• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 海外で仕事を見つける方法とは。サイトとエージェントの違いを知ろう
転職

海外で仕事を見つける方法とは。サイトとエージェントの違いを知ろう

海外で仕事を見つけたいと思ったときどのように仕事を探しますか。インターネットや新聞、知人の紹介などいろいろな方法があります。ここでは海外での仕事を探す方法や、探すときの注意点などをみていきます。今後の海外での就職活動に活かしてみましょう。

海外での仕事を見つける方法を紹介

海外で仕事を見つけたい、そう思ったときには、どのように仕事を探せばよいのでしょうか。いきなり現地に行って仕事を探す人は少ないと思います。

まずは、日本にいるときに転職サイトなどで検索しながら探したり、海外の仕事を斡旋したりしている転職エージェントを利用するのではないでしょうか。

初めて海外での仕事を探すときは、仕事の内容もそうですが契約の仕方や雇用形態などの確認事項はたくさんあります。ここでは海外での仕事を探すときに気を付けるべきことや、海外で働くメリットやデメリットをみていきましょう。

詳細を知ることで今後の転職活動に役立てることができるのです。

海外で仕事を探す方法を知る

海外の仕事を探すにはいくつかの方法があります。まずは求人情報サイトで探す方法や転職エージェントを使う方法、人に紹介してもらう方法、そして町での求人チラシを探す方法などがあります。

求人情報サイトを利用する

海外で仕事を探す場合、どのように探せばよいのでしょうか。転職サイトで仕事をさがすこともできます。

しかし、転職サイトで仕事を見つけていざ、就職して働きだしたら条件が全く違うというトラブルが起こることもあります。

雇用契約の際にも英文で書かれた契約書を隅々まで読んで理解しておかないと、後々でトラブルを引き起こすことになりかねません。

もし、海外で働きたいを考えていて現地の仕事を探すのならば、企業との契約条件の確認や交渉を行ってくれる「転職エージェント」を利用すると安心です。

求人情報サイトで仕事を探すのは困難

求人情報サイトで仕事を探すと、さまざまな手続きも自分で行うことになります。例えば、履歴書をその国の言語で作成し、求人に対する応募から面接日の確認、入社条件や雇用契約の確認などもすべて自分で行わなければなりません。

契約書は隅々まで確認して、疑問点があればすべて確認し解決しなければなりません。

また、給与のことや現地での医療保険の制度やビザの申請、現地の労働に関する法律の確認、また現地へ渡航前のワクチンなどもすべて自分で行います。雇用契約などもきちんと確認ができないと後でトラブルになるので注意が必要です。

選任のコンサルタントをつける

転職エージェントを利用する場合、専門のアドバイザーが付いて希望職種に合った仕事を紹介してくれます。ネットで掲載されていない仕事や、そのエージェントが独自のルートで確保している仕事などもあるので、選べる仕事の数も格段に多くなります。

また、応募書類の添削や給料交渉や条件交渉、面接日のスケジュールの調整などを代行してくれます。慣れない煩わしい手続きをサポートしてくれるので、転職サイトで独自に転職活動をするよりもトラブルになる確率も低く安心です。

また、海外で仕事をするにあたり不安や疑問があれば相談にのってくれます。

 海外向けの転職エージェントおすすめ7選|海外へスムーズに転職するために

新聞や雑誌で求人情報を探す

現地の新聞や雑誌などでも求人情報を探すことができます。現在はオンラインで自宅にいて現地の求人情報をチェックすることができます。

しかし、こちらも転職サイトでの転職活動と同じですが、全ての手続きを自分で行うため、不備があるとトラブルの原因となりやすいので注意が必要です。

地元のフリーペーパーなどが手に入るのならば、そこにも求人情報が掲載されています。しかし、初めて海外での転職活動をするのなら、トラブルを避けるためにも転職エージェントを利用してサポートを受けながら転職活動をすると安心でしょう。

町を歩いて張り紙をチェックする

海外ではよくあることですが、町を歩いていると掲示板や建物の壁、カフェの中の壁などに求人の張り紙がたくさん貼ってあります。留学中の学生やワーキングホリデーで滞在している人たちは町の中を歩いて求人を探すことが多いようですね。

掲示板にはさまざまな職種の募集があり、カフェの店員からペンキを塗る仕事などたくさんの仕事の募集を見つけることができます。

しかし、これらの求人は簡単な契約内容しか書かれていないので、直接連絡を取って詳しく確認する必要があります。海外のアルバイトはこの方法で求人されていることが多いです。

友人や知人を頼る

海外で就職するとなるともし、初めての国へ行って仕事をする場合は、仕事に対してももちろんですが生活環境なども気になりますよね。友人や知人が現地にいて既に働いている場合や、知り合いにつてのある会社を紹介してもらえる場合は、事前に情報を得ることもできますので安心です。

また、海外での就職の場合、現地で働く知人の紹介で応募した際には、通常のルートからの応募よりも有利に働くことが多々あります。企業側も全く知らない人間(応募者)よりも、入社後にトラブルになる確率が低いので双方にとって心理的負担は少なくなるといえるでしょう。

海外で仕事を探すために考えるべきこと

海外で仕事を探す前に、海外で働くメリットやデメリットを知っておきましょう。日本とは違った働き方ができたり、語学力のレベルアップが望めたりするなどのメリットがあります。しかし、仕事を見つけることが難しく、英語でのコミュニケーションが難しい、また雇用に対する考え方の違いがあるなどのデメリットがあります。

海外で働くメリット

日本に比べて海外で働いている人は、組織を気にせず自分の時間を大切にしています。また、現地で仕事を進めるうえで語学の向上がみられます。

組織を気にしない

海外の企業で働くことと日本の企業で働くことの大きな違いは、自分の時間をきちんと確保できるということです。働く国にもよりますが、日本の企業と比べて労働環境が整っている企業が多く、残業がほとんどありません。

また、日本のように周りの職員に気をつかって有給休暇を取りずらかったりすることもなく、きちんと休暇をとることができます。フレキシブルな働き方はありますが、基本的には定刻に始まり終業時刻になれば退社できるという仕事環境が多いです。

語学力の向上につながる

海外で働くと、英語プラス現地語を使って仕事をすることになります。実際の求人を見てみると、英語で仕事ができる国が多いですが、必要に応じて現地の言葉も学ばなければなりません。周りで働く人も日本人以外になるので、いろいろな国の言葉や文化を学ぶことができます。

ビジネスのシーンでは電話の応対やメールでの問い合わせなど、すべてが英語でのやり取りになります。海外で働くとこれらのスキルも身につけることができます。さらに、日系企業の就職・転職の際には履歴書に記載することができるというメリットもあるのです。

海外で働くデメリット

海外で働くのはメリットばかりではありません。デメリットもあります。雇用先を見つけるのが難しかったり、現地の言葉や英語での理解が難しかったり、などのように日本で働く場合のように仕事を保証されたものでもありません。

雇用先を見つけるのが難しい

海外では自分の持っている経験を活かして、次の段階へとステップアップする人がほとんどです。そのため、自分のやりたい仕事を見つけたら、次の仕事へとどんどん転職していきます。

しかし、最近では経済が不安定になってきたため、1つの職場で仕事を続ける人が増えています。

そして、近年、先進国では移民が増え過ぎたため、移民の数を制限する国もでてきています。そのため、移民を雇用するよりも自国民を採用が優先されています。したがって、海外で雇用先を見つけることは難しくなってきています。

文化と言葉の壁がある

海外で働いているとまず言葉の壁を感じると思います。ある程度の英語力を身につけて仕事に臨んでも、実際に現地で仕事を始めてみると、その土地のスラングや訛りなどもあるので最初は戸惑うことが多いと思います。

また、数年経過しても日本で育った日本人はやはり日本人であり、ネイティブの人のような考え方にはなかなかなれないものです。普段の会話でネイティブのようにしゃべることも難しいのです。

また、日本と他の国ではその文化は全然違います。ビジネスのシーンでも日本のビジネスマナーと現地のビジネスマナーでは違いがあります。両方のビジネスマナーを理解して、そのときどきに合わせて対応することが大切です。

自分の身は自分で守る

海外で仕事を見つけて移住することが決まると、移住先でもさまざまな手続きが必要になります。例えば、住居を探し現地の大使館へ在留届の手続きをしたりなどです。

また、銀行の口座を作ったり、電気や水道の手続きも行ったりしなければなりません。

そして、仕事が始まると日本に比べて仕事に対する姿勢は厳しく、ミスを犯して企業に損害を与えるようなことがあれば、何の保証もなく解雇されることがあります。

さらに、ビジネスマナーや仕事の仕方なども日本とは違うところが多く、帰国してもスムーズに再就職できるとは限りません。

グローバル人生をつくりたいかどうかは自分次第である

海外で働くことは自分のキャリアや人生においてたくさんのメリットがあります。

しかし、メリットばかりではなくデメリットもあります。自分のスキルをより向上させたい人、異文化を学びながら仕事をしたい人、日本とは違った職場環境で働きたい人、海外で仕事を探す人の目的はそれぞれ違います。

目的意識をしっかりと持ち常に新しいことに挑戦できる人ならば、海外で仕事に就いて働くことができるでしょう。厳しい環境の中でも挑戦し続けることで、あなたの人生やキャリアにプラスになるはずです。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール