• HOME
  • 働く
  • インタビュー
  • インフルエンサーになるのもではない!?総フォロワー数80万人のインスタ先生に聞く!「インスタグラムをおすすめする理由とは?」#1 
インタビュー

インフルエンサーになるのもではない!?総フォロワー数80万人のインスタ先生に聞く!「インスタグラムをおすすめする理由とは?」#1 

モノトーンDIY作家のデザイナーである峰川あゆみさん。インテリア等の情報を発信するブロガーとしても活躍、ラインブログアワード2017受賞されています。近年はインスタグラマーとして生徒さんにインスタグラムのノウハウを教えていらっしゃいます。今回はインスタグラムがおすすめの理由についてインタビューしてきました。

2019年6月インスタグラムは、月間アクティブユーザー数(利用者数)が3300万人突破!と発表しました。ストーリーやショッピング機能など、次々に新しい機能が追加され、今後も利用者が拡大すると言われています。

インスタグラムで発信している人の中には、芸能人・有名人でなくとも、フォロワー数を多く持ち、影響力のある「インスタグラマー」と言われる人たちも増えてきています。インスタグラマーはその発信力を使って、PRのお仕事をしたり、取材が来たりと、多方面で活躍されています。

そのインスタグラマーを多く育て、生徒の総フォロワー数が80万人を超えるインスタグラムの先生、峰川あゆみさんに「なぜインスタグラムがおすすめなのか?」を伺ってきました。

好きなことを発信して、SNSを楽しむ人を増やしたい

ー 本日はよろしくお願いいたします!峰川さんは普段はどのような活動をされていらっしゃいますか?

「よろしくお願いします。私自身はモノトーンDIY作家で、デザイナーをしていまして、今はインスタグラムを中心に、インテリアのノウハウやSNSで発信するコツなどをみなさんにお伝えする活動をしています。

もともと文章を書くことが好きで、まだ世の中の情報発信のツールがブログしかないような頃から、インテリアや雑貨のことなどを発信して、楽しんでいました。楽しんでいるとそのうち多くの人に見られるようになって、多い時は月100万PVぐらいの方に見ていただけるブログになりました。

たくさんの人に見てもらえるようになると、ブログを通してPRのお願いが来たり、取材や本の出版の依頼が来たりと、自然とお仕事につながっていったんです。

私自身、最初はただ楽しく発信をしているだけだったのですが、それがお仕事につながるとさらに発信することも楽しくなったので、同じようSNSを楽しめる人を増やしたいという思いから、インスタグラムを教える先生をしています。」

インスタグラムは仕事につながるツールだと確信

ー 峰川さんは今まで色々なSNSを使われてきたと思いますが、ご自身がインスタグラムを始められたきっかけはなんですか?

「もともとブログを中心にやっていたので、インスタグラムが出てきた時は、なにか新しいアプリが出てきたからやってみよう!ぐらいの軽い気持ちで始めました。

最初は、カフェに行ったことや読んだ本のことなど、日々のことをただ写真を撮ってあげるだけの記録用として使ってましたね。

その延長で、もともとブログに書いていたようなインテリアや雑貨のことを少しずつ載せ始めてはいたのですが、フォロワー数を伸ばそうなんて考えもせず、ただただ自分が楽しくやっていたんです。

ですが、2017年くらいから今までブログから来ていたお仕事が、だんだんインスタグラムから来るようになって、インスタグラムの可能性をすごく感じるようになりました。その時はまだフォロワー数6000人ぐらいだったのですが、それでもお仕事が来ていたので、まだまだ伸びてくるなと思ったし、仕事につながるツールだと確信しました。

そこから本腰入れて、フォロワー数を伸ばしていき、今はフォロワー数が約27000人まで来ました。」

これからも使う人が増え、まだまだ伸びる可能性があるツール

ー インスタグラムはまだまだ伸びてくる!と感じたとありますが、特にどのような理由がありますか?

「理由は2つあります。

・インスタグラムはスキマ時間に多くの情報を取得できること、
・それから海外に向けても簡単に情報が発信できることの2点です。

一つ目のスキマ時間に多くの情報が取れるという点は、例えば、Tシャツを探しているときに、素材やサイズなど情報を文字で理解するより、そのコーディネートが載っている写真もみて、いい!と思って買う方が早いですよね。

そのように考えると、写真で表現することは物事を加速度的に早めるし、これから表現方法も様々増えてくると思います。

昔は家で腰を据えてパソコンで情報を見る人が多かったが、今は歩きスマホという言葉があるくらいスキマ時間でなにかしながら情報を取っている人が多いです。

そういう時間に追われている人が多い世の中で、少ない時間で情報を取れるものをみんな求めているように感じます。そういう時に、写真は伝わりやすく早いツールなので、時代の流れとインスタは相性がいいと思っています。

あともう一点が、写真で表現するということは言葉がいらないから、ワールドワイドに表現できることです。私自身も海外からオファーがあり、仕事するときがあります。

私はほとんど英語ができないので、ブログで海外に向けて情報を発信することがすぐにはできませんが、インスタグラムでは、写真で伝えたいことをきちんと表現できれば、日本語しかできなくても、海外の方とも仕事をすることができます。

日本で経済が右肩下がりの時でも、海外に目を向けてみれば、すごく未来は明るいし、ワクワクしてきませんか?これからインスタグラムを使う人がもっと増えてくると思いますよ。」

インスタグラムは特に、女性におすすめしたい

ー 世の中にはSNSがたくさんありますが、なぜインスタグラムでノウハウを教えようと思ったのですか?

「私も今までいろいろなSNSを使って来ましたが、インスタグラムは自分が伝えたいものを写真に撮って投稿するだけという、はじめての人でも伝えたいことを伝えやすく、始めやすいことが一番の理由ですね。

ブログを始めその他のSNSは、伝えたいことを伝えるのにまず文章力が必要です。例えば、かわいい!とかきれい!という感情を伝えるのに、文章だけだと説明が必要ですよね。こういうところが可愛いとか綺麗とか。

そうすると人から共感される投稿をするには、文章の勉強したり、語彙力も必要だったり、最初から勉強することもある程度必要なんです。

ですが、インスタグラムを始める取っ掛かりは、自分が日常で可愛いと思ったものだったり、綺麗なものを写真に撮るだけで、多くのことを伝えられ、人から共感してもらいやすいツールです。特に感情表現が得意な女性はフォロワー数を伸ばしやすいツールだと思います。

好きなことを発信して、楽しく生きれる女性、輝く女性を増やしたいと思っているので、今はインスタグラムを教えています。」

具体的にインスタグラマーにはどうやってなるのか?

ここまでは、なぜ峰川さんがインスタグラムをおすすめするのかについて、伺ってきました。今までは何気なく日常を写真に撮って、日記代わりに投稿するだけのツールとしてインスタグラムを使っていました。

ですが、写真で伝えたことをうまく表現できるようになれば、もっとより多くの人や海外までも情報が発信できるというところは、インスタグラムの可能性をすごく感じました。

でもどうやってフォロワー数を伸ばして、影響力のあるインスタグラマーになれるのでしょうか?次回、峰川さんにその秘訣を伺いたいと思います。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール