資格・語学

「資格を取得する必要性」プロとしてやりがいを感じて仕事ができる

仕事に合った資格を取得していることで、専門知識のあるプロとして仕事をこなせます。業種に合う資格はもちろんのこと、老後のために、これから資格取得を目指すという人も多いです。資格があると、就職や転職もしやすくなり、なにかとメリットも多いです。

資格を取得する必要はあるのか

資格を取得することは、時間もお金も必要になります。手間がかかるからといって、あきらめてはいませんか?資格を取得することで仕事の幅も広がり、やりがいを感じながら自分の仕事をこなせます。

簡単に取得できるもの、難易度の高いものもありますが、自分はどの資格を取得したいのかを考えて、仕事に生かせる資格を取得することが大切です。自分のやりたいことでも、資格がなければできないことも多くあります。資格取得に向けて、コツコツと取り組んでいきましょう。

資格取得が必要な理由

資格は本当に必要なのかどうかと、考えてしまうかもしれませんが、必要とされる理由を把握して、資格取得に向けて高い意識を保ちましょう。

新しいスキルや知識を身につけるため

資格取得が必要な理由として、スキルや知識を身につけるためということがあげられます。資格を必要とするのは、独学や自己流では、限界があるような仕事内容である場合が多いです。専門知識をしっかりと学ぶことで、その仕事に関してのプロになります。専門的に学び、一定の合格ラインを作ることで、ミスの少ないプロ意識の高い人間を目指せます。

資格取得に向けた学校や、通信講座を利用することで、自己流とは違い、学ぶべきポイントを集中して学べます。新しいスキルを身につけることはとても難しく、短期間での取得は難しいものも多いです。計画的に取り組み、目標に向かって、自分の知識や技術を身につけていきましょう。

趣味の幅を広げるため

趣味の幅を広げるために、資格取得を行う人も。趣味で楽しく行っている人でも、プロの人よりも技術や知識などのレベルが高い人も多いです。また、趣味で始めたけれど、そのまま仕事として採用になる場合も珍しいことではありません。趣味といっても、資格を取得することで、浅くではなく深く取り組めるようになります。

浅く取り組めるような、気軽な感じで趣味を楽しみたい人は、資格取得は必要ないかもしれません。しかし、趣味の幅や内容をもっと掘り下げて楽しみたい、行いたいという人は、その分野の資格を取得すると、さらに充実した時間を費やせます。時間と資金に余裕があれば、趣味の幅を広げるために、資格の取得もよい方法です。

転職や就職を有利にするため

資格を取得していると、就職や転職を有利に進められます。未経験ではなく、専門知識のある経験者として扱われるため、すぐに希望する会社の戦力的な存在として、活躍できるのです。転職をしたくても、未経験で資格がない場合、会社にとって不必要な存在となり、採用されにくくなります。気持ちでカバーするといっても、限界があります。

現在、働いている仕事の資格だけではなく、別な資格もあると転職の幅も広がり、自分の能力を生かして仕事をすることも可能になります。資格があると、その分責任も重くなりますが、やりがいと自覚をもって務められます。自分のスキルや技術をさらにレベルアップさせられるので、自分をより高めることにつながります。

仕事の幅を広げるため

資格を取得していることで、昇給や出世がしやすくなり、業務効率も上がるため、仕事ができる人間として評価されるようになります。資格があることで、自分にしかできない仕事も増えます。自分が一生懸命に頑張ることも必要ですが、周りの人への指示も的確にできるようになり、人格も磨かれていきます。

仕事の幅も広げ、効率よく作業ができるようになり、自分の能力を発揮できるため、楽しく取り組めます。資格があることで作業もこなせるため、資格がない人に比べて、昇格しやすい立場であることは明確です。資格があることで、このようなメリットもあるのです。

将来や老後の備えとして

資格を取得しても、現在の会社で生かせない場合も。今は必要とされていない資格でも、将来や老後になって生かせるときがくるかもしれません。また、現在資格を取得していなくても、将来のために資格を取得しようとする人も増えています。

趣味だけではなく、老後の備えとして考えることは非常に大切なことです。年金生活をする場合、退職後、年金を受給するまでの数年間は、収入のない状態が続きます。また、年金だけでは生活できないという人も多いので、今のうちに資格を取得しておき、老後の備えとして考える人も多いです。老後でも働ける資格を取得しておくと安心です。

就職のために取得するべき資格

資格を取得しなければ、就職が難しい仕事を紹介します。専門知識が必要とされるので、資格取得を目指して取り組みましょう。

需要の高まるファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、需要の高まる仕事として注目されています。この仕事は、顧客から収支、負債、家族構成、資産状況などの情報を受け取り、住居や教育、老後のライフプランニングを行い、資金計画などのアドバイスを行う職業です。

保険や貯蓄など、老後はどれほどの貯蓄があればよいか、保険の状況など、わかっているようでわからない部分の見直しを行い、生活しやすいライフプランニングを提供します。国家資格で、1~3級のファイナンシャル・プランニング技能士として段階があります。

事務で重宝される日商簿記

日商簿記の資格があれば、事務で重宝され、会社の事務で活躍できます。最低でも、3級の簿記能力が求められます。簿記2級、1級になると、履歴書にも堂々と記入できますし、事務所の会計として採用もされやすくなります。

3級は、簿記の基礎が分かっていれば合格率も高いですが、2級、1級になると応用した内容になるので、会社としてみれば、2級や1級の能力の人のほうを、優先して採用することになります。1級になれば難易度も高くなりますが、就職しやすくなるので、資格取得に向けて取り組みましょう。

独立できる社会保険労務士

社会保険労務士は、年金や社会保険のプロフェッショナルとして業務をしていきます。高齢化社会や年金不安、雇用形態の多様化で、これからさらに需要が高まる仕事です。国家資格でこの資格があると、就職や転職に有利なことはもちろんのこと、自分で独立や開業も可能になります。

専門学校でも知識を得られますが、近年では通信講座でも、必要な知識を身につけられるとして注目されている資格です。年金に興味のない人でも、いざ自分のことを考えると、将来が不安に感じる人は多いです。そのようなきっかけで勉強して、資格を取得する人もいるので、将来のための資格としても活用できます。

求人が安定している医療事務

求人が安定している医療事務の資格を、取得する人も増えています。医療事務は、ぜひとも資格を必要とするものではありませんが、資格を取得して知識を備えておくことで、有利に仕事がはじめられます。最近では、コンピュータの技術も高まり、自動で入力されるものが増えていますが、専門知識を必要とするため、資格があればよりスムーズに仕事を進めていけるでしょう。

育児をしながら資格を取得するという主婦も多く、子供に合わせて安定した生活ができることから、仕事がしやすい、続けやすいとして人気がある仕事です。薬局の事務なども人気があり、働きやすいくやりがいを感じて仕事ができる作業です。決して簡単ではありませんが、目指している人は増えています。

就職率の高いホームヘルパー

ホームヘルパーは、実技講習会に参加するだけで取得できる資格でしたが、最近では筆記試験も加わり、昔に比べて取得が難しくなっています。しっかりと知識を身につけていれば、誰でも合格できるものなので、難しく考えすぎなくても大丈夫でしょう。

ホームヘルパーを目指している人は多いですが、必要とされる人はさらに増えている状態です。就職率が高く、これからも必要とされる人材なので、資格を取得することで、しっかり活躍できるようになります。人と人とのつながりも大切にでき、コミュニケーションが好きな人にも向いている資格です。

資格を取得するためのコツ

すぐに資格を取得して、実践で活躍するためには、確実に資格を取得しなければなりません。資格を取得するためのコツを把握して、合格へとつなげていきましょう。

希望する業務に関係するものを選ぶ

経験のない仕事を選ぶのではなく、経験のある仕事に関する資格を選ぶことで、自分の経験や知識を活かしてこれからも仕事ができます。また、短期間でも資格を取得できるので、希望する業務に関係するものを選ぶことをおすすめします。自分のスキルを磨くことにもつながるので、さらにプロフェッショナルとしての自覚を深められます。

未経験のものも魅力に感じますが、短期間で資格を取得した場合は、受けやすいものを選ぶことがポイントになります。時間と資金に余裕があり、別な道にも興味があるという人は、新しい分野の資格に挑戦してもよいでしょう。その場合でも、資格取得に向けて、焦らず計画的に取り組むことが求められます。

取得方法をライフスタイルに合わせる

資格取得を優先するならば、ライフスタイルも資格を取得しやすい生活に変えなければなりません。専門学校であれば、カリキュラムが決められているので、生活も合わせやすいですが、通信講座や独学になると、集中して勉強することが難しい場合もあります。仕事をしながらの資格取得は、簡単なようで難しいことです。

集中して勉強ができるような環境を作るためにも、勉強する時間と仕事をする時間のメリハリを、しっかりつけることがポイントです。ダラダラして取り組むのではなく、時間を決めて集中して取り組んだほうがよいので、自分なりに計画を立てて、資格取得に向けて取り組むことが大切です。

満点よりも合格点を目指す

満点を狙うことも大切ですが、まずは合格点を目指すことがポイントです。完璧にすることは大切なことなのですが、合格することが何よりも大切です。試験の範囲が広い場合、たくさん勉強することが多くなるので、自分が学べることを、効率よく頭に入れていくことを考えていきましょう。

できれば満点を目指すべきですが、大切なことは合格することです。一つのことを集中して勉強するのではなく、広い範囲を頭に入れられる工夫をして、効率のよい勉強法を見つけ出していきましょう。

空いた時間を活用する

空いた時間を活用することで、効率よく勉強ができます。空いた時間でも意識をして勉強すると、忘れにくくインパクトとして記憶に残りやすくなります。しかし、ダラダラと取り組むのであれば逆効果です。集中力のあるタイミングで、取り組むとよいでしょう。

空いた時間もしっかりと活用することで、まとまった時間がなくても知識を身につけられます。休みたくなったときは、無理せずに休むことです。資格取得に向けて意識が高められると、空いた時間でも集中して取り組めます。あきらめずに、計画的に取り組むことが大切です。

難易度の高すぎるものは避ける

司法試験や税理士など、難易度の高すぎるものは、時間も資金も費やすことになるので、短期間での資格取得はあきらめましょう。絶対に資格を取得したい人は、専門学校などで集中して知識を身につけることをおすすめします。

難易度の高すぎるものは、独学や通信講座での取得は難しいとされています。その中でも、資格を取得する人もいますが、合格率は非常に低いです。

転職となると、短期間で資格を取得したいと思う人は多いです。難易度の高いものを選び、何年も合格できないとなると、自分が生活できなくなってしまいます。したがって、難易度の高い資格を狙う場合は、時間や資金に余裕のあるときにしましょう。自分でも確実に取得できそうな取得を選ぶことも、短期間で取得できる方法になります。

履歴書への資格取得情報の書き方

取得した資格は、履歴書に記入してアピールすることが大切です。正しい書きかたを見ていきましょう。

取得年月日の早い順から記入する

資格を取得した場合、得意なものから記入してしまいがちですが、取得年月日の早い順から記入することが正しい方法です。記憶に新しいものから書いてしまう人も多いですが、それでは「知識のない人」という風に扱われてしまいます。資格を取得した場合、取得年月日を覚えておくか、何かに記入しておくことが大切です。

履歴書に記入する前に、資格をいつ取得したのか、調べてから記入することが大切です。忘れがちな運転免許も資格なので、忘れないように全て記入していきましょう。

取得日を忘れたら空白にして提出する

取得年月日を、どうしても思い出せない場合は、空白にして提出しても構いません。しかし、国家資格の空白は、NGとなるので注意しましょう。取得年月日でも記入しないと、意識が甘いと判断されていしまいます。難易度の低い資格は記入しなくてもよい場合がありますが、国家資格などの難易度の高いものは、きちんと記入しましょう。

また、月日は思い出せないとしても、年は調べて記入するようにしましょう。取得年月日は、見られないのではと感じますが、空白になっているだけで、未記入として見る人もいます。よって、できるだけ全て記入できるようにしましょう。

取得予定のものも記入OK

まだ取得していない資格があり、現在勉強中のものであれば、資格取得予定として、履歴書に記入ができます。資格が取得できる予定日も記入しておくと、本当に勉強していることを相手にアピールできます。まだ資格を取得していないと、記入することをためらってしまいます。

記入しないままにする人も多いですが、勉強中であることを伝えることで、絶対に資格を取得できるように、自分の気持ちを高められます。相手の会社に、資格取得予定であることを伝えていると、絶対に失敗できないというプレッシャーになりますが、その分、勉強にも励むようにもなります。ぜひ、予定のものでも記入しておきましょう。

資格は正式な名称で記入する

資格は略式ではなく、正式な名称で記入することが大切です。実用英語技能検定や、普通自動車第一種免許証など、正式名称で記入しましょう。英語検定や自動車運転免許ではNGです。履歴書の書き方もわからない、常識知らずな人と判断されてしまいます。

面倒に感じがちですが、正式な名称を確認してから、焦らず丁寧に記入しましょう。あやふやな場合は、記入する前に、きちんと調べておいてから記入しましょう。

取得年月は西暦か和暦で統一する

資格取得の年月は、西暦か和暦で統一して記入しましょう。欄が狭い場合は和暦、広い場合は西暦というように、見やすいほうを選んでもよいでしょう。どちらでもよいですが、どちらかに統一しないと不自然で、見にくい履歴書になってしまいます。統一しただけで、見た目もきれいで、見やすく仕上げられます。

西暦か和暦のどちらか迷った場合は、ネットで簡単に調べられます。自分が取得した資格は、せめて取得した年だけでも把握しておくことが大切です。年だけでも把握できれば調べられるので、焦らずに記入していきましょう。

取得した資格を忘れずにアピールしよう

資格を取得していることで、仕事の幅が広くなり、責任と自覚のある作業を受け持つことができます。昇格なども期待できるため、資格を生かせる仕事に就けるように取り組んでいきましょう。

履歴書でも、現在資格取得に向けて勉強しているものがあれば、それも記入できます。取得した資格はもちろんのこと、現在も資格を取得しようとしていることもアピールできるので、自分の能力をしっかりと相手に伝えることが大切です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール