• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 転職活動に必要な期間と長引かせないために気を付けたいこと
転職

転職活動に必要な期間と長引かせないために気を付けたいこと

転職は適した期間とタイミングがあります。それを考慮して求職活動をした方が、内定率が高くよい転職先に巡りあえる可能性が大きくなります。転職活動に必要な期間と適したタイミング、長引かせないための注意点について挙げていきます。

今が転職活動のベストタイミング

転職したいとは思っているが、なかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

しかし転職は自分の望むタイミングでいつでもできるというわけではなく、適した期間とタイミングがあります。それをきちんと考えて求職活動をした方が、内定率が高くよい転職先に巡りあえる可能性が大きくなります。

転職活動に必要な期間と適したタイミング、転職活動を長引かせないための注意点について記しています。

転職活動に必要な期間の平均

転職活動のステップは大きく分けて「事前準備」「情報収集」「履歴書や職務経歴書等の書類作成・エントリー」「面接」「内定・引継ぎ・退職」のステップがあります。

職種や業種。個人により多少の差はありますが、一般的には事前準備から内定をもらうまで平均で2~3か月かかるケースが多いです。

新卒の就職活動との大きな違いの一つに、転職時期やタイミングがあるでしょう。一括で対象採用する新卒の就職活動と違って、中途採用は欠員の補充や新規事業立ち上げのスタートメンバーの募集であることが多いため、今すぐ働ける即戦力の人材を求めています

スケジュールは新卒と比べてタイトになるので、事前準備をしっかり進めてこれからのキャリアを考えておくことが重要です。

設定する転職活動期間の目安

やみくもに転職活動をスタートさせても、ゴールが見えなければストレスになってしまいます。そのためにもまずは転職活動する期間の目安を知り、全体のスケジュールを把握しておくことが大切です。

では、設定すべき転職活動期間の目安はどれくらいなのでしょうか。転職活動では今の仕事を続けながら並行した転職活動をする場合と、今の仕事を辞めてから転職活動する場合の2パターンがあります。それぞれのパターン別に、最適な転職活動の期間を見ていきましょう。

働きながら転職活動をする場合

働きながら転職活動をする場合は、転職活動の目標期間は平均の3ヵ月よりも短めに設定するとよいでしょう。これは在職中の場合はどうしても活動期間が長くなってしまうためです。

在職中であれば経済面での不安や危機感が少ないため、転職に対する気持ちが薄れてズルズルと転職活動を引きずってしまう傾向にあります。そのうちに今の安定した生活を手放すことが惜しくなったり、「このままでもいいかな」と思い始めたりします。

また転職活動に使える時間が限られているのも、転職活動が長引く要因の一つ。平日に面接の時間を作らなければならないので、時間のやりくりが難しいという点からも、転職活動が長期化する恐れがあります。無駄に転職活動の期間を延ばさないためにも、スケジュールは短めに設定するようにしましょう。

仕事を辞めてから転職活動をする場合

仕事を辞めてから転職活動をする場合は、時間に余裕があるのでしっかり準備できるのがメリット。自分のキャリアをじっくり考えたり、1日に数件面接を入れたりできるのが強みです。

離職後の転職活動では、その間の生活費と活動資金がそどれくらいあるかということが転職活動の時期を決めるものさしになるでしょう。退職前に十分な資金を貯めていれば問題ありませんが、活動が長引くほど経済的に苦しく余裕がなくなってしまいます。

このような経済的・心理的ストレスを避けるためにも、退職時に貯金がどれくらいがあるかで転職活動期間を設定するとよいでしょう。また失業保険の給付も視野に入れておくと、経済面での不安が少なくなります。

転職活動に適した時期

転職は自分の望むタイミングでいつでもできるというわけではなく、適した時期があります。きちんと転職する時期を考えて求職活動をした方が、内定率が高くよい転職先に巡りあえる可能性も大きくなるので、転職活動に適した時期もきちんと把握しておきましょう。

9月と3月は求人が多く転職がしやすい時期

中途採用の求人が多くなる時期はずばり、9月と3月です。9月と3月は決算月となっている会社が多いため、その前に人員配置の見直しや予算の消化が増える傾向があります。

9月に求人が増える理由として、6月に支払われるボーナスの影響もあります。ボーナスを受給してから退職する人が多いため、その欠員の補充としてお盆明けの9月に需要が高くなるのです。

3月に求人が増えるのは、新卒採用も関係しています。新卒採用は4~6月にかけて行われることが多いため、その前に中途採用をやっておこうというのが採用側の意見です。また、4月を入社日と設定しまとめて採用した方が研修等の進行がスムーズなので、3月に求人が多くなります。

転職活動に適さない時期もある

一方で、転職活動に適さない時期ももちろんあります。求人が少ない月に転職活動をするのは困難で、その時期としては4~5月および12月が該当します。春は4月入社組の採用が終わった後なので、求人が少なくなる傾向にあります。12月は年明け1月からの採用活動が本格化するため、求人が減ってしまいます。

求人が少ないと選択肢が少ないため、不安を抱えたり妥協したりストレスを感じやすくなってしまいます。求人が少ない月から転職活動をスタートするのは、できる限り避け、しっかりとした準備期間に当てましょう。

転職活動を長引かせないためにやっておきたいこと

転職活動の目安となる期間がわかったところで、「そんなに調子よく転職先が見つかるのだろうか?」と不安な方もいるのではないでしょうか。ここからは、転職を長引かせないためにあらかじめやっておきたいことを確認していきましょう。

自分のことを分析する

新卒の就職活動では自己分析をしたことがあるけれど、社会人になってから取り組んだ経験のある方は少ないのではないでしょうか。転職を考えたときというのは、自分を見つめ直すよいきっかけになります。

まずはアピールポイントである自分の強みをはっきりさせましょう。ここはどの採用企業でも必ずと言っていいほど面接で尋ねられる事項です。強みがしっかりわかっていれば、求職者が入社後にどのように活躍してくれるのか採用側がイメージしやすいため、内定の可能性が高まります。

また5~10年後に自分がどのように自己実現をさせていたいのかをはっきりさせることも大切です。自分の将来像がしっかり見えていれば、転職活動においても道を迷ったり間違えたりすることはありません。

自分の強みや将来像を明確にしておくことで、今自分に必要なものは何かがわかってきます。そのためにも、自己分析はしっかり時間を作って取り組むことをおすすめします。

強みを知るならリクナビNEXTの「グットポイント診断」がすごい

自分の強みを知るキャリア適性診断はたくさんありますが、まず試してみたい適性診断は?と聞かれたら、リクナビNEXTが提供している「グットポイント診断」が答えます。

転職と言えば有名なリクルートキャリアが、今まで培ってきた転職した人の心理や、実際の転職状況などのノウハウを活かして、自分の才能や強みを分析してくれる診断ツールです。

設問が300問近くあるので最初はびっくりしますが、それだけ詳細に診断してくれるということ。しかも無料で受けられるのがすごいところです。8568通りの診断結果から、あなたの強みや適性を教えれくれます。

18種類の強みとは?
18の強みから自分にあったものが選ばれます

全部答えるまでに20分~30分程かかりますが、転職期間を無駄に長引かせないためにも、やって損はないと思います。

キャリア適性診断はコチラ(無料)

興味がある分野についてよく調べる

自己分析と並行して、しっかり取り組むべきものが情報収集。特に自分が興味のある分野については入念に調べておきましょう。年収や業界などの表面上のざっくりとした情報だけではなく、採用企業1社1社の情報や年収の推移、この先の成長性などをよく調べておくことをおすすめします。

情報収集を怠ると、せっかく転職活動に成功しても自分の理想と違ってしまう恐れがあります。そうなってしまっては、転職活動にかけた時間と労力が水の泡です。転職先でよりよいスタートを切るためにも、情報収集はしっかり行いましょう。

情報収集に口コミサイトを利用する

情報収集のやり方は様々ありますが、実際働いている人の意見を調べることを取り入れて見てください。口コミサイトを見ることで実際に働いている人の意見をチェックすることができます。

キャリコネは10万件の企業の口コミを見ることが出来る転職サイト。もしかしたら転職サイトではいいことしか言っていない会社があるかもしれません。本当の会社の実態を知りたい人はキャリコネも使ってみるといいかもしれません。

 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ詳細はこちら

転職活動をサポートしてくれるサービスもある

新卒の就職活動と違って、転職活動は一人きりでの戦いです。しかし特に初めての転職や異業種での転職は大きな不安がともなうでしょう。

そのような方向けに、転職活動をサポートしてくれるサービスもさまざま普及しています。転職支援サービスを上手に活用して、納得のいく転職先を見つけましょう。

担当アドバイザーがついてくれる転職エージェント

転職で不安なときに心強いのが、担当アドバイザーがついてくれる転職エージェント。求人の紹介から面接日の設定、給与の交渉まで専任のアドバイザーが手厚くサポートをしてくれます。転職する上で面倒なことはエージェントが代行してくれるので、自分のやるべきことに専念できるとういメリットがあります。

また、うれしいのが履歴書や職務経歴書の添削サービス。特に職務経歴書は転職時に初めて書くという方が多いので、そういった場合でも安心です。

自分自身で転職活動を行う転職サイト

転職を考えてはいるがまだ迷っている、まずは自分で転職先や業界を探してみたい、という方は転職サイトにまず登録してみるのがよいでしょう。先の転職エージェントとは違い担当のアドバイザーはいませんが、転職先を自分で広く探せることがメリット。

また、転職サイトは採用企業側が無料で掲載できるものがあるので、転職エージェントよりも求人数が多いことが特徴です。

必要な期間を見極めて効率的な転職活動をしよう

転職活動が長引くと、経済的にも精神的にも不安になります。転職を考えるときは転職に必要な期間を見極めて、ゴールを見据えて行動することが成功への近道です。

転職活動期間や転職に適したタイミングをきちんと把握し、転職支援サービスを活用しながら効率的な転職活動をしましょう。しっかり準備をして臨めば、納得のいく転職先がきっと見つかります。

 【ガイド】転職に必要な準備とは?活動を始めるときに知っておきたいこと


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール