ボディケア

うなじのケアで美人度アップ|キレイなうなじを手に入れよう

自分では見えないけれど、人にはけっこう見られている「うなじ」。普段のお手入れはどうしていますか。髪をアップしたり、襟元の開いた服を着るなど、露出する機会は意外と多いものです。ここでは、美しいうなじについてケア方法も含めて紹介します。

うなじをケアして綺麗に差をつけよう

まとめ髪やアップスタイルにしているとき、うなじの毛が気になりませんか。季節を問わず、アップスタイルのしている女性もいることでしょう。アップにはするけれど、うなじケアまではしていないという女性は多いかもしれません。

常にアップスタイルにしなければならない職業に従事している人であれば、うなじケアに気を配っているかもしれませんが、うなじは自分では見えにくい部位なので、お手入れ方法が難しく感じてしまいがちです。しかし、うなじは自分では見えにくくても、周囲に見られていることは多々あります。

うなじが綺麗でなかったら、せっかくのアップスタイルは台無しです。しっかりケアしておけば、首元が大きく開いた洋服、着物、ドレスなど、もっとおしゃれを楽しめます。この記事を読んで、美しいうなじや、うなじケアの方法について学び、綺麗なうなじを目指しましょう

綺麗なうなじの条件

女性なら誰もが憧れる綺麗なうなじ。綺麗なうなじとは、どのような「うなじ」でしょうか。ここでは、美しいうなじの条件について考えてみましょう。

余分な毛がない

「美しい女性のうなじを見たら、うぶ毛がボーボーで気持ちが萎えた…」という男性の意見は、決して珍しいものではありません。余分なうぶ毛をきちんとお手入れするのは、綺麗なうなじの条件です。余分なうぶ毛とは、首の横に生えている短めの細い毛、首の後ろから背中にかけて生えているうぶ毛などです。

細かいうぶ毛とは言えど、生えている部位が広い・量が多いと、美しいとは言えません。余分なうぶ毛はお手入れをしてすっきりと清潔に保ちましょう。

襟足の形が整っている

うなじのムダ毛が気になるからといって、カミソリなどできれいさっぱり処理していませんか。うなじの毛をすべて剃ってしまうと、首回りが不自然に見えるだけでなく、首が太く見えてしまうこともあります。ちょっとしたことかもしれませんが、襟足の形は後ろ姿の印象を左右するのです。

理想的なのは、襟足の形が左右対称で「MW型」に整っていること。襟足を「MW型」に整えることで、首を細く長く見せることができます。中央のMの部分は誤って剃ってしまうと子供っぽくなってしまいます。注意しながら整えたいところです。

肌にトラブルがない

美肌の条件とは、「きめが細かくうるおいがある」「透明感があり、なめらか」「しわやたるみがなく、はりがある」と言われています。首回りに関しても、美肌の条件と同様にニキビや吹き出物などの肌トラブルがないことが条件です。

シャンプーやトリートメントの洗い残し、ムダ毛処理をしなかったことによる汗がたまりやすくなる、季節の変わり目や冬場に起こりやすい乾燥肌なども、気をつけたいものです。白く美しい肌は、女性のツヤっぽさや魅力アップにつながります。

綺麗なうなじは魅力的

綺麗で整ったうなじは、美しくて魅力的です。その色っぽさに思わず見とれてしまう男性は少なくないでしょう。女性のラインを強調できるうなじのお手入れをすることで、美人力アップにつながります

首が長く見える

うなじのムダ毛を処理することで、襟足周辺がすっきりして肌の露出度が上がります。アップスタイルにすると、さらに首が長く見えます。首が長いと鎖骨ラインが美しく見え、首元から肩までのラインがスッキリ見えるため、スタイル美人に見えるというわけです。さらに小顔効果も生まれて全身のバランスが良く見え、美人度アップにつながります。

清潔感アップ

うなじは意外と見られていることはご存知でしょうか。電車やバスに乗っていて、女性のうなじが目に入ることがある男性は意外と多いようです。メイクやヘアスタイルはバッチリでも、うなじのムダ毛がボーボーだと、せっかくのおしゃれが台無しです。うなじのムダ毛を処理すれば、首筋がスッキリして清潔感がアップします。

透明感がある肌に見える

黒髪の日本人はうぶ毛も黒色です。うぶ毛は細いとは言え、肌をびっしりと覆っていると、肌のトーンは暗く見えてしまいます。うぶ毛を処理することで肌本来のトーンがはっきりわかるようになり、明るく透明感が出たように見えます。さらに保湿ケアもすることでツヤのあるうなじや首元になり、美人度が上がること間違いありません。

きちんとして見える

細かくて薄いうぶ毛は、腕や足のムダ毛と比較してはっきりと目立つわけではないため、どうしてもお手入れを怠りがちです。しかし、ほんの少しうぶ毛処理をするだけでも、肌がスッキリと明るく見えます。その差は見違えるほど。ボサボサとした毛がなくなることで清潔感があり、きちんとした印象を与えられるというわけです。

うなじを見られるのはこんな時

うなじは街中で意外と見られています。うなじが美しい女性はツヤっぽさや大人の魅力が漂ってきて、ステキです。見とれてしまう男性もいるでしょう。どのような場所や状態のときにうなじが目につくのでしょうか

髪の毛をアップにしている時

まとめ髪やポニーテールなどのアップスタイルにすると、うなじがしっかり見えます。さらに、夏になれば浴衣、成人式や結婚式などで着物を着た時など、日本では、特別な日アップスタイルにする機会がたくさんあります。うなじ処理をしていないと、後れ毛がバラバラと落ちてきて、だらしない印象を与えてしまうことも。

うなじが目から近い位置なので、どうしても周囲の視線を集めがちです。美容院でショートやボブなど、うなじが見えるヘアスタイルにしてもらうとき、バリカンやシェーバーで剃ることがあるように、短めのヘアスタイルの人もうなじのムダ毛には注意です。

襟ぐりが大きくあいた服を着ている時

オフショルダーのニットや襟ぐりが大きく空いたワンピース、など、襟ぐりが大きくあいた洋服は、女性らしいラインを強調できるデザインのものも多く、好んで着る女性もいるでしょう。しかし、これらの洋服は、うなじから背中が見えやすく、首の後ろから背中、肩にかけてのムダ毛は思いのほか目立ちます

お気に入りのワンピースでおしゃれにキメても、首から背中にかけてムダ毛が生えていると、女性らしさを演出できるどころか、後ろ姿を見た人が残念な気持ちになってしまいます。襟ぐりが大きくあいた服をおしゃれに着こなすには、ムダ毛処理は欠かせません。

浴衣を着ている時

浴衣や着物姿で最も目につくのが後ろ姿。「浴衣=うなじ=女性の色気」というテンプレートができている人もいて、期待して見る人も少なからずいます。浴衣や着物の襟足からのぞくうなじと背中のムダ毛は、見えている他人は気になっても、なかなか本人に言えないものです。

衣紋を抜いて着る場合、さらにムダ毛は目立ちます。特に周囲に注目されやすい浴衣や着物を着るときは、ムダ毛処理のお手入れは怠らないようにしましょう。

混雑した電車に乗っている時

電車やバスなどに乗っている時、見るともなしに前に立つ人の後ろ姿を見ていて、うなじが気になった事がある人は意外と多いのではないでしょうか。朝の通勤ラッシュ時など、電車が混雑してくると、周囲の人と目線が近くなるため、目の位置に近いうなじや首元はどうしても目に入りやすくなります

自分の後ろ姿は鏡を使わないと見ることはできません。しかし、他人はあなたの後ろ姿がよく見えます。うなじのムダ毛処理はどうしても怠りがちですが、意外と多くの人に後ろ姿を見られていることをお忘れなく。

うなじの悩みは色々

うなじは人によって生え方や形はさまざま。うなじのムダ毛処理は、自分で行うのは至難の業だからこそ、思うようにお手入れができずに悩んでいる人もいます。ここでは、様々なうなじに関する悩みを集めてみました。

ムダ毛が多い

うなじのムダ毛の量や長さは人それぞれです。ほとんどムダ毛がなく、あっても薄っすらとした毛が少しある程度であれば、お手入れをしなくてもキレイですが、ムダ毛が太くで濃い、長くて細めの毛が首の後ろから背中や肩へと続いているなど、量が多くて目立つ人もいます。ムダ毛が長いとボサボサになりがちで、見た目も美しくありません。

首の後ろのうぶ毛は自分では見えませんし、自分でお手入れをするのは至難の業です。どう処理をしたらいいか分からないと悩む女性もいます。

うなじの形が良くない

一般的に理想とされるうなじの形は、両サイドの襟足が長いWに近い形で、中央の首の骨が凹んでいる真ん中部分はM字になる「MW型」とされています。一方で、襟足の毛がパツンと切れたような形、子どもっぽいW型などは、メリハリがなく首が太く見えてしまうことも。

また、ムダ毛を処理しすぎて、うぶ毛が全くないのも不自然です。理想の形とは程遠い、自分のうなじの形が嫌という人もいます。

肌トラブルがある

うなじは汗がたまりやすく、衣類によるこすれ、リンスや石鹸などの洗い残し、紫外線などによるダメージを受けやすく、あせも、吹き出物、毛穴の目立ち、日焼けなどの肌トラブルが起こりやすい部位です。うなじに肌トラブルがあると、うなじに自信が持てずに髪で隠したくなります。

肌トラブルがある時は、丁寧に洗って清潔に保つ、汗はこまめにふく、乾燥が気になるなら保湿ケアなど、トラブルに合わせたケアが必要です。

うなじのケア方法

うなじ美人は、しっかりとうなじのお手入れをしています。ここでは、おうちでできるケアからプロにお願いする本格ケアなど、おすすめのケア方法について紹介しましょう。

ムダ毛の処理方法

おうちでできるケア方法は、レディースシェーバーで剃ることです。カミソリは肌を傷つけてしまうので、シェーバーがおすすめ。三面鏡や合わせ鏡で首の後ろを見ながら、シェーバーで下から上に剃っていきます。家族や友人など信頼できる人に頼んで剃ってもらうのもおすすめです。うぶ毛は剃りすぎてしまうと不自然になるため、剃りすぎには気をつけましょう

もう一つの処理方法は、脱毛サロンで処理をしてもらうことです。サロンの脱毛は、時間と費用はかかりますが、肌を傷つけずにツルスベ肌を目指しながらムダ毛を処理できます。ただし、レーザー脱毛は成長期の毛の黒い色に反応するため、ムダ毛が細すぎたり色素が薄い場合は処理できないことも。また、日焼けした肌にはレーザーを当てられないので断わられることもあります。

シェーバーで剃る方法は、お手軽な反面、再びうぶ毛が生えてくるので繰り返し処理が必要になります。サロンの脱毛は時間とお金がかかりますが、きれいに仕上がります。どちらの方法も一長一短あるので、自分に合った処理方法を選びましょう

うなじの形はプロにお任せ

自分でうなじの形を見るのは、なかなか難しいものです。三面鏡や合わせ鏡を使っても、角度によっては見えにくいものです。うなじの形を整えるなら、プロに任せるのが一番。

うなじを整えてくれる場所といえば、美容室やレディースシェービング専門サロンなどがあります。メニューにブライダルシェービングがある理容室も女性客に対応できる設備があるので安心です。

美容室はバリカンやカミソリで剃ってくれるので、スッキリ見せることができます。レディースシェービング専門サロンであれば、うなじのムダ毛の量や毛の生え方を見ながら、その人に合ううなじの形に整えてくれます

また、理容師さんは国家資格を持っているのでうなじのシェービングが可能です。脱毛前に理容室でシェービングしてもらうために通う女性もいます。

シェービングは、ムダ毛はもちろんのこと、古くなった肌の角質もきれいに取れるので、肌がワントーン明るくなります。短時間で見違えるほど美しいうなじを手に入れられます。

肌トラブルは日々の習慣を見直す

肌トラブルが起こりやすい首回り。特に夏場は汗をかきやすく、雑菌も繁殖しやすくなるため、あせもや吹き出物ができやすい部位です。汗をかいたら、清潔なタオルでふく、汗拭きシートで汗を拭くなど、常に清潔に保つことが大切です。

他にも、リンスや石鹸の洗い残し、紫外線なども肌荒れの原因となります。身体を洗い流す際、リンスや石鹸が残っていないかきちんと確かめましょう。また、紫外線は年中降り注いでいます。

うなじは皮膚が薄くデリケートな部位なので、紫外線の影響を受けやすくなります。外出時にストールなどで首元を隠す、日焼け止めクリームで保護する、保湿ケアをするなど、日焼けからうなじを守りましょう

綺麗なうなじで美人度をアップさせよう

うなじは自分では見えない部位なので、お手入れは面倒に思いがちです。しかし、ムダ毛処理は、脱毛サロンで施術を受けられますし、自宅でシェーバーでムダ毛を剃る方法もあります。うなじの形もプロにお任せしてしまえば、美しく保つことも可能です。

普段は、汗やリンスや石鹸の洗い残しに気をつけて清潔に保つ、紫外線に注意する、保湿ケアをするだけなので、習慣にしてしまえば、うなじのお手入れは苦にはならないでしょう。細かな部分までお手入れを怠らない女性は、より美しく輝きを放ちます。あなたも、うなじ美人を目指してみてはいかがでしょうか。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール