お休みが増えてしまい、給料に響いてしまいます。

一方、男性は子供が病気になっても基本的には休みをとったり、早退したりはしませんよね。それがキャリアを伸ばし年収を引き上げていることにつながっています。

40代女性の平均年収とは?

40代女性の平均年収は413万円です。40代男性の平均年収は、583万円と言われており、約200万円と大きな差が開いています。40代になると役職に就く人も増えるので、20代から働いている女性は男性と変わらない年収をもらっている人もいます。

ただし、会社や職種によっては20代から働き続けていても伸び幅が低く年収が500万円を超す人は高給取りと言われています。また、この時期は子育てがひと段落し職場に復帰する女性も増えますが、どうしても給与が減ってしまいます。

女性に人気の職業の年収はいくらくらい?

では、次に女性に人気の職業について見ていきましょう。

・事務職

女性の人気職業の中で外せないのが事務職ですよね。事務職と言っても一般事務、営業事務、医療事務など業種は様々です。なぜ、事務職が人気なのかというとやはり土日祝日の休みがとりやすく、デスクワークで定時に帰りやすいというのが大きいのではないでしょうか。

ただ、事務職と言っても受発注や見積もりを行ったり、意外とやることは多いんですよ。そんな事務職の平均年収ですが20代で324万円、30代で397万円と言われています。会社や業務内容によって多少の違いはありますが、女性にとって働きやすい業種であることは間違いないでしょう。

・商品企画・マーケティング

商品企画やマーケティングは市場調査をして新しい商品を生み出していくことです。今、流行っていることを今後ヒットしそうなものを先読みし、売れるものをいち早く見つけ出す、作り出すことが大事です。また、細かいデータ入力はもちろん、分析する力も商品を作り出す上で重要になってきます。そんな商品企画やマーケティングの平均年収ですが、20代の女性で395万円、30代の女性で541万円と言われており、高年収となっています。

女性でも年収の高い仕事とは?

上記では女性でも職種によっては年収が高いというお話をしましたが、いったいどんな職種が年収が高くなるのでしょうか。具体的な仕事とともに見ていきましょう。

・専門職

専門職とは主に国家資格が必要な職業です。また、国家資格ではなくても専門知識が必要な職業のことを専門職と言います。専門職の場合、ずっと働くことができるし、一旦、その仕事を辞めても資格を持っているので再就職しやすいです。

また、景気に左右されにくいというメリットもあります。ただし、持っている資格が活かせる職場を選ぶ必要があります。そんな専門職の女性の平均年収は494万円と高級です。皆さんも手に職をつけておくと将来困らないですよ。

・技術職

技術職とは、商品開発やシステム開発などものづくりに関わるものやIT関係のものと様々です。例えば、材料や技術を研究したり、実際に商品を開発したり、設計したりなど色々あります。そんな技術職の女性の平均年収ですが、395万円と言われています。

地域による女性正社員の平均年収の違いとは?

女性社員の平均年収はだいたい300万円~400万円未満に多くの地域で集中していますが、中には300万円未満の地域もあります。
例えば、大手企業が集中する東京都の平均年収は388万円と非常に多いです。しかし、物価が高く家賃も高いので年収に不満を持っている人は多いです。

そんな東京について高い年収をもらっているのが大阪府です。女性の正社員の平均年収は329万円と言われています。東京に比べると物価は安くなりますが、それでも年収に対する不満を持っている人は多いです。

メーカーや工場の多い愛知県では女性の平均年収が328万円と大阪と1万円しか変わらないのですが、物価が低いので年収に満足している人は多いようです。また、九州最大都市である福岡県は女性の平均年収が309万円ですが、物価がそこまで高くなく、家賃も安いので住みやすいと言われています。

最後に東北ですが、メーカーなどの工場の多い宮城県の女性の平均年収が316万円と言われており、東北の中では比較的年収が高くなっています。

女性正社員の平均年収は地域や職種によって大きく変わる

以上、女性正社員の平均年収について詳しく解説してきました。いかがだったでしょうか。

同じ正社員でも技術職なのか事務職なのか、専門職なのかで年収は大きく変わってきます。また、地域によっても年収は全然変わってきますし、同じ職種でも会社によってバラバラです。

あなたは今の年収に満足していますか?もし、満足していないのであれば転職を考えてみても良いかもしれませんが、将来のことを考えて資格をとったり、スキルアップするのも良いかもしれませんよ。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール