• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 楽な仕事の条件とはどんなもの?実際の仕事のランキングも公開
働き方

楽な仕事の条件とはどんなもの?実際の仕事のランキングも公開

今の仕事がつらい、もっと楽な仕事につきたい、などのように思い悩んでいる人が現代は多いのではないでしょうか。自分にとって楽な仕事とはどういった仕事なのでしょうか?一般的に楽な仕事といわれる職業や、楽な仕事の条件、探し方についてまとめました。

楽な仕事を見つけよう

今の仕事に不満がある、こんなはずじゃなかった、などと悩んではいませんか?人は生きるために働き、生計を立てなければなりません。しかし、収入を得るためだといっても、不満のある仕事に従事し続けるのはつらいものです。

一日のうちの大半を費やす仕事の時間が、自分にとって「楽」といえるのかどうか、これはとても大切な問題といえます。嫌な仕事を我慢して続けるより、楽な仕事を見つけて転職したい思うのは自然なことです。「楽な仕事」とはどんな仕事なのか、具体的に分析していきましょう。

楽な仕事の条件

人には向き不向きがあるので、楽な仕事といっても定義は人によって違います。ここでは一般的に考えられる、楽な仕事の条件をまとめました。あなたの思い描く定義と照らし合わせて、参考にしてくださいね。

精神的な負担が少ない 

精神的な負担は少ないほうが気楽です。精神的な負担が多い仕事は、常に集中力や緊張感が必要になります。例えば、人の命に関わるような医者や介護士、保育士などは些細なミスでも、重大な結果を招きかねません。ノルマを与えられる営業マンなら、毎月のノルマが精神的負担になるでしょう。

また、自分には向いていないと感じる仕事内容なら、仕事自体が負担になるかもしれません。このように、精神的な負担が多い仕事は、常にストレスがつきまとうといっても過言ではないでしょう。

精神的に負担の少ない仕事をまとめると以下のようになります。

  • 重い責任を伴わない仕事
  • ノルマのない仕事
  • 深く人と関わることのない仕事
  • 自分のペースで進めていける仕事
  • 自分に向いている仕事

このように、精神的な負担が少ない仕事を選べば、ストレスを溜め込むこともありません。自分のペースでできる仕事、いらぬ気遣いを必要としない仕事が、「楽な仕事」と考えられます。

肉体労働ではない

肉体労働は身体に過度な負担がかかります。特に屋外などで環境的ストレスをまともに受ける現場仕事は、危険とも背中合わせです。夏の暑さや冬の寒さ、こういった外気温の中にいるだけでも、体力を奪われます。さらに、その中で身体に負担のかかる作業をするとなれば、身体は疲弊してしまい、十分な休息がないと回復できません。

そうなれば、プライベートな時間が減り、充実した時間をもつことができなくなります。また、たとえ空調設備の整った職場でも、一日中立ったままの姿勢を強いられるサービス業などは、肉体労働に分類されます。

立ち仕事は常に足腰に負担がかかり、筋肉疲労を伴いやすい仕事です。肉体労働ではない仕事といえば、冷暖房のきいた屋内で座って作業ができるデスクワークなどが考えられます。

労働時間が長くない

早出や残業がなく、定時で帰れる仕事なら、プライベートの時間も確保できるので、生活にハリが生まれます。反対に労働時間が長いと、その分プライベートな時間が減ってしまいます。それは同時に趣味を楽しむ時間や、友達と交流する時間が減るということです。

労働時間が長いと、肉体的にも精神的にも疲弊してしまい、自宅と会社の往復だけで毎日が終わってしまうことにもなりかねません。これでは楽しい人生とは言えないでしょう。

単純作業が多い

新しい作業をするときは、一つ一つ考えながら作業しなければなりません。集中して一つ一つを確認しながらの作業は、神経をすり減らす非常に疲れる行動です。反対に仕事内容がある程度決まっていて、それを繰り返すだけの単純作業が多い仕事は、慣れてコツをつかんでしまえば、神経をすり減らす必要がありません。

極度に緊張したり、頭をフル回転させたりしなくても、身体が自然と動くようになるので、精神的な余裕も生まれます。単純作業が多く精神的に余裕のもてる仕事であれば、つらいと感じる場面も少なく、楽な仕事といえるでしょう。

楽な仕事の見つけ方

楽な仕事の条件を見ていきましたが、ここからは、楽な仕事の見つけ方について取り上げていきます。以下のことを念頭に置いて、探してみるとよいでしょう。

情報収集を徹底的に行う

仕事を探すときに大切なのは、情報収集を徹底的に行うことです。情報が多ければ多いほど、選択肢が増えるので、自分に向いている仕事に出会いやすくなります。情報はあらゆる分野から収集しましょう。求人サイトに登録したり、ハローワークに足を運んだりするのもいいですし、求人情報誌で探すのもよい方法です。

気になる仕事を見つけたら、その会社を徹底的に調べましょう。募集内容だけを鵜呑みにして入社してしまうと、実際の仕事内容や労働条件が違うといった、困った状況になりかねません。あらかじめインターネットなどを使って、会社の評判を見てみると、求人内容だけでは知り得なかった、自分に合わない部分が見えることもあるでしょう。

 個人経営の会社を選ぶ

楽な仕事につきたいなら、個人経営の会社をおすすめします。その理由は、大手企業は作業効率や利益追求のために、従業員を無駄なく働かせるようシステム化されています。これは、一見効率的に思えますが、実際には現場の状況が上層部に伝わっていない可能性があるのです。

つまり、企業が大きければそれだけ社内の風通しが悪くなりがちで、一般社員が無理な仕事をせざるおえない状況が発生するのです。その点、個人経営の会社であれば、社員の人数が少ない分、社内の状況を把握しやすいので、何事にも臨機応変に対応できるでしょう。

また、個人経営なら、社員同士の人間関係が密になりやすいので、気心知れた者同士で和気あいあいと、一つの作業に取り組むことができます。仲間意識が強くなると、仕事にもやりがいを感じやすくなるでしょう。

自分に合った仕事を知る

一般的につらい仕事でも、好きなことや得意なことは自分にとって「楽」な仕事になります。細かい作業を淡々とやる事務作業が得意な人は楽ですし、苦手な人は辛い仕事になります。

一般的な意見を参考にしつつ、まず自分はどんな仕事がしたいのか、どんな仕事が合っているのか知ることも大切です。

リクナビNEXTの「グットポイント診断」は、自分に合った仕事をおしえてくれる「適職診断ツール」です。8568通りある診断結果から、自分の性格や強みを細かく分析し、自分の強みや才能を教えてくれます。一度診断してみて、自分にとって「楽」な仕事を見つけるきっかけに試してみてはいかがでしょうか。

グットポイント診断詳細はこちら(無料)

楽な仕事ランキング 

楽な仕事として人気のある仕事とはどういった仕事なのかについて、具体的なジャンルに分けて詳しく見ていきましょう。先程述べたように、人によって楽な仕事の基準は違います。記事を読んで共感できるポイントがあるかどうか?こんな仕事もありかも!?と考えるきっかけに読んでみてください。

1、座って仕事ができる事務職

座って作業できる事務職は、体力的にも楽だといえます。事務職とひと口にいっても、いろいろな仕事内容があるので、営業や接客などを伴う事務なら精神面の負担が大きいかもしれません。同じ事務職でも残業の有無や、詳細な仕事内容を理解したうえで就職先を決めましょう。

2、ルーティンワークが多い工場での仕事

同じ作業の繰り返し行うルーティーンワークが多い工場では、その作業に慣れてしまうと、必要以上に神経を使わずに仕事ができます。そのため、気持ちに余裕をもつことができるでしょう。また、工場勤務の場合は、共同作業ではなく個人個人で作業を受け持つことが大半です。周りにペースを合わせる必要がなく、自分のペースで作業が進められるので、ストレスが少なくてすむと考えられます。

3、施設を警備する警備員の仕事

施設を警備する警備員の仕事は、万が一の事故を防ぐための仕事です。ただこのような事故は、日常的に起こるものではありません。そのため、実際の仕事内容は、決められた場所に立って監視することが主です。立ちっぱなしで足腰に負担はかかりますが、仕事内容が単純なので、精神的な疲れは少ないでしょう。

ただし、何もせずにずっと同じ場所に立ち続けるだけの時間は、とても長く感じるものです。そういった点では、飽き性な性格の人には向かない職種かもしれません。

4、百貨店などの受付の仕事

 百貨店などの受付の仕事内容は、主に案内業務になります。顧客に尋ねられたことに答えて、案内したり場所を説明したりするなど、仕事内容は単純です。ある程度はマニュアル通りに行動すれば、業務が完了するので、よほど特殊な顧客でない限り、対応に困ることはないでしょう。

ただし、周りの目を気にする必要がある職業なので、常に姿勢や表情に気を配らなければなりません。また、立ち仕事なので、肉体的にも負担のかかる職種ともいえます。

楽な仕事を見つけて充実した生活を送ろう

「楽な仕事」とはどういった内容の仕事なのか、について詳しくみてきました。一般的に楽な仕事といわれているのは、ルーティーンワークが多く、自分のペースで作業ができる仕事といえるでしょう。一方で、ノルマがある仕事や責任の重い仕事は、精神的な負担が多くストレスが溜まりやすい仕事といえます。

また、肉体労働や労働時間の長い仕事は、身体に負担がかかり体力を消耗しやすい仕事です。楽な仕事を探すなら、情報収集を徹底的に行いましょう。多くの選択肢の中から、自分にあった仕事を見つけることが大切です。

私たちは、一日の大半を仕事に費やしています。その時間が自分にとって楽でやりがいのあるものかどうかで、人生のクオリティが変わってくるのです。転職は人生のターニングポイントでもあります。楽な仕事を探して充実した生活を送り、一度きりの人生を楽しみましょう。

自分に合った仕事が分からない場合は

適職診断ツールや仕事探しをしてみたけど、自分に合う仕事が分からないひとは、転職エージェントを活用してみましょう。転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーが話を聞きながら、自分に合った仕事を紹介してくれます。

転職エージェントと話すことで、自分にとっての「楽」な仕事が見つけやすくなります。特に第二新卒や20代では自分のやりたい事もまだわからない場合も多いです。

仕事選びに自信がない人、第三者の意見を聞きたい人は転職エージェントを使ってみましょう。ウズキャリは第二新卒・20代での転職活動に力を入れています。もっと楽な仕事で、自分らしい働き方を見つけたい人は、無料でサポートが受けられるので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ウズキャリ詳細はこちら


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール