• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 保健師の仕事とやりがいとは。そして厳しさを知って現場を目指そう
働き方

保健師の仕事とやりがいとは。そして厳しさを知って現場を目指そう

保健師の仕事は近年多岐にわたり、従来よりも活躍の場は広がっています。その分、たいへんなことも増え、きついと感じる場面も多いことでしょう。実際の現場で働く保健師の仕事とはどのようなものがあるのか。可能性と現実の厳しさを知りましょう。

住民の健康を守る保健師

保健師とは看護師にプラスしてとることができる資格です。病気の人に対するだけでなく、これからの病気を予防したり、衛生的な管理を行うなどといったことにも対応できます。公共職場などで働く際は、住民の健康を守る立場として、活躍することができるでしょう。

保健師の仕事内容とは

実際の保健師の仕事内容とはどんなものでしょう。働く場によって、保健師の仕事は多岐にわたります。やりがいを感じることができる仕事であるのか、長く続けることが可能なのか、まずはみていきましょう。自分の将来のイメージにつながるとよいですね。

地域住民の健康診断の手伝い

保健師の仕事のひとつに健康診断の手伝いがあります。診断自体は医師が行いますが、病気の予防や衛生面の部分では、保健師の出番もあるのです。定期的な健康診断で病気の予防をすることも、保健師の重要な仕事のひとつです。

住民の相談に乗り、病気になりにくい衛生的な生活を整えることで、地域の健康的な生活に還元していくことができるでしょう。非常にやりがいを感じやすい部分でもあります。

乳幼児検診の手伝いや育児相談

保健師の仕事の中には、乳幼児検診の手伝いや育児相談もあります。健診の際は、乳幼児だけでなく、お母さんやお父さんの相談にも耳を傾けるようにすることで、子育てにおける悩みなども解消していくことができるでしょう。

子育ては出口がみえない悩みを抱えやすく、子供だけでなく親のケアも必要になる部分です。プロとしてしっかりサポートすることで、よい道に導いてあげてください。電話相談などを受け付けることもあるかもしれません。

食事や生活指導

保健師になることで、食事や生活の指導をすることも可能です。指導相手の状態に合わせて、メニューや生活改善の指導をすることで、健康的な状態を保つ手伝いをすることができます。

このように、病気になりにくい健康的な生活を支えることも、保健師の重要な仕事のひとつです。今後の病気を防ぐ第一歩として、非常にやりがいを感じられる部分であるといえるでしょう。

住民のさまざまな相談にのる

保健師は状況により、住民のさまざまな相談に乗ることもあります。相談者の年齢や生活状態により対応も変わってくるので、幅広い知識が必要になる、プロフェッショナルな役割です。看護や医療だけでない、生活面での相談も含まれるかもしれません。

相談の幅は、実際には医療行為や看護行為とは少し離れた内容であることもあるかもしれませんが、真摯に耳を傾けることで、地域住民に貢献することができます。

難病患者など支援が必要な人たちへの対応

難病患者など支援が必要な人たちへの対応でも、保健師は活躍します。日常で困っていることや手助けが必要なことの支援の幅は広く、実際に所属している地域だけでなく、出張で他の地域の支援をすることもあるでしょう。

震災などの被害があった地域では、多くの保健師が外部から派遣され、現地で健康指導などを行いました。現地では衛生面や健康面での管理指導は不可欠であり、保健師の能力は歓迎されます。いざというときにも非常に頼りにされる能力であることを覚えておきましょう。

保健師が働ける場所

保健師が働ける場所にはどんなところがあるのでしょうか。病院のようなイメージしやすい場所だけでなく、活躍の場は広がっています。まずは勤務可能な場所を知っておきましょう。自分のライフスタイルに合わせて働けるかもポイントですね。

学校で生徒と先生の健康管理

保健師の仕事の中に学校での勤務があります。学校保健師といわれている働き方で、生徒と先生の健康管理を行うのが仕事です。生徒の相談に乗ることも多く、カウンセラー的な役割を兼ねていることもあるでしょう。

学校での役割は年々拡大しており、今後も活躍の場は増えていくでしょう。業務が多様になることから、さまざまな知識が必要とされるかもしれません。

病院で勤務する

保健師は看護師にプラスしてとる資格であり、看護師免許も持っているため、病院でも働くことができます。病院での勤務は、通常の看護師としての勤務もありますし、保健師として健康相談を受けることもあるでしょう。

病院内では活躍の場が広がり、業務の内容も多様になるかもしれません。場合によってはチームのリーダーや管理職としての役割を任されることもあるでしょう。

公務員として市役所や保健所で働く

保健師は公務員として市役所や保健所で働くことが可能です。多くの保健師が公務員として働いている現状があります。自治体の中では保育園などでも保健師は求められており、引く手あまたな状況であるといえるでしょう。

公務員であることから安定的に仕事をすることができるため、就業方法としては人気です。現場では一人で多くの仕事を任されることも多く、責任は重く感じるかもしれません。ひとりしかいないことから休みにくいなどといった状況もあり得ますので、実情を確認してみましょう。

産業保健師として企業で働く

近年は企業の中でも保健師は求められています。企業で心の病の予防や従業員の健康維持をはかる、産業保健師としての働き方も、新しい活躍の場です。福利厚生のしっかりとした大企業などで安定的に仕事できるので、働きやすい職場かもしれません。

勤務地などから選ぶこともできますので、ライフスタイルに合った働き方も可能です。看護師のように夜勤もないため、昼だけ働きたい場合は、非常によいでしょう。

勤務してわかったキツいこと

保健師として勤務するうえでの大変さももちろんあります。やりがいがある分、仕事における責任も重く、負担に感じることも多いでしょう。業務の幅が広く活躍の場が増えた分、仕事の重量も増すこともあるかもしれません。きついこともあるということは、覚えておきましょう。

メンタル面の対応

保健師の仕事の中に、メンタル面での対応も含まれます。うつ病などの精神的な問題で悩んでいる人へのケアで、今後、企業や学校では比較的多くなる仕事かもしれません。メンタルに悩む人の数は年々増加しており、保健師の出番も増えるでしょう。

一方でこういった仕事は、相手の気持ちの落ち込みに引きずられる要素もあり、自分をしっかりと持ってプロフェッショナルに対応することが求められます。場合によっては、相談を聞きつづけることがつらく感じることもあるかも知れません。

勤務場所によっては待遇が悪いこともある

勤務場所によっては待遇がよくないこともあります。残業や雑務が多いなど、仕事量的にきついと感じることがあるかもしれません。たとえば、役所などで働く際は、ひとりで多くの仕事を抱えることもあり、仕事量が多いと感じることもあるかもしれません。

ただし、保健師の仕事は常に求人が絶えない仕事ですので、転職をする際にも有利です。より待遇のよいところに転職することも、選択肢の一つとして、常に考えておいてもよいでしょう。自分のライフスタイルにあった働き方を模索しましょう。

やりがいが大きい分多様な能力が求められる

保健師の仕事は、やりがいが多い分、多様な能力が求められやすい傾向にあります。幅広い知識と柔軟な対応が求められるために、キツいと感じる人もいるのが、実情です。ひとりで多くの責任ある仕事を任せられることもあり、繁忙期には忙しくなりがちかもしれません。

仕事の幅が広がることで、必要とされる知識も増え、日々勉強が必要になることもあるでしょう。専門性が高い分、負担も大きくなることはいなめません。

仕事内容を理解し住民の健康維持を推進

保健師の仕事は多岐にわたり、今後も仕事の幅は広がり続けるでしょう。その分需要も増えるため、働き口も増えていくのです。きちんとその現場に合った保健師としての仕事内容と役割を理解して、住民などの健康維持を促進していきましょう。

専門性が高く、知識が求められる職業です。さまざまな業務をこなし達成感や充実感を得ることも多い分、大変と感じることもあるかもしれません。プロ意識を高くもち、しっかりと仕事に取り組んでいくようにしましょう。そんななかで、これまでにない新たな仕事の可能性も、みえてくるかもしれません。しっかりと仕事と向き合って、やりがいを見出していきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール