• HOME
  • 恋愛
  • 男友達が恋愛対象になったとき|接し方や思いを伝えるための行動とは
恋愛

男友達が恋愛対象になったとき|接し方や思いを伝えるための行動とは

今まで友人関係を保っていた男友達が急に眩しく見え、自分の心境に変化が生じることがあります。これまでの彼との関係を壊さないようにしつつ、恋愛対象として彼から見てもらうためにはあるコツが必要です。まずは自分の思いを伝えることから始めましょう。

もし好きになってしまったら

自分の周りにいつもいる男友達。気を使わずに楽しく話ができて、頼りがいのある友人だと思っていたのですが、ふとしたことをきっかけに恋心が芽生えることがあります。自分の気持ちが変化する場合と、男友達の方の気持ちに変化が起こることも。

もし、今までと違った感情が芽生えてきたならば、今まで通りの友達付き合いをどう前進させていけばよいのでしょうか。いつまでも自分の気持ちを隠しておけない、と悩む女性も多いのではないでしょうか。

今回は、男友達に恋心を持ったときにとるべき今後の行動や、相手が逆に自分を好きになるのはどのような状況のときなのか、などを分析していきます。また、一般的に女性はどのようなときに、男友達を恋愛対象として見るようになるのかについても、見ていきましょう。

男友達がいてよかったこと

ここでは、男友達を持つことのメリットやよかったなと思うことについてまとめてみました。その男友達を好きになるかならないかは別として、異性の友人がいることによって得られること・プラスになることを確認しておきましょう。

男目線のことを教えてもらえる

男友達が周りにいると、女性同士の仲間よりもいろいろとためになることがあります。その中のひとつが「男性からみた考え方・感じ方・価値観を教えてもらえる」ということです。彼氏と話をしていても、ある意見が彼本人の独自の考え方なのかどうかの判断ができません。

彼氏以外の男性の一般的な意見を率直に聞くことができる貴重な機会なのです。男性と女性とでは、考え方が大きく違うことが多々あります。これはもともとの性質もありますが、小さい頃から育ってきた環境や教育方法の違い、また姉妹や同性の友達からの影響など、さまざまな要因があります。

女性同士で話をしても、「男性の気持ちや行動が理解できない」と悪口のみになりらちが明かないことがあります。男性の気持ちを女性側から考えてみても、分からないことだらけということも多いのが現状ではないでしょうか。

そのようなときに、男友達から率直な意見をいってもらうと、謎が解けてそうだったんだ、と腑に落ちることがあります。つまり考え方の幅が広がります。こういった意味でも男友達は貴重な存在です。

自然体でいられる

自分の好きな彼氏や片思いの男性の前では、女性は誰もが自分をよく見せたいものです。大分背伸びをして、本当の自分ではない姿を見せようとしてしまうものです。つまり本来の自分らしさがあまりない状態ともいえます。

彼氏といるときとは違い、男友達の前では、化粧をきちんとして服もおしゃれに着飾るということは必要がありません。少しひどい素の姿を見せても、全然気にしません。また、何かを食べるときにも、大きな口でパクパクと食べることも平気なものです。

また、ときには他の女友達と一緒になり、少し下品な話題や下ネタなどの話題にも気を使いません。相手を異性として全く見ていないという場合は、自分本来の本音で接することができるのです。 

何かあったとき助けを求められる

男友達を持って本当によかった、と思う瞬間のひとつは「女性だけではできない力仕事や配線などのメカニック関係のことで助けてもらえる」ということです。女性同士ではなかなか対処できない修繕や、大工仕事、また高い位置にある電球の取り換え作業などもそのひとつ。

さらに引っ越しのときに軽トラを運転してもらう、バーべキューでは火おこしをしてくれる、など割と古典的な男性ならではの力仕事・火を起こす作業などが挙げられます。男友達もこれらを仲間内ですることで、とても感謝されると嬉しい気持ちになるものです。

好きなものを食べられる

自分の好きな人や付き合い出したばかりの彼氏の前では、デートで何かを注文するときにとても気を使ってしまいます。大きい口を開けて食べるハンバーガーやピザ、大きいステーキなどガッツリ系の食事はつい避けてしまいますね。

しかし、男友達とならそのようなことは一切ありません。なんでもそのときに食べたい、と思ったものを注文できます。また、彼氏が嫌いな食べ物はデートでは自分も注文をしにくいものです。

彼氏が「大丈夫だよ、オーダーしていいよ」といってくれても、やはりなかなか頼むことはできないもの。男友達と一緒のときには、彼氏が苦手なメニューも堂々とオーダーできます。

どんなときに好きになった?

今まで全く異性として意識をしなかった男友達。しかし、ある日を境に急に異性としてキラキラと輝いて見えることがあります。そして異性として意識して好きになる瞬間があります。この主な例について見ていきましょう。

優しくしてくれたとき

とてもシンプルな理由ですが、女性は好意を持っている男性から優しくされると、とても嬉しいものです。例えば、二人でいるときに重い荷物をさっとさりげなく持ってくれる、女性の体調がすぐれないときに差し入れをしてくれる、などの気遣いなどです。

そしてその優しさを感じたときに、それがきっかけで男友達が異性として見えるケースもあります。他の女性にも同じことをしているの?できれば自分だけに特別にしてくれていると思いたい、というちょっとしたジェラシーを感じたら、それは男友達を好きになっている証拠かもしれませんね。 

女性と一緒にいたのを見たとき

男友達を意識しているのか、というときに分かりやすいポイントが、他の女性に対する嫉妬心が芽生えたときです。人間は男女共にいえますが、好きな人や特別な人が、自分以外の同性の人と親しく楽しそうにしていると寂しい気持ちになるものです。また、自分が好きな人に対して少々怒りを感じることも。

このように、男友達が彼女かどうかは不明の、女性と一緒にいる姿を見てしまうとなんとなくモヤモヤとした嫌な気持ちになってしまうときは、相手を好きというサインといえるでしょう。そして、その日からどんどん自分が不安な気持ちになります。

もし、彼が他の女性と一緒の姿を見て嫉妬心を感じたのならば、それはほぼその人を異性として好きになっているといえるでしょう。

距離が縮まったとき

実感的にとても分かりやすいパターンのサインのひとつに「二人の距離が今までより縮まった」というものがあります。ずっと今までは複数人で行動していたのに、急に二人だけで食事に行こう・出かけよう、という風に誘われる場合などです。

今までは大勢でしか会うことがなかったのに、二人きりになっていろいろ話をして一緒に過ごすことで、グッと距離が近くなった気がする・自分にとってより近しい存在になった、というときにふと特別な気持ちになるようです。

大人数で話すときは、周りの人たちの話に合わせていたけれども、二人でじっくり話すことで共通点が多くあることが分かった、などの新発見もあるかもしれません。

男を感じたとき

男友達は、お互いに男女という性別を超えた仲間・友達です。もともとは男友達には異性の要素をあまり感じていなかったという場合が多いと思います。しかし、ある日を境に急に男友達に今までとは違う印象を持ち、男らしさと感じることがあります。

例えば、今までは何も感じずに手をつないでいたり、肩を組んだりなどをしていましたが、ある日突然、手の大きさや力強さを感じ、男性面を感じるようになった、などの何気ないきっかけがあります。

また、今まではプライベートでカジュアルな服装しか見ていなかったけれど、仕事でスーツを着こなしてビシッと姿勢も正している姿を見たときに男らしさを感じた、などのケースもあります。

さまざまなきっかけがありますが、今までのイメージとは違う面を見てドキッとしたときなどに、友達から異性へと気持ちが変化することが多いようです。

好意を感じたとき

人間は男女共に、自分に対して好きになってくれる人・好意をもってくれる人に対して、とてもプラスのイメージや好意を持つ傾向があります。自分のことが好き、という人とは人間関係も築きやすいというメリットも。

また、なんといってももともと友達として接してきているので、こちらからも好意のお返しがとてもしやすいですね。今まではあまり異性として意識していなかったけれども「自分に対してこんなことをしてくれる」と感じると、急に異性として見えるということもあるようです。

そして、お互いが意識しあっている状態になったら、今度は自分からも積極的に好意を行動で出してみましょう。男性は鈍感な人も多いものなので、まったく分からないようなやり方はNGです。明確にわかる好きという気持ちを、ところどころでアピールする必要があります。

ギャップを感じてしまった

近年よくアンケートや街頭インタビューなどで多い回答が「ギャップのある人」というワードです。特に女性は、異性にギャップを感じたときにキュンとしてしまう、という人が多いようですね。また、「ツンデレ」という言葉でもよく表されます。

例えば、普段はスポーツばかり一生懸命していて、超体育会系の世界にいる男性が、実は猫が大好きで写真を見たり本物の猫を見るとデレデレとする姿。

また、ガタイがよくかなり強面なのに実は甘党である・普段長袖を着ているとかなり痩せて見えるけれど、薄着になるとかなり二の腕の筋肉が盛り上がっている、などが挙げられます。

そして、趣味趣向や普段の行動だけでなく、自分に対しての態度のギャップにも女性は胸がキュンとしてしまうもの。例えば、普段は言葉使いも少々荒くてぶっきらぼうな彼が、道を歩くときにさり気なく自分が車道側に入れ代わりさっと腕を添えて守るしぐさなど。

このように、普段はそっけなくて冷たいように思えても、ふと自分にだけ優しい態度や言葉が出ると、異性を意識するようになるのです。

好きになったらどうする

自分では予測していなかったけれども、男友達を意識するようになり好きになってしまった…。このようなときには、どのように行動をしていけばよいのでしょうか。おすすめのアプローチ方法はいろいろあります。そのいくつかを取り上げましたので、早速チェックしてみましょう。

二人でいる時間を増やす

自分が男友達に好意を持っていることを自覚したならば、次は早速行動に移すという積極的な女性もいます。自分の溢れる思いを隠し切れないと自覚している人や、恋愛に対してはいつも積極的に行動するタイプ、などです。

いつも通りにグループで一緒に行動をすると、その男友達に会うことは可能です。しかし、自分の存在を今よりも大きなものと感じてほしい、という場合はただ時間だけが過ぎることにもつながります。まずは、手始めに自分と彼の二人だけで話をする機会を増やす工夫をしてみましょう

しかし、グループの中であからさまに彼だけを独占すると、周囲の友達から浮いてしまうことにもなり男友達も気まずい思いをすることも考えられます。そこでおすすめしたいことが「彼に悩みを相談する」ということです。その内容はどんなことでも構いません。

男友達は相談を持ちかけられると、「自分は頼られている。何か力になりたい」、「この人を守ってあげなければ」という気持ちになり、自分を頼ってくる女性がますます気になるという好循環になることが多いのです。

はるか昔から「お互いに悩みや恋愛相談をしているうち、恋心が少しずつ芽生えた」というパターンが多いことは、このような心理状況があるからなのでしょう。

好きな人がいるか聞く

周りの友人に聞く

異性として意識し始めた男友達に対して女性は、本当は別の女性が好きなのでは?自分のことを果たしてどう思っているのか?ということは大変気になります。もちろん直接彼にズバリと聞くことができれば、なにも問題はありません。しかしそれがなかなかできないのが恋愛の難しいところです。

もし、自分で直接聞けないというならば、男性の周りにいる親しい人などにさり気なく聞いてみる方法があります。同性の友達同士では、好きな女性について話しをしたり相談をすることも多いものです。親しい友人であれば、知っている可能性が高いかもしれません。

しかし、このように彼の友人に聞くということは、自分が彼に対して好意があるということがかなり高い確率で友人に分かってしまうことでもあるのです。まだ付き合う前なので、誰にも自分の気持ちを悟られたくない、という女性はこれは避けた方がよいでしょう。

一方で、彼の友人に聞くという行動は、あわよくばその人も縁結びのための協力者になって貰える、というメリットも考えられます。友人の人柄をみて、聞くべきかどうかを判断するとよいでしょう。

しばらく様子を見る

男友達に自分から彼の気持ちを聞けない・周囲の友人に聞くことは躊躇してしまう、という場合も多いことでしょう。大人になると学生時代の頃のように、周囲では恋愛モードで恋愛第一主義という人も少なくなりがちです。また、あまり大っぴらに恋愛について話す機会も減っていきます。

このような場合は、しばらくは彼(男友達)の様子をじっと伺って観察する、という方法をとってみましょう。彼を観察すると、好きな人の前に出ると目線や表情が一気に変化する、という光景がみられたならば好きな女性が他にいるとみてよいでしょう。誰に対しても同じ態度ならば、他の女性で気になる人はいない可能性が高いと予想されます。

直接本人に聞く

そして、彼との仲を進展させる方法のひとつに「直接男友達に好きな人がいるのかを聞く」ということです。なんの計算もしないストレートな方法ですので、彼は唐突に聞かれるとびっくりしてしまうかもしれません。そして正直にいる・いないと答えてくれる場合と、本当はいてもかわされてしまうこともあります。

本人に好きな人がいるかを聞くことは、正確で一番はっきりとしたことがわかる方法です。また早く事実を知りたい・白黒とにかくはっきりさせたい、と思う女性であればこの方法をとることでしょう。

しかし、もし彼が自分のことを好きと思っていても、今は告白のタイミングではない、と思っているかもしれません。また唐突過ぎて心の準備ができていないことも。このときは、あまり彼を問い詰め過ぎずに、彼の態度や表情・目線などからヒントを読み取りましょう。ここである程度気持ちがわかります。

ストレートに話す

女性は告白をしてもらいたいという人もいますが、自分からでも告白をする、というタイプの人もいます。もし男性が自分を意識していて好意を持っているな、と感じたら自分から気持ちを正直に伝えてみてもよいですね。しかし、この場合はある程度の覚悟が必要です。

告白をすることで振られてしまい、今後の友達関係に影響をしてくることもあります。しかし、どちらかが告白をしなければ関係は平行線のままです。告白を女性からすることで、さらに彼に自分を意識してもらうという意識づけをするきっかけにもなります。

▼さらに詳しい解説はこちら。告白仕方や注意したいポイントなどまとめています。
思いを伝えたい。女性の告白の仕方、告白の成功率を上げよう

焦らずじっくりと

いろいろな進展の方法を考えてみたけれど、勇気がでないのでまだ具体的な行動ができない、できれば彼からの告白を待っている、という女性も大変多いと思います。男性からの告白で恋愛がスタートすることが理想、と考える女性もたくさんいます。

両想いにはなれればいいけれど、今の状態をしばらくキープして友情関係をまだ保ち様子見をする、という方法もあります。焦らずにじっくりとグループの中でお互いを観察して、理解を深めるという方法です。今まで築いてきたよい友情関係を崩さずに、状況が自然に変わることを待つという手段もありといえます。

男友達に好きになってもらうには

男友達が急に魅力的に見えて、異性として意識するようになったら、次は彼にも自分を意識してほしい、と感じることでしょう。男友達に自分を好きになってもらうには、どのように動いていけばよいのかと悩みがちです。ここでは、アプローチするための行動パターンをいくつか挙げていきます

女子を意識させる

大勢のグループの中で接していると、彼に女性として見られていないかもしれない、と感じることでしょう。その場合は、意識的に自分から女性として見られるための行動も必要です。外見や内面的なことの両方で、女子力をアップさせると、男性はその変化に驚き女性として意識することになるでしょう。

女性が男性を好きになる瞬間は、今まで気付かなかった男性っぽさを知ったときが一番多いようですが、男性が女性を意識する場合も全く同じなのです。今まで知らなかった一面や女性らしさ・可愛らしさに気が付くと、知らぬ間に好きになるというケースが多いようです。

しかし、この女性らしさがポイントです。どのようなことが女性らしいのか、は男性によってどれぞれ違います。外見的な女性らしさを求めているのであれば、服装や髪型、メイクなどに工夫を凝らし、女性らしさをプラスします。

また、仕草や趣味などの内面的なことを主にチェックしている男性ならば、料理やお花などの趣味をアピールする、など男性によって女性らしさをアピールする内容を変える必要があるでしょう。全てにおいて気を付けたいことは、大げさすぎないように、ごく自然に自分らしくみせるということなのです。

男友達の好きなタイプになってみる

気になる男友達に対して、どう変化していけばよいかが分からないときは、彼の好きなタイプをさりげなく聞き、その女性像に近づけるというやり方もあります。彼好みの女性目指す、という方法です。また、昔好きだった女性について、どのような人だったかをリサーチしてヒントにしてみることもできますね。

しかし、男友達が好きなタイプが、自分とは全く逆のタイプの場合、急にその理想像に近づくということは不可能です。そして突然ぱっと変わっても不自然と思われてしまいます。このような場合、好きなタイプの女性のほんの一部の要素を取り入れてみる、ということから始めましょう。

ギャップを狙う

女性が男性に対して魅力に感じる「ギャップ」ですが、これは男性側も同じようです。普段見せないような行動や表情、そして髪型やメイク・服装などに思わず胸が高鳴りだすということが発生するのです。男性もギャップが好きな生き物なのですね。
例えば、今までロングヘアでしっかりとカールをつけてブローをしていたならば、バッサリと短く髪を切ってボーイッシュにしてみる。

また、普段はカジュアルな服装なのに、女性らしいワンピースや可愛らしい感じのスカートを穿いてみる、夏祭りに髪をアップにして浴衣を着る、など普段とは違う自分をアピールしてみましょう。また、女性らしいエレガントな香水やトワレなど香りを上手に使うこともおすすめです。

周りに気づかれないようにする

男性は自分に好意を持ってくれること、とても嬉しく自分の自信にもつながります。また、自分が意識している女性であれば喜びはなおさらです。しかし、いままで男友達でいたという周りの目をどうしても気にしてしまうことでしょう。

自分たちだけイチャイチャして目立ってしまうと、周囲の友達から浮いてしまう・両想いが気付かれると恥ずかしい、できることなら仲間内では自然に接したい、などの思いがさまざまよぎります。

他の友人たちとも今まで通り、仲間として付き合いたいという考えならば、周囲の人にできるだけ最初は気付かれないように、細心の注意を払いましょう。両想いになって関係が落ち着いたときに、改めて周囲の人達に報告するという方法が望ましいのです。

男友達の脈ありチェック

好きという気持ちが芽生えた男友達に対して、今までと違った接し方やスタンスを持つと、相手も今までとの違いに気付くはずです。それでは、男友達も自分に対して好意を持ち始めたのでは?というサインには、どういったものがあるのでしょうか。いくつか例を挙げていきます。

視線を感じるようになったか

大勢の中で男友達の視線をよく感じる場合、相手が自分を意識している証拠といえます。男性は気になる人のことには、無意識に目線を向けているものです。これは好意をもっている人に対してしか行わない行為なのです。

最近、話の途中やふとした瞬間によく彼と目が合うな、と感じたらそれは好きのサインである可能性が高いでしょう。それでは視線が合ったときには、どう対応したらよいのでしょうか。話を彼や周りの人にするタイミングで微笑み返すようにしましょう。

そして、何度か目線が合ったら、次は視線を敢えて他の人や別のところに向けてみましょう。彼はここで何かを感じ違和感や胸騒ぎを心の中で感じますので、女性として意識をするきっかけになることも考えられます。

二人でよく会うようになった

最近、グループで行動するよりの二人で出かけることや食事に行くことが増えた、という場合は彼が自分を意識している可能性があります。特に彼からの誘いで出かけることが多い場合、その可能性は高いといえるでしょう。

そして、その誘い方にもチェックしたいポイントがあります。彼の誘い方が少し、遠回しな言い回しの場合は断られたらどうしよう、という不安と迷いがあるということです。「もし予定が空いていたら、〇〇へ行かない?」、「もしよかったら、○○の映画を見に行かない?」など、クッション言葉が入っている場合などです。

そして、お誘いの内容も自分好みの場所をリサーチしてくれていたり、前から行きたいと言っていたお店を予約してくれていた、などある程度の手間が必要になる内容の場合は、自分のために行動をしてくれているので好意を持っているとみてよいでしょう。

気遣いをしてくれる

日本人の男性は外国人の男性のように、スマートに女性をエスコートしたり気遣いをしてくれる、というタイプの人は少ないものです。しかし、女性のことが好きで気にかけている男性ならば、日常のちょっとした態度や言葉の端々、行動に気遣いや思いやりがでるものです。

例えば、風邪を引きかけのときに「体調はどう?」と優しく気遣ってくれる、大きな荷物以外でもちょっとした買い物でも荷物をさりげなく持ってくれる、などのふとしたときの行動や言葉に注目してみましょう。しかし、女性慣れをしている男性の場合は、少し状況が違います。

女性はこのようにすれば喜ぶ・男性としてかっこよく見られる、という計算の元で気遣いをする男性も中にはいます。このようなタイプの男性は、何かちょっとしたアクシデントがあったときに注意してチェックしてみるとよいでしょう。

こういった非日常の場面では、その人の本心がでるものです。無理をしてかっこよく見られたいだけで行動しているならば、アクシデントの際にメッキが剥がれることになるでしょう。

男友達を好きになってしまっても焦らないで

友達の一人だと思って接してきた男友達が、なにかのきっかけで急に男っぽく見えて、なぜかドキドキしてしまうという経験は多くの女性が体験していることでしょう。そして、だんだんと相手が気になり、意識するように。

気が付くとすっかり男友達から一人の男性として見ていて、好きになってしまう、という状況になっていきます。もし、このような状況の変化があり、男友達を好きになってしまっても、決して焦らないことが大切です。

もしかしたら、相手も自分に対して同じような感情を持っているかもしれません。または最初から恋愛対象として見ていて、気持ちに気付いてくれることを待っている場合もあるのです。もし、自分の気持ちに気が付いたなら、少しずつ今の友達同士の関係から変化するような行動をしていきましょう。

大勢で過ごすよりも二人の時間を多めに作る、個人的な話や相談をしてみる、女性らしい髪型や服装をしてみる、など自分に変化をつけると男性にもその思いが伝わるきっかけになります。もともとが友人同士の二人です。思いがもし通じて付き合うことになれば、より親密な信頼関係を築くことができることでしょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール