生き方

ポジティブ思考について考える|毎日を明るく生きる方法とは

ポジティブ思考は良いことだと思われています。ポジティブとは、「常に笑顔でいる」、「前向きな言葉を呟く」と考えている人は多いです。でも本当のポジティブ思考とは何なのでしょうか。ポジティブ思考とネガティブ思考を比較しながら考えてみましょう。

ポジティブ思考になりたい

ポジティブ思考になりたいと思っている人は沢山います。何事にも前向きでポジティブに取り組むことができれば素敵ですよね。

しかし、その前向きでポジティブな気持ちの根拠を聞かれたとき、はっきりと答えられる人は意外と少ないのです。そしてその根拠のないポジティブ思考が、無計画や無鉄砲な行動に見えてしまうことがあり、思いもよらない危険を招いてしまうこともあります。

気が付くとすぐには解決できないような大きな問題に巻き込まれてしまったり、最悪な場合、修復不可能な状態に陥ってしまう可能性もあります。

ここではポジティブ思考とネガティブ思考について深く知り、本当に身に付けるべきポジティブ思考について考えてみましょう。

ポジティブ思考とネガティブ思考の区別

ポジティブ思考とは、楽観的に物事を考えて、どのようなことも良い方向に考えることが出来る考え方のことを言います。ここでは、ポジティブ思考とネガティブ思考の違いを詳しく見ていきましょう。

前向きにとらえるポジティブ思考

ポジティブ思考な人は物事のよい面を見つけることが上手です。仕事をしていたら辛い時や大変な時は誰にでも起こります。そういう場面でも、「自分を信じて任せてもらえた仕事」、「この仕事がうまくいけば昇進できるかもしれない」というように常にプラスに考えることが出来るので、それが満足感や自信という感情に繋がります。

ポジティブ思考な人は、周りの人に対しても素直に感謝の気持ちを伝えることができます。その素直な気持ちが周りの人を少し幸せな気持ちにできるかもしれません。

否定的なネガティブ思考

逆にネガティブ思考な人は物事を否定的に見てしまいます。例えば全員に同じ仕事を任せたとしても、ネガティブ思考な人は「自分だけ失敗したらどうしよう」と不安な気持ちを持ちやすいのです。そのために、自分自身の行動に制限をかけてしまうことも多いです。まだ出来るのに早々に諦めてしまったり、他の人に譲ってしまったりします。

自分にラッキーなことや嬉しいことが起きてもすぐに忘れてしまう傾向にあります。失敗してしまった事だったり、嫌な思いをした事はずっと覚えていて、何か行動を起こそうとするタイミングで思い出してしまう事が多いのも、ネガティブ思考な人の特徴です。

ポジティブ思考の人の特徴

次に、ポジティブ思考の人の特徴を見ていきましょう。

自分が好き

ポジティブ思考な人は、自分に自信を持っています。自分の長所や短所、自分らしさを否定せず、自分がやりたいと思うことをやろうという前向きな気持ちでいます。

そのため、自分のやること全てを楽しむことができるのです。やりたいことや楽しいことをやっている自分は常に輝いていて、これも含めて自分を好きだと思えるのです。

悪い状況を楽しめる

人生は常に楽しいことばかりではありません。自分自身を試すような辛いことや悪いことも起きます。しかしポジティブ思考な人は、そんな状況を楽しみながら解決しようとさらに努力をすることができます。ネガティブ思考な人だったら、きっと悪いことばかりを考えてしまい、落ち込み、負の連鎖に陥ってしまうでしょう。

悪い状況や自分にとって不利な状況こそをチャンスと捉え、努力をすることで自分の成長につなげることが出来る人は、どんな状況でも乗り越えていくことが出来るのです。

よく笑顔を見せる

人は誰でも怒った顔より笑顔の方が素敵に見えます。そして、笑顔でいる方が幸せを見つけることができます。ポジティブ思考な人は、意識して口角をあげることで笑顔でいるために努力します。

口角が上がると人は幸せを感じるホルモンが分泌されると言われています。笑顔の少ないネガティブ思考な人よりも、笑顔でいることの多いポジティブ思考の人の方が、毎日により幸せを感じることが出来るのです。

結果よりもプロセスを重視する

ポジティブ思考でいる人はあまり結果を気にしません。結果よりもプロセスの方が大事だということを知っているからです。何事にも楽しく挑み、さらに楽しんでいるからこそ、最終的にはよい結果に転ぶことが多いのです。

結果だけを気にして、喜んだり落ち込んだりするよりも、その過程自体を楽しんでみたら、きっと自分の満足のいく結果を得ることができるはずです。そしてそれが自分の成長にも繋がるのです。

ポジティブ思考のメリット

ポジティブ思考な人のメリットをまとめてみましょう。これを見たらきっと誰もがポジティブ思考になりたいと思うはずです。

明るくなれる

ポジティブ思考な人は常に明るい気持ちでいます。いつも前向きに物事を考えることができるので、自然と明るくなれます。明るく楽しい気持ちでいることで、日常のちょっとしたことに幸せを感じることができます。天気の良い日だったり、星がきれいな夜だったりと日常の本当にちょっとしたことに幸せを見つけます。

そして、周りの人にも親切に接することができます。ちょっとした気遣いでみんなを幸せにできるなんて素敵なことですね。

いいことばかりやって来る

前向きな気持ちでいることのできるポジティブ思考な人は、悪いことをあまり悪いことだと感じない傾向にあります。ストレスに感じてしまうことが少ないのです。

例え悪いことが起きてしまったとしても、そのプロセスすら楽しむことができるので、いいことばかりが起きているように錯覚します。実際に悪いことも認識していないので、常にいいことばかりが起きているように感じるのです。

ポジティブ思考のデメリット

今度はポジティブ思考の人のデメリットを見ていきましょう。ポジティブすぎる故に感じるデメリットもあるので注意が必要です。

何も考えていない人に見られる

ポジティブ思考の人は考え事をしていたり、悩んでいたとしても、何も考えていない人に見られがちです。何に対しても軽く返事をしてしまったり、お調子者のように見えてしまう可能性もあります。

意見を言うときには、はっきりとした意見を言うように心がけましょう。真剣な姿をきちんと見せる必要があります。

反省しない人に見られる

ポジティブ思考の人は失敗をしたとしてもあまり落ち込みません。気持ちは落ち込んでいたとしても、落ち込んで沈んでいるように見えにくいのです。

反省をしていないように見えてしまう可能性もあるので気を付けましょう。きちんと落ち込んでいる姿勢や反省をしている姿勢も見せないと、周りの人を不快にしてしまう心配があります。

ポジティブ思考になって明るく生きよう

ポジティブ思考について見れば見るほど、毎日を楽しく明るく過ごしたいならポジティブ思考でいるべきだと分かります。ポジティブ思考であろうとネガティブ思考であろうと、日々自分の周りに起こる出来事は変わりません。異なるのは、その起こった物事に対して、その人がどのような解釈をするかという点だけです。

ポジティブ思考な人は自分に自信を持っている人が多いのですが、それは最初からではありません。行動を起こして、失敗を繰り返しながらもできることが増えていくことで、自信を持てるようになったのです。前向きに明るくなるためには、まずは行動を起こすことが必要です。そうすれば自然と自信が持てるようになり、思考も前向きなものへと変わっていくのです。

明るい気持ちを持つことで、周りにも目を向けてやさしくすることができます。それが周りの人を幸せにして、自分自身にも返ってきます。日々前向きに明るく生きる事で、沢山の幸せを見つけていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧