ダイエット

ダイエット後のリバウンドが心配|体型をキープするための秘訣とは

努力してダイエットに成功してもリバウンドでさらに太ってしまう女性も少なくありません。なぜリバウンドしてしまうのでしょうか。リバウンドが起こる原因と予防方法を知れば、ダイエット後でもリバウンドせずに体型をキープすることができます。

ダイエット成功後のリバウンドが怖い

ダイエットにせっかく成功しても、リバウンドを怖がる女性は少なくありません。なぜリバウンドしてしまうのか。リバウンドが起こる原因を探り、ダイエットによって手に入れた体型を維持できる方法を紹介します。

なぜダイエット後にリバウンドしてしまうのか

せっかく頑張ってダイエットしても、その後に大きくリバウンドしてしまい悩んでいる女性は多いです。中にはリバウンドによってダイエット前よりも太ってしまう人もいます。

なぜリバウンドは起きてしまうのでしょうか。

目標体重になった途端に生活が戻ってしまう

ダイエットでは具体的な目標体重を掲げて努力する人も多いのではないでしょうか。その目標体重に達してしまうと、安心感から生活スタイルが元に戻ってしまう人がいます。

食べる量がダイエット前と変わらない量に戻ってしまったり、運動をしなくなってしまったりすると、あっという間にリバウンドしてしまいます。

ダイエットすることはとても大変で長期間を必要としますが、痩せた分以上の体重を元に戻すのはとても簡単です。

特にダイエット中の停滞期にいる人は要注意で、食事制限のダイエット法では、抑制されていた食欲が増大してしまうだけでなく、消費カロリーが少ない状態になっています。そのため、反動で食欲が止められなくなってしまいダイエット前よりも体重が増えてしまう危険があるのです。

単品ダイエットなど誤った方法の食事制限をしていた

ダイエット法の一つとしてよく耳にするのが、単品ダイエットです。同じような食品を食べ続けるダイエット法になりますが、栄養バランスが偏ってしまうためリバウンドしやすい傾向があります。

中でも特に、タンパク質を摂取しないダイエットは、急激に体重を落とすことができますが、これは筋肉が減少しているだけで脂肪が減少しているわけではないことを理解しておきましょう。

筋肉が減少してしまうと基礎代謝も低下してしまうので、やせにくい体へと変わってしまう危険があります。

また、同じような食品に飽きてしまって元の食生活に戻すと、色々な食材を食べられる反動からすぐにリバウンドしやすいダイエット法でもあるので、注意しましょう。

急激なダイエットをしてしまった

短期間で急激に減量するダイエット法は、体が危険信号を出して摂取カロリーを吸収しようとしたり、脂肪を溜めこもうとして体重を戻そうとするので、リバウンドに繋がりやすいといえます。

このような体の仕組みは、ダイエット中の停滞期にみられるものになります。

体重が減少することで体が異変を察知し、これ以上体重が減らないようにしてしまう現象です。ダイエット中の停滞期は人によって期間にばらつきがありますが、特に食べ過ぎには注意が必要です。

消費カロリーが落ちている状態の体に多くのカロリーを取り込んでしまうと、それがリバウンドへと繋がってしまいます。

ダイエットを期間限定で行っている

ダイエットを始める女性の中には、この時までに体重を落としたいと思って始める人も多いでしょう。

ダイエットはその時だけするものと考えていると、期間限定で行うことになり、決められた期間を過ぎて元の生活に戻ると、せっかく体重を落としてもすぐにリバウンドしてしまうという結果に陥ります。

まずはダイエットをする時は長いスパンで取り組むことが大切です。さまざまなダイエット法がある中で、継続できるものを生活に取り入れてみましょう。

生活の変化を体が受け入れてくれるようになれば、リバウンドの心配もなく体重を落とすことにつながっていくでしょう。

ダイエットの準備をしっかりとしていなかった

思いつきのようにダイエットに取り組む人も少なくありません。計画を立てずに取り組むと、取り入れたダイエット法が続かずにダイエットを途中でやめてしまうことになってしまいます。

また、準備なしで始めた場合ダイエットや食事、自分のライフスタイルなどへの知識が十分ではないので、リバウンドしやすいと理解しておきましょう。

まずは、ダイエットの準備として自分の生活スタイルを見直すことから始めましょう。どんなものを食べているのか、普段行っている運動はどの程度かといったことを把握しておくことが大切です。

そして、太りやすい食材やダイエットに向いている食材、それらの食材の効果的な摂り方などについても知識を深めておくとよいでしょう。

リバウンドを防ぐためにできる事

ダイエットに挑戦したことのある女性の中で、挫折してしまったりリバウンドで悩んでしまう人はとても多いです。しかしリバウンドを防ぐためにできることはたくさんあります。

せっかく頑張った努力を無駄にしないためにも、リバウンドを防ぐ方法を習得しておきましょう。

ダイエット中の生活スタイルを維持する努力をする

せっかく頑張って手に入れた理想の体重はキープしたいですよね。それには、ダイエット中に行ってきた生活習慣をダイエット後も維持する努力が必要です。

ダイエットに成功したからといって自分を甘やかしてしまっては、それまでの努力も水の泡となってしまう可能性があります。

特に食事制限と運動は引き続き継続して行うよう心がけましょう。せっかく手に入れた体型を、自分を甘やかすことで元の体型に戻してしまうことのないよう、ダイエット中に行ってきた行動一つ一つを思い出し継続させることが体型維持のポイントといえます。

ダイエットが終わっても体重計に毎日乗る

自分の現状を具体的な数字で把握しておくことはとても大切です。目標体重に達した後でも、毎日体重計に乗る習慣は続けることがおすすめです。

これはリバウンドしないためにとても効果的な方法といわれています。食べ過ぎた日はすぐに体重に反映され数字に現れてくるので、体重の管理ができるようになります。そして、食事量を制限しようという意識へとつながっていきます。

移動はできるだけ徒歩で階段を使うようにする

日常生活に手軽に取り入れることができる運動であれば継続することも簡単です。中でも移動手段を階段にする階段ダイエットは、誰にでも手軽にできる運動方法でもあります。

できるだけ階段を使い、移動は徒歩にするだけでリバウンドを防ぐことが可能になります。

ポイントは、階段を使うスピードです。運動が苦手な人や不慣れな人はゆっくりなスピードから始めるとよいでしょう。理想としては、1日の中で階段を昇降した時間が10分以上あるように意識することがおすすめです。

また、昇降する際の姿勢にも意識を向けましょう。背筋を伸ばして膝を高めに上げて昇るようにしましょう。

ダイエットは継続して行う物である意識を持つ

ダイエットに取り組む時は、短期間で考えるのではなく、長い期間をかけてゆっくりと体重を落とす意識で取り組みましょう。

ダイエットはずっと継続して行うものであるという意識をもつことで、ダイエット中の生活リズムをキープすることができます。

ハードな食事制限をしていた人は、目標体重に達したからといって元の食生活に戻すのではなく、昨日揚げ物を食べたから今日は控えようというように、緩やかにストレスを感じない程度に食事制限を続けていく方法がおすすめです。

ダイエット後の食生活で気を付けたい事

食事制限でダイエットに成功しても、ダイエット成功後の食生活に不安を感じる人も少なくありません。元の食生活に戻したらリバウンドすると分かっているので戻せないけれども、食事制限の食生活にストレスを感じ始めている人は、注意点について理解しておくと安心です。

できるだけ自炊を心掛ける

ダイエット中の食事は自炊していたという人も少なくありません。ダイエット後でも自炊する生活を続けることがおすすめです。自炊をすることで、外食やコンビニ食を食べるよりも摂取カロリーを抑えることが可能になります。

また、料理中は意外と体を動かすことが多いので、生活の消費カロリーも増えることが期待できます。そのためには、ダイエットに最適な食材や調理方法などをしっかりと理解して、食べ過ぎを防止しながらも痩せやすい体作りができる自炊メニューを作るようにすることがおすすめです。

間食はできるだけ控えるようにする

ダイエットを始めると、まず間食を控えようと心がける人は多いのではないでしょうか。それはとても効果的ですが、ストレスが溜まって食欲が抑制できなくなるようなら、適度に間食するのもよいでしょう。

間食する時は特に甘いものを控えるように意識することが大切です。

小腹が空いたときは、間食するものをしっかりと選ぶことが大切です。食事の糖分量や脂肪分などを理解して、前後の食事で調整する方法もよいでしょう。

間食できないことでストレスを溜めないよう、適度に上手な間食をすることも、成功したダイエット効果を維持する秘訣ともいえます。

食事制限をしていた場合は食事の量を一気に戻さない

糖質制限や置き換えダイエットなどで食事制限していた場合は、ダイエット後に一気に食事の量を戻してしまうと栄養素を一気に吸収してしまいます。それがリバウンドの原因ともいえます。

特に糖質制限でダイエットを行っていた場合は注意しましょう。ダイエット後の食事の戻し方は、段階を踏んで少しずつ戻していくことが理想です。

食品ごとに体内で糖に変わるスピードが異なるので、緩やかに糖に変わっていく低GI値の食品から取り入れていくようにすることがおすすめです。

食事の時間に気を付ける

ダイエット後は、食事の時間に気を配らなくなってしまう人は多いです。ダイエットが終わったからといって、時間を気にせず夜中などに食べる量が増えてしまうと、リバウンドにつながってしまう恐れがあります。

朝食、昼食、夕食にはそれぞれ体の機能の面から最適な時間というものがあります。朝食なら6時~7時、昼食なら10時~11時、夕食なら16時~17時といわれていますが、仕事をしている人などにとっては難しい時間帯でもあるので、1日の食事を21時までに終わらせるように意識するようにしましょう。

ゆっくりと噛んで味わって食べる

「満腹中枢」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。これは、食べ物を口に入れると脳から発せられる信号のようなものです。

満腹中枢により、食欲を抑えることができるというわけです。満腹中枢が働き始めるのは、食事を始めてから15分~20分後といわれています。そのため、噛まずに食べたり早食いするのは太りやすい食べ方です。

一度の食事を10分程度で終わらせている人は、食事にかける時間を意識してゆっくり食べるようにしてみましょう。噛む回数を増やす、少しずつ口に運ぶなどして、満腹中枢を刺激し食べ過ぎを抑えるよう、心がけてみることがおすすめです。

リバウンドを防ぐためにはダイエット中も注意が必要

リバウンドを防ぐには、ダイエット後に注意することが大切と思っている人も多いですが、実はダイエット中でもリバウンドを防ぐことができます。ダイエット中からリバウンド防止の習慣を身に付けることで、ダイエット後もリバウンドしにくい体を手に入れることができることでしょう。

食事のカロリーを減らしても栄養のバランスを意識する

ダイエットで体重を落とすことにばかり意識が向いてしまうと、食品の栄養にまで意識がいかないことも多いです。しかし、リバウンドしないためにも栄養バランスを意識することがとても重要です。

特にビタミン、ミネラル、タンパク質をしっかりと摂取するようにしましょう。中でもタンパク質が不足すると、筋肉が失われてしまい代謝も下がってしまうので、やせにくい体になってしまう可能性があります。栄養の偏りはリバウンドを招きやすくなるので、バランスの摂れた食事をすることが大切です。

程よく運動を取り入れながらダイエットをする

体重を落としたいからといって、食事制限だけのダイエットでは筋肉だけが減り脂肪が減らないということになってしまう可能性があります。食事制限とともに、適度な運動を取り入れることが、美しく健康的に痩せることにつながります。

適度な運動を取り入れることで、筋肉を維持しながら脂肪をキレイに落とすことが可能になります。筋トレやエクササイズは筋肉の維持だけでなく消費カロリーのアップにもつながるので、効率的にダイエットを進めることができるでしょう。

体重だけにこだわったダイエットをしないようにする

ダイエットを始める前に、目標体重を設定することは大切なことです。しかし体重だけにこだわってしまうと、数字ばかりに目がいってしまいがちです。

体重が落ちれば何でもいいというダイエットは、体が危険信号を出してしまい、即リバウンドにつながってしまう危険があります。

ダイエット中、毎日体重計に乗ることは大切ですが、全身を鏡に写して、体の引き締まり方や体型などにも気を配るようにしましょう。理想の体型が、目標としている体重とは違うかもしれません。体重の数字では分からないような見た目で目標を設定したり判断する方法もおすすめです。

自分に合った継続できるダイエット方法を選ぶ

ダイエットは短期間で効果を実感することは難しいものです。長期的なスパンで取り組むことで成果を得られることが多いため、継続できるダイエット方法かどうかがとても大切です。

ダイエット後もスタイルをキープするために継続できそうなダイエット方法を選ぶことが、リバウンドを防ぎ体型維持にもつながるといえます。

早く痩せたいからといってハードなダイエット方法を選ぶと、効果を実感する前に継続できなくなり、リバウンドしてしまう可能性もあるので、自分に合ったダイエット方法を選ぶようにしましょう。

リバウンドしてしまったら取り入れたい食事方法

どれだけ気をつけていてもリバウンドしてしまう人もいるのではないでしょうか。もし、リバウンドしてしまったら、どのような点に注意すればよいのでしょうか。せっかく続けてきた努力を無駄にしないためにも、早めに改善することが大切です。

1日3食の主食をお粥にする

リバウンドしてしまうと焦ってしまう気持ちになりがちですが、そこで食事の回数を減らしてもエネルギー不足や栄養不足を招いてしまう危険があります。回数は減らさずに、1日の主食を全てお粥にして体をリセットするようにしましょう。

お粥と一緒に、大豆、ササミ、鶏肉、豆腐などのカロリーが低いタンパク質をおかずとして食べるとさらによいです。カロリーを抑えながらお腹も満たしてくれる食事内容にすれば、食事の回数を減らさずに、リバウンドを改善することが可能になります。

1日1食をスムージーに置き換える

しっかりとした主食を食べたいという人は、1日1食だけスムージーに置き換える方法がおすすめです。必ず1日に1食だけにすることが大切です。

最も置き換えするのにベストなタイミングは夕食をスムージーに変えることです。朝や昼は食べたものを消費するだけのエネルギーを使いますが、夜はエネルギーを使う量が減り、食べたものが脂肪へと変わりやすい時間帯です。

自分でスムージーを作るときは、取り入れる栄養素にも注目して食材選びをするようにしましょう。バランスよく、偏りのないスムージーにすることが大切です。

リバウンドしてしまったら取り入れたい運動方法

リバウンドしてしまうと、焦ってハードな運動を無理に取り入れてしまう人もいるのではないでしょうか。運動も継続が大切なので、いきなりハードな運動を取り入れるのではなく、続けやすい運動にすることが大切です。

毎日ウォーキングやランニングを取り入れる

リバウンドしてしまった体は、消費カロリーを増やさないとなかなか痩せることは難しい状態になっています。食事量に対して消費カロリーが不足していると、リバウンドを助長させてしまうので、消費カロリーを増やすために体を動かすことが大切です。

特にダイエット後は、ダイエット中よりも食事制限がゆるくなっている場合が多いので、できる限り体を動かすように意識しましょう。おすすめなのはウォーキングやランニングです。きちんとした装備を準備しないと体を壊したり怪我をする可能性があるので、専用の靴やウエアなどを揃えて始めることがおすすめです。

お風呂上りにマッサージする

リバウンドによって筋肉ではなく脂肪が増えているケースは多いです。このように蓄積されてしまった脂肪はセルライトとなり、落とすことも簡単ではないのが特徴です。脂肪を落としやすい状態にするために、マッサージを取り入れてみる方法がおすすめです。

毎日お風呂上がりのマッサージを欠かさず行うことで、脂肪に刺激を与えて撃退することが可能になります。脂肪が蓄積しやすい部位として太ももやふくらはぎ、二の腕などを中心にマッサージするとよいでしょう。

ダイエット中の生活をキープしてリバウンドを防ごう

ダイエットに励む女性はとても多いですが、同時にリバウンドで悩む女性もとても多いです。リバウンドを引き起こす原因は、ダイエット後の生活にあります。

ダイエット中と全く同じ生活をしなければいけないわけではありませんが、ゆるやかに元の生活に戻す、ダイエット中に行っていたことをダイエット後も継続するといったことでリバウンドを防ぐことができます。

せっかくの努力を水の泡にしてしまわないよう、ダイエット後の生活にも意識を向けることが大切です。継続しやすい取り組みを取り入れて、手に入れた体型をキープできるようにしましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール