• HOME
  • 恋愛
  • 好きな人へのアピール法。恋愛偏差値をあげて彼の気持ちを手に入れる
恋愛

好きな人へのアピール法。恋愛偏差値をあげて彼の気持ちを手に入れる

好きな人へのアピールはやりすぎてもいけないし、やらな過ぎても伝わらない。もどかしいものであり、なかなかうまくできないものですよね。まずは基本のテクニックを押さえて、うまく自分の気持ちを伝えられるように、恋愛偏差値を上げていきましょう。

好きな人にアピールする方法

好きな人にアピールする方法はさまざまです。相手のあることですので、これが正解というものはないのですが、好まれやすい傾向と、逆に嫌がられやすいパターンはあります。まずは大まかな傾向と基本のアピール法を知って、好きな人に好意を持たれるように努力しましょう。

メールやLINEでのアピール方法

今の恋愛においてメールやLINEは欠かせない存在となっています。メールやLINEの送り方のテクニックの指南本が出ているくらい、恋愛において重要な役割を果たすツールです。ここをおろそかにすると、まずは最初のデートにすら結びつかないことも多いので、しっかりと押さえていきましょう。

相手を褒める

男性は得てして単純なものです。基本的には褒めてあげた方が、関係はよくなる傾向にあります。基本的には、仕事や服装などを褒めると男性は喜びますが、褒める際には少しだけテクニックを使いましょう。

見た目をほめるときは、「すごい」よりも「素敵」、「かっこいい」の方が、具体的に感じられて男性は喜びやすいです。また、より具体性を持たせた褒め方をすると、相手の心に響きやすいでしょう。

仕事であれば「すごい」だけでなく、「結果をきちんと出せるなんてすごい」など、相手の心をくすぐる具体的な内容を盛り込むことで、特別感を出すのです。服装も、こだわりポイントがみえたのであれば、その部分を重点的に褒めましょう。

絵文字や顔文字を使う

絵文字や顔文字を使用することで、相手に気持ちを伝えましょう。文字だけのメールは事務的にとらえられがちなので、絵文字で色を足したり、顔文字で感情を伝えるのは得策です。一つでも構わないので使うようにしましょう。

一方で乱用しすぎると、今度は読みにくいメールになりがちですので、程よく使うようにしましょう。特にLINEのスタンプは連投すると相手の携帯が鳴りっぱなしになりがちですので、一つまでにしておきましょう。

文章は短めにする

文章は長文にせずに、短くまとめた方が好印象です。パッとみて読める文章が効果的といえるでしょう。長い手紙よりも、さっと目に入りやすいキャッチコピー的な要素を強く出すことで、相手に伝わりやすくなります。

おおむね、3行程度にまとまるように、上手に文章をつくっていきましょう。コンパクトにまとめる力も重要ですので、しっかりと伝えることは伝え、長くなりすぎないようにしましょう。

返信は早くする

返信が遅くなって好印象ということはありません。あえて焦らすのは興味がないともとられかねないので、作戦としては失敗する可能性も高いでしょう。むしろ、早く返信することで、気にかけてるというアピールが出来るようになります。

このため、返信は返せるのであれば、さっと返した方がよいでしょう。特にLINEの場合は、既読をつけてから長い時間放置するとあまり好印象を持たれない傾向にありますので、注意したほうがよいです。

言葉でのアピール方法

好きな人に会えるときは、言葉でのアピールを重視しましょう。心のこもった言葉は相手の胸を打ちますし、実際に会えるのであれば、表情などでも気持ちを伝えることができます。もちろん電話でも、しっかりと気持ちが伝わるように、彼への気持ちをアピールしましょう。

お礼はしっかりと伝える

「ありがとう」は魔法の言葉です。笑顔でありがとうと伝えることで、確実に印象はアップします。ささいなことでもありがとうとしっかりとお礼をいうようにすることで、感じのよさと聡明な雰囲気を両方伝えることができるようになります。

小さなことでも、無理にでもお礼の機会をみつけて、気持ちを伝えましょう。その時は必ず笑顔を添えるようにすると、さらに印象はよくなります。

目を見て挨拶をする

会える機会があるのであれば、挨拶もしっかりとするようにしましょう。目をみて「おはよう」、「おやすみ」のあいさつをすると、好きな人の印象によい意味で残りやすくなります。また、こういった習慣をつけることで、周囲の印象もよくなり、周囲を味方につけることにもつながります。

特に、朝の第一印象は重要です。「おはようございます」は顔を少しのぞき込むようにしていうくらいにすると、印象に残りやすくなるでしょう。

労いの言葉は心を込めて

相手が疲れているときや、何かをやり遂げたときは、優しくお疲れ様を伝えるとよいでしょう。疲れているときに心にしみる一言は、あなたの印象をよくし、今後の関係を良好にしてくれます。

疲れているときほどひとは温かさに飢えています。優しく温かい笑顔を向けてあげて、「おつかれさま」と伝えましょう。きっと思いが伝わる一言になりますよ。

態度でアピールする方法

好意を伝える際には態度も重要です。気持ちが伝わるように、態度を変えて、特別感を演出しましょう。やりすぎない程度にほどよく品よく、好きな人に思いを伝えていくのです。

ボディータッチをしてみる

ほどよいボディタッチも効果的です。ただしやりすぎると安っぽくなり、誰にでもしていると思われることがあるので、その点は注意しましょう。さわるのもあまりベタベタせずに、すこしポンッと触る程度にとどめておく方が爽やかでよいかもしれません。

べったりと腕を組むようなことは、やりすぎに取られやすいのでやめておきましょう。顔に触れるのも、少しなれなれしいととられますので、肩や腕に軽く触れるくらいにしておくのがベターでしょう。

一緒にいる時は楽しそうにする

一緒に過ごすときは、楽しそうにふるまいましょう。笑顔を増やすことで相手に心地よい時間を感じてもらえます。逆に笑顔が少なく話も弾まない状態であると、また会いたいという気持ちは起きにくくなるので、とにかく楽しい雰囲気を作るように努力していきましょう。

相手と目を合わせる

相手と目を合わせるのは、ドキドキさせて恋愛感情を意識させることができるので効果的です。中学生のようですが5秒間目を合わせると効果的なので、ぜひ、実践してみてください。

見上げた表情がかわいくて、相手が目を離せなくなったらしめたものです。いきなりしようとすると緊張してうまくいかないかもしれませんので、鏡をみて練習してみましょう。

相談事をする

時には男性に優越感を与え、保護欲をそそるように相談事をしてみましょう。相手があなたを守ってあげたいと思うようになるような、はかなさを感じさせるような内容がよいでしょう。

男性はアドバイスをし問題を解決に導くことに達成感を覚えやすいので、答えが出しやすい内容の方がよいでしょう。そして、アドバイスをもらったら、大げさなくらい喜んであげるようにしてください。

これはしてはいけない好きな人へのアピール

好きな人へのアピールの中にもやらない方がよいことも多くあります。男性の好みによるところもありますが、おおむねやりすぎたアピールは好まれない傾向にあるようです。

LINEやメールを連続で送る

LINEやメールを連続で送るのは避けましょう。返事が来ていないのに送るとうっとうしがられることが多く、忙しい人にとっては迷惑行為に他ならないです。スタンプを連続で送信すると、相手にとってはスマホが鳴りっぱなしになり、大変うるさく感じられてしまいます。とくに内容が薄いと、嫌われてしまうことすらあるので、注意が必要です。

ボディータッチをし過ぎる

ボディタッチは、ほどほどに行いましょう。ただの欲求不満と思われないようにベタベタしすぎるのは厳禁です。好きな人にもっと触れていたくて、まだ付き合ってもいないのにくっつきすぎると、非常に軽い女性であると思われがちです。程度や節度をわきまえて行いましょう。特に仕事中はボディタッチはしないでいた方がよいです。

露出の多い服装

露出の多い服装は、軽い女だと思われることもあるので避けましょう。とくに、胸と足の両方を出していると、ただのみせたがりのように思われがちです。胸元を開けたときは足は隠すなど、肌露出の割合を調整しましょう。

用のない電話

突然の電話はお付き合いするまで控えるようにしましょう。とくに用もないのに、深夜に電話するのは、相手を戸惑わせる要因になるかもしれません。好きな人の声をききたくなる気持ちはわかりますが、きちんとお付き合いを始めるまでは電話は我慢しておきましょう。

職場で周りに好きなことを言いふらす

職場に好きな人がいる場合は、周りに相談するのは控えめにしましょう。あまりいいふらすと、相手が引いてしまうこともあります。職場は仕事をするところなので、恋愛トークはほどほどにしておきましょう。社会人としてのマナーでもありますよ。

好きな人へのアピールはやり過ぎないのが鉄則

好きな人へのアピールは、やりすぎずにほどよく行うことがポイントです。やりすぎると引かれてしまうこともあり、かえって距離をつくってしまいます。相手を自然にドキドキさせるくらいのほどよいアピールで、彼の心をつかみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール