仕事の悩み

「仕事のストレスとどう向き合う?」自分らしく前進したい人は必見

仕事が原因のストレスは、誰にでもあることです。しかし、うまくストレスが発散できない人も。本来の自分として生きていくためにも、仕事はやりがいを感じて取り組みたいと願う人は多いです。根本の原因を突き止め、対策や解決法を見いだしていきましょう。

日々つらい思いをしていませんか

「働かざる者食うべからず」という言葉があるように、生きていくためには仕事をしないと、生活していくことは困難です。しかし、楽しく仕事ができる人と、つらい思いをして仕事をしている人では、温度差があります。

楽しく取り組める人と、ストレスを感じやすく、つらい思いをしながら取り組む人との違いを把握し、改善点があれば克服できるように、考え方を変えてみることもよい方法です。まずは、ストレスの原因を知り、解決法を自分なりに見つけましょう。自分らしく生きるためにも、押さえておきたいポイントを把握して、克服へとつなげていけるとよいですね。

仕事で感じるストレスの原因

仕事で感じるストレスには、どのようなものがあるのでしょう。原因を突き止めるためにも、内容を把握することが大切です。

雇用条件が合わない

仕事でストレスを感じる人は、雇用条件が合わないことが理由となっている場合も。自分の能力と雇用条件がマッチしない場合、お互いにかみ合わない状態となり、ストレスの原因になってしまいます。雇用条件に合わせられるのであればよいのですが、なかなか簡単にはいきません。

仕事がしにくいだけでなく、効率も悪くて要領もつかめないので、気持ちに余裕がなくなり、ストレスを感じやすくなるのです。雇用条件が合わなくても、仕事をこなしているうちに、要領よくできるようになればよいですが、仕事の内容によって大きく異なります。

スムーズにいかないときにストレスを感じる人が多いので、雇用条件はとても重要なポイントです。部署が変わる仕事の場合は、対応能力が求められます。

人間関係のさまざまなトラブル

人間関係のさまざまなトラブルも、ストレスの原因に。何気なく話したつもりが誤解を招く事態となると、同じ空間で仕事をすることに、行き詰まりを感じてしまいます。会社としては、一丸となって取り組んでいるつもりでも、1日も早くこの状況から脱したいと思う人も。

人と関わりを持つことは、とても素晴らしいことですが、楽しくかかわれる人とそうではない人が出てきます。誰とでも気さくに話せる人はよいのですが、話せない人はストレスを感じやすくなり、話をうまく伝えられないため、誤解を招く場合も。自分の性格を改善することは難しいですが、モチベーションが低くならないような対策が必要です。

会社の方針や規則

会社の方針や規則が厳しく、自分の思いとかけ離れている場合、ストレスを感じる人は多いです。一生懸命に努力して取り組んだ仕事でも、方針が合わなかったり、規則に反して逆に怒られてしまったりなど、ルールが厳しすぎることによって、行き詰まりを感じる人も。勇気が要りますが、自分の考えを会社側にぶつけてみることも一つの方法です。

それでもうまくいかない場合は、同じような考えを持つ人を探してみましょう。仲間ができると、気持ちを分かち合えるだけではなく、仲間を増やして新しい事業を起こす人もいます。また、会社内で改革を起こせるかもしれないので、焦らずに時期を待つということもよい方法です。

仕事量の多さや残業時間の長さ

仕事量の多さや残業時間の長さも、ストレスの原因になります。見合った給料が支給されるのであれば、納得できる部分もあるのですが、仕事量の割に合わない給料の額だと、ストレスだけではなく、体の疲れも取れません。気持ちに余裕を持つためにも、残業の時間を減らし、効率よく仕事をするべきです。

近年では、残業の多いブラック企業ランキングなども取り上げられるだけではなく、働きたい企業ランキングも。会社を選ぶ際は、働きたい企業ランキング上位に入るような会社を、探すことをおすすめします。そのような会社は、多くの人が求める条件がそろった魅力的な会社といえます。勤務時間だけではなく、福利厚生も考慮しながら、会社選びは慎重に行うことが大切です。

ストレスチェックをしてみよう

ストレスは別に気にしていないという人でも、実はストレスを感じやすい性格だったという場合もあります。一度チェックしてみて、自分の性格と向き合ってみましょう。

ストレスを感じやすい人の特徴

ストレスを感じやすいと思う人は、自分のストレス度をチェックしてみるとよいでしょう。ストレスを感じやすい人には、疲れやすい、毎日憂鬱な気持ちで仕事をしている、人と話すことが苦手など、共通の特徴があります。

ストレスを感じやすい人は、それを急に改善させることは難しいでしょう。しかし、何か一つでよいので、対策を見つけて気持ちを明るくさせ、ストレス発散できることを生活の中に取り入れることが大切です。「これをすれば次も頑張れる」というような、自分にしかわからないことを把握しておくと、改善へとつなげられます。

ストレスセルフチェック

どのくらいストレスがたまっているのか、ストレスセルフチェックを行ってみることもよい方法です。ネットで検索してみると、セルフ診断ができるので、自分のストレス度を確認できます。このようにセルフチェックを行うことで、自分の性格を見つめ直すきっかけにもなります。

自分では思っていなかったとしても、診断してみたら、実はストレスを感じやすいタイプだったという場合もあります。ストレスがない人はいませんが、過剰に受けとめてしまう人が増えているので、自分の性格を見つめ直して、よいストレス発散法を見つけていきましょう。

ストレス解消法

ストレスはため込むものではなく、解消していくものです。解消法を見いだすためにも、押さえておきたいポイントがあります。

まずは自分のストレスと向き合う

ストレスを解消するためには、自分のストレスと向き合うことが大切です。ストレスを感じる原因を探って見つけることで、解消法を探し出せるのです。そのためにも、「なぜ自分はストレスを感じてしまうのか」という思いから、目をそらしてはならないのです。

ストレス解消法はとても大切なことですが、現実から逃げてはいけません。まずは、自分が改善すべきポイントを克服しなければ、解決にはいたらないのです。また、ストレス解消法を見つけながら、自分の性格を改善できるような努力も必要になります。

一時的な解消法では根本的な解決にならない

気を紛らわすことは、ときとして大切なことです。しかし、一時的にストレスを解消したとしても、逃げているだけでは、根本的な解決にはいたりません。大切なことは、ストレスの根本となる部分を、克服できるかどうかです。ストレスを抱えやすい人は、根本部分が太い幹となっているため、克服することは難しいですが、諦めてはいけません。

ストレス解消法を見つけながら、自分の性格を分析していき、モチベーションを高められる方法を見つけることが大切です。楽しみを見つけるだけでも、考え方が違ってくるので、趣味を見つけることもよい解消法になります。

物事のとらえ方を変える

ストレスを抱えやすい人は、物事のとらえ方を変えてみるとよいでしょう。根本の悩みを解消できない場合、自分の考えかたを工夫してみることで、解決できる場合があります。自分の考えを変えることは、とても難しいことですが、やってみると気持ちが楽になる場合があります。

深く考え込みすぎずに、失敗は次のステップとして気持ちを切り替えられるように、自分の気持ちをコントロールしましょう。そうするだけでも、気持ちはずいぶんと楽になります。誰にでも失敗はあるもの。そこで次へのステップとして受け取るか、そのまま気持ちを引きずってしまうかは、本人次第です。物事のとらえかたを前向きにするだけでも、世界は明るく広がっていきます。

仕事とプライベートを切り替える力

仕事とプライベートを切り替えられる人は、ストレスも上手に解消している人が多いでしょう。プライベートでも、仕事で失敗したことばかりを考えていると、プライベートの時間でもストレスを感じてしまい、発散する時間がなくなります。

仕事は仕事、プライベートはプライベートというように、気持ちに区切りをつけて生活しましょう。上手くできないという人は、熱中できる趣味を見つけると、気持ちを分散させられるため、上手に気持ちを切り替えられます。自分の生活や気持ちにメリハリをつけるためにも、趣味を持つことはよいことです。

ストレスが原因の病気

ストレスが原因で、病気を引き起こしてしまう場合も。どのような病気や不調があるか見ていきましょう。

ストレスは万病のもと

ストレスをうまく発散できずにため込みすぎてしまうと、頭痛や吐き気の症状が表れる人も。症状は個人差があり、中には動悸やめまいなどを引き起こす人もいます。病は気からという言葉があるように、ストレスは万病のもとになります。血液が滞り、体は冷えやすくなるので、病気になりやすい体質になってしまうのです。

ストレスを発散できないと、体内の巡りが悪くなり、気持ちもスッキリとしません。気持ちの持ちようなのですが、うまく切り替えられない人にとっては、重大な問題になります。体をゆっくりと休めることを考え、リラックスできる時間をつくると、気持ちが楽になるという人もいます。

ストレスが招く心の病気

ストレスをため込みすぎた場合、鬱病という心の病気を発症してしまいます。気持ちの切り替えがうまくできずに、深く考え込むようになるため、気持ちはどんどん衰弱してしまい、物事をマイナスにとらえるようになります。ストレス発散法にも関心がなくなり、自分を非難して、場合によっては傷つけてしまう場合も。

鬱病は、自分だけの問題と思っている人は多いですが、少なからず周りに迷惑をかけています。鬱病を発症してしまう前に、自分の気持ちをコントロールする工夫を取り入れることが大切です。特に、仕事とプライベートに区切りをつけることがポイントです。ぜひ、前向きな気持ちになれる工夫を見つけましょう。

自律神経が乱れ生理不順や無月経がおきる

ストレスが原因となり、引き起こされる病気として、女性は生理不順がおきやすくなります。人によって個人差があり、生理が来ない無月経が起きる人もいます。ストレスによって自律神経が乱れてくると、体のサイクルも乱れてきて、生理不順だけでなく、不眠症などの症状が表れる場合も。

体のサイクルが崩れないように、健康を維持するためにも、まずは心が健康でなければなりません。ストレス発散法を見つけて、自分のサイクルを整えましょう。

ストレスからの冷えや便秘

ストレスを発散できずにため込んでしまうと、体内の血行が悪くなり、体に老廃物をため込みやすい状態になります。すると、体は冷えて腸内環境が悪くなり、便秘を引き起こす人も。人によって症状は異なりますが、軽い症状の人もいれば、深刻な悩みになってしまう人もいます。

ストレスをため込まないようにするためには、リラックスできる時間を自分なりに見つけることです。また、体を温めるように工夫することが大切です。入浴や寝る前のストレッチなども、血行を促進させられる時間として活用できるので、自分なりに工夫しながら過ごすことが大切です。

繰り返す肌荒れ

ストレスが原因で、肌荒れを引き起こす人もいます。血行が悪くなることで、腸内環境が乱れてくると、体内の不調が肌に表れてくるのです。吹き出ものだけではなく、乾燥肌、敏感肌など、人によって表れる症状は異なります。よくなったと思っても、再び肌の状態が悪くなると、気持ちもすっきりとしなくなります。

ストレスを抱え込みすぎると、このように肌サイクルも悪くなり、回復が遅くなります。肌にできものがあるだけで、憂鬱な気分になってしまうので、ストレス発散法を自分なりに見つけることが大切です。また、毎日のスキンケアも丁寧に行い、肌環境を守りましょう。

今の職場で働き続けるか

現状維持を選ぶか、それとも新しい環境を選ぶかは自分次第です。自分を守るためにも、素直な気持ちになって判断していきましょう。

仕事先は一つじゃない

今の自分の状態を変えるためにも、転職を考えることもよい方法です。仕事が原因でストレスになり、解消法が見つからない場合、無理をして今の職場で働き続ける必要はないでしょう。多少のがまんは必要ですが、がまんをしすぎて体調を崩し、病気を発症してしまってからでは遅いです。

仕事先は一つではありません。自分に合った仕事や環境は、必ず見つけられます。自分なりにストレスを抱え込まないように、気持ちの切り替えをしていくことも大切ですが、自分を高めるための転職を考えてもよいでしょう。

本当にやりたいこと、目標を掲げる

ストレスの原因を考えると、仕事内で自分がやりたいことができない状態が長く続いているという人も。意欲的な気持ちと、叶わない現実で行き詰まりを感じている場合は、自分が本当にやりたいことを目指すことを考えていきましょう。単に目標を掲げるだけではなく、計画性を持って取り組むことでイメージが湧きやすく、実現へとつなげられます。

簡単にはいかないことですが、自分の目標を決めることで、やりがいを感じて取り組めるのです。ときには失敗もありますが、決してむだにはならない大切な時間だと考えましょう。

ストレスで壊れてしまう前に早めの転職判断

ストレスが原因で、自分が壊れてしまう場合も。そうなる前に、早めの転職判断が必要です。転職はとても勇気が要ることなので、行動に移すことが難しいという人もいます。しかし、そのままストレスの多い職場で働き続けることが苦痛になる場合は、思い切って転職という判断をすることは、決して間違いではありません。

世間では「逃げ」と表現されてしまうかもしれませんが、転職をすることで自分の能力を発揮でき、飛躍できる人もいます。マイナスに受け取らず、自分の可能性を高める決断として、転職を希望することは、「逃げ」にはなりません。

悩まないで自分らしく生きよう

ストレスをうまく発散できないと、本来の自分を見失いがちになります。気持ちだけではなく、体調も崩しやすくなり、弱い自分になってしまいます。

仕事に原因があるのなら、思い切って転職という行動をとっても、決してそれは間違いではありません。環境を変えて、自分の目標のために、やりがいを感じながらできる仕事を見つけ、ストレスを吹き飛ばして、前進していきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール