• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 30代におすすめの転職サイト。転職エージェントの選び方もチェック
転職

30代におすすめの転職サイト。転職エージェントの選び方もチェック

キャリアアップや結婚など、30代は転職を考え始める人が増加。しかし、条件に合う会社を上手に見つけられず同じ職場で働き続けている人も大勢います。もっと自分に合った職場を探したいなら転職サイトを利用がおすすめ。自分を活かせる会社を探しましょう。

30代で転職したい

30代になり、転職したいと考え始める理由はなんでしょう。会社への不満や生活スタイルの変化など、理由はさまざまあります。30代で転職を考えるならこれまでのキャリアを活かして年収もアップさせたいところ。

しかし、30代で転職した約半数の人が年収は変わらない、もしくは、下がってしまうのが現実です。30代におすすめの転職サイトを活用して、自分のキャリアを活かせる上手な職場探しについて見てみましょう。

転職サイトやエージェントを選ぶポイント

転職を行うときに多くの人が利用する転職サイトやエージェント。転職サイトやエージェントを選ぶポイントについて見てみましょう。

求人数の多さ

転職サイトやエージェントを選ぶ際、求人数の多さは重要なポイントになります。求人数が多ければ多いほど、自分の条件に合う会社を見つけやすくなります。また、細かい希望条件があったとしても転職サイトのサーチ機能を使って適合する職場を見つけることも可能。

さらに、求人数が多い転職サイトやエージェントであれば、細かい希望条件にも合う求人情報をメールなどで紹介してくれます。求人件数が何万件と多く扱っているところを利用しましょう。

30代前半向けか30代後半向けか見極める

30代向けの転職サイトやエージェントを見ていくと、30代前半向けと30代後半向けの2種類に分かれているところがあります。

30代全般を取り扱うような大ざっぱな転職サイトやエージェントではなく、自分の年齢に適している転職サイトやエージェントを利用することで、転職の成功率は変わってきます。

転職サイトやエージェントに登録する前に、30代前半向けか30代後半向けかを見極めましょう

なぜ、30代前半向けと30代後半向けかを見極める必要があるのかというと、求人内容に違いがあるから。

30代前半は経験がまだ浅いけれど、ポテンシャルが高く即戦力にもなるので将来性を期待する求人が主になります。一方、30代後半ではマネージャー職の求人が主体。マネジメントの経験年数や高い実績の有無が転職の成功を左右します。

年収に注目する

転職をするなら、年収にも注目しましょう。載せている求人の年収によっても転職サイトやエージェントの質を見極めることができます。当然のことですが年収が高めの求人が多ければ、転職後の年収アップにも期待が持てます。

30代女性の平均年収は315万円ほど、手取り額は230万円ほどになります。職種や年齢により年収は異なりますが、平均年収に達していない場合には平均年収もしくは平均年収以上の求人を主に取り扱っている転職サイトやエージェントを探してみましょう。

30代の転職の現状

転職を希望する人が多い30代。実際、転職を行う場合30代は適しているのか、現状について見てみましょう。

積極性が求められる

30代を採用したいと考える企業は多く存在しています。30代は社会人を何年か経験し、いろいろなスキルが身についているため即戦力になるから。そのため、常に向上心を持ち、情報更新を行う人が目に留まりやすくなります。

仕事をする上では、業務に関連することを自分から積極的に知ろうとすることが大切です。

一度話した内容を何度も聞く人と一度で理解する人、休日だからとだらだら寝転がっている人と勉強会やセミナーなど、自身のスキルアップのために動く人とではどちらを採用したいと思うかを考えれば分かりやすくなります。

積極性は自身を売り込むための重要なポイントになるので、常に意識しておきましょう。

実績とポテンシャルが重要

そこそこ社会人経験を積み「転職するなら今がチャンス」と思う人が多い30代。周囲からの評価も高くなっていると思っていても実際には、20代の頃のようなポテンシャルの高さはなく40代以上の実績のある人と競う場面もでてきます。

そのため、未経験の職に就こうなどという冒険は書類選考すら通らない可能性があります。

特に、実績の評価が高くなくてもポテンシャルの高さがある30代前半は採用される可能性はありますが、30代後半になると実績が評価対象となりこれまで就いていた職と同種であっても書類選考すら通らないことも。

求人情報を見て応募する人は自分だけではありません。自分のアピールできるポイントを絞っておきましょう

【自己評価の書き方と高め方のコツ】就職や転職に役立つ自己評価とは

エージェントに探してもらうことも効果あり

転職サイトから闇雲に自分に合った求人を探すこともできますが、効率よく転職を進めるなら転職エージェントを利用するのがおすすめ

転職エージェントにもさまざまなタイプがあり、30代全般の求人からマネジメント経験の有無、正社員のブランクがあるかなど細かく分かれているため自分に合った求人情報が紹介されやすくなります。

また、30代の転職は20代に比べ案件数は少なくなります。そのため、転職エージェントの登録は最低でも2社は行いましょう。複数の転職エージェントに登録することで自分の条件に合う会社を探しやすくなります。

転職エージェントを使ってみたいけど、どういうものなのか知りたい方はこちらをご覧ください。
転職エージェントとは|スマートに転職を進めるために活用しよう

30代におすすめの転職エージェント

30代の人が転職をするときには、より広い情報を元に就活をすることが必要です。特に現在仕事をしている人が転職エージェントを利用すると、さらに効率的にかつ自分に合う職場や職種を見つけることができます。

ここでは、おすすめの転職エージェント4社について取り上げていきます。

マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェントのマイナビエージェント。国内最大級の転職支援実績があり、大手上場企業から人気ベンチャー企業、あまり知られていないけれど優良な企業まで幅広い人事採用担当者とつながっています。

3年後・5年後・10年後を見据えたキャリアアドバイザーによるカウンセリングで自分にぴったりの企業を提案。さらに、今まで気づいていなかった強みやアピールポイントなども教えてくれます。

これから30代の転職で首位を取るという会社目標もあり、期待がもてる転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細はコチラ

リクルートエージェント

転職成功実績1位(2014年3月末時点)のリクルートエージェント。業界トップクラスの求人数で、約90%が非公開求人になっています。

専門的な知識を持ち、実績豊富なキャリアアドバイザーが約470名在籍。

自覚していない潜在スキルを引き出し、経歴から思考までを踏まえたうえでキャリアアドバイザーが最適なプランを提案。履歴書や職務経歴書の添削や年収の交渉、残業の実態など自分だけでは解決できないこともキャリアアドバイザーが行い、転職の成功率を高めます。

リクルートエージェント詳細はコチラ

DODA

転職を当たり前のことと考えるDODA。公開されている求人の数が多く、非公開求人も合わせると10万件以上。案件数の多さが安定している転職サイトです。

自分の適正年収や向いている働き方、合格する可能性が高い会社などを診断するシステムもあり、転職の不安を拭い去ります。また、職務経歴書を書くのが苦手な人でもレジュメビルダーを使うことで簡単に作成することが可能。

転職を自分の力だけで行うのに自信がない場合、登録無料のエージェントサービスやスカウトメールを利用することもできます。

doda詳細はコチラ

パソナキャリア

初めての転職でも安心のキャリアカウンセリングを親身に行ってくれることで有名なパソナキャリア。年収アップの交渉や書類・面接のアドバイス。今、勤めている会社の退職をスムーズに進めるためのアドバイスもします。

登録・キャリアカウンセリング・応募書類のアドバイス・面接対策・年収交渉・退職のサポート・入社のサポートという転職に関わる一連の活動にかかる費用は無料。転職活動を全力でサポートする転職エージェントです。

パソナキャリア詳細はコチラ

転職サイトやエージェントでよい転職

個人が自力で転職を行う場合、つながりができていないと成功率は低くなります。そのようなとき、自分と会社の橋渡しをしてくれる転職サイトやエージェントの利用が有効です。転職サイトやエージェントを活用して、よい転職を行いましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール