ライフスタイル

本質的に優しい人になるために継続的にできる小さな心がけとは

誰しも優しい人になりたい、しかし日々の忙しい生活に追われると、自分のことを小さいことでも優しくないと感じて自己嫌悪になってしまうこともあります。上辺で優しいのは簡単なことですが、本質的に優しい人になるためにできることを説明していきます。

優しい人になるにはどうすればよいのか

日々忙しい時間に追われて人に優しくできず罪悪感を感じている人も多いかもしれません。「優しい人になるにはどうすればよいのか」それを行うのにまず初めにできる簡単な方法は、あなたの周りの優しいと感じる人を思い浮かべてお手本にすることです。そしてその人が日ごろどんな行動や言動をしているのかしっかり分析することも大切です。

その優しい人が自分にとって理想的なことだけでなく、その人が何事も一人で行うものではなく皆もちつもたれつ生きていると自覚していることがわかります。そんな人は誰からも好かれることが、成功への近道に繋げることも出来ます。

本当に優しい人とは

優しい人と周りから思われている人の中には、上辺だけ優しくただ自分の意見を言うことが怖いと思っている人もいます。しかしそれは本質的に優しい人ではなく、ただの「いい人」です。ここで言う「優しい人」とはこのような都合のいい人のことではありません。ではいったい本当に優しい人とはどんな特徴があるのか順に見ていきましょう。

人の気持ちを考えて行動する人

やはり外せない優しい人の特徴は、人に基本的に思いやりがあるということです。この思いやりというのは単に表面上ではなく、それぞれの人の立場や状況そして気持ちを考えて平等に接することができることも一つです。ただ優しい言葉をやみくもに人に言ったり、お世辞や気を使って自分の大切な意見を黙って言わない人のことではないのです。

本当に優しい人は相手をよく観察し、自分の想像を膨らませて相手にとって言われて支えになったり役にたつ言葉や行動は何かを考えた上で言動ができます。優しい人が持つ優れた特徴は、自分ではなく相手の立場にたって行動できることなのです。

さりげなく気遣いをしてくれる人

優しい人は人に対して見返りを求めず、誰にでも分け隔てなく対応することができます。さらには人にあからさまにわかるように気遣いをするのではなく、相手が気を遣わない程度に気遣いをするのです。相手がお返しをしなければいけないとプレッシャーを感じるような気遣いではなく、心地よいさりげない気遣いができます。

他にも弱みにつけこむという言葉はあまり良くないですが、人の痛みを利用して「いい人アピール」をしてくる人もいます。例えばインスタやFacebookに投稿したいから何か親切な行動をする人や、見返りを求めて損得の計算だけで動く人もいるのです。本当に優しい人はそういったことは決してしません。   

芯に強い心を持っている人 

優しいとはよく強いことだとも言われますが、強い心を持っていているからこそ、相手を広い心で受け入れ易いのも要因です。相手を広い心で受け入れられるので、いつでも明るくおおらかに構えていられるのです。もし強くなく心が安定していないのであれば、常に人の顔色を伺ったり相手を批判する傾向が強いかもしれません。

優しい人ももちろん人間ですから、頭にきたり嫌なことがあって怒ることはもちろんあります。しかし優しい人は心が強いので「そんな日もあるか」とか「世の中色んな人がいるからしょうがないよね、受け流そう」とおおらかに受け止めることができるのです。ましてや嫌なことを、いつまでも根にもって陰口を言い続けたりはしません。

言うべきことはちゃんと言ってくれる人

人によっては、人に嫌われたくないと思って自分の考えている大事な意見を言わない人がいます。しかしそれは単に相手に嫌われないための「都合のいい人」でいたいからであって、本当に相手のことを思いやった優しさとは別のものなのです。その人が恥をかかないためなど、その人のためなら時には厳しく自分の感情をコントロールしながら、筋道たてて自分の意見を優しい人は言うことができます。

ましてや落ち込んだり、弱っている人の弱みにつけこむことは決してしません。言うべきことは相手のことを想像して思いやるからこそ、きちんと言えることができるのが本当に優しい人の特徴でしょう。相手に自分の意見を言うときのポイントとしては、相手を批判したりするのではなく自分の意見として冷静に言うことです。

人の痛みが分かる人

人の痛みがわかるとは一体どんなことなのか、もちろん似たような痛い経験をしたことでよりその人の気持ちを理解できるということもあります。しかし基本的には男女関係なく人の嫌がることをしない、言わない人のこと。さらに言い換えれば相手の気持ちを慮ることができそれに応じた対応ができる人のことです。

人を見下したり弱みにつけこむことなく、イマジネーションを働かせた沢山の視点を持っている人が優しい人の特徴です。もちろんあなたの知っている理想的な優しい人は、過去に痛い経験をしたからこそ人の痛みを本質的に理解できているかもしれません。しかしそれを自虐的に自分からわざわざ話したりしないのも、優しい人が兼ね備えている気質でしょう。その理由は優しい人はだれでも痛みを経験することが必ずあるときちんとわかっているからです。

優しい人の習慣?

では優しい人の特徴を踏まえた上で、あなたもきっと優しい人になりたいと思っているはずです。一体優しい人が自然に行っている日々の習慣にはどんなことがあるのでしょうか。ある海外の大学の研究論文結果では、人の性格は半分は遺伝子で決まっていますが、後の半分は生活習慣や行動から大きく変えられるということが立証されています。

自分が優しくないのは性格だと諦めるのはまだ早いですし、さらに見方を変えると自分の性格が良い方向に変われば周りの人間関係がより良くなることも大いにあり得るということです。人間関係が良くなるということは人生が良い方向に動き出すということでもあります。そんな好転換の一歩として、優しい人の習慣をぜひ知って取り入れてみましょう。

ありがとうが言える

誰でもありがとうと言われて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。ときにはその一言で心が救われる場合もあります。また場合によっては、物などでお礼ができないときこそ言葉でしっかりと感謝を伝えることに意味があると優しい人はちゃんと認識しているのです。もちろん優しい人はありがとうという言葉だけでなく、その奥にある感謝の気持ちを忘れずに大切にしています。

感謝を何事にもするのは簡単なことではありません。その理由は人は様々な環境の変化によって精神状態も日々変わるからです。しかし優しい人はその変化があるからこそ、いつまでも辛い時期が続くわけではなく色んな人に助けられているから自分があるんだと日常の感謝を忘れません。まずはあなたも、小さな感謝の気持ちを日々持つことからスタートしてみて下さい。

約束を守る

優しい人は基本的にどんな人に対しても誠実で真面目なので、自分がした約束はきちんと守ったり責任を持ちます。それはもし自分が約束を相手から破られたらいい気持ちがしないのを理解できているからだけではありません。

約束を破ったときに及ぼす相手への時間や経済的な無駄な労力が発生するとわかっているからです。どんな相手にも偏見や差別なく、敬意を持って接することは相手への配慮であり優しさと言えるでしょう。

もちろん優しい人は、約束を何でも全て引き受けているわけではありません。責任を果たせない場合や自分にとって負担が大きすぎると判断した場合はノーと言う勇気があります。そして本当に相手にとって必要だと感じたときにすぐ行動できるという勇気もあるのです。

心に余裕をもっている

基本的なことですが、人に優しくできるのは日ごろ心が穏やかで余裕があるからです。自分の気持ちに余裕がないと、イライラしてつい相手に感情をすぐぶつけてしまったり怒ってしまいがちになってしまいます。もしそうのような状況になってしまうと、人間関係がギクシャクするだけでなく周りの人からの印象もうわさなどで悪くなるケースがあります。

やはり大切なのは、忙しい状況でも自分の感情を自分自身でコントロールして心を平穏に保つことが大切です。忙しいときに必ずイライラしてしまうのではなく、忙しくてもきちんと自分の感情を受け止めてコントロールすれば周りにも余裕を持って優しくすることは可能です。心に余裕を持つ秘訣も後ほど説明していきます。 

出会いを大切にする

苦を感じず人に気遣いできる人の大きな特徴としてあげられるのが、人との出会いを一つ一つ大切にすることでしょう。普通は出会いを何気ない当たり前の生活の一部と捉えがちですが、優しい人は一つの出会いさえも奇跡だと捉えます。出会う人を大切にするからこそ開ける道があるとわかっているからです。

最近は出会いと言っても直接出会う以外にも、ネットなどでの出会いもあります。しかし出会いの形はどんなであれ、小さな出会い大きな出会いに関わらず人生がその出会いで大きく変わることもあります。出会う人に敬意を持って接することは自分のためだけでなく、相手のためにも必要なことです。その出会いの中できちんと言うべき必要なことは相手に敬意を払いながら言えば、少しずつ本当の良い関係を築いていけるでしょう。

優しくなれる日常の行動

心に余裕を持つことが優しい人においてのポイントだと前にも説明しました。普段から心に余裕を持って優しくいるためにはどんなことが必要かをあげていきます。意外かもしれませんが、人に優しくいるためには自分にまずは優しくあるということが欠かせません。そんな優しい人がしている何気ない日常の習慣、そしてものや場所をピックアップしてみました。

入浴と睡眠をたっぷりとる

やはり人間の三大欲求と言われるうちの一つの睡眠はとても大切です。睡眠が十分取れていると、精神状態も安定する傾向にあり、忙しくてもイライラしないで冷静に対処できます。睡眠が疲れすぎていて寝つきが悪かったり、睡眠障害に悩んでいる人も多いかもしれません。そんな人のためにおすすめのぐっすり眠れる睡眠のポイントをまとめました。

お風呂やお湯で体を温めて寝る直前に体の表面温度を下げる 

自分に合った枕(高さや硬さなど)を選ぶ

寝る直前に部屋の空気を入れ替えて酸素濃度を上げる

ベッドでは寝る以外のことは極力避ける

女性に特におすすめ、寝る前に体のオイルマッサージ

睡眠は量より質が大事です。特に女性であれば集中した睡眠でもホルモンバランスを整えられる効果もあり、美容効果も期待できます。上記はあくまでライターのおすすめなので、それでも睡眠が改善されない場合は専門家に相談してみて下さい。 

自然に触れる

やはり人間と切っても切り離せないのが自然でしょう。自然に触れることは実は視覚的にリラックスできるだけでなく、体に様々な良い影響があることが科学的に証明されています。例えば記憶力、認知症やADHDの改善など脳への良い影響に加え、自分に対する自信がついて精神的に安定するなど心理的な良い影響もあるのです。忙しい人でもできる自然と触れ合う機会を持てるおすすめの内容を下記にまとめてみました。

週末など休みのときに思い切って自然がある場所へ出かけてみる

通勤電車など一つ手前で降りて歩いて帰ってみる

近くの公園や自然がある場所に友達を誘って行ってみる

部屋に簡単に育てられる観葉植物などを置いてみる

この他にも寝る前に自然のサウンドを聴いたり、思い切ってペットを飼ってみるのもおすすめです。ぜひあなたに合った自然との触れ合い方法を探してみて下さい。

リラックスする香りをかぐ

忙しい現代社会でわざわざリラックスした時間を作るのは至難の業でしょう。せっかくとれた休日でも、他の必要雑務に追われてしまったり、自分を癒してあげられる時間をまとめて取るのは難しいかもしれません。ましてや香りでリラックスと言われても、少しハードルが高いと感じるかもしれませんがそんなことはありません。実は沢山の身近な香りでの嗅覚的リラックスの方法があるのでぜひ参考にしてみて下さい。

焼き立てパンやコーヒーの香りなど食生活からリラックス

好きなアロマを洗濯剤や生活保湿剤などに足してみる

自分の気に入った部屋用の芳香剤を置いてみる

思い切ってアロマテラピーの資格勉強をしてみる

意外かもしれませんが、特にコーヒーの香りには人が優しくなれる香り成分があるとの研究結果もでているくらい日常生活にすぐにでも取り入れ易いものです。例えば、普段インスタントコーヒーしか飲んでいなかったっものを、ドリップ式に変えてみるだけでも効果抜群でしょう。ぜひ明日からでも試してみて下さい。

ゆったりとした音楽を聴く

視覚、嗅覚の次は聴覚的リラックス法です。今やヒーリング専用のミュージックや癒しの音楽が沢山売られています。こういった音楽は自律神経を安定させリラックス効果が期待できます。特におすすめは寝る前に聴くことですが、こういった音楽以外にも日常生活の中に取り入れるだけでもリラックス効果がある音楽があります。ぜひ自分に合ったリラックス音楽を見つけてみて下さい。

クラシック

ジャズ

ボサノバ

ピアノカバー曲

優しくなれる言葉に出会う

自分を癒してくれるぴったりの言葉に出会うことも大切なことです。自分の好きな作家やアーティスト、偉人などの名言集などをネットで調べてみるのも効果的です。意外に漫画などにも名言などがあったりするので、どんなジャンルでも構わないので一度出会ったらノートに書き取っていくのがおすすめです。人生の困難にぶち当たったときなど見返せばきっとあなたを支えてくれ、なおかつ優しい人へ導いてくれるでしょう。

自分らしくいられる場所を見つける

自分の存在を受け入れてもらえ無理なく自然体でいられる場所があれば安堵感を持つことができ、心にゆとりができます。その心のゆとりは自分への自信にもつながり、若い人でいえば自己形成に欠かせないものとなる、現代で言うコミュニティというものです。

決してお互いに強要はせず多様性もある対等な関係が維持できることがポイントです。もちろん無理に頑張ってコミュニティに入る必要はありませんし、自然に好きなことを一緒にする仲間と捉えてもいいでしょう。気付いたら、そういう仲間が周りにできていたということでも十分なのです。

優しい人になるために心がけること

今まで本当に優しい人はどういった人か、またどんな環境やものがあればそれに近づけるかを説明してきました。ここではまとめとして大切なポイント3つ紹介します。優しい人になることはとても良い変化を必ずあなたにもたらしてくれますし、豊かな人間関係を築くきっかけにも繋がります。

しかし少しずつその習慣ができるようになっても環境変化により継続することが難しいことがあります。そうならないためにも、長期的に自分が無理なく続けられる心構えとしてこの3つを頭に入れておいて下さい。

自分を大切にすること

人に優しくすることと、自己犠牲とは全く違います。自分を大切にしているからこそ、他人も大切にできるのです。人のことばかり考えて自分を見失っている人に優しくされたとしても、はたして優しくされた相手は必ずしも嬉しいとは限りません。逆に申し訳ないと思ったり、プレッシャーを感じてしまいます。

あくまでベースは自分を大切にしてこその、相手に思いやりを表現したり優しくすることです。本当の優しさとは相手に好かれたい、嫌われたくないからするものではないということです。もちろんあなたが困ったときや助けが欲しくて優しくできる余裕がないときは、それを誠意を持って正直に相手に伝えてるのも一つの手です。どうやって自分を大切にしていいかわからない人は、まずは自分を好きになることから始めてみましょう。

リラックスを十分に取り入れること

やはり自分を大切にするためには、リラックスを十分に取り入れることが大切です。忙しい時にも癒しの時間を確保することで心をリセットでき、さらに前よりも自分の理想とする優しい人になれる新たな気付きになる場合もあります。それでも、忙しくてそんな暇はないという人もいるでしょう。そんなときはぜひ日常生活に知恵を働かせてリラックスアイテムやこまめな工夫を取り入れてみて下さい。

例えば前におすすめした睡眠に関して徹底してアイテムを良いものに変えてみたり、普段飲む飲み物をリラックスできるものに変えるなどでもいいのです。今は高価でなくても100均やンテリア雑貨用品店にもリラックスグッズが揃っていますので、まずはお手頃なものから試してみましょう。

何かに熱中して取り組むこと

意外かもしれませんが、没頭できる何かがあり努力を日々している人には優しい人が多いでしょう。その理由は優しい人は本当の理想の自分と向き合った過程を持った人だからです。言い換えれば、努力するだけの情熱やその裏の苦労をまるごと受け入れて努力している人ということです。

そしてその経過を経て努力しながら、自分のへ自信や強さを持つことにつなげ、さらに人に優しくできるのです。そういった努力を重ねている人は、仕事とプライベートのオンオフを切り替えることも上手。例え努力の甲斐あって成果が出たとしても、突然人を見下したりせずいつまでも謙虚な姿勢でいることができます。

自分に優しくなり何か一つ優しい行動をする

人に優しくするためには、まずは本当の優しさとは何かを一度立ち止まって認識することが大切です。その上でまずずべきことは、自分を大切にすることです。そして心に余裕ができて継続的に無理なく習慣や行動が身につけば、きっとあなたも誰かの理想とされるような真の優しい人へ必ずなれます。

何かを急に始めたり大きく性格を変えたりする必要はありません。まずはできるところから一歩一歩自分を大切にしながら進むことが大切なのです。ほんの小さな自分に余裕を持たせるおすすめアイテムなどを取り入れることから始めてみて下さい。焦らず少しずつ自然に身につけば必ず良い変化があなたに起こるでしょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール