• HOME
  • ココロ
  • 占い
  • 星座の相性が一番よい組み合わせとは|恋愛や結婚にマッチする気質
占い

星座の相性が一番よい組み合わせとは|恋愛や結婚にマッチする気質

星座には相性があります。相手との相性を確かめることも大切ですが、それだけにこだわるのではなく、自分の気持ちも大切にして相手と上手く付き合いましょう。相性抜群の星座もありますが、相性が悪い場合は自分ができる対策をみつけることができます。

気になるあの人の星座との相性は

気なる人が出来た場合、相手と自分の相性が気になったという経験がある方は多いのではないでしょうか。気になるほど相手のことをもっと知りたいと思いますが、相性がよくない場合、たとえ仲良くなれたとしてもすぐにお別れしてしまうのでは…と心配になります。

そこで、星座で相性をチェックして、気になる相手との相性をみてみましょう。たとえ結果がよくない場合でも対策法を心がけることで上手く付き合っていくことができます。星座の相性だけに惑わされず、自分の気持ちも大切にして、素晴らしい恋をしましょう。

恋愛の相性がよい星座ランキング

相性のよい星座を確認し、相手との相性のよさをみてみましょう。4位~1位の順でランキングにして紹介していきます。

第4位甘えたがり同士の蟹座と蟹座

お互いに甘えるのが好きで、恋人に対しても親と子供のような関係になることが多いです。人前でも恥ずかしがらずに甘えあうことができる関係を築けます。

母性本能が強く、どちらかが幼児返りすると片方が親のように接してしまいます。一歩踏み外すとバカップルになりがちな関係になり、人前でも平気で「あーん」や語尾に「でちゅー」とつけたりと、自分を出せるほど仲良くなることができ、周りが呆気にとられるほど相性はとてもよいです。

第3位お互いを理解し合える魚座と魚座

全てを打ち明けなくてもお互いに察し合えることが出来るため、相手を心から信頼することができる星座です。相手への思いやりを忘れなければ、より深い絆で結ばれることができます。

魚座は、物静かであまり多くを語らない性質があり、気転が利くので察する力があります。勘違いもよくあるので、お互いにコミュニケーションを大切にするとさらに深い絆で結ばれます。相性はとてもよく、まったりとのんびりとした雰囲気に包まれ、素敵な関係になれます。

第2位理想的な水瓶座と天秤座

お互いに理性的で知的な付き合いができるため、周囲もうらやむベストカップルになりやすいです。会話のセンスもよいため、ドラマや映画の中のような恋愛が楽しめます。

どちらもコミュニケーション力が高いため、楽しく明るい雰囲気に包まれ素敵な恋愛に。お互い思いやる気持ちが強くなることで、さらに深い愛情に包まれます。察する力も持っているため、好きになったら大恋愛に発展する素晴らしい相性です。

第1位情熱的な獅子座と魚座

どちらもロマンスに弱いタイプで、恥ずかしいセリフもためらいなく発するため、周囲が恥ずかしくなってしまうほどのバカップルになる可能性が高いです。恋をする理性が強くなり、どんどん突き進んでしまいます。

別れの際などは、泣いたり叫んだりと今生の別れかのようになり、感情のコントロールをするのが大変になることも。SNSには相手に捧げる詩やナルシストのような自撮りを投稿して周囲から浮くこともあります。

この2つの星座が組み合うことで、愛に酔いまくる恋愛に発展していきます。周りがみえないほど熱い恋愛ができ、相性としては文句なしの第一位です。

結婚の相性が良い星座ランキング

相性がよい場合、結婚を考える人が多いです。相性だけよくても、結婚となると慎重に考えないといけません。付き合いが深くなれば結婚を考えることは当然です。相性のよい星座をチェックしてみましょう。

第4位お互いを尊重し合える獅子座と射手座

しっかりと自分を持っている獅子座と、個性がはっきりしている射手座の相性はバッチリ。パートナーに依存せず距離感を保てるため、お互いに居心地のよい夫婦になれます。基本的なノリが同じで、笑う場所も一緒というように「あなたの考えていることは理解できない」ということはほとんどありません。

獅子座は自己中心的な一面がありますが、射手座は自由人で上手く対応してくれます。お互い自由な性格で縛られることを嫌うため、長い付き合いができます。夫婦関係もよく、お互いに依存せず尊重し合える関係になれます。

第3位愛情豊かな双子座と水瓶座

どちらもコミュニケーション能力が高く、愛情表現豊かなタイプのため、愛情にあふれた家庭を築いていくことができます。恋人のような関係を維持したままゴールインし、夫婦として歩んでいくことができる相性です。

とても仲がよく、喧嘩はほとんどしません。そのため、喧嘩は激しいものとなり別れに発展するほどの溝ができてしまうでしょう。ずっと話していても飽きないほど会話が大好きで、明るく楽しい家庭を築いていけます。相手を思いやる気持ちも安定しており、結婚に向いている相性です。

第2位家庭を大事にできる牡牛座と乙女座

家庭が第一な牡牛座と結婚が人生に置いて重要な乙女座のカップルは、結婚に向いていてお互いのことをサポートしながら生活していくことができる相性です。役割分担もきちんとでき、できないときはサポートをすることができる冷静さと、相手を大切に思いやることができる2人です。

しかし、臨機応変な行動はいまいちで、経済面で急激な変化が訪れた場合、ピンチになる可能性が高いです。お互いに家庭を大切にしますが、将来の計画や目標を決めるとよいでしょう。

第1位安定感抜群の山羊座と乙女座

真面目で働き者の山羊座と常識的な乙女座のカップルは、堅実で安定感のある人生を歩んでいける相性です。責任感が強い山羊座と結婚を大切にする乙女座は、相性も抜群で結婚生活も安定し、さらに素晴らしい絆の夫婦になれます。

知的な乙女座がリードする夫婦関係になりますが、結婚までの時間が長くても耐えられるのがこの相性です。待つこともでき、結婚してからも大切な家庭を維持し、しっかり家庭を守ります。お互いに気持ちに安定があるため、喧嘩をしても簡単に崩れることはなく、お互いに理解を深め合うことができます。

相性の悪い星座の組み合わせ

相性のよい星座だけではなく、悪い組み合わせもみていきましょう。気質が合わないと喧嘩の頻度が多くなる傾向があります。相性が悪ければ何か対策も考えられるので、知っておいて損はありません。

第3位正反対な気質の牡牛座と蟹座

お互いに気を使うことができれば仲良くなることも可能ですが、牡牛座は気性が荒く蟹座は繊細なため、意見が合わず対立してしまうことが多いです。対立が多いと感じた場合、相性の悪さを疑ってみましょう。相手の性格や気質を理解できれば、自分で接し方を工夫してみたり、話し方を変えてみたりできます。

相手を理解したいと思う気持ちがあるならば、正反対な気質でも仲良くなれる可能性はあります。相手の悪い部分を見つける前に、よい部分を見つけることを心がけましょう。

そうすることで、マイナスな雰囲気を和やかな空気にできます。気質は正反対かもしれませんが、自分の意識を変えることで素晴らしいカップルになれる人もいます。深く考えすぎず、爽やかに接してみましょう。

第2位性格が合わない牡牛座と獅子座

おっとりして忍耐強い牡牛座とリーダーシップの強い獅子座の間では誤解が生まれやすく、牡牛座は獅子座を自分勝手でわがままだと認識してしまいやすいため、トラブルの確率も高いです。お互い絶対に合わないと思われがちな星座ですが、共通の趣味を持つことで上手く付き合うことができる場合も。

共通の趣味を持つことで、お互いに理解し合いたいと思う気持ちが強くなります。一緒に物を作るDIYなどもよいでしょう。一緒に協力して取り組むことを磨けば改善されていくので、性格が合わないと感じたら一度試してみましょう。

第1位すれ違いの起きやすい射手座と水瓶座

射手座は寂しさに弱く、水瓶座は忙しさに追われてしまいがちなため、すれ違いが多発し、恋愛をしても上手くいかない可能性が高いです。お互いにすれ違いが多いため、射手座は、相手には別によい人がいるのかもしれないと考え、寂しさのあまり別れを切り出す傾向があります。

大切な話はお互いに冷静になれるタイミングをみて意思の確認をしましょう。射手座の寂しさを理解してくれる相手、水瓶座の忙しさを理解してくれる相手となら、上手に付き合うことができます。すれ違いの原因を相手の責任にするのではなく、自分の行動を見つめ直してみましょう。

相性の悪い星座の人と上手く付き合っていくには

相性が悪いからといって諦めるのは早いです。相性が悪くても、上手に付き合う方法はあります。自分でできる努力をすれば、理想のカップルに近づけます。

相手のことを尊重する

相性が悪いからといって初めから努力しないのではなく、お互いが尊重し合ってより良い関係を築いていけるように努力することが大切です。喧嘩をする原因は、もしかすると自分にあるのかもしれません。お互いに自分が優先になっていると相手に自分勝手な人だと思われてしまうので、まずは相手を理解し尊重することを心がけましょう。

自分がひたすら我慢するのではありません。また、相手のわがままを茫然と許し続ける事もおかしいです。相手をダメ出しする前に自分の行動を再確認し、相手の気持ちに寄り添って過ごしてみましょう。同じ趣味を持つことで、相手の気持ちと共感できる部分が増えます。同じ趣味やスポーツをして、一緒の時間を楽しく過ごしてみることもよい方法です。

気持ちを溜めこまない

いいたいことがあったら我慢しないことです。我慢しすぎて爆発してしまう前に、相手に気持ちを素直に伝えるように心がけましょう。感情的になるのはNGで、相手を怒らせてしまう場合もあります。

何よりも普段からのコミュニケーションが大切です。普段からの会話がきちんとできていれば、相手の気持ちも把握でき、いいたいことがいえないという事態にはなりません。

雰囲気がよくなる明るい話や楽しく笑える話などをして、二人の雰囲気を和やかにすることを意識してみましょう。また、相手への伝え方も工夫することです。強くダイレクトに話すのではなく、優しく冗談まじりで話す方が相手も受け入れやすくなり、理解してくれます。

相性の良い人とベストカップルになろう

相性のよい人をみつけたいと考えすぎてしまう方も多いですが、実は、相性のよい人は類は友を呼ぶという言葉があるように、自然に結びついていきます。もし、好きになった相手と喧嘩が多く、疑問を感じた場合は相性をチェックしてみるとよいでしょう。

相性がよくても喧嘩する場合もあります。万が一相性が悪くても、相手のことが好きで思いやる気持ちさえあれば、素晴らしいカップルに成長できます。相性が悪いからといって相手を嫌うのではなく、相手のよい部分をみつけて、自分も相手に好きになってもらえる努力や工夫をすることが大切です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール