• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 契約社員から正社員になるためには 今あなたがすべきことは何か
転職

契約社員から正社員になるためには 今あなたがすべきことは何か

契約社員で正社員になりたいと思っている人。また、契約社員から正社員への転換を打診されているが迷っている人など、正社員に対する不安や疑問を解消していきます。契約社員と正社員の違いを知ることで、自分に合った働き方を知るきっかけにもなります。

契約社員から正社員になるために覚えておきたいこと

正社員になるために、日々一生懸命働いてる人は多いでしょう。雇用期間が限定されない正社員は、大いに魅力的です。また、給料などの労働条件も、正社員のほうが好待遇の場合がほとんどです。

しかし、勤める企業によって雇用内容も労働条件もさまざまです。自分に合った働き方をするためには、契約社員と正社員のそれぞれのメリット、デメリットを、事前にしっかりと理解することが何よりも大切です。

そもそも契約社員とは何か

「雇用期間に決まりがある従業員」のことを、一般的に「契約社員」とよびます。定められた期間のみ働くことができ、契約期間が終了した時点で、更新しなかった場合、または企業側に契約を更新されなかった場合は、継続して働くことはできません。

しかし、契約を繰り返しおこない、同じ企業で五年以上契約をし続ければ、無期限契約にすることができます。

また、業務内容に関しては限定されることが多いでしょう。契約社員は一時的に、特定のスキルを活かす目的で採用されることが多いため、正社員と業務内容が異なる場合がほとんどです。

呼び名が違う「準社員」「嘱託」「非常勤」「臨時社員」なども、雇用形態も労働条件も契約社員と同じことがほとんどです。

契約社員の位置づけはどこか

正社員の場合は、雇用期間に定めがなく、税金や保険、年金などが給料から天引きされることが一般的です。また、給料は月給制で、企業にもよりますが、賞与も支給されることがほとんどです。

また派遣社員の場合は、雇用期間は最大で三年と定められており、その間は、契約が過ぎるたびに更新をする必要があります。税金や保険、年金なども自分で支払わなければいけません。また、給料は基本的に時給制になっており、賞与が支払われることはほとんどありません。

そして契約社員の場合は、派遣社員と比べると長期の雇用期間になる場合が多く、繰り返し契約を更新することで、雇用期間が無期限になる場合があります

税金や保険、年金などは自分で支払う場合がほとんどですが、給料は基本的には月給制です。企業によっては、賞与が支払われる場合もあります。

細かな雇用形態は企業によって変わってきますが、契約社員は「正社員と派遣社員の中間の位置」と考えておくとよいでしょう。

契約社員と正社員の違い

契約社員は、日数や勤務時間などを調節したりと、自分のライフスタイルに合わせた働き方を、おこなうことが可能な場合があります。

また、転勤をする必要がなかったり、雇用期間が定められている場合は、同じ会社に勤める期間が少ないので、正社員と比べ、人間関係に悩む可能性も低くなるメリットがあります。

人によっては、契約社員のほうが魅力に感じる人もいるでしょう。しかし、やはり一番気になるのは、雇用年数と給料面の違いです。この二点をしっかり照らし合わせて、自分に合った雇用形態を見つけることがとても大切です。

契約社員と正社員は雇用年数が違う

正社員の場合、雇用年数は定められていません。そのため、自ら退職をしない限り、定年まで働くことが基本的には可能です。それが一番の魅力ともいえるでしょう。

それにひきかえ、契約社員は雇用年数が定められています。繰り返し契約を更新し、五年以上同じ企業で働くことができれば、無期限契約にすることは可能ですが、全ての人が無期限契約になれる訳ではありません。

しかし、他の企業との二重契約が可能だったり、ひとつの企業に縛られたくない人にとっては魅力に感じる部分もあります。

契約社員と正社員は給料が違う

契約社員は昇進や昇給がないことが多く、業績がよかった場合にもらえる決算賞与や、業績賞与などの支給がもらえないことがほとんどです。そのため、給料面でも大きな差が出てきます。

また、契約社員は雇用期間が定められている分、ローンなどの審査に落ちてしまう確率も高くなるデメリットもあります。

契約社員とパートやアルバイトとの違い

平均年収は、契約社員が340万円に対し、パートやアルバイトは100万円から150万円となっています。給料の支払いも、契約社員が月給制に対し、パートやアルバイトは時給制です。

また、契約社員は雇用期間が決まってますが、パートやアルバイトは実質、無期限契約となっています。短期アルバイトや単発アルバイトの場合のみ、雇用期間が決まってます。

勤務時間もそれぞれ異なり、契約社員の大半は正社員と同等な勤務時間に対し、パートやアルバイトは、一週間の労働時間が他の人よりも短い「短時間労働者」とされています。

   

   

 

 

 

契約社員 パートアルバイト
平均年収 約340万 100~150万
給与の支払い 月給制 時給制
雇用期間 定めあり 定めなし
勤務時間 ほぼ正社員と一緒 短時間

契約社員の給料はどのくらいか

勤める企業により変動はありますが、契約社員の平均年収は340万円前後です。正社員の場合は440万円前後のため、雇用形態によって100万円ほどの差があります。

また、税金や保険、年金なども給料から天引きされないことがほとんどなので、給料から自分で支払わなければいけません。人によっては、保険の加入も検討する必要があるでしょう。

契約社員から正社員になれる可能性はどのくらいか

「新卒採用のみ」「本社採用のみ」などの企業の規定が定められている場合は、契約社員から正社員になれる可能性は難しいといえます。

一方で、入社前に正社員雇用になれる前提で契約している場合は、可能性が高くなります。契約社員の雇用期間が、採用試験と同じような位置づけで判断されるため、働き方が特に評価される、とても重要な時期になります。

企業によっては、一定の成果を上げた人を積極的に正社員に登用している場合も多くあります。しかし、正社員登用の制度がないのであれば、見切りをつけて転職することもひとつの手段です。

企業ごとに条件や状況が違うため、しっかり下調べをおこなってから、行動に移すとよいでしょう。

契約社員から正社員になるのに年齢制限はあるのか

企業によっては年齢制限を設けていることもあるため、調べる、または確認する必要があります。年齢や学歴に制限がある場合は、条件によって正社員になれる可能性がなくなってしまうので注意が必要です。

しかし、年齢制限を設けていない企業も多く存在しており、厚生労働省による「三五歳を超えてから正規雇用へ移行している人」では、全体の42%に及んでいます。

誰でもクリアできるハードルとはいえませんが、前向きな取組みがきっとよい結果へとつながるでしょう。

契約社員から正社員になれる人はどんな人か

自分の長所を最大限に生かし、真面目に仕事をおこない、「成長しよう」という高い意識をもっている人。そして、契約社員という限られた仕事内容だけではなく、必要な時にはその範囲を超えた仕事ができる、積極的な姿勢な人が、契約社員から正社員になれる人柄です。

また、正社員登用されるためには、その働きぶりから上司はもちろん、他の課の上司や同僚などからも評価される必要があります。仕事より、私生活を優先する人やネガティブな性格の人は、もちろん評価もされませんし、推薦もされません。

周りの評価や、上司から推薦されることにより、正社員登用がとても有利になる場合が多いでしょう。

契約社員から正社員になるための手段

業務上必要な資格を取得したり、真面目に仕事をおこなっていても、正社員になれない場合はもちろんあります。そもそも、会社自体に登用制度がなければ、正社員になれる可能性はゼロに等しいです。

そんな場合は、おもいきって転職をすることで、正社員になれる確率を上げましょう。転職活動といえば「ハローワーク」が有名ですが、公的機関のため安心感があり人気ですが、「求人数が圧倒的に少ない」というデメリットもあります。

転職活動において、「企業探し」「履歴書・職務経歴書の記入」「面接対策」など、やらなければいけないことが多く、時間のない状態では決して一人でおこなうのは難しいでしょう。

なので、転職を考えている場合は「転職エージェント」に登録するのがとてもおすすめです。上記のことはもちろん、「内定後の給与などの条件交渉」などもサポートしてくれます。転職決定時に、企業から紹介手数料をもらうので、完全無料でおこなうことができます。

リクルートエージェント

求人の約九割が非公開求人で、約十万件の登録件数があります。また、大手企業なので安心して登録することができ、登録者の62.7%が年収アップしている実績をもっています。

どの転職エージェントよりもたくさんの求人を知りたい、転職の成功実績を元に、内定までのノウハウを知りたい人におすすめな企業です。

 リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com/

DODA

親身なサポートにより転職者の満足度が高く、履歴書や職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。また、非公開求人も約八割を占めています。

初めての転職エージェント利用者や、サポートの質を求める人におすすめな企業です。

 DODA:https://doda.jp/

ビズリーチ

圧倒的なスカウトの豊富さと、年収アップが出来る求人が多く、上場企業や大手企業の求人も多いです。年収が低く、転職して給料を増やしたい人や、担当者からの手厚いサポートを受けたい人におすすめ企業です。

 ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

個人の能力とは別に企業側に正社員登用があるか否かも重要

契約社員が正社員になることに対して、法律の定めはありません。なので、正社員登用がちゃんとあるのかを確認することが大切です。

また、「契約社員から正社員に登用されることもあります」と企業側がうたっていても、極端な高いハードルが設定されている場合もあり、注意が必要です。

必ず、これまでに実績はあるのか、具体的な状況をしっかり把握しましょう。

労働契約法改定で契約社員から正社員への登用はどうなったのか

契約社員にとって、働き続けたいのに、契約が更新されないことは一番の不安要素です。その不安を解消させるために、2013年に労働契約法が改正されました。

これにより、契約社員でも契約を更新して5年以上働いた場合、雇用期間を定めない「無期労働契約」に切り替えられるようになりました。「正社員になれる」と思っている人が多いですが、無期限の契約に転換できるだけで正社員になれる保証はありません。

 契約社員で5年経過。その後の無期雇用契約について学んでおこう

ストレスと疲労

契約社員から正社員になるための道筋をひいていみよう

企業によって、契約社員や正社員の雇用内容や働き方はさまざまです。自分のキャリアプランやライフスタイルをよく考え、納得する働き方をもう一度真剣に考えてみましょう

企業から言われたことだけを決して鵜呑みにせず、ゆっくりでも契約社員から正社員になるための道筋を、自分なりにひいてみることが大切です。

しっかりと道筋がひけた時、きっと素敵な未来が待っているでしょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール