資格・語学

メンタルヘルスの資格を取得するために知っておきたい情報とは

心の健康をケアする「メンタルヘルス」の資格は、現代において非常に需要のある資格です。ストレスや、心の悩みを抱える人が増えている中で、ケアを必要とする人が増えています。メンタルヘルスの資格の種類や取得方法などを詳しくお伝えします。

メンタルヘルスの資格取得に関する知識を知ろう

心の健康管理をケアする、メンタルヘルスの仕事に従事するために必要なメンタルヘルスの資格とは、メンタルヘルスの資格取得に関する知識を知ってみましょう。

まずは知りたい「メンタルヘルス」はどんな資格?

メンタルヘルスの資格とは、いったいどんな資格なのでしょうか。メンタルヘルスの資格を取得しておくことで、どんな職業に役立つのか、そしてどんな勉強が必要なのでしょうか。

メンタルヘルスという資格について

メンタルヘルスの資格を取得した場合、どんな職業に役立つのでしょうか。近年、会社内にメンタルヘルスケアができる部署を設置する会社も増えてきています。ストレスなどから心の健康管理ができなくなってしまう人が増えており、会社によっては心のケアへの配慮を考える会社もあります。

会社以外の場では、医療や福祉などの場での活躍が考えられます。介護職員などの心のケアや、病院など患者さんのケアなどがあります。メンタルヘルスケアは、どのような仕事をするのかというと、心のケアを必要としているクライアントのカウンセリングを行うことが主な仕事になります。

将来的に活躍できる仕事、資格の活かし方

メンタルヘルスの資格を取得することで、資格を活かした仕事は、会社内にあるメンタルヘルスケアの部署や福祉・医療の場などがあります。看護師や介護士の仕事をしている人が、メンタルヘルスの資格を取得することで、スキルアップにつながることになります。

メンタルヘルスの資格だけを活かして就職をするというのは、まだまだ間口が狭いですが、自分のスキルアップにつながる資格として取得しておくと、キャリアアップにつながることがあります。就職に直接関わらなくても、メンタルヘルスの勉強をすることで活かされることもあります。

例えば、自分の職場の部下の気持ちを理解しやすくなったり、心のケアができるようになるなど自分の仕事環境によい影響を与えることができます。そして、自分自身もストレスと上手に付き合えるようになるなど、さまざまな活かし方があるのです。

資格を取得するメリット

女性の社会進出が増える中で、会社内でストレスを抱える女性社員も増えています。女性にとって働きやすい環境の職場は増えてきてはいるものの、まだ古い体質の会社の中で苦労をしている女性もいます。女性社員にとって、メンタルヘルスケア担当が女性であることは安心できる要素となります。

そして、女性の方がメンタルケアに関して強い部分があります。細やかな気遣いと、強いマインド、そして柔軟性が高いため、メンタルケアの現場では必要とされる場合が多くあります。そのため、今後ニーズが高まっていく可能性が考えられます。

メンタルヘルスの資格の取り方

メンタルヘルスの資格とは、いったいどんなものがあるのでしょうか。そして、どのような方法で資格を取得するのかを知ってみましょう。

効果的な勉強法

メンタルヘルスの資格を取得するための効果的な勉強方法を知っておきましょう。仕事をしながら資格取得に臨む人もいれば、退職後の時間を活かして学ぶ人など、人それぞれの状況でも違ってきます。そして、自分に合ったライフスタイルや勉強方法をみつけることで、効果的に勉強をすることができます。

スクールに通う

メンタルヘルスケアについて学ぶことができる専門学校などがあります。メンタルヘルスマネジメントの資格を取得できるコースから、短期のコースなど学校によってカリキュラムが設定されています。スクールに通うメリットは、直接授業を受けることで不明な点などをすぐに解決できることにあります。

そして、一緒に学ぶ仲間がいることも頑張れる励みになります。そして、講座の期間も決まっているので、決められた期間で勉強をすることができます。学校の中には、平日の夜間が設けられていたり、土日集中コースなどがある学校もあります。

スクールに通うデメリットは、仕事をしながらの場合予期せぬ残業などで授業に行くことができなくなったり、予定がくるってしまい授業が遅れてしまうことです。そして、自分が住んでいる地域や職場などの近くに学校がない場合もあるので、スクールに通えない人もいます。

通信教育で勉強する

仕事をしながら資格を取得する場合、通信講座を利用するのが一番手軽だといえます。通信講座のメリットは、自分のスケジュールに合わせて勉強をすることができ、自宅でできるため生活サイクルに左右されないという点です。

例えば、ユーキャンのメンタルヘルス講座には、2つのコースが設けられており、3か月~4か月の短期速習できます。忙しい中でも安心して合格力を養うことができます。メンタルヘルス・マネジメントの資格取得を目的とした講座であれば、金額の幅も広くないので選びやすいといえます。

通信講座のデメリットは、自分で勉強の管理をすることが重要となるため、意志の強さが必要となります。スクールへ通うのであれば、行かなければいけないという思いから続きやすいですが、通信講座はやらなくても誰からも管理されていないので、挫折しやすい特徴があります。

独学で勉強する

メンタルヘルスの資格を取るための勉強方法は、学校に通ったり通信講座を受ける以外に、独学という方法があります。問題集や本などを買い、自分で勉強を進めていく方法です。独学のメリットは、金銭的に負担がないことと、自分のペースで勉強ができることです。

独学でのデメリットは、通信講座以上に勉強の自己管理が大切だという点です。通信講座も自己管理は大切ですが、お金を払っているという事実があるため、少しは意識が働きます。しかし、独学の場合はそれも薄いので、かなりの意思の強さが必要になるのです。

自分の性格や、ライフスタイルに合った勉強方法を選ぶ必要があるのです。いくら、評判のよい講座を選んでも続かないのでは意味がなくなってしまいます。効率的に勉強をする方法については、よく考えて決めるようにしましょう。

取るまでにかかる費用

資格取得を目指して、勉強をする際にいったいどのくらいの費用を考えておくべきなのでしょうか。勉強方法別にまとめてみました。

スクールに通う場合の費用

対策講座を学ぶコースに通う場合は、おおよそ13,000円~35,000円くらいの費用が掛かるといわれています。メンタルヘルスマネジメントの1種・2種・3種をすべて学ぶ場合と、一つだけでは変わってきます。カウンセリングなどまで学ぶ講座の場合は、200,000円~1,000,000円と幅広い金額設定になっています。

学ぶジャンルが多く、期間も長くなればそれだけ費用は掛かります。ただ単に、資格取得の勉強のためであれば費用はさほど掛からないのが特徴です。

通信講座を受ける場合の費用

通信講座を利用して、メンタルヘルスの勉強をする場合の費用は、25,000円~160,000円くらいだといわれています。これも、内容によって金額が違うので、自分がどこまで学びたいかによってきます。通信講座は、ネットでの申し込みキャンペーンなどを行っているケースがあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

低価格だからといって、質が悪いということでもなく、高いから質がよいという判断をしてしまわないようにしましょう。さまざまな通信講座のパンフレットなどを取り寄せて、金額と内容を照らし合わせて考えることをおすすめします。

独学で学ぶ場合の費用

独学でメンタルヘルスの勉強をする場合の費用は、本代くらいになるので2,000円~5,000円ほどで勉強ができるでしょう。あと必要なのは、受験費用くらいです。独学の場合の大きなメリットは、費用がかからないことなので、お金の心配がありません。

メンタルヘルス・マネジメントの受験費用は、1種(マスターコース)は10,800円、2種(ラインケアコース)は6,480円、3種(セルフケアコース)は4,320円となっています。

メンタルヘルスの資格を取るための難易度(合格率)

メンタルヘルスの資格を取るための難易度は、どのくらいなのでしょうか。1種・2種・3種と分かれていますが、それぞれの合格率は、3種が約80%・2種が約50%・1種が約18%くらいだといわれています。1種に関しては、難易度の高い試験であり、3種は比較的易しいといえます。

そのため、どの資格を取得するかで勉強方法も選ばなければいけないといえるでしょう。お金がないから独学で学びたいといっても、1種となるとむずかしい可能性も考えられます。

資格の更新などはある?

メンタルヘルス協会には、4団体のカウンセラー養成講座を認定しています。そのいずれの資格も、認定試験に合格した場合、資格認定証が発行されます。その後、カウンセラーの向上を目的とした資格更新制度が設けられています。

メンタルヘルスの資格を活かして仕事に役立てよう

メンタルヘルスの資格は、資格があるといっても直接専門の仕事に携われるかはわかりません。しかし、幅広い分野で必要とされているスキルなので、資格を取得することでキャリアアップができる可能性があります。自身のためにもなるメンタルヘルスの資格を取得して役立ててみませんか。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール