• HOME
  • 働く
  • インタビュー
  • インスタグラマーになる秘訣とは?総フォロワー80万人のインスタ先生に聞く!フォロワーを増やすコツ#2
インタビュー

インスタグラマーになる秘訣とは?総フォロワー80万人のインスタ先生に聞く!フォロワーを増やすコツ#2

モノトーンDIY作家のデザイナーである峰川あゆみさん。インテリア等の情報を発信するブロガーとしても活躍、ラインブログアワード2017受賞されています。近年はインスタグラマーとして生徒さんにインスタグラムのノウハウを教えていらっしゃいます。今回はインスタグラムの今と可能性についてインタビューしてきました。

前回は、インスタグラムをおすすめの理由や今後の可能性について峰川さんにお話しをお伺いしてきました。

第二回目の今回は、今後も利用者数が増え、新機能もどんどん発表されるインスタグラムにおいて、どのようにフォロワーを伸ばし、影響力のあるインスタグラマーになるのはどうしたらいいのか?インスタグラマーはどんな活動をしているのか?お話しをお伺いします。

インスタグラマーとは、フォロワー数1万人以上が一つの基準

ーまずお伺いしたいのですが、世の中でいう「インスタグラマー」とはどういう基準なのでしょうか?

「ここからがインスタグラマーだ!という、明確な基準はありませんが…私がインスタグラムを教えているクラブでは、みんなでフォロワー1万人以上を目指そうと言っています

それはなぜかというと、フォロワー数1万人というのは、お仕事の依頼が来るかどうかが決まるラインだと思っています。私も多く仕事の依頼が来始めたのは、1万人からでした。なので一万人を目指すことをまず一つの基準としています。

お仕事が来るということは、それだけ影響力があるということ。フォロワー数が1万人を超えたら、インスタグラマーと呼んでいいと思います。」

ー 峰川さんが教えている生徒さんはフォロワー1万人を超えている方かなりいらっしゃると伺ったのですが・・

「そうですね!私インスタグラムのノウハウを教えているクラブでは現在50名ほどの方が所属しています。その中の35人はフォロワー数1万人以上を達成しているので、私の周りにはインスタグラマーがたくさんいるんですよ。

生徒さんのフォロワー数を生徒さんの総フォロワー数は80万人を超えまして、年内には100万フォロワーに達する見込みです。」

ー フォロワー数1万人以上いるインスタグラマーになった生徒さんは、どのような活動をされているのでしょうか?

「具体的に言うと、大手の化粧品メーカーからPRのお仕事が来て、新商品をいち早く試すことが出来たり、こないだも生徒さんのところに依頼があったのですが、新しくオープンする飲食店に招待されて、みんなでランチに行って来たりと、とにかくみんな楽しく活動しています。イメージとしては読者モデルのようなお仕事ですね。

PRだけではなく、自分で何かを教えているとかビジネスをしている人は、より自分のところに集客が出来るようになったりとビジネス拡大のためにインスタグラムを活用している人も多いです。

私の経験上、自分で好きなことで発信しつつも、そこからお仕事につなげると世界も広がるし、楽しいことがたくさん経験できるので、みんなにもその経験をしてほしいという想いで、一万人を目指そうと言っています。」

インスタグラマーになるための秘訣は、マーケテイング知識

ー 具体的にフォロワー数一万人のなるために必要なことはなんでしょうか?

「基本的にインスタグラムは写真で情報を伝えるので、写真の技術はすごく大切なポイントです。写真がうまくないと伝わらないため、うまくなるように努力する必要はあります。

ただ、綺麗な写真が撮れるからと言って、誰しもフォロワー数一万人になれるわけでありません。
例えば、写真のうまいカメラマンの人が全員がフォロワー数が多いかというと、そういう訳ではないですよね。

フォロワー一万人以上を目指すということは、多くの人に共感してもらって、ファンになってもらうことです。その為には、“マーケティング”の知識を使って、すこし戦略的に投稿していくことも、必要なんです。それが早くフォロワー数を伸ばしていくための秘訣です。

“マーケティング”というと、すごく難しい響きに聞こえるかもしれませんが、要は投稿を読んだ人とコミュニケーションを取るということ。思わず声をかけたくなるような、会話したくなるような投稿をすることがポイントです。

なので、フォロワー数一万人を目指すためには、きれいな写真を撮れるようになることと、マーケティングのことを勉強する必要があります。

実際、私が教えている生徒さんもマーケティングの知識を知るだけで、フォロワーがどんどん伸びているので、本当に大事なポイントだなと感じています。」

マーケティング知識は、どんな仕事に応用できる重要な能力

ー確かにマーケティングは重要なポイントということはわかりましたが、“マーケティング”という言葉だけで、だいぶハードルが上がるような気もして来ました・・・

「そうなんです!私も本当によく生徒さんから質問されるんです。「マーケティングって難しそうで、私にできますか?」と。

私自身も最初はすごく苦労しました。どういう人がこういう写真が好きなのかとか、共感するのかというのを投稿しながら分析したり、勉強してきて、つかんだコツやノウハウがあります。それが今、かなり自分の強みになっています。

そのコツやノウハウを知れば、誰でもマーケティングの能力をあげることができると思っています。

しかも、マーケティングつまり、人を共感させられる能力ってビジネス上とても大切な能力で、どんな仕事にも応用できるほど大事なことなんです。

知っているかどうかでだいぶ結果が変わってくるし、加速度的に結果を出すことができる。その後の人生が大きく変わることだってあるし、楽しい人生を送れるようになります。

仕事に繋げなくても、人間の心理を学んでコミュニケーション能力が上げられるので、いろんな場面で活躍できる武器を手に入れられるんです。

だから、人生のある一定期間だけでもマーケティングを学ぶ機会があってもいいと思うし、マーケティングという武器を手に入れて、みんなで一緒にインスタグラムを楽しめたらいいなと思っています。」

これからも一緒に楽しめる仲間を増やしたい

ー 今後、峰川さんがやっていきたいことはどんなことでしょうか?

「私の周りにはインスタグラムを楽しんでいる人がほんとに多くいます。それは、好きなことがお仕事につながって、自分の世界を広げられているからだと思うんです。

ただ自分の好きなことを発信して、自分だけでインスタグラムを楽しむのもいいと思います。
ですが、せっかく発信するのならば、少し写真のことやマーケティングを学んで、お仕事につながって人生を楽しく過ごせる人を、今後はもっともっと増やしたいと思っているんです。

LITORAをご覧になっている世代の方は、まだ自分が何をしたいのかよくわからないとか、好きなことがわからない、どういうことを発信したらいいのかわからないという人もいると思います。そんな時こそインスタグラムを本格的に始めて見たら?とアドバイスします。

と言うのも、これからの時代は、個人で仕事をする人にも、会社に所属している人でも、フォロワーがいるということはとても強みになります。フォロワーというのは自分のことを応援してくれるファンですよね。そのファンを作っておくことで、今後どんな仕事をすることになっても有利ですし、ファンになってくれるノウハウが身についていれば、どんなビジネスでも成功すると思うからです。

そして、それを仲間で一緒に達成できる環境をもっと整えていきたいですね。

インスタグラムのフォロワーを一万人にするのは、正直にいうと、最初簡単なことだけではないです。頭も使うし、地道な作業を繰り返すときもあって、泣きそうな時もあるんです。
だけど、みんなで励ましあったり、教えあったりしながら、それを乗り越えた先に達成感が味わえるし、頑張った分だけ成果を出すことができるんです。

私のところには、毎日といってもいいくらい成果報告の連絡がきます。フォロワー1万いきました!とか、取材がきました!こういう案件きました!とかそういう話を聞く瞬間は本当に嬉しくって、一緒に泣いて喜んだりしているんです。

そういう学生時代の部活みたいな感覚をみんなで共有しながら、今後もワイワイと楽しくインスタグラムをやっていきたいですね。」

SNSマーケティングはこれからの時代に必要な能力

峰川さんのお話しを聞くまで「インスタグラマー」というのは、芸能人や有名人がなるものだったり、キラキラしている人だけがなるものかな?というイメージでした。

ですが今回お話しを聞いてみて、きちんとしたノウハウを学べば、誰でもインスタグラマーになれる可能性もあるし、今後仕事をやる上でも、とても役に立つマーケティングの能力を身に着けることが出来るのは、とても面白いと思いました。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール