• HOME
  • 恋愛
  • 同期との恋愛って難しい?!出会いのきっかけやメリットとデメリットとは
恋愛

同期との恋愛って難しい?!出会いのきっかけやメリットとデメリットとは

職場結婚を狙っている人もいるかもしれませんが、なるべく社内恋愛は避けたいと思っている人もいるでしょう。しかし、恋愛はどこでどうなるか分かりません。ここでは、同期同士の恋愛におけるメリットやデメリットについてお話していきたいと思います。

同期との恋愛のきっかけって何?!

まず、同期同士で恋愛に発展するきっかけについて見ていきたいと思います。

① 新人研修で一緒になった時

新入社員にありがちなのが、新人研修で一緒になった時でしょう。新人研修ではまだ配属先が決まっていないことが多く、数日間から数週間一緒に勉強会に参加することになりますよね。チームのみんなで力を合わせて同じカリキュラムをこなしていくと、親近感が湧いてくるし、自然と距離感も縮まります。

そこで、「あ、この人って良いな」って思えたり、一目ぼれをしてしまうこともあるかもしれません。これがきっかけとなって恋愛に発展することも多いにあります。

② 仕事でフォローしてもらった時

同期は上司や後輩と違って、気楽に話せる関係性のことが多いですよね。いつもは関係のない話ばかりして盛り上がっている相手なのに、自分がミスをしてしまった時に急に真剣になってフォローをしてくれる姿を見た時にドキっとくる人は多いです。

③ 仕事の相談をしているうちに…

同期同士は同じプロジェクトを任されることも多く、一緒に仕事をする機会が結構多いです。そんな時、お互いに仕事の悩みを打ち明けたり、近くで頑張っている姿を見ていると自然に恋に発展することは多いです。同じ職場だからこそ分かり合える悩みも多く、少しずつ距離が縮まっていくことも多いです。

④ 休みの時に偶然、街でバッタリ…

普段、会社に居る時はお互いにスーツや制服を着ていると思いますが、街中で偶然出会う時は私服ですよね。その時、普段の社内とのギャップにドキっとする人もいるでしょう。時間がお互いに合えば一緒にお茶したり、ランチしたりすることもあるだろうし、その時にプライベートの話をしながら仲が深まっていくこともあるかもしれません。

⑤ ランチや飲み会でよく話すようになった

仕事中はあくまでも仕事をすることがメインなので、プライベートの話をする機会ってなかなかないですよね。ですので、気になる相手ともなかなか距離を縮めることが難しいかもしれません。

そんな時、ランチや飲み会に参加することで一気に距離が縮まることも多いです。なぜなら、プライベートの話をすることができますからね。また、他の部署の話を聞くこともできるし、視野が広がることも多いです。

同期同士の恋愛のメリットとは

同期同士の恋愛のきっかけが分かったところで、次に同期同士の恋愛のメリットについて見ていきたいと思います。

① 一緒に過ごせる時間が長い

社外の人と付き合っていると、仕事が忙しくてなかなか会えないこともありますよね。少し顔を見るだけで良いのに、お互い多忙だと忙しすぎてすれ違ってしまうことも多いです。しかし、社内恋愛であれば短時間でもお互いに顔を合わせることができます。しかも、一緒の仕事をしていると尚更ですよね。

少しでも一緒に居たいと思っている人にとって同期同士の恋愛はメリットが大きいです。

② 相手が何をしているのか把握することができる

同期同士の恋愛は、相手が何をしているのかすぐ分かるので浮気の心配もありません。また、周りに付き合っていることを言っているカップルは、みんなが彼の事を見てくれているので悪いことがお互いにできません。

③ 仕事のモチベーションがアップ

同期が彼氏の場合、お互いの仕事への理解が進んでいるため仕事のモチベションがアップしやすいです。また、どんなに疲れている時でも仕事に行きたくない時でも同じ会社に彼氏がいると思えば、会社に行くのが楽しく思えます。そうなると、自然と仕事も頑張れるようになるし、お互いに頑張ろうという気持ちが強くなります。

④ 会社の悩みなどを共有し合える

同じ職場、しかも同期の場合、お互いの悩みを共有しやすいです。彼氏と職場が別々で職種も違った場合、悩みを共有しにくく、お互いに苦労が見えにくいです。その結果、すれ違うことも多く、仕事への理解が得られずお別れしてしまう…なんてことも多いです。

しかし、同期同士であれば仕事に対する悩みの理解も得やすく、お互いに同じようなところでつまづいていることも多いので、支え合いやすいです。

同期同士の恋愛のデメリットとは

では、同期同士の恋愛のデメリットとはいったいどんなものがあるでしょうか。

① 別れた後の気まずさ

付き合い始めや恋愛関係が順調な間は何も問題ありませんが、だんだん喧嘩が増えてきて別れることになってしまった場合、気まずさは極まりないです。しかも同じ職場の場合、毎日顔を合わせなければいけません。

失恋の痛みは時間が解決すると言いますが、別れた後はできれば会いたくないという人も多いですよね。しかし会社が小さければ小さいほど、また同じ部署であればあるほど元カレに会う確率は高いです。長く会社に勤めたい、別れた後のことが心配と思っている人は社内恋愛をしない方が良いでしょう。

② バレたら異動させられることもある

社内恋愛を周りに黙っている人は多いと思いますが、もしバレてしまった時どちらかが部署を異動させられる可能性があります。どうしても部署を異動したくない人にとってはリスクが高いかもしれません。

③ 周りに気を遣わせてしまう

同期同士で付き合っていることを黙っていても、もしかしたらバレてしまうかもしれません。もし、付き合っていることがバレてしまうと、周りが変に気を遣ってしまい、仕事がやりづらくなってしまうことも考えられます。

普通に仕事の会話をしていても、周りから見るとイチャイチャしているように見られる可能性もあるので注意しましょう。

④ 恋愛関係を秘密にするのがしんどい

社内恋愛がバレると面倒くさいことは非常に多いです。ですので、大半の人が社内の人には付き合っていることを隠しているのですが、これがなかなかしんどかったりします。他の人が彼の事を好きな話を聞いてしまったり、わざと話さないようにしていると仲が悪いと思われてしまったり…社内恋愛は面倒くさいことも多いということを分かっておきましょう。

⑤ 仕事にプライベートを持ち込んでしまう危険性

職場はあくまでも仕事をする場所なので、オンとオフをしっかり分ける必要があります。上手くいっている時は仕事にも張り合いがあって順調なことが多いですが、喧嘩をしてしまって周りの人に迷惑がかかってしまうことも考えられます。仕事とプライベートはしっかり分けるようにして下さい。

同期同士で恋愛を楽しむためにはどうすべきか?

最後に同期同士で恋愛を楽しむためにはどうしたら良いのかというと、まずは周りに気を遣わせないようにして下さい。部署が違うならまだしも同じ部署の場合、周りも結構気を遣ってしまいます。ですので、なるべく付き合っていることは隠した方が良いでしょう。

また、付き合っていることを隠している場合、他の女性が彼氏に言い寄る可能性もあります。また、彼氏の噂話を聞いてしまうこともあるかもしれません。そんな時は嫉妬やヤキモチを焼かず、上手く気持ちをコントロールするようにしましょう。

そして、もし恋愛関係が上手くいっていない時はそれを表に出さず、仕事に打ち込むようにして下さい。仕事に集中することで恋愛のことを考えなくても良くなるし、不安な気持ちを忘れることもできるでしょう。

 社内恋愛はリスクがいっぱい?!社内恋愛のリスクとそれを防ぐポイントとは

同期同士で恋愛を楽しむためには、お互いにしっかり話し合いをしよう!

以上、同期同士の恋愛のきっかけやメリット、デメリット、上手くいくコツについて紹介してきました。社内恋愛を経験したことがある人は分かると思いますが、なかなか大変です。上手く恋愛を楽しむためには努力も必要です。

仕事とプライベートのオン・オフをしっかりと分けて楽しく恋愛をしましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール