• HOME
  • 恋愛
  • 男性を好きになりたいのになれない|悩みを持つ女性たちへの処方箋
恋愛

男性を好きになりたいのになれない|悩みを持つ女性たちへの処方箋

男性を好きになりたいのに、なかなか一歩踏み出すことができない。そして気づいたら恋愛から遠ざかってしまっている、という女性もいることでしょう。そのような「好きになれない自分」から脱却するにはどうすべきでしょうか?その対処法をみていきます。

好きになりたいけれどという気持ちは自ら動かないと消せないもの

好きになりたいけれどなれないという気持ちは、待っていても誰かが消してくれるものではありません。男性を好きになるためには自分から動き努力をしなければ、良い方向には行かないのです。

好きになりたいけれどなれない、好きになりたいけれど怖いと感じていても、まずは少しずつ今の自分や環境を変えてその気持ちを消せるように動いてみましょう。今回は、そのような気持ちを持つ女性が、どういう考え方や行動をすればよいのかについて詳しくみていきましょう。

好きになりたいけどなれない感情の理由

男性を好きになりたいのになれないのはなぜなのでしょうか。さまざなな理由が考えられますが大きく分けて2つのパターンに分けることができます。自分に当てはまるのはどちらかチェックしてみてください。

好きになりたいのになれないという感情に陥る先天的な理由

そもそもなかなか人を好きになれない女性が多いのは、男性と女性とで恋愛に対する視点が違うという点が考えられます。男性は女性の外見という視覚を重視して好きになることが多いのに比べ、女性は男性の雰囲気など曖昧な視点で好きになることが多いのです。

視点がはっきりしていないからこそ、好きになりたいと思っても時間がかかってしまったり迷いが生じたりしてしまいます。そうすると結果的に好きになれないことがあるのは、当たり前なのです。

好きになりたいのになれないという感情に陥る後天的な理由

好きになりたいのになれない理由の2つ目は、過去の恋愛に対するトラウマや自分に自信が持てないなど後天的なものです。元彼に浮気をされた、辛い恋愛をした経験がある、男性に自分を否定されたなどさまざまでしょう。

たしかにトラウマがあったり自信が持てなかったりすると、なかなか好きになりたいのになれないですしそれを克服することはとても大変です。ただ、新しい経験や考え方によって十分その考え方を変えることはできるでしょう。

好きになれる自分に近づく主観的アプローチ

それでは、男性を好きになれる自分により近づくためにはどんなふうに自分を変えていけば良いのでしょうか。すぐにできそうな行動を見つけてみましょう。

自己肯定できる女になるように習慣を変えよう

自分に対して否定的になってしまっている人、それによって自信が持てない人は好きになりたいという気持ちがあっても行動できいことがあります。中には自己否定やネガティブな考えを持つ癖がついている女性もいるでしょう。もしそういう考え方の癖がついているのなら、自分を肯定する習慣を身につける努力をしてみてください。

自分の悪い部分を見つけて落ち込むのではなく、自分の良い部分を見つけて伸ばす。自分を否定する環境や人から自分を遠ざける癖をつけるなど、方法はさまざまです。そういう習慣を少しずつ身につけていくと、次第に好きになれる自分に近づくことができるでしょう。

過去の恋のトラウマを克服するには3つの勇気を

もし過去の恋愛が原因でトラウマを抱え、それによって好きになりたい気持ちを失っているのならそのトラウマを克服するための努力をしてみましょう。

思い出す勇気で過去に向き合おう

トラウマとなっている恋愛の経験を無理に忘れようとしたり向き合うことから逃げてしまったりすると、逆にいつまでも忘れられないものです。そして、ふとした瞬間に思い出してしまうこともあります。そうなると好きになりたい気持ちを大きくすることはできません。

あえてその出来事を思い出し、感情や今の気持ちを整理することでどうすれば克服できるのかが見えてくる可能性もあるのです。向き合うのは辛いことかもしれないですが、前向きな気持ちになるためにも少し頑張ってみてください。

消す勇気で過去にサヨナラを

過去の恋愛に未練があり、そのせいで新しい男性を好きになれないのなら未練を感じるようなものを目の前から消し去ることも大切です。目に入る場所に過去を思い出すようなものがあると、何度も思い出してしまい好きになりたい気持ちより過去にすがる気持ちが大きくなっていまいます。

もし元彼と職場が同じなら思い切って転職してみる、元カレからもらったプレゼントを残しているのならすべて捨ててスッキリさせるなどすっぱりと気持ちを切り替えられるような行動をしてみましょう。過去にとらわれていることで、万が一素敵な相手が現れても、恋愛に踏み出せないことがあるのです。

口に出す勇気がもてたら次の恋のプロローグ

悪いことというのは心の中にため込んでいると、いつまでも消化できずモヤモヤとした気持ちばかりつのってしまうものです。過去の恋愛で辛かったこと、消したい記憶などはあえて口に出すことで、スッキリして忘れることができる可能性が高いでしょう。

信頼する友達などにひたすら話を聞いてもらい、中途半端になっている気持ちをしっかりと終わらせる努力をしてください。そうすれば男性を好きになりたいという気持ちが、いっきに湧き上がってくるかもしれません。

好きになれる自分に近づく客観的アプローチ

男性を好きになりたいなら、気持ちの部分だけではなく実際に行動をすることも大切です。まずは体を動かして気持ちも一緒に動かしてみましょう。

外に出て男性と会う機会を作る前に新しい自分探しを

ずっと家の中に閉じこもって人や新しいものに接しない生活をしていると、どんどん気持ちが落ち込んでしまい好きになりたいという気持ちを忘れてしまうこともあります。外に出れば新しい出会いや気持ちの切り替えなど、心を動かす何かと触れ合える可能性があります。

もちろん男性と出会うことが全てだとは考えず、新しい自分を探すという考えで外に出るようにしてみましょう。今まで行かなかった場所に行ってみる、新しい趣味を始めてみるなどという経験が自分の新しい価値観を切り開くきっかけになることもあります。

カウンセリングを受けるのも思わぬ効果が

自分自身では過去の恋愛から脱却できないと感じたら、思い切ってカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。カウンセリングでは、客観的に自分と向き合う方法を教えてくれたり知らなかった自分の気持ちに気付かされたりと、一人では見えなかったものに気づかせてくれることがあります。

そうすると過去を乗り越える道すじが見えてきて、今までよりも気持ちが楽になる場合や男性を好きになりたいという気持ちが大きくなる場合があるでしょう。

ただし、カウンセラーも人間ですから、合う人も合わない人もいて当然です。もし合わないと感じたら遠慮なく変えて、自分をポジティブにしてくれるカウンセラーとの出会いを大切にしてください。

自分が動いて変わらないと相手も変わらないという鉄則は忘れずに

「好きになりたい」そう思うことはとても素敵なことであり、大切にするべき気持ちです。その気持ちを忘れないうちに、行動したり意識を変えたりしてどんどん自分から動くようにしてみてください。

そうすれば周囲からの見方や感じ方が変わり、良い出会いや好きになるきっかけをくれる人との出会いが待っているかもしれません。どんなタイミングでそれが訪れるかはわからないので、自分の意識を変えて準備しておきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール