資格・語学

あのtoeicを無料で勉強するコンテンツで、今日からテスト対策を

英語が苦手な日本人なら、一度は夢みるtoeic受験。英語が苦手な自分にも効果があり、できるだけお金のかからない勉強法が知りたい。そんなあなたにおすすめのとっておき無料コンテンツがあります。さあ、あなたも今日からtoeic対策を始めましょう。

toeicの勉強が無料でできるコンテンツが知りたい

toeicテストは、リスニング100問、リーディング100問、合計2時間ほどのテストです。逆にいえば、スピーキングとライティングはありませんから、比較的内容を絞りやすく勉強しやすいといえます。また、過去の問題にスラングや専門用語がでたことはなく、実にスタンダードな問題が多くを占めます。人によっては「過去問をしっかり復習しておけばスコアは上がる」と言い切る人もいるほどです。

そうなると、そのスタンダードな問題を、リーディングとリスニングをバランスよく勉強すればいいということになります。そのためには、過去問をはじめ、toeicの傾向に沿った数多くの「問題」が必要です。そんな問題がそろっている無料のtoeic対策コンテンツ・アプリを使って、今日からテスト対策を始めませんか。

toeicの勉強ができるおすすめ無料サイト

toeicテストは、リスニングがPart1からPart4、リーディングがPart5からPart7で構成され、それぞれテーマや形式が違います。「まず英語に慣れるため」のものから、リスニング・リーディングに特化した特訓コンテンツなど、勉強したい内容に合わせたものがたくさんあります。

英語学習お助けサイト

「まず英語に慣れること」から始めるならこのサイトがおすすめです。このサイトはtoeicを学ぶ全ての人の勉強を「毎日更新される無料のミニテスト」でサポートしています。

toeicテストのうちPart5の「文法・穴埋め問題」は選択形式で、toeicによく出る単語・ボキャブラリー問題はテキストボックスに入力する「書き問題」としてそれぞれ1問ずつ出題されますから、毎日欠かさず取り組むことで、毎日少しずつ力をつけることができます。

【参考リンク:http://english-learninghelp.com/

TOEIC Practice Questions

英語を学ぶ日本人学生向けに、特別に作成された問題が豊富に掲載されるこのサイトは、無料で「音声によるリスニング問題」も非常に多く、リーディング問題も解説付きで掲載されています。

Part1からPart7まで分かれ、難易度が選べるパートもありますから、今の自分のレベルをはかることもできます。ランダムに難易度を設定したり、出題順を変えたりでき、非常に実践的な勉強ができます。

【参考リンク:http://vu.flare.hiroshima-u.ac.jp/english/TOEIC_project/index2.cgi

toeicスコアアップの教科書

このサイトには、toeic正攻法での学習法から「リスニング攻略即効テクニック」まで、さまざまな対策法が掲載されています。中でも、英語音声付きのtoeic文法問題集は、文法とリスニング・ボキャブラリーが同時に勉強できるスグレモノで、その問題数は実に1,000問。まさにtoeicに最適な勉強法です。

他の教材にも音声がついたものが多く、リスニングとリーディングを分けない勉強法は王道といえます。

【参考リンク:http://zitanstudy.com/

過去問.com

名前の通りのtoeicテスト過去問に加え予想問題を無料で掲載し、パソコンやスマートフォンから1問1等形式で問題を解き続けることができます。パートを問わず出題するものだけでなく、特にPart5、Part6の穴埋め問題が苦手な人のために、このパートだけの過去問・予想問題をランダムに出題するものもあります。

短文・長文の穴埋めの克服にはうってつけです。サイトの頭には、次回のtoeic試験日とそれまでの日数が掲示され、否が応でも試験を意識させられます。

【参考リンク:https://kakomonn.com/TOEIC/

toeicの勉強に役立つ無料アプリ

toeicの勉強を「いつでもどこでも」するには、スマートフォンが便利です。ちょっとした空き時間を使って、一つのボキャブラリーを増やせば、絶えず階段を登り続けているようなもの。力の入った勉強にはない効果も期待できるかもしれません。

無料500問!どこでもtoeic

手軽さにこだわった、しかしPart5の問題を500問も収録しているアプリです。全問題翻訳・解説付きで、toeic頻出単語と実用的な表現ばかりを使ってあり、音声で読み上げる機能はリスニング力の向上にも役立ちます。また、回答後に自動的にチェックしてくれるので、時間を節約するとともにリズムよく効率的に学習できます。

【参考リンク:https://goo.gl/oFQgug

toeicテストtoeicpreparation

このアプリは、toeicテストの全てのパートが画像とmp3オーディオで網羅され、オンラインだけでなくオフラインで辞書も使えます。

全てのパートそれぞれのテーマに沿った問題を収録しているので、苦手なパートだけを集中的に、しかもリーディングとリスニングを同時に勉強することができます。これはまるで「どこでも受けられるtoeic模擬テスト」です。何度も取り組んで、本番のためにしっかり自信をつけましょう。

【参考リンク:https://play.google.com/store/apps/details?id=tflat.co.thitoeic&hl=ja

英単語学習えいぽんたん!

この英単語学習アプリのうれしいところは、最初に「英語力を診断」をしてくれることです。今の英語力にあった英単語が出題されるので、無理なく続けることができます。問題の形式も、英単語4択問題、スペル打ち問題、文章穴埋め問題、リスニング問題などさまざま。ゲーム感覚で楽しく勉強でき、読み上げ機能を使えばtoeicのリスニング力アップにもつながります。

本格的なtoeic対策のために、英単語学習書「キクタン(アルク)」からtoeic頻出単語も出題されます。英語学習初心者から、toeicスコアアップを狙う社会人まで、幅広く利用できます。

【参考リンク:https://goo.gl/F4t4WV

無料コンテンツを使ったtoeicの試験対策

toeicテスト経験者の多くが「過去問を徹底的にやればスコアはアップする」といいますが、それは無料コンテンツをどう使うことなのでしょうか。toeicテストの特徴からみえる効果的な対策と注意点を考えてみましょう。

問題量を多くこなす

toeicテストは、いわゆるくだけた日常会話がテーマではなく、あくまでスタンダードな「現代語」としての英語力を問うものですから、どれだけ問題数は多くてもおのずと問う内容自体はそう多くはありません。

toeicは歴史あるテストですから過去の問題が何度も出題されることも多く、つまりそれはtoeicの出題傾向であり、スタンダードな英語なのです。パートごとに得手不得手はあっても、とにかく問題数をこなして経験値を高めること、一日の目標を決めて違う問題をとにかく経験することが大切です。

隙間時間でアプリを活用する

リスニングもあるtoeicの問題を数多くこなすには、時間がかかります。学生ならまだしも、社会人になれば勉強する時間は限られますから、その時間をいかに上手に使うかが重要になります。

通勤時間・休憩時間や待ち合わせなどのちょっとした隙間時間を使って、アプリを使ってリスニング問題を解いたり、リスニングしながら文法や英単語を覚えるような工夫が大切です。

過去問を印刷して模擬試験を行う

歴史あるtoeicテストの過去問を印刷して、自分で時間を区切り試験と同じ要領で「模擬試験」のように解くのは、勉強になるだけでなく試験の雰囲気・時間配分を体感する上でも重要です。

例えば、この模擬試験の時間を徐々に少なくして問題を解くスピードを上げたり、種類の違う問題に多数当たることでより経験が増え自信がつきます。

お金をかけずにtoeicの合格を目指そう

世界の人口の約四分の一が実用レベルで英語を使っている英語人口だといわれています。逆にいえば、それだけ使える人が多いということです。toeicテストは、英語力を図るものではありますが、実際にコミュニケーションを取れるようになるための、最初の関門としてスタンダードな英語を学ぶよい教材だといえます。

無料のコンテンツやアプリを駆使して、toeicで高いスコアを取り、受験や就職で合格できる英語レベルを目指しましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール