仕事の悩み

仕事ができないで悩んでいる女性に知って欲しい解決方法

慣れない仕事で、仕事ができないと悩み転職を考えている女性も多いですが、仕事がうまくいかない原因を解決せずに転職してもまた同じ問題に直面することもありえます。この記事では、仕事がうまくいかない原因を明らかにし、それぞれの対処方法を紹介します。

仕事の悩みはどうやって解決したらよい?

職場では常に学ぶことがあり、時には苦手な仕事を依頼されうまくいかなかったり、思うように仕事が覚えられなかったりすることもあるでしょう。だからといって、仕事につまずくたびに仕事を辞めて転職を考えるのはあまり賢明ではありません。

仕事がうまくいかない原因は職場だけではなく、自分自身にあることも少なくないからです。

その場合、運良く気に入った次の職場が見つかっても、いずれまた同じ問題に直面することになります。逆に考えれば、自分の中にある原因を明らかにし解決すれば転職する必要はないのです。

仕事ができないと一言で言っても、その理由は人それぞれなので解決方法もさまざまです。この記事では、仕事ができないと悩んでいる人が少しでも仕事が楽にできるように、仕事ができない原因とそれぞれにあった対決方法を紹介します。

仕事がうまくできない理由

仕事を同じに時期に始めても、要領良くこなす人、なかなか覚えられないで戸惑う人いますが、その違いは何だと思いますか。

できない人から見れば、「頭が良くて仕事ができるから」と思うだけかもしれませんが、実は仕事ができない人にはいくつかの特徴があり、その些細な違いが仕事の進行を妨げ、結果として大きな違いを生み出しています。

ここでは、仕事ができないと悩む原因どこにあるのかを明確にするために、仕事ができない人の特徴をいくつか紹介します。

わからないことがわからない

新しい環境になると、一度にいろいろなことを任され、右も左も分からない状況になることは誰でも一緒です。しかし、仕事をある程度続けて「わからないことがわかない」というのは、もしかしたら「わからないことは全て教えてもらえるもの」という気持ちがあるのかもしれません。

仕事は最初は教えてもらえますが、その後は自分で取り組む姿勢が大切です。仕事につまずいたときは「わからない」の一言で片付けず「どこがわからないのか」「どこまでは理解できているのか」自分と向き合い考えてみましょう。

それらをはっきりさせることで、上司や同僚に質問しやすくなり、質問された側もただ「わからない」と言われるより、もっと的確なアドバイスができるので状況を改善しやすくなります。

質問ができない

どんな人でも最初はわからないことがあって当然なので、理解できなかったことを恥ずかしく思う必要はありません。

みんな忙しそうで自分の質問で煩わせたくないという思いがあるかもしれませんが、教える側からすれば、理解をせず仕事が滞っている状態より、わかるまで質問してもらいしっかりと仕事を覚えてもらうことを望んでいるはずです。わからない時はわからないと素直に質問しましょう。

とはいえ、 仕事場はみんな忙しくしているのは事実なので相手に対する気遣いも必要です。質問をする時は相手に貴重な時間を割いてもらうことになるので、下記のポイントを抑えて質問すれば相手の負担を減らすことができます。

社内で質問する時のポイント

  • 質問はわからない度にするのではなくいくつかまとめてする
  • わからないことを具体的に伝える
  • 質問して教えてもらったことはメモをするなどして同じような質問は避ける

仕事に優先順位をつけられない

仕事に優先順位をつけられない人は完璧主義者に多く見られます。完璧にこなすことに囚われて、重要な仕事、緊急な仕事、取り急ぎやる必要のない仕事の区別がつきません。そのため、しなくてもいい仕事に一生懸命になり、やるべき仕事が後回しになって期日に間に合わなくなるということを繰り返します。

仕事は依頼された順にこなしていくものでありません。まずは、仕事の期日や納期、重要性はそれぞれ異なることを理解しましょう。

忙しいとあせってしまう

同時進行が苦手な人やプレッシャーに弱い人は、一度に多くの仕事を任されると、あせってしまい、仕事が手につかなくなってしまう人もいます。忙しい時ほど、仕事のできる人とできない人の違いが明らかになるのかもしれません。

だれでもプレッシャーがかかれば戸惑います。重要なのは、その時どう対処するかです。仕事が溜まってパニックになった時は、次の手順で仕事に取り組んでみてください。

  • 1.感情的になると物事の本質を見失いがちなので、まずは冷静になる
  • 2.今ある仕事をまとめ、それぞれの期日と重要性を確認する
  • 3.仕事によっては緊急ではないものもあるので、上司や担当者に事情を話し期日を伸ばせるか確認する
  • 4.明らかにできないと思える仕事については早めに上司は担当者に相談する
  • 5.優先順位を立てて仕事を進めていく

仕事があっていない

人見知りをする人が接客の仕事をしたり、体を動かすのが好きな人がデーター入力したりしても、仕事にやりがいを感じられずなかなか成果を出すことができません。

しかし、若いうちから自分のことをすべてわかっている人は少ないのではないでしょうか。むしろ、人は仕事を通じて、自分の個性や可能性を発見することできます。

最初はだれでも苦手意識から「この仕事は自分にあっていない」と思いがちですが、やってみると意外に興味が持てたり自分に向いたりする場合もあります。

また、仕事が合わないのではなく、ただスキルが十分でない場合もあるので、あわないからできないと判断するのは良くありません。

自己管理ができていない

良い仕事をするためには、健康であることは基本です。どんなに能力が合っても、体調が万全でなければ良い仕事はできません。誘いを断れない、睡眠不足、暴食暴飲など、自己管理ができないと健康を維持することは難しくなります。

ストレスや疲れが溜まりやすい人はリフレッシュができる趣味を持ったり、リラックスできる時間を過ごしたりして体調管理をすることも大切です。

書類の整理ができない

ある調査によれば、ビジネスマンは年間150時間も探しものをしていると言われています。年間250日出勤すると考えた場合、1日あたり36分になる計算です。その時間を短縮できれば、その分仕事を早く終わらせることができます。

書類が溢れてしまう理由は、定期的に書類を整理せず不要な書類がたくさんあるからです。まずは、いらない書類は処分し、できるだけ電子データーで管理する癖をつけましょう。また、最近は書類を整理する便利なグッズや文房具があるので、それらを活用することで書類の整理もしやすくなります。

できないと言えない

「上司の機嫌が気になる」「これは私がやらなくてはいけない」「頑張れば何でもできる」などの理由からできないと言えない人は、能力以上の仕事を抱え込み、結果仕事がこなせない状況になりがちです。

また、このようなタイプの人は「できないと思われたくない」というプライドから上司に相談できず、後々になって大きなトラブルを招いたりします。

だれにでも限界があり「できない」と言うは悪いことではありません。それより、早い時点でできないことを伝えれば、他の方法で対処することができます。また、「できない」と伝え、今現在の自分の能力を知ってもらうことも大切です。

効率の良い仕事の仕方

仕事の早い人と遅い人の違いは、能力の違いと言うよりも仕事の仕方が異なります。ここでは、仕事のスピードに差が出る効率の良い仕事の仕方を紹介します。

優先順位を決める

仕事の優先順位を決めるのはとっても重要です。仕事はそれぞれ、期日と重要性は異なることを説明しましたが、実際どのように優先順位を決めるか紹介します。優先順位は下記のとおりになります。

  • 1.重要度が高く、緊急性の高い仕事
  • 2.重要度が低く、緊急性の高い仕事
  • 3.重要度が高く、緊急性の低い仕事
  • 4.重要度が低く、緊急性の低い仕事

この優先順位の決め方ですぐに順位が決められればいいですが、時には同じくらい重要度と緊急性の高い仕事をかけ持つこともあります。その場合は、自分だけで判断はせず早めに上司や担当者に相談しましょう。仕事の優先順位が決まったら、大まかなスケジュール立てわかりやすいように書いて視覚化すれば、間違えるリスクを減らせます。

やるまえにできるかできないか考える

依頼された仕事は、できれば期待に応えたいですし、断るのはなかなか勇気のいることです。しかし、できない仕事を引き受けて、本来やるべき仕事がおろそかになっては意味がありません。また、「できる」とは「最後までやり遂げられる」という意味なので、途中までしかできないようであれば、かえって迷惑をかけてしまいます。

その場合は、きちんと断るか、もしくは期日を延ばしてもらったり、仕事量を調節してもらったりして無理のない範囲で引き受けるようにしましょう。

ミスをする前に対処

仕事をしていて同じようなミスを繰り返す場合は、間違いなく仕事のやり方に問題があります。ミスをしても対処できればいいというものではありません。なぜミスをしてしまったのか深く考えその原因を明らかすれば、次からはミスをする前に対処できます。

ミスが減れば、仕事がスムーズになるだけでなく、精神的にも楽になり以前より仕事を前向きに取り組むことができるようになります。

仕事の内容を理解する

「与えられた仕事だから」とただするのではなく、もっと与えられた仕事に興味を持ってみましょう。この作業は仕事の中でどのような役割を果たすのか、これをすることでどのようなメリットがあるかなど、仕事の内容を理解することで仕事を覚えやすくなります。

また、仕事の必要性を理解すれば、この作業を省くとどのようなトラブルが起こるのか想像することもできるので、気の緩みから作業を抜いてしまうこともなくなります。

仕事がうまくいかないときの解決方法

仕事がうまくいかない場合、一所懸命仕事を続けるだけでは状況は改善しません。少しでも今の状況を良くするために、仕事に対する姿勢を変えたり行動を起こしたりする必要があります。具体的にどのようなことをしたら良いか、いくつか紹介します。

指摘を感情的に受け取らない

ミスを指摘されるだけで、やる気をなくしてしまう人もいます。中には人格を否定するような叱り方をする人もいるので仕方ないかもしれませんが、ほとんどの指摘はミスに対する指摘であって、あなたに対する批判ではありません。

また、もとはといえばミスは自分の責任。指摘されたら、感情的に受け取るのはやめて、なぜミスをしてしまったのかその原因を考え、二度と同じミスをしないようにすることに集中しましょう。

スキルアップのためにスクールに通う

仕事ができない原因は、単にスキル不足なだけである場合もあります。仕事に必要なスキルを身につければ、今まで以上に仕事をスムーズにこなせるようになります。

スクールに通うメリットは、会社と違い相手の都合を気にすることなく、わかるまで質問ができるところです。また、同じ悩みを持つ仲間が見つかり、相談したり、仕事に対する思いを共有したりこともできます。

社会人が通えるスクールは、月謝制やチケット制、オンラインなどいろいろありますから、自分のペースや予算に合わせて選ぶことが可能です。金銭的にスクールに通うのが難しい場合は、ネットで無料の公開セミナーなどもあるので、調べて活用してみてください。

上司や人事部に相談

職場で悩みや不満を直接伝えるのが苦手な人や、人によっては「どうせ言っても無駄」と最初から諦めている人もいます。言わなくても気づいてもらえたらいいですが、ほとんどの場合言わなければ気づいてもらえず、状況が改善することもありません。仕事ではコミュニケーションがとても大事です。

仕事に関する悩みは、一番身近で理解してもらえる可能性の高い上司に相談しましょう。自分の気持ちを素直に伝えることで今までとは違う信頼関係が築けます。また、いろいろと相談するなかで、他にやってみたい仕事や興味があることも知ってもらえれば、今後のチャンスを繋げることもできます。

人事異動などに関しては直属上司では答えられないことが多いので、人事部に相談するほうが適切です。

どうしても合わない時は転職する

人事制度に「自己申告制度」「社内公募制度」「社内FA(フリーエージェント)制度」がある場合は、そのような制度を利用するのも1つの方法です。しかし、会社自体が希望していた職種と違う場合は、転職を検討したほうがいいでしょう。

違う業種に転職する場合は、給与が下がるなどデメリットも考えられますが、転職をして自分にあった仕事が見つかればモチベーションも維持しやすく、努力を結果に結びつけやすくなります。

【タイプ別】おすすめの転職エージェント

転職する場合、自分ひとりで探すより転職エージェントのサポートを受けたほうが、自分にあった仕事が見つかりやすくなります。転職エージェントは会社の規模や特徴もさまざまですが、ここでは、「女性向けタイプ」と「初転職向けタイプ」に絞って転職エージェントを紹介します。

【女性の転職に力を入れている】転職エージェント3選

女性が転職する場合、結婚、出産、育児、配偶者の転勤、離婚など、それぞれ異なった事情を抱えています。女性向けのエージェントであれば、そのような事情を理解して仕事を紹介してもらえるのでおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業界No.2の「パソナ」が運営していて、25万人以上の転職を支援してきた実績もある信頼できるエージェントです。また、パソナグループは管理職の半数が女性と、女性が活躍する企業でもあります。

利用した人のアンケートでも、女性の気持ちをわかってくれて、手厚いサポートが受けられると評判です。

転職エージェントのパソナキャリア詳細はコチラ

マイナビAgent

マイナビAgentは、大手に比べると比較的中規模のエージェントですが、利用者満足度は圧倒的に高いエージェントです。サポート期限が設けられていないので、自分のペースに合わせ転職活動ができるので、今の仕事を続けながら転職先を見つけたい人におすすめです。

求人は、営業職やコンサルティング職、技術職が中心になり、約8割が非公開求人となっています。

マイナビAgent詳細はこちら

リブズキャリア

高学歴・高収入のキャリアがあり、転職でキャリアアップしたい人には、 企業の管理職案件が多く年収400万円以上の求人に限定されているリブズキャリアがおすすめです。求人紹介だけでなく、厳選された企業やキャリアパートナーからのスカウトも受けられます。

また、女性活躍プロジェクトに賛同する企業と提携していているので、他のエージェントでは得られない独占求人情報も数多くあります。キャリア面談も女性のキャリアに詳しいコンサルタントが対応してくれるので安心です。

【転職が初めての人にも安心】サポート機能が充実している転職エージェント3選

転職を成功させるためには、重要ポイントをおさえておく必要がありますが、転職が初めてだとそこまで気がまわらないこともあります。

転職が初めてでも、きめ細やかなサポートを受けられるエージェントを選べば安心です。そのような転職エージェントであれば、基本的な企業の情報提供以外にも、履歴書のブラッシュアップや面接対策といったサポートやアドバイスを受けられます。

doda

履歴書・職務経歴書の書き方や応募企業ごとに面接についてのサポートやアドバイスがもらえ、応募書類の提出、面接日程の調整などの手続きの代行もしてもらえます。手厚いサポートが受けられるので、今の仕事を続けながら無理のないペースで転職活動をしたい人におすすめです。

dodaは業界でもトップクラスの求人数を誇り、非公開求人を含む10万件以上の求人から、自分の希望にあった求人を紹介してもらえます。

dodaエージェントサービス詳細はこちら

リクルートエージェント

転職支援実績No.1の転職エージェントで、利用者も32万人に及びます。業界最大級の非公開求人数で、非公開求人が20万件以上。

実績豊富なアドバイザーが厳選した求人情報を紹介してくれるだけでなく、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実した転職サポートが受けられます。中でも、模擬面接は、面接経験が少なく自信がない人には嬉しいサービスです。

利用者数が多いので、担当者の対応が遅れたり、十分なサポートが受けられないと感じたりする場合は、他のエージェントサービスと併用して利用すると良いでしょう。

リクルートエージェント詳細はこちら

Type 転職エージェント

東京や神奈川、埼玉、千葉で、転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。若手~ミドル層の転職支援を得意としているので、初めての転職でも安心です。

エージェントとしてのあまり知名度が高くないため登録数が少ないのも事実ですが、その分他のエージェントにはない手厚いサポートが受けられます。

IT・通信・Web関連の専門知識に長けていて、SEやデザイナーにもおすすめの転職エージェントです。

Type 転職エージェント詳細はこちら

パワハラなどの人間関係が原因の場合の解決方法

無理な仕事を押し付けられる、能力を評価されず仕事を任せてもらえないなど、仕事ができない原因がパワハラの場合、自分ひとりで問題を解決するのは難しいので適切な解決方法が必要となります。 ここではパワハラ問題を解決するために有効な方法をいくつか紹介します。

会社の同僚や上司に相談

パワハラを受けているのが自分だけではない場合は、同僚に相談すれば一番つらい気持ちを理解してもらえます。また、会社に状況の改善を訴える場合、一人でするより集団で抗議したほうが心強いですし、社内でも適切な対応をしてもらえる確率が高くなります。

パワハラ問題は、最悪の場合弁護士を通じて当事者を訴えるケースもありますが、事実を知ってもらい社内で解決できるケースも多くあります。上司にパワハラを受けている場合はその上の上司に、他の部署の社員にパワハラを受けている場合はその部署の上司に相談するのが適切です。

会社の相談窓口を利用

最近では、社内にコンプライアンス窓口やハラスメント窓口を設けている企業も増えてきました。部署内の雰囲気を悪くしたくない場合や、直接言っても取り合ってくれなかった場合は、社内の相談窓口などに相談してみましょう。このような窓口であれば、当事者に直接話しをする必要がなくなるので、もっと気軽に相談ができます。

社内の相談窓口がない場合や相談しても解決しなかった場合は、厚労省が管轄する「総合労働相談コーナー」や全国各地にある「労働基準監督署」などで相談することも可能です。

会社の人事部に相談

直接言っても改善されなかった場合は、人事部にも相談ができます。人事部とは、人材に関するあらゆる業務を総合的かつ専門的に扱う部署で、社員の処遇も決定できるので、加害者と被害者を違う部署に配属してくれる可能性もあります。

パワハラを立証する時は、メモ、メール、ボイスレコーダー、第三者の意見や証言などが有効です。また、被害者の健康状態が一つの判断基準になることが多いので、うつ病や自律神経失調症などで通院している場合は診断書も用意しておきましょう。

仕事で落ち込んだときの対処方法

一番重要なことは、仕事に集中することだとわかっていても、努力がなかなか結果につながらなくて気持ちが落ち込むことは良くあります。近年職場で強いストレスや、不安を感じる労働者の割合は6割と言われ、メンタルケアが重要視されています。ここでは、生活に簡単に取り入れられるメンタルケアの方法を紹介します。

失敗した自分を責めない

だれでも失敗やミスをします。失敗したのは仕事の仕方が間違っていたからであって、自分がダメだからではありません。反省はもちろん必要ですが、必要以上に自分を責める必要はないのです。

まずは、「仕事で失敗をした」事実を認めましょう。認めることで気持ちが切り替えやすくなります。気持ちが切り替えられたら、仕事を失敗した原因を明らかにし、次はどのように仕事を進めるか具体的に考えれば、同じ間違いをする繰り返すことはなくなります。

気分転換をする

仕事をしていて、いつも前向きでいられる人などほとんどいないと言っていいでしょう。誰でも時には落ち込んだり、仕事が辛いと思ったりするのが普通です。だからといってそのような気持ちを引きずっていると、気持ちが乱れ、本来の能力を仕事で発揮することができません。ですから、気持ちが落ち込んだ時に、自分の気持ちを楽にできる方法や、気持ちを簡単に切り替える方法を知っておくことが大切です。

例えば、友達とレストランで楽しい食事をする、自然の中で思いっきり遊ぶ、温泉でゆったりと過ごす、夢中になれる趣味を持つ、など自分に合った方法を探してみましょう。

もっとも簡単にできる気分転換の方法は深呼吸です。特に、ネガティブな感情を吐き出すのをイメージした深呼吸は、場所を選ばずどこでもできるので大変おすすめです。

気持ちの整理をする

ネガティブな感情はいずれ晴れるので、無理をして気持ちを切り替える必要はありません。むしろ、その時の感情と向き合うことで、自分の気持を客観的に見られ心が落ち着くとも言われています。

気持ちがもやもやして、どんな気持ちなのかが良くわからない時は、心配事や不安に思うことを一つ一つ書き出してみましょう。そうすることで、頭の中のもやもやがはっきりとしてきて解決策も考えやすくなります。

また、気持ちが溢れてきて波が出てきた時は、気持ちに任せておもいっきり泣くと乱れていた自律神経がバランスを取り戻し、気持ちの整理がしやすくなります。

仕事ができないときの対処方法はいくつもある

仕事ができないと悩む人は多いですが、このように悩む原因はさまざまです。原因を明らかにして適切な解決方法を見つけられれば、今の状況を改善することができます。できないから転職するという考えもいいですが、今の状況を受け入れ改善し乗り越えられれば、これからどんな困難があっても自分ならどうにかできるという自信に繋がります。

また、職場ではやはりコミュニケーションが重要です。上司の中には年が10歳以上離れている部下の気持ちがわからないと悩む人も多いと言います。ぜひ気持ちを素直に表現して、社内の人達とコミュニケーションを図ってみてください。その経験は、いずれ自分が部下を持った時にきっと役に立ちます。

 

 

 

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール