• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • ブライダル業界の仕事内容についてのまとめ。働く環境についても解説
働き方

ブライダル業界の仕事内容についてのまとめ。働く環境についても解説

将来ブライダル業界で働きたいという人は、具体的にどのような未来像を描いているでしょうか。ブライダル業界で働くということは、一体どんな職種があり、準備はどのようにしていったらよいのでしょう。よくある疑問点について、具体的にみていきます。

ブライダルに関わる仕事を知ろう

ブライダルに関する仕事というと、イメージはどのようなものがあるでしょう。人生の大切なセレモニーを総合的に企画・演出し、新郎新婦の門出のお手伝いをする仕事ということもあり、華やかなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、就職先としてブライダル関連へ進むことを考えている人が気になる「ブライダル業界の具体的な仕事の内容」や「どのようなタイプの人がこの業界に向いていて資質を求められるか」、「就職後の給料や休日などの待遇」などについて、具体的に解説していきます。

ブライダル業界の仕事内容

業界の要となるプランナー

ウェディングプランナーとは一言でいうと、結婚式をプロデュースする仕事で、ブライダルプロデューサーやブライダルコーディネーターとも呼ばれています。結婚式の準備は、式のスタイルや衣装、料理、花、ケーキ、音楽など、あらかじめ準備すべきことがたくさんあります。ウェディングプランナーは、新郎新婦と打ち合わせをして、要望や予算などを元に、具体的に式を練り上げて形にしていく仕事なのです。

おおまかな仕事の流れについてですが、まずは結婚式と披露宴の日程とプランを打ち合わせで決めます。そして、決定後に会場、衣装、花、料理、音楽、招待状、引き出物など、必要になるものの手配をします。式の日が近づいてきたらリハーサルに立ち合い、当日までに調整が必要な所があれば、手配や変更などを行います。

当日は、プラン通りに式が行われるように、チェックを念入りに行い、式の間もトラブルなどにすぐ対応できるように、進行のチェックと立ち合いをします。式が終わったら、後片づけの指示をして終了します。ウェディングプランナーは、結婚式の始まりから終わりまでに関わる、プロデューサーの役割があるといえるでしょう。

当日のおもてなしを担当するサービススタッフ

ウェディングプランナーと同じくらい、結婚式に欠かせないのがサービススタッフです。サービススタッフは式の当日に、会場でゲストや新郎新婦、親族などにサービスを行うスタッフのことです。式に招待されたゲストとは、一番距離が近い存在となるので、とても大事な役割を持っています。

サービススタッフは、招待されたゲストの方々に、新郎新婦に代わってさまざまなおもてなしをします。飲食のサーブでは、各テーブルに専門の担当スタッフが付きますので、お客様のリクエストに素早く応えるべく、きめ細かいサービスを行っていきます。そのほかに、式の会場で室温の調整、ゲストのお出迎え、お見送りなども行います。

サービススタッフは目配り、気配りが必要なサービスのプロといえるでしょう。そのうえで、サービス精神が旺盛な人、常に笑顔を欠かさない人、フォーマルな場所でのマナーをしっかり学び実践できる人が、サービススタッフには求められます。

会場の装飾を手がけるフローリスト

フローリストは、結婚式や披露宴に使用する、あらゆる場面での花を演出する仕事です。式を彩るアイテムとして欠かせないものが、ブーケやフラワーコーディネートです。フローリストは、結婚式や披露宴の打ち合わせで、新郎新婦が希望した好みの雰囲気、色合い、衣装との相性、会場とのマッチング、予算など、あらゆることを頭に入れて、プランニングしていく仕事です。

具体的に花が必要となる場所は、披露宴会場の入口、ウェルカムボード、受付のテーブル、メインテーブル、ウェディングケーキ、ゲストテーブル、新郎新婦の髪飾りに、新婦のブーケ、贈呈用の花束、フラワーシャワーなど、数えきれないほどあります。式の間、これら全ての花が生き生きとした状態であるように、そして何よりも主役の新郎新婦を、輝かせて見せるように演出していきます。

フローリストが必要とされることは、花についての知識や技術はもちろんですが、色彩の感覚や時代に敏感なこと、独創的なアイディアやウェディング全般に関する知識などが求められます。また、細かい気配りや心配りも大切だといえるでしょう。

大切な料理を作るキッチンスタッフ

キッチンスタッフはその名の通り、結婚披露宴やパーティーの料理を作り、盛り付けをしてゲストの方々をおもてなしする仕事です。会場にいらっしゃったゲストへの最大のおもてなしは料理であるともいえ、最も印象に残るといっても過言ではないため、結婚式のイベントの中でも大切なものです。

キッチンスタッフは、披露宴の当日だけ仕事をするのではなく、さまざまな業務を行います。まずは、予算に応じたメニューを決めて、食材の準備や調達をします。メニューは、披露宴のイメージに合う彩りや盛り付け、全体のバランスなどを考えて準備していきます。披露宴の前日、またはもう少し前から、食材の仕込みを行い、当日は調理や盛り付けなどを行います。

結婚披露宴に出す料理の数はとても多いため、全ての人に温かい料理は冷めないように、冷たいものは冷たいうちに運ばれることを計算して、準備する調整力が必要になるでしょう。また、材料の発注や原価計算など、実務的な業務もこなすことから、全体的なマネージメント力も必要とされる仕事です。

雰囲気を盛り上げる音響

ブライダルで欠かせないことの一つは、会場でかけられる音楽です。結婚式や披露宴の、それぞれの大事なポイントで流れる音楽を流す仕事が、音響の仕事です。では、ブライダルでの音響は、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

ブライダルの音響の仕事は、音楽ライブやコンサートで、楽器類の音の調整を行う音響とは、意味合いが違います。専門的な知識よりも必要となってくることは、ミキサーでの音量調節、CDなど音のプレーヤーの操作などの正確さです。そして、場合によっては照明の操作も行うので、結婚式全体の進行内容を理解し、適切な場面で音楽を流す必要がある仕事です。

音響のスタッフは、場合によっては、余興などで楽器などの演奏があるときに、楽器を準備することがあります。ブライダルの音響の仕事は、音楽の楽曲についての知識や情報は、特に必要ありません。しかし、ブライダルによく使われる曲の情報収集を心がけることで、今後の仕事の幅が広がるといえるでしょう。

運命の1着を提案するドレスコーディネーター

ドレスコーディネーターとはその名の通り、新婦が式で着用するウェディングドレスを選び、コーディネートしていく仕事です。ドレスは結婚式や披露宴で、花嫁を美しく見せる最も重要なアイテムで、晴れの舞台には欠かせません。

ドレスコーディネーターは、新婦との打ち合わせをして衣装を提案し、それが会場の雰囲気や体形、メイク、ヘアスタイルとどのように合うのかなどを、一緒に見ながら決定していきます。また、ドレスだけでなく、手袋やティアラ、靴などの小物のコーディネートも行います。そして、新郎の衣装を新婦に合わせて選んでいくことも行います。

このように、さまざまな専門知識とコミュニケーション能力、細やかな気配りが必要なドレスコーディネーターは、とても責任が大きい仕事です。しかし、お客さまの喜ぶ顔や、晴れやかな舞台を演出する一端を担う、やりがいのある仕事といえるでしょう。

美しい花嫁に仕上げるヘアメイク

結婚式と披露宴は、誰にとっても人生の中でとても大切な日です。たくさんのゲストに来てもらうので、女性は誰もが美しく装いたいと願うものです。その中でも、メイクとヘアデザインは、衣装やブーケとともに、花嫁を最大限に美しく見せる大事な要素です。

ヘアメイクの仕事は、ウェディングで新婦のヘアとメイクを担当することです。ウェディングという特別な場なので、一般的な美容師が行うメイクとは異なる、専門知識が伴います。一例として、ウェディング用の洋装、和装への両方の対応を行うことが挙げられます。

ヘアメイクは、ブライダルプランナーと同じように、新婦と事前に顔合わせをし、希望を聞くなど打ち合わせをして、リハーサルを行い当日に備えます。ヘアメイクは式全体を見据えて、花嫁をコーディネートしていく必要があります。花嫁の希望を聞くと同時に、ゲストからどのように見えるか、場に合っているかなどを、総合的に判断する能力も必要なのです。

また、結婚式・披露宴・お色直し・記念撮影など、それぞれにふさわしいヘアとメイクができること、そして何よりも新婦を最も美しく引き立てることが大切になります。同時に、新婦をリラックスさせる心配りや緊張をほぐすなど、精神面でも支える役割も果たすのです。

ブライダル業界の仕事が向いている人

人を喜ばせるのが好きな人

結婚式や結婚披露宴は、人生の門出であり、関わりのある人たちにとっても大切な日といえます。招かれたゲストは、新しく誕生する夫婦を、お祝いする気持ちにあふれて出席することでしょう。そして、招く側の新郎新婦と親族一同は、わざわざ足を運んでくれたゲストに対して、最大限の感謝とおもてなしの気持ちを表現する場なのです。

ブライダル業界で働く人は、結婚式に関わる全ての人に、常に気配りができる人材が求められます。また、根っからのサービス精神があり、自分よりもまずは相手の立場を考え、人を喜ばせることに喜びを感じる人は、この仕事に向いているといえるでしょう。毎回の結婚式は、それぞれ違ったお客様との出会いがありますので、一期一会の精神で、仕事に取り組むことが大事といえるでしょう。

発想力やアイディアが豊富な人

現在の結婚式および披露宴は、さまざまな形で行うカップルも多いようです。昔は教会で結婚式を挙げるカップルはあまりいませんでしたが、最近はとても一般的になりました。また、従来の神前式、仏式だけでなく、人前式のような形も多くなってきています。そして、披露宴を行う場所も、船上や自然の砂浜、海外などさまざまな場所で行うカップルも増えています。

時代とともに変化する結婚式を、お客様である新郎新婦に提供していくためには、ブライダルに携わる人は、発想力やアイディアが豊富であることが、大事といえます。さまざまなアイディアを出したり、適切なアドバイスができたりすると、一緒に結婚式を作り上げる実感が湧き、よりやりがいを感じることにつながります。

そして、結婚式の業界で発想力をもとに、さまざまなプランや企画ができる人は、他社にはない魅力のある企画を作る人材だと、評価されることにつながります。また、収益面でも企業に貢献できる人材といえます。世の中のトレンドに常に目を向けて、取り入れるべきことは取り入れ、仕事に生かす広い視野と、行動力も必要となるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

ブライダルの業界はサービス業の一つですので、人と接することが多い仕事になります。どの業務においても、スタッフ同士の連絡や相談、報告、そして普段から仕事上のコミュニケーションが多い仕事です。よって、ブライダル業界に必要なスキルの一つは、「コミュニケーションの高さ」といえます。

お客さまと接するときも、相手が何を求めているのか、何に困っているのか、どんなことを希望しているのかなどを的確に読み取り、提案やアドバイスを行い、サービスをしていくことが大切といえるでしょう。結婚式は、人生の中でも思い出に残る大切な瞬間ですので、快適な結婚式を行うためにも、周りの人としっかりコミュニケーションをとれる人材が求められます。

収入と労働環境を知っておく

ブライダル業界の平均収入

ブライダル業界を目指す人は、専門的なさまざまな知識が必要になります。将来的に、ブライダル関連の仕事を希望している人は、その収入や労働環境も、気になるところではないでしょうか。

ブライダル業界の平均収入は、250万円から450万円で、初任給は18万円程度といわれています。ただし、これは勤め先の結婚式場、ホテル、地域によっても違ってきます。お給料は、実績と経験で上がることが見込めます。また、将来はフリーランスとして独立したり、ブライダルプランナーの専門会社などに転職したりして、さらに年収が上がる人もいるようです。

ブライダル業界の労働環境については、ほとんどの職場はシフト制で、土曜・日曜・祝日は、必ず仕事がある日となっています。そして、結婚式や披露宴がない日は、お客様との打ち合わせや当日に使用される事柄の手配、事務処理など、とても多忙な業務です。

休みに関しては、平日に交代で休むことになりますが、平日も急きょ仕事になるというケースもあるようです。普通のサラリーマンやOLのように、まとまった連休を取ることは難しいかもしれません。また、急に体調が悪くなっても、仕事上穴をあけられませんので、突然休むことも難しいといえるでしょう。

基本は土日が本番

ブライダルの仕事に就きたい人は、給与と同じように、休日のことも気になるのではないでしょうか。サービス業の仕事で、さらに結婚式に関わるお仕事ですので、当然、結婚式が行われる日は休みがありません。結婚式は、一般的にゲストの人達の休みが多い、土曜・日曜・祝日に行われることが多くなります。よって、基本は土日が本番の仕事となり、それ以外の日が休みになります。

では、一般的にはどのような休みのパターンで働いているのか、その一例を挙げてみます。基本は、カレンダーの土日・祝日の部分は全て出勤で、その前日も準備などがあるため、出勤をします。そして、週の平日に交代で、シフト制で休みになっているというところが多いようです。

また、出勤の時間帯も分かれていて、結婚式がある日は、式の出迎えをする担当の人は、朝から早い出勤で、それ以外の人は午後からという風に、全員が同じ勤務時間ではないことが多いようです。勤務時間帯に関しては、結婚式や披露宴が終わったあとの片づけや、事務処理などもあります。それにより、勤務の日は朝に担当した人以外は、かなり遅い時間帯になるケースが多いようです。

アルバイトからのスタートも可能

ブライダルの仕事は、学校を卒業後に就職するケースが主になりますが、それ以外でも、まずはアルバイトをして経験を積むという人もいます。ブライダルの現場でお手伝いをしながら、実際のブライダルの業務について学べるので、将来ブライダルの仕事に就きたいと考えている人は、アルバイトからスタートしてもよいでしょう。

実際にアルバイトの募集などで、仕事をしていたという人の一例は、音響スタッフ、キッチンスタッフ、サービススタッフなどがあります。また、教会での式のときに、聖歌隊などの仕事をしていたという人もいます。アルバイトで採用されて経験を積み、人脈を作ることは、将来ブライダル業界の仕事に携わるときに、とても役に立つといえるでしょう。

大きな感動とやりがいを感じられる

ブライダルの仕事は、さまざまな人の人生の一部を共有できるという、大きな感動とやりがいを感じられる仕事です。仕事で結婚式に携わっていると、毎週のように式を間近で見ることになるため、決まったルーティーンワークに関しては、経験で慣れていきます。しかし、お客様の立場に立って考えたときに、式のその一日は、かけがえのない特別な一日なのです。

結婚式を挙げる人たちにとって、結婚式は思い出深い一日で、将来の大事な記念日となるのです。この大事な式に携わったブライダル関連の人達が、最高のサービスやおもてなしをすることで、より一層、よい思い出が増えることにもなるのです。結婚式は衣装や花、料理とケーキ、サービスが全て重なり、初めて式が成功するということを、常に意識することが大切といえるでしょう。

ブライダル業界は感動と隣り合わせの素晴らしい仕事

ブライダルの仕事は、プランナーやフローリスト、ヘアメイク、音響、キッチンスタッフ、サービススタッフと、とてもたくさんの業務から成り立っています。どの仕事が欠けても、式が成り立たなくなりますので、各自が責任感を持ち、意思疎通していくことが必要でしょう。

結婚式は、日常とは違う非日常の場面となり、人生の特別な1日です。ブライダルの仕事は、そのような場に居合わせて、新郎新婦やゲストと空間をともにします。一人一人の大切な結婚式を演出し、感動や暖かい雰囲気を、一緒に体感できるという素晴らしい仕事が、ブライダルの仕事といえるのではないでしょうか。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール