仕事の悩み

仕事が辛いときや仕事を辞めたくなったときの解決方法

仕事が辛くて転職をしても、自分自身に問題があった場合、根本的な問題の解決にはなりません。仕事が辛くても原因を明らかにし、解決法が見つかれば状況を改善できます。この記事では、仕事が辛いと思う原因とそれぞれにあった解決方法を紹介します。

転職を考える前にやってみてほしいこと

仕事が辛いと言っても、仕事が辛いという理由は、仕事の内容、仕事に対する評価、人間関係、などさまざまです。 中には最初から「仕事は辛いもの、苦しいもの」と諦めている人もいるかもしれません。

しかし、せっかく仕事をするのであれば楽しく続けたいと思いませんか。辛い状況を改善する方法は、辛い原因を解明して適切な対処方法をするだけなのでとてもシンプルです。

この記事では、仕事を辛いと思っている人たちの気持ちが少しでも楽になるように、仕事を辛いと思う原因とそれぞれの対処方法について紹介していきます。

仕事が辛いと感じる理由

仕事が辛いと思う理由は人それぞれです。辛い理由がわかれば、適切な解決方法も見つかり状況を改善しやすくなります。ここでは、仕事が辛いと感じる理由とそれぞれの解決方法を紹介します。

仕事がうまくいかない

一生懸命頑張っているつもりなのに思うように成果が出ないととても辛いですよね。しかし同じ失敗を繰り返す場合は、能力だけの問題ではなく仕事のやり方に問題があるはずです。ですから、仕事のやり方を見直せば、今の状況を改善することができます。

仕事の優先順位をつける、同じミスを繰り返さないようにメモを取り事前に対処する、無駄な作業を省く、など基本的なところから見直してみましょう。

なかなか仕事が評価されない

仕事が評価されないというのは、転職を考える最も多い理由の一つです。上司といえどもやはりひとりの人間などで、気に入った部下に対しては、えこひいきをしてしまう場合もあるかもしれませんし、人によっては、部下の性格や素質に合わせて、褒めたり叱ったり対応の仕方を変えている場合もあります。

いずれにしても、もともと「自己評価は他者評価の2割増し、他者評価は自己評価の2割引き」と言われているので、大抵の場合、自己評価の方が高くなり評価に不満を抱きやすい傾向にあります。

仕事の評価に不満がある場合は、会社の対応以前に自分が他者からの評価を気にしすぎている場合もあります。他者の評価を気にしすぎることは、仕事上さまざまなデメリットが生まれるので、評価ばかり気にするのはあまり良くありません。

他者の評価を気にするデメリット

  • 他者の評価や機嫌が気になり思っていることを言えなくなる
  • 仕事内容により評価ばかり気になって能力が発揮できない
  • ちょっとした失敗で評価が下がったと思い自信を失う
  • 最終的には他者の評価に振り回される人生になる

ノルマがこなせない

ノルマを課せられる代表的な業種は、金融業、保険会社、そして営業職などで、会社によっては社員の健康面や安全面をまったく考慮せずに、最初から無茶なノルマを課せてくる会社もあり、あまりの忙しさに体調を崩してしまう人もいます。また、本来ならば仕事の辛さの分かり合える同僚や上司がライバルになり、職場の人間関係もギスギスしたものになりがちです。

上司や同僚、労働組合などに相談すると、逆に圧力をかけられて、もっと面倒な状態になることもありえますから、早急に状況を改善したい場合は、外部のNPOやコミュニティユニオンなどに相談することをお勧めします。

やりがいを感じない

「仕事が単調で飽きた」「今やっている仕事がどのように将来につながるのかイメージがわかない。」など仕事にやりがいが感じられず、転職を考える人もいます。

ところで、やりがいとは何でしょうか。やりがいとは、人それぞれ異なるものかとは思いますが、仕事が結果につながり正当な評価をされ、評価に見合った収入があり、この経験が今後どのような仕事に繋がっていくかはっきりイメージが持てる状態。

つまり仕事を通じて「評価」「報酬」「将来」という三つの要素が十分に満たされている状態といえます。

しかし、やりがいを感じられないのは仕事の内容だけなく、仕事に対する姿勢に問題がある場合もあります。仕事を単なる業務としてこなすだけでなく、もっと自分の仕事の意味や内容を深く追求したり、目標を立て向上心を持ったりすれば、仕事に対しもっとやりがいを感じられるようになります。

プライベートの時間がない

忙しいからといって仕事ばかりしてプライベートな時間がないと、気持ちの切り替えがうまくできず、仕事の効率が下がりさらに忙しくなります。仕事を健康で楽しく続けるためにも、仕事とプライベートの両立は大変重要です。

プライベートの時間がないのは、忙しいだけでなく仕事とプライベートのメリハリがうまくできてないからかもしれません。

プライベートの時間を確実に確保するためには、忙しくない時にプライベートの予定を入れるのではなく、最初から残業しない日やプライベートの予定を入れ、その予定に合わせて仕事のスケジュールを立てます。

また、出勤前やランチの時間など短い時間でも有効に活用すれば、気持ち切り替えにもなり仕事の効率もあげることができます。

パワハラやセクハラを受けている

ある調査によると、最も多いハラスメントはパワハラでその次がセクハラで、ハラスメントを受けた経験のある女性は7割も及ぶといいます。

また、ハラスメントを受けても、対処することができず泣き寝入りをして退職を余儀なくされる女性も少なくなりません。

そのような事実を公にするのはでも勇気のいることですが、黙っていれば状況も改善することができません。ハラスメントに関する問題はひとりで解決することは難しいので、その状況に応じて適切なところに相談することが重要です。

会社に行くこと自体が辛い

仕事が辛いと感じる人の中には、さまざまな要因が重なり、通勤するだけで吐き気や頭痛のような不調に見舞われる人もいます。そのような人の特徴は、普通の病気と違い家に帰ると何事もなかったように元気になるところです。

精神的な要因が原因の場合、他の病気とは異なり検査ではわからないことも多いので、自分自身の気持ちと向き合う必要があります。

しかし、会社のことを思い出すだけで辛い場合や自分だけでは解決できない場合は、適切な専門機関に相談することをお勧めします。

仕事がうまくいかないときの解決方法

仕事がうまくいかない時でも、心を入れ替えたり、仕事に対する姿勢を変えたりすることで状況を改善することができます。ここでは、仕事がうまくいかなくて悩んでいる人にぜひ試してほしい方法をいくつか紹介します。

まずはチャレンジしてみる

やる前からできないというのは、せっかくのチャンスを無駄にすることと同じです。誰でも初めてやる仕事に対しては苦手意識を持つのは普通ですから、まずはどんな仕事でもまずはチャレンジしてみましょう。

苦手と思っていてもやってみれば、意外に興味が持てたり自分に合っていたりする場合もあります。さまざまな仕事にチャレンジすることで、今まで知らなかった自分の能力や素質を知ることができれば、今後のキャリアや転職の可能性を広げることができます。

最初はわからないのは誰でも一緒ですから、なんでも自分で解決しようとせず、わからないことはその都度、上司や担当者に相談しサポートしてもらいましょう。

失敗を次に繋げる

仕事を失敗して指摘されると、落ち込み、やる気を失ってしまう人は被害妄想の強い人によく見られます。仕事の指摘はミスに対する指摘であって、あなたへの批判ではないことを理解しましょう。

失敗をしても失敗からいろいろと学ぶことができれば、失敗を次に繋げることができます。

しかし、同じ失敗を繰り返す場合は仕事のやり方に問題があるので、一度失敗の原因を考え仕事の仕方を見直す必要があります。また、仕事をする時は事前に起こり得る状況を想定して、事前に対処しておくことも大切です。

スクールや勉強会などに通う

仕事ができる人はやはり努力している人が多く、仕事が終わった後にスクールや勉強会に参加している人も少なくありません。特に、スキル不足で仕事が思うようにはかどらない人は、スクールや勉強会に通った方が良いでしょう。

スクールに通うメリットはスキルアップができるだけでなく、同じような悩みを持つ仲間が見つかり不安や問題点について相談し合えるところです。 金銭的時間的に余裕がない場合は、無料で受けられるオンラインセミナーなどもお勧めです。

目標を立て前向きに仕事に取り組む

仕事に追われると本来の目標を見失いがちですが、仕事を続けていく上で常に自分の目標をしっかりと持つことはとても大切です。

ノルマのある仕事をしていると、会社にやらされているという感情が生まれ仕事にストレスを感じやすくなりますが、ノルマと目標の違いを知ることで、仕事にもっと前向きに取り組めるようになります。

ノルマとは他人が考える達成すべき基準であって、自分で設定していないのが特徴です。目標とは、自分が達成したい基準なので、主体性を発揮できます。

「これができるようになったら、次はやり方を工夫してみよう、次はこれにチャレンジしてみよう」など、自分の目標を持って仕事をすれば、仕事の結果を次の目標に繋げられ、仕事にやりがいを感じられるようになります。

パワハラやセクハラなどの解決方法

パワハラやセクハラで精神的なダメージを受けている場合、ひとりで解決するのは難しいので適切なところへ相談する必要があります。ここではパワハラやセクハラを受けた場合、どこに相談をしたら良いか紹介します。

会社の同僚や上司に相談

パワハラやセクハラの問題で社員が会社を訴えるのをニュースで取り上げられることもありますが、事実を知ってもらい社内で解決できることも多々あります。

パワハラやセクハラを受けた場合、ハラスメントを受けているのが自分ひとりではない場合もあるので、まずはもっと身近で状況を理解してもらいやすい同僚や上司に相談しましょう。

上司にハラスメントを受けている場合はその上の上司、他の部署の社員の場合はその部署の上司に相談するのが適切です。

会社の相談窓口を利用

部署内の人には言いづらかったり、直接言っても取り合ってくれなかったりした場合、社内にコンプライアンス窓口やハラスメント窓口などがあれば、社内の相談窓口で相談してください。

社内の相談窓口がない場合や相談しても解決しなかった場合は、厚労省が管轄している「総合労働相談コーナー」などでも相談することができます。

会社の人事部に相談

部署内での問題解決ではなく、人事異動を希望する場合は人事部に相談します。人事部は、社員の処遇を決める部署なので、加害者と被害者を違う部署に配属してくれる場合もあります。

しかし、人事部は組織の中の一部なので、個人より会社全体を優先して考える傾向があり、必ずしも希望が通るとは限りません。

いじめやパワハラ等に関する会社以外の相談窓口

会社内の問題は、社内では相談しづらいこともあります。その場合は、会社以外の相談窓口に相談することをお勧めします。

仕事に関係のない人に相談すれば、気軽に相談できるだけでなく客観的な意見を聞くことができます。また、相談は専門職員が対応してくれるので、同僚や上司に相談するよりも適切で具体的な解決策を提案してもらえます。

厚生労働省の総合労働相談コーナー

総合労働相談コーナーでは、解雇、労働条件、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、セクシュアルハラスメントなどのあらゆる労働問題に関する問題を相談できます。相談は専門の相談員との電話もしくは面談になりますが、内容によっては担当行政機関を案内してもらえます。

受付時間:午前9時~午後5時
(有楽町総合労働相談コーナーは、午前9時30分~午後5時30分まで)
休み: 土・日・祝日・年末年始 (12月29日から1月3日)
フリーダイヤル: 0120-601-556
【参照リンク:労働局 総合労働相談コーナー

無料で相談できるNPO法人労働組合 作ろう!入ろう!相談センター

NPO法人労働組合 作ろう!入ろう!相談センターでは、専門スタッフが以外に弁護士、医師、社会保険労務士、行政書士、産業カウンセラーが協力しているので、パワハラ、セクハラ、意外にも賃金、有給休暇・休日、労災、退職金、社会保険、組合結成、いじめ・いやがらせ、出向・配転・異動、労働時間など、労働に関わるあらゆる問題のについて電話、メール、面談で相談が可能です。

また、平日以外にも、日曜日の正午から午後5時まで、平日も午後6時から午後9時までの夜間労働相談を実施いるので、仕事が忙しい方でも気軽に相談ができます。

受付時間:午前9時~午後5時
休み:土・日・祝日
電話: 03-3604-1294
Eメール:consult@rodosodan.org
【参照リンク:NPO法人労働相談センター

法務省のみんなの人権110番

差別や虐待、パワーハラスメントなど、さまざまな人権問題について法務局職員又は人権擁護委員に相談ができます。相談方法は電話の他に、窓口での面接、インターネットも可能です。

受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0570-003-110
【参照リンク:みんなの人権110番[IP電話用]電話番号一覧
【参照リンク:ネットによる受け付け 法務省 インターネット人権相談受付窓口

会社に対して訴訟を考えている場合

ハラスメントを受けて大きなダメージを受けた場合や社内での解決が難しかった場合は、会社に対して訴訟を起こすことも可能です。

訴訟を起こせばハラスメントを阻止できなかった会社に対して、慰謝料を請求することができます。また、ハラスメントが原因で仕事ができなくなった場合や、残業代が未払いの場合も訴訟で請求できることもあります。

法律に詳しい弁護士事務所

裁判では法的な理由がないことは認められないため、法的な主張内容を理解することが必要になります。法律知識に乏しいと法的な主張を理解できず裁判で不利になるので、訴訟に勝つためには法律に詳しい弁護士に相談したほうが有利です。

しかし、会社から慰謝料・損害賠償を勝ち取れても、ハラスメント問題の慰謝料はせいぜい50万円~100万円くらいで、弁護士費用や裁判費用に数十万円かかります。会社を訴えても、それらの費用を支払うと手元にお金が残らなかったり、逆に弁護士費用のほうが高くなってしまうこともあります。

費用が安い法テラス

法テラスでは、法テラスと契約している弁護士・司法書士が、問題を解決するための法制度の手続きや適切な相談窓口を無料で案内してくれます。弁護士事務所で相談すれば30分で5000円ほどの費用がかかりますが、法テラスならは1つの問題に対して3回まで無料で相談にのってもらえます。

受付日: 平日9時~21時 土曜9時~17時
法テラス・サポートダイヤル:0570-078374
利用料: 0円
通話料: 固定電話からは全国一律3分8.5円(税別)
電話:0570-078374(PHS可)
(IP電話からは電話:03-6745-5600)

【参照リンク:法テラスメール受付

精神的なトラブルに関する相談ができるところ

上司や同僚からハラスメントが原因で慢性的なダメージを受けると、うつ病などの精神的疾患を発症してしまうこともあります。その場合は、ひとりで悩まずに適切なところに相談し、客観的な意見を受け入れることで、症状を早く改善することができます。

メンタルのサポートが受けられるこころの耳

こころの耳は、仕事上のトラブルによりこころの不調や不安に悩む人だけでなく、そのような人たちを手助けをする家族や職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者などの支援や役立つ情報の提供を目的として作られたメンタルヘルス・ポータルサイトです。

こころの耳では、人間関係の悩み・仕事の悩みや、過重労働による健康障害について電話とメールで相談することができます。

電話:0120-565-455(フリーダイヤル)受付:24時間
月曜日・火曜日 17:00~22:00 / 土曜日・日曜日 10:00~16:00
(祝日、年末年始は休み)
メールフォームから相談する

診断書を依頼できる病院

パワハラやセクハラなどの精神的な苦痛で体調を崩した場合は、神経科や精神科で診察をしてもらいましょう。

パワハラやセクハラなどで精神的に苦痛を受け体調を崩した場合、必要な要因を満たせば、労災を受けることが可能です。 労災認定には診断書が必要となり、診断書は診察を受けた病院で発行してもらえます。

どうしても合わない時は転職も考えてみる

希望の会社に入社できたのに思っていた部署と違うところに配属された場合は、社内に「自己申告制度」「社内公募制度」「社内FA(フリーエージェント)制度」などの人事制度があるか確認してみてください。このような制度を利用することで、転職することなく希望の職種に就ける可能性もあります。

会社の業種自体が合わない場合やいろいろ改善を試みても効果がなかった場合は、転職を検討したほうがいいでしょう。

転職をすることで給与が下がるなどデメリットもあるかもしれませんが、自分に合った仕事が見つかればやりがいもでて、困難にあった場合でも、もっと意欲的に取り組めるようになります。

しかし、 転職をすればすべてが思い通りになるというわけではないので、問題の根本的な解決にはならないこともあることを忘れないでください。

【タイプ別】おすすめの転職エージェント

転職する場合、自分ひとりで探すより転職エージェントのサポートを受けたほうが、自分にあった仕事が見つかりやすくなります。転職エージェントは会社の規模や特徴もさまざまですが、ここでは、「女性向けタイプ」と「初転職向けタイプ」に絞って転職エージェントを紹介します。

【女性の転職に力を入れている】転職エージェント3選

女性が転職する場合、結婚、出産、育児、配偶者の転勤、離婚など、それぞれ異なった事情を抱えています。女性向けのエージェントであれば、そのような事情を理解して仕事を紹介してもらえるのでおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業界No.2の「パソナ」が運営していて、25万人以上の転職を支援してきた実績もある信頼できるエージェントです。また、パソナグループは管理職の半数が女性と、女性が活躍する企業でもあります。

利用した人のアンケートでも、女性の気持ちをわかってくれて、手厚いサポートが受けられると評判です。

転職エージェントのパソナキャリア詳細はコチラ

マイナビAgent

マイナビAgentは、大手に比べると比較的中規模のエージェントですが、利用者満足度は圧倒的に高いエージェントです。サポート期限が設けられていないので、自分のペースに合わせ転職活動ができるので、今の仕事を続けながら転職先を見つけたい人におすすめです。

求人は、営業職やコンサルティング職、技術職が中心になり、約8割が非公開求人となっています。

マイナビAgent詳細はこちら

リブズキャリア

高学歴・高収入のキャリアがあり、転職でキャリアアップしたい人には、 企業の管理職案件が多く年収400万円以上の求人に限定されているリブズキャリアがおすすめです。求人紹介だけでなく、厳選された企業やキャリアパートナーからのスカウトも受けられます。

また、女性活躍プロジェクトに賛同する企業と提携していているので、他のエージェントでは得られない独占求人情報も数多くあります。キャリア面談も女性のキャリアに詳しいコンサルタントが対応してくれるので安心です。

【転職が初めての人にも安心】サポート機能が充実している転職エージェント3選

転職を成功させるためには、重要ポイントをおさえておく必要がありますが、転職が初めてだとそこまで気がまわらないこともあります。

転職が初めてでも、きめ細やかなサポートを受けられるエージェントを選べば安心です。そのような転職エージェントであれば、基本的な企業の情報提供以外にも、履歴書のブラッシュアップや面接対策といったサポートやアドバイスを受けられます。

doda

履歴書・職務経歴書の書き方や応募企業ごとに面接についてのサポートやアドバイスがもらえ、応募書類の提出、面接日程の調整などの手続きの代行もしてもらえます。手厚いサポートが受けられるので、今の仕事を続けながら無理のないペースで転職活動をしたい人におすすめです。

dodaは業界でもトップクラスの求人数を誇り、非公開求人を含む10万件以上の求人から、自分の希望にあった求人を紹介してもらえます。

dodaエージェントサービス詳細はこちら

リクルートエージェント

転職支援実績No.1の転職エージェントで、利用者も32万人に及びます。業界最大級の非公開求人数で、非公開求人が20万件以上。

実績豊富なアドバイザーが厳選した求人情報を紹介してくれるだけでなく、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実した転職サポートが受けられます。中でも、模擬面接は、面接経験が少なく自信がない人には嬉しいサービスです。

利用者数が多いので、担当者の対応が遅れたり、十分なサポートが受けられないと感じたりする場合は、他のエージェントサービスと併用して利用すると良いでしょう。

リクルートエージェント詳細はこちら

Type 転職エージェント

東京や神奈川、埼玉、千葉で、転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。若手~ミドル層の転職支援を得意としているので、初めての転職でも安心です。

エージェントとしてのあまり知名度が高くないため登録数が少ないのも事実ですが、その分他のエージェントにはない手厚いサポートが受けられます。

IT・通信・Web関連の専門知識に長けていて、SEやデザイナーにもおすすめの転職エージェントです。

Type 転職エージェント詳細はこちら

無理に続けるという選択だけにならないように気をつけよう

どのような仕事を選んでも、楽しいことばかりということは決してありません。どんな仕事でも辛いことがあり、時には気持ちが落ち込むこともあります。

大切なのは楽しく仕事を続けるのではなく、さまざまな状況を経験として受け入れ、解決策を探し対処し乗り越えていくことではないでしょうか。そのように取り組めば、すべての経験が自信となり、仕事の結果へと結びつけることができます。

どうしても仕事が合わない場合や状況が改善されない場合は転職を検討するのも良いですが、その前に今ある状況を貴重な経験のひとつとして受け入れ、ここで紹介した解決法を参考にぜひ取り組んでみてください。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール