健康・運動

2日間の断食に挑戦|計画的に取り組み健康と美容を手に入れよう

断食はやり方を間違えるとリバウンドや中断など、失敗率が高くなります。正しいやり方や注意するポイントを押さえることで、断食から得られる効果を確実なものにできます。2日間の断食で体をリセットさせ、健康的な体を維持しましょう。

2日間の断食で美肌が目指せる

断食はダイエットだけではなく、健康や美肌を目指す人におすすめできる健康法の一つです。断食は正しく取り組むことで効果を得ることが出来ますが、間違った方法で取り組むと失敗してしまう可能性があります。

断食というと飲まず食わずでストレスになるというイメージがありますが、計画的に行うことで体を内側から綺麗にリセットさせることができるのです。

ここでは、正しく行う断食法や取り組み方、そしてたった2日でも得られる効果を紹介しています。失敗なく効果を得るためにも、断食を続けるコツを把握して失敗なく体の内側から綺麗になりましょう。

2日間で断食するやり方

週末を利用したプチ断食

土日に焦点をあてた週末断食をすることで、仕事に支障なく取り組むことができます。週末の数食分、固形物を食べない方法をプチ断食と言います。金曜の夕食から半分の量の食事を摂り、土曜日の朝食と昼食を断食、夕食から回復食にしていきます。日曜日の朝食以降、普通食に戻します。

断食することで体の機能が正常になり、吸収率も高くなっています。断食後一週間はリバウンドしやすい期間なので、この時期は粗食を心がけて食べ過ぎないように注意しましょう。 

2日間の断食をより本格的な断食にするやり方

より本格的に断食するなら、数日間の準備期間を設けるとよりよい効果が期待できます。準備期間は食事の量を抑え、消化に悪い食品を避けることが一番のポイントになります。準備期間を設けなければ急に断食開始になってしまうため、体に負担がかかりリバウンドの率が高くなることはもちろんのこと、中断など失敗の原因になることがあります。

失敗しにくく高い効果を得やすくするため、準備期間を設け計画的に取り組むことが大切です。糖分や油分が多く含まれるものは消化に悪いので、準備期間は味が薄く低カロリーで、胃腸に負担のかからない食事にしましょう。お腹いっぱいに食べるのではなく7分目程度の量にとどめることも大切です。

断食中に口にできるもの

酵素ドリンクや野菜ジュースや水などを口にできます。酵素水は体の代謝を高め腹持ちもよいので、お腹がすいたときに飲むことをおすすめします。断食中は固形物を食べないことを意識すると良いです。野菜ジュースは糖分が多く含まれているものもあるので注意しましょう。

自作の野菜ジュースをあらかじめ作っておくと良いです。お酒やカフェインを含む飲料は避けましょう。体内の水分をどんどん排出してしまい、酵素で補ったビタミンも排出されてしまいます。本格的に取り組むのであれば、アルコールもカフェインもお休みして、体をしっかりリセットしましょう。

断食後には回復食を摂ろう

回復食では徐々に摂取カロリーを増やしていくことが大切です。回復食では植物性の乳酸菌に加えて、海藻などで食物繊維を摂取しましょう。また、ロースープ、おかゆ、豆腐、納豆もおすすめです。豆腐や納豆は低カロリーでもタンパク質が含まれ、筋肉が落ちにくく維持しやすくなります。

回復食は断食後1日のみではなく2~3日間で、これはリバウンド率が高い時期とされています。胃に負担のかからない生活を一週間程度続けると、よいサイクルができ食べ過ぎることなくスッキリとした体に改善できます。

断食を無理なく続けるコツ

体調の変化に対処する

人によって症状が異なりますが、断食をすると頭痛や倦怠感などの症状が現れることがあります。頭痛はブドウ糖の摂取で改善する可能性があり、塩分や水分補給といった対処法もあります。

体調が悪くならないという人もいますが、このような症状が出て続けられそうにないと感じた場合、無理せず中断するか、糖分が含まれる飲みものを摂取して様子を見ましょう。

断食を行う前の準備期間をきちんと設けないと体調を崩すケースが多いため、取り組む前の計画も見直してみましょう。また、体調がよくない時の対処法も準備しておくと安心です。

どこかへ出かけ楽しく過ごす

食欲を忘れられる場所に出かければ、「食べ物の誘惑に負けずに断食を続けられる」という考えで取り組んでいる方も多いです。家にずっといると食べ物があるためどうしても食べてしまうという場合、思い切って外に出て気分を紛らわすという方法があります。

しかし、動きすぎてカロリーを消耗してしまうと体に負担がかかり栄養補給しなければならなくなります。出かける際は必ず飲みものを持参し、小まめに水分補給をしましょう。ゆっくりウォーキングや散歩程度がおすすめです。

断食のやり方を工夫する

断食のやり方には酵素ファスティング、月曜断食、ゆる断食などがあります。最初から厳しい内容にするのではなく、ゆる断食から始めるなどして体に覚えさせるとよいです。断食とはこういうものだとわかれば、違うやり方を試すなど、工夫して飽きずに取り組めます。

断食は、準備期間と断食期間中、回復食の過ごし方や食事の摂り方を守れば楽しく取り組めます。いろいろなやり方で取り組んでもよいですが、コースの流れを守って行うことで成功へつなげられます。

断食することで期待できる効果

体重が落ちるのでダイエットになる

2~3日の断食で約2~4kgの減量するひともいます。回復食や断食後の生活で体重は戻りますが、太りやすく痩せやすい体になっていきます。このまま計画的なダイエットをすると、健康的で体の内側から美しく改善できます。

断食をダイエットするきっかけとして始める方も多く、ダイエット効果を得られやすい方法です。体に不必要なものがないため体機能が正常になっている状態なので、ダイエットを考えている方はこのタイミングで取り組むとよいです。

肌がキレイになる美肌効果

断食によって血行が良くなり、肌のくすみを改善できます。断食によって腸内環境が改善すれば、ニキビなどの肌トラブルの予防にもなり、ワントーン明るい肌に改善したという人も多いです。

また、体内の老廃物の蓄積も少なくなり、スッキリと綺麗な状態に近くなっているため、肌も透明感のある肌に改善できます。

断食後の食生活を見直し取り組むことで、肌がきれいなこの状態をキープできます。断食後の食生活が乱れてしまっては、せっかく美しく改善できた肌も以前のように戻ってしまうため、効果を維持するためにも断食後の生活を大事にしましょう。

その他に期待できる効果

ストレス発散、免疫力の向上など健康の促進効果が期待できます。断食前に比べて小顔になったり、睡眠の質を上げたりといった効果も期待できるので、悪いサイクルになっている体をリセットして、健康的な体になりたいという人に良い効果が期待できます。

断食を行うことで体の中の老廃物が排出され、体本来の働きに改善されます。

そのため、気持ちもスッキリとして心も体も活性されます。効果を得たいからといって無理に取り組むと納得のいく効果が得られない場合があります。無理なく計画的に取り組むことが大切なので、結果だけにこだわらず、自分のペースで行いましょう。

挑戦するなら自分に合ったやり方を選ぼう

断食は健康にも美容にもよい効果が期待できますが、計画的な取り組みをしないと失敗率が高くなります。断食から得られる効果やメリットに魅力を感じますが、くれぐれも無理のない範囲で行うことが成功へつなげるポイントになります。

そのためには、最初から頑張りすぎず自分に合ったコースから取り組みましょう。断食を行うことで健康と美容の意識を高められる生活ができます。準備期間や回復食も重要なので、何を食べるかなどの食事も考えて進めていきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール