生き方

人付き合いが苦手でも大丈夫|無理せず自分を幸せにする生き方とは

人付き合いが苦手な人にはどんな特徴があるのでしょうか。人付き合いが上手な人には、わからない行動や特徴があります。その行動によって損をしてしまうことも考えられます。そんな人付き合いが苦手な人の特徴や付き合い方についてお伝えします。

人付き合いが苦手なのは悪いことなのか

人との付き合いが苦手だということはそんなに悪いことなのでしょうか。世の中には、人付き合いが上手な人もいれば苦手な人もいます。人付き合いというのは、どんな生活をしていても避けることは難しいといえます。そのため、人付き合いが苦手な人にとってはストレスに感じてしまうことも多いでしょう。

そして、人との付き合いが苦手だと感じる理由はどこにあるのでしょうか。ストレスになってしまうほどの感情が沸くには理由があるはずです。彼らのなかには、できれば人付き合いをストレスなくこなしたいと悩んでいる人もいるはずです。

人付き合いが苦手な人が少しでも人を克服するために必要なことや、考え直すべき点などについて見ていきましょう。そして、人付き合いが苦手な人を理解して付き合うための方法を知って、上手に付き合っていくポイントについても考えていきましょう。

自分視点で物事を見ていくのではなく、人付き合いを苦手とする人の気持ちを知ることもバランスのよい人間関係を築くメリットとなるでしょう。人付き合いが得意な人も一度考えてみるとよいでしょう。

人付き合いが苦手な人の特徴

人を苦手だと感じる人付き合いが苦手な人に多く見られる特徴には、どのようなことがあるのでしょうか。

大勢の人が苦手

二人以上の人間がいると話せなくなってしまうという場合があります。1対1であればもう少し気楽に話すことができるのに、複数になると話すことができなくなってしまうのです。それには、コミュニケーションが得意ではないので、どのタイミングでどのような会話をしてよいのかわからないという理由があります。

そして、会話が繰り広げられる中で、どのような返答をしたら変だと思われないのかなどと考えているうちに、会話が終わっていたりするのです。そのため、言葉を発することなく終わってしまうこともよくあります。誰かに変な人だと思われたくないというプライドが邪魔をするため、複数人となると話せないのです。

初対面の人に緊張してしまう

人付き合いが苦手な人は、初対面の人に対して極度に緊張してしまうという特徴があります。これは、人に慣れるまで時間が掛かってしまうためです。人付き合いが苦手な人でも、しばらく一緒にいて慣れてくれば緊張せずに話すことができます。慣れるまでに非常に時間が掛かるのです。

人付き合いが得意な人でも、初対面の人に対しては多少緊張します。しかし、人との付き合いが得意でない人はそれ以上に時間が掛かり、見えない所で頭をフル回転させているのです。自分をどんな風に思うだろうかや、変だと思われないだろうかなど会う前から考える癖があるのです。

頭がいい

頭がいいがために相手のことを考えすぎてしまう傾向があります。これは、自分がいい人だと思われたいというプライドや、バカにされたくないという気持ちが強いことから考え過ぎてしまうのです。元々優等生だった人などに多いです。

そして、常に人が自分をどう見ているのかが気になり、頭の中でグルグルと考え続けています。自分をバカにしない安心できる相手であればフレンドリーに接することができるのですが、どういう相手なのかわからない場合は警戒心が強くなってしまうのです。

自分に自信がない

自分に自信がないので相手に対し劣等感を感じやすくなってしまうというケースもあります。自分に自信がないため、相手に嫌われることを恐れたり嫌なことをいわれるのではないかと疑心暗鬼になったりします。これも、自分に自信がないことで思ってしまうのです。

どんな人でも自信満々という人ばかりではありませんが、自信はなくてもありのままの自分で人と接します。しかし、人との付き合いが好きではない人はプライドが高いため、自信がない場合は傷つくことを避けて人と接することを避けようと考えるのです。

人付き合いができるようになるために

人付き合いが苦手な人が人付き合いを円滑にできるようにするためには、どんなことを意識したらよいのでしょうか。人付き合いをストレスなくこなせるようになるポイントについてお伝えします。

自分へのハードルを下げる

人付き合いが苦手だからといって、必死に人付き合いを意識しながら過ごす必要はありません。人付き合いしなくてはいけないといった考えを持たないことも重要です。人付き合いが上手な人は輝いて見えるはずです。あんな風に話せるからみんなに好かれると思い込んでしまうのではないでしょうか。

しかし、人付き合いが上手な人も大した技術を持っているわけではなく、素直に話しているだけなのです。何度もコミュニケーションを計る中で少しずつ慣れていっただけなのです。人と上手に付き合わなくてはいけないというプレッシャーなど自分に対するハードルを下げることも大切です。

周りの目を気にしない

人付き合いが苦手な人には、嫌われることを恐れる傾向があります。嫌われたくないために、あまり表に出過ぎないような行動を選ぶのです。誰でも人に嫌われるよりも好かれたいと考えますが、自分に嘘を付いてしまうことはストレスにつながります。

自分に自信を持てる行動を取っているのであれば、嫌われても構わないと堂々としているべきです。相手に嫌われてもかまわない、という気軽な気持ちで人に接することができれば人付き合いを克服する一歩となるでしょう。考え方や個性が違うのは当たり前のことなので、小さなことでクヨクヨする必要はないのです。

自分から人を好きになってみる

人に好かれたいという思いが強いのは、人との付き合いが苦手と思っている人によくあります。人に好かれることばかりを気にするのであれば、自分から人を好きになってみましょう。好きになってもらう努力より、好きになる努力をするほうが簡単なのです。

恋愛と同じく、片思いであっても好きな気持ちは自然に沸くものです。人を好きになり、歩み寄っていくことからはじめてみるとよいでしょう。すべて受け身でいるのは、都合のよい話です。人を好きになることができたら、自然に人も寄ってくるでしょう。

人付き合いが苦手なことを受け入れる

人付き合いが苦手であることを受け入れることはとても大事です。人との付き合いが苦手なことをオープンにすることによって、周りの人の理解を得られることもあります。もちろん全員ではないかもしれませんが、自分のありのままを受け入れて自分と付き合うのは大きな一歩となります。

人付き合いが苦手でも死ぬことはないのです。まずは、人付き合いが苦手な自分を見つめ受け入れることで、次の対策に進むことができるのです。人付き合いが苦手な人は、人付き合いが出来ない自分を認めることも重荷になってしまう場合がありますが、それは単純に自分のプライドが邪魔をしているだけなのです。

しかし、プライドのために自分を苦しめるのであればそのプライドは必要ありません。プライドを手放すことで、自分を解きはなつこともあるのです。自分が大切であれば、自分を楽にしてあげるのも自分なのです。

聞き役に徹してみる

話すことが苦手であれば、聞き役に徹してみるのがよいでしょう。聞き役であっても、人の中に入ってみることが大きな進歩になります。相槌をうつだけなので相手に嫌われることも少ないという安心感があります。

そして、聞き役になりながら話し上手な人の会話を学ぶことも大切です。ただボーっと聞いているのではなく、人の行動を観察して徐々に少しずつ会話に入れるようにしていくとよいでしょう。肝心なのは焦らないことと失敗を恐れないことです。

誰にも得意、不得意はあります。自分がわかる話題のときもあれば、そうでないときもあります。そして、メンバーの中でも話しやすいときとそうでないときがあります。自分が話せるチャンスがあるときに、チャレンジしてみるとよいでしょう。無理そうな状況のときは、聞き役をすればよいのです。

人付き合いが苦手な人との付き合い方

どんなことを意識して、人との付き合いが得意ではない人と接するべきなのでしょうか。人付き合いが苦手な人を理解して付き合うポイントを知りましょう。

相手と自分の共通点を探す

人付き合いが苦手な友達や同僚などと上手に付き合っていくには、相手と自分の共通点を見つけることです。相手が何が好きなのかを上手く聞き出してみるとよいでしょう。好きな話題だと相手も楽に会話ができるので、会話に入りやすくなります。

例えば好きな音楽や映画などが同じであれば、相手は自分が得意な分野について話すことができるので安心します。自分が得意で知識がある話題は、自信を持って話すことができるからです。周りの人が知らなくても自分は知っているという優越感があるので、不安感なく話すことができるのです。

そして、相手が詳しい分野について振ってみるのもよいでしょう。あまり詳しくなくても、興味があり知りたい気持ちを伝えれば、相手は話すことができます。相手が得意なことを少しずつ引き出していくことが重要なのです。

自分のペースになりすぎないこと

人付き合いが苦手な人は自分を抑えてしまいやすいので、自分のペースではなく、相手のペースにも合わせてあげるとよいでしょう。複数の人数が苦手なのは、相手のペースになってしまいやすいというポイントがあります。自分のペースで話を進めてしまうと、彼らはどうしてよいのかわからなくなってしまいます。

相手を巻き込むような会話を心掛けていくことが大切です。自分が進めながらも、相手が無理のないような振り方をしていけば、相手も安心して参加することができます。わからない人も多いかもしれませんが、人のペースに圧倒されてしまう人もいるのです。

人付き合いが苦手な人が、人の輪に入ってくることは大きな進歩です。その中で、少しでも会話を楽しめるような配慮を考えてあげることが大切です。

人付き合いが苦手なのは悪いことではない

人付き合いが苦手なことは決して悪いことではありません。誰でも得意、不得意があり、人が苦手という人もいます。人との付き合いが苦手であってもネガティブに捉えず、自分の特徴のひとつだと考えていくことが大切です。

苦手なら一切しないのもOK

人付き合いが苦手なことを克服しなければと、無理に付き合えばさらにひどくなってしまいます。無理だと感じた場合は、一切遮断してしまうのも手です。一人でいたいのであれば、一人の時間を作ることも大切です。すべての人との付き合いを受けなくてもよいのです。

どうしても参加しなければいけない場合は参加をして、行かなくてもよい場合は参加しなければよいのです。無理に引き受けてしまうと、もっと人嫌いになってしまいストレスが強くなってしまいます。

苦手なことより得意なことをしよう

苦手なことでストレスになるくらいなら、自分の得意なことで社会に出るのも手です。人付き合いを最低限に抑えて、自分が楽しめることを優先することでストレスから解放されます。苦手なことを克服することばかりを意識せずに、自分の長所を活かす方法を選ぶことも大切です。

まず自分をフラットにさせ、人付き合いが苦手なことを悪いことだという意識を捨てましょう。無理せず、できることからはじめていくことで、自分が生きやすくなります。そんな中で、自分が合う人と接していくことだけで十分な生活になるかもしれません。まずは、得意なことを活かしていきましょう。

人付き合いが苦手でも幸せに生きよう

人付き合いが大きなプレッシャーとなりストレスを抱えてしまう原因になってしまいます。そして、周りには変わった人だと思われているのではないかという意識や、人付き合いをしなければいけないというストレスは大変つらいものとなってしまいます。

そして、人付き合いが苦手ということの理解を得ることの難しさもあり、人として落第者のような気分を味わうこともあるでしょう。しかし、人付き合いが苦手なものはラーメンが苦手だというのと同じで、人の個性のひとつで、決して、特別なことではないのです。

少なからず誰もが多少持っている部分であり、人付き合いは出来てもあまり好きではない人も多くいます。人付き合いが得意でなくても幸せに生きることはできます。まずは、自分を受け入れてみることからはじめてみましょう。

一人の時間を好むのであれば、無理なく時間を作ればよいのです。そして、少しでも克服したいという思いがあれば、友人などに理解をしてもらい少しずつ人付き合いのコツを学んでいくとよいでしょう。無理せず少しずつでよいのです。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール