• HOME
  • 恋愛
  • バーで出会いをつかむためのコツ|知っておくべき6つのポイント
恋愛

バーで出会いをつかむためのコツ|知っておくべき6つのポイント

バーに行ったことがない人は、なにも知らずに適当なバーに行って失敗しがちです。出会いを求めてバーに行くなら、その前に知っておくべきポイントがあります。特に出会うコツ、おすすめのバー、注意点など、ポイントをおさえてからバーに行きましょう。

バーで出会いを広げるチャンスは誰にでもあり

恋愛に興味がある人なら誰もが、どこに行けばよい出会いに巡り合えるのかは興味深いことでしょう。出会いの場はいろいろありますが、その中の一つにバーがあります。

バーならどこでもよいということではありません。出会いをつかみやすいバーの特徴をつかむことが大切です。さらに、出会いを広げるコツや男性に気に入ってもらえるテクニックをおさえておけば、よりチャンスが広がります。

また、バーに慣れていないと、どのような出会いがあるのか想像しにくいものです。バーにはどのような男性がいるのか想像しながら、バーに出会いを求めて一歩踏み出しましょう。

バーでの出会いを広げるコツ

出会いを求めてバーに行くのであれば、コツをつかんでおくことが大切です。出会いを広げるためにどうしたらよいのかを知り、事前に対策をたててからバーに行きましょう。

一人で行く

バーに行き慣れていない人やおひ一人様の行動に慣れていない人は、バーに一人で行くのは勇気がいることでしょう。しかしバーは出会い目的の人も多く、一人でも入りやすいです。勇気をもって一歩足を踏み入れてみましょう。

バーでお酒を飲んでしまえば、ある程度リラックスでき、その場にいる人と自然と話しやすい雰囲気になります。出会い目的で一人で来ている人が他にもたくさんいるので、自分から話しかけなくても男性側から話しかけられる可能性も高いでしょう。

特に人気のバーであれば、人が多く交流も盛んです。ただ、複数で飲みに来ている人は、ただ友達同士で飲むことを楽しんでいる可能性があります。出会いを求めて声をかけるなら、一人で飲んでいる人に声をかけましょう。

カウンターで飲んでいる人は、一人で来ていることが多いです。気になる男性がいたら、「お隣に座ってもよろしいですか?」などと気軽に話しかけてみることをおすすめします。

行きつけのバーを見つける

バーに行った初日から、すぐによい出会いに巡り合えることは稀です。まずは、お気に入りのバーを見つけて常連になることから始めてみましょう。マスターやバーテンダーさんと知り合いになれたのなら、そこからのコネクションを広げやすくなるからです。

気になる男性を見つけたとしても、知らない人に話しかけるのは勇気がいります。そのような状態をマスターが察してくれて、気になる男性との間に入ってくれるかもしれません。マスターが間に入ってくれたなら、スムーズにその男性との距離を縮められることでしょう。

また、出会いを求めているという話をマスターとしておくことも大切です。マスターは常連客のことをよく理解しているので、同じように出会いを求めている男性との縁をつないでくれる可能性もあります。

出会いやすいバーに行く

バーにもいろいろあり、それぞれ雰囲気が違います。なるべく自分の年齢に近い人が多いバーに行ったほうが、自分に合う境遇の人との出会いも広がるのでおすすめです。さらに、お一人様でも気軽に通えるバーであることも重要なポイントになります。

バーの選択を間違えると、自分に近い年齢の人がいなかったり、静かすぎて話をする雰囲気が無かったりすることがあるので注意が必要です。まずはバーの選択を間違えないように、事前に調査しておきましょう。

カジュアルな雰囲気で自然な出会いを求めているなら、立ち飲みバーに行ってみるのもおすすめです。一人でも気軽に入れて、話しかけやすい雰囲気があるので、出会いのチャンスがあります。

バーで出会える人はどんな人

バーに行くと、どのような出会いが待っているのでしょうか。バーにはいろいろな人がいるので、行ってみないとどのような出会いがあるかはわかりません。しかし、バーで出会える人に多い特徴はあります。

自立している男性

バーは居酒屋に行くよりもお酒の単価が高いので、経済的に余裕がある人が多いです。また、落ち着いた空間の中で一人でお酒を飲むことを楽しめる人も多く、精神的にも経済的にも自立した人が多い傾向があります。

経済的に余裕がある男性との出会いを求めているなら、バーでの出会いは期待してよいでしょう。しかし、自分自身も自立している男性と話を合わせられるくらいの余裕がないと、魅力を感じてもらえません。

ただ、最近はバーも多様化しており、カジュアルなバーも増えています。初めてバーに行くなら、まずはカジュアルなバーから始めるのもおすすめです。場慣れしてきたら自信がつくので、落ち着いたバーでも余裕を持って行くことができます。

お酒好き

バーは出会いを目的にした場所というよりは、お酒を楽しむ場所です。お酒好きな人でも、バーにはこだわりのある人が多く集まります。お酒が趣味であればなおさら、仲を深めるきっかけになることでしょう。

お酒が好きな者同士なので話も合い、交流が深まりやすいです。お酒が目の前にあっても気にも留めず、異性との出会いをつかむことに夢中になっていると、逆に引かれることもあります。

お酒好きであれば、一緒にお酒を楽しむ気持ちで接してみるとよいでしょう。そのうち、お酒をきっかけにして、自然とよい関係になる可能性があります。

趣味のある人

バーによっては、イベントを開催していたり、ジャズバーや音楽バーなどコンセプトのあるバーもあります。一般的に有名なのは、サッカーを観戦できるバーではないでしょうか。ワールドカップの時期などは、メディアでバーのお客さんが観戦している映像がよく流れるので、どのような空間かは想像できることでしょう。

他にもいろいろなコンセプトのバーがあるので、自分の趣味に合うバーを見つけたら行ってみましょう。高い確率で、自分と同じ趣味の人に出会えます。

このようにコンセプトのあるバーは、通称「趣味バー」と呼ばれており、メインはお酒ではなく趣味です。もちろんバーであることに違いないので、お酒も楽しみます。しかしお酒は二の次で、その場にいるほとんどの人が、趣味の話で盛り上がっています。

同じ趣味だと、仲良くなるのに時間がかかりません。初対面でもすぐに打ち解けられるので、楽しく過ごせます。

外国人とも出会えるチャンス

普段から「軽く飲む」という文化がある外国人は多いです。そのような外国人はバーをよく利用するので、外国人に出会えるきっかけにもなります。

英語を勉強したい人、異文化交流に興味がある人はおすすめです。バーの中でも、外国人が多く利用するところがあるので、調べてから足を運びましょう。

恋人としての出会いではなくても、普通に生活しているだけでは訪れることのない出会いもあります。そこから人間関係が広がり、その先に将来の恋人につながる出会いが訪れることもあるのです。

バーでの出会いで使えるモテテクニック

ただバーに行ってお酒を飲むだけでは、男性との出会いにはつながりません。行動しないとなにも始まらないので、モテテクニックを駆使し、勇気を出して行動してみましょう。

おすすめのお酒を聞く

バーにはお酒好きの人が多いので、おすすめのお酒を聞くことは、話しかけるきっかけとして最適です。頼られて嫌な思いをする男性は少なく、話しかけるきっかけにもなります。自然と男性をたてられるので、自分から聞いてみましょう。

お酒の話をきっかけに話が弾んできたら、さりげなくボディタッチをするなど、ワンアクション加えると印象付けられます。ただし、狙っている感じが出すぎてしまうのもよくありません。ボディタッチを嫌がる男性もいたり、強引さに引いてしまったりすることもあるので、やりすぎないように上手く駆け引きしましょう。

気配り上手になる

気配り上手な女性は好印象を持たれることが多いです。例えば、酔いが回りそうだなと感じたらお水を差し出すなど、細かな気配りを見せるとよいでしょう。

特に相手の人の酔いが深ければ、気づかいの姿勢を見せることが大切です。酔っているときの記憶がない人もいますが、優しくしてもらったことは、なんとなく覚えていることがあります。

そして次に会ったときには、「あのときは大丈夫でしたか?」などと気づかうように話しかけましょう。その言葉をきっかけに、相手との距離が縮まることもあります。

出会いをつかむおすすめバー

出会いをつかむためのおすすめのバーがあります。出会いが第一の目的であれば、下記にあるようなバーが近くにないか探してみましょう。

一人でも行きやすいバー

出会いが目的なら、一人でも行きやすいバーがおすすめです。お一人様のバーデビューでも安心していけるようなバーを見つけましょう。

一人で来ている人が多いバーは、お一人様のバーデビューでも行きやすいです。例えば、カウンターがあるバーであれば、一人でも利用しやすいので安心して行けます。

ホテルに併設されているバーも、お一人様デビュー向きです。スタッフの質も高いので、一人でも利用しやすい傾向があります。

立ち飲みバーやカジュアルな雰囲気のバーも、一人で利用しやすいです。人それぞれ好みや感覚が違うので、自分が行きやすいと思ったバーに、まず行ってみることをおすすめします。

婚活バー

婚活バーなら、出会い目的の人にはぴったりです。婚活バーは、結婚を視野に入れた出会いを求めている人が利用するバーです。

婚活バーは会員制なので、相手の身元の保証がされており、安心して利用できます。結婚相談所ほどは本格的ではなく、身分証明書だけで登録できることが特徴です。

身元は保証されていますが、結婚相談所と違い既婚者でも登録できるので、相手は慎重に見極めましょう。一方で、基本的にはそこにいる全ての人が出会いを求めているので、効率よく出会えます。

ナンパエリアのバーへ行こう

新宿や渋谷、歌舞伎町など、ナンパエリアといわれている場所があります。エリアによっては出会い目的の人が多く集まるので、ナンパエリアのバーへ行けば、出会いの確率が高いです。

バーに行かなくても、ナンパエリアは歩いているだけでいろいろな男性に声をかけられることもあります。しかし、軽い気持ちで声をかけている男性は多いので、そのままついていくのは危険です。

バーであればゆっくりと話をしながら、どのような男性か探ることができます。それでもナンパエリアに一人で行くのは危険なので、二人以上で行きましょう。

バーで出会う確率を上げるには

バーで出会う確率を上げる方法があります。出会いやすいバーを利用したり、バーの通い方を工夫したりすることがポイントです。

相席バーを利用する

相席バーというところもあります。男性と相席をしてお酒を飲むスタイルのバーです。利用するのは出会い目的の人がメインで、一人でもグループでも楽しめます。

雰囲気は合コンに近く、賑やかです。婚活バーは結婚を視野に入れた出会いを求める場ですが、そこまでの重さはなく、気軽に利用できます。

バーによりますが、女性が無料になったり安くなったりするところは、婚活バーと共通している点です。お酒を飲みながらいろいろな男性と会話をしてみたい人におすすめです。

バーテンダーさんの力を借りる

バーの常連になり、バーテンダーさんと仲良くなれたら、出会いのチャンスは広がります。バーテンダーさんをきっかけに出会うこともあるからです。

バーテンダーさんと会話をする仲になれば、愚痴の話、趣味の話などをするようになります。すると、その話に共感した近くの男性が、会話の中に入ってきて盛り上がることもあるのです。

また、常連客で気になる男性がいたら、バーテンダーさんに相談すると、仲を取り持ってくれる可能性もあります。その場合はバーテンダーさんが会話のきっかけを与えてくれるので、話もしやすいです。

バーでの出会いの注意点

バーでの出会いには注意しなければならないこともあります。出会いを求めすぎて焦っていると、ろくなことはありません。一旦冷静になり、慎重に相手のことを見るようにしましょう。

短い関係になりやすい可能性も

出会いを求めている人同士だったとしても、相手はその日限りの相手でもよいと考えているかもしれません。そのとき楽しければよいという感覚の人もいることを頭に留めておきましょう。

バーでは、お酒が入った状態で出会います。そのため、自分の判断力も鈍ってしまい、勢いのまま関係を深めて短い関係になってしまうこともあります。くれぐれもよく知らない男性に、お酒の勢いでお持ち帰りをされてしまうことがないように気をつけましょう。

狙いすぎは禁物

本来バーはお酒を楽しむ場所です。誰が見ても出会い目的という雰囲気を醸し出してしまうと引かれてしまい、せっかくのチャンスも逃してしまうかもしれません。

狙いすぎは禁物です。特に出会ってすぐの段階であれば、まずは一緒にお酒を楽しみながらさりげない会話をする程度にしたほうが、よい関係性になります。積極性はある程度大切ですが、強引になりすぎないように気をつけましょう。

相手の素性がわかりづらい

バー特有の雰囲気の中にいると、どのような男性でもかっこよく見えてしまう傾向があります。しかしお酒が入っている場で、しかもお一人様となると、その相手が一体なにをしている人なのかわかりづらいこともあるので注意が必要です。

知人の紹介と違い、周囲からその人のことをリサーチすることができません。バーでの出会いは相手の素性がわかりづらいので、より慎重に見極める必要があります。

出会いの宝庫であるバーを積極的に利用しよう

バーは一人で来ている人が多いので、出会いに巡り合える確率は高いです。バーにもいろいろあり、大人の男女が集まる落ち着いたバーもあれば、立ち飲みバーのようにカジュアルなバーもあります。

さらに、さまざまな趣味をコンセプトにしているバーもおすすめです。共通の趣味を持つ人と出会えるので、話がはずみます。婚活バーや相席バーのように出会い目的を前面に押し出しているバーもあるので、思い切ってそういったバーを利用するのもありです。

バーは出会いの宝庫なので、自分に合うバーを見つけて積極的に利用しましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール