仕事の悩み

朝起きて仕事に行きたくないときの上手な対処法とアドバイスを紹介

毎日ルーティン通りの生活を続けていると、たまには休みたいと思うのは誰も同じです。朝起きて「行きたくない」と思った時、あなたならどうしますか?ここでは、「仕事に行きたくない」と思ってしまった時の賢い対処法をいくつか紹介します。

仕事に行きたくないときに取るべき方法とは

どんなに希望通りの仕事についても、仕事に行きたくないと思うことは誰にでもあります。考えていたものとは違う仕事をさせられたり、ノルマがうまくこなせなかったり、ミスばかりして周りに迷惑をかけて自分に自信が持てなくなったり、人間関係がうまくいかなかったりと仕事に行きたくない理由は人それぞれです。

かといって、会社の一員ですから無責任に仕事を辞めることもできませんし、勝手に休んでばかりもいられません。

特に体の調子は悪くないけれど仕事に行きたくない、でも仕事は続けたい、無理して仕事に行っているうちに体調もなんとなく悪くなってきた気もする、こんな時、どのように乗り切ったらいいでしょうか。ここでは、そんな頑張り屋さんに最適な対処法をいくつかご提案します。

仕事に行きたくないと思う時

仕事に行きたくないと思う理由は人それぞれです。また、いつも同じ理由とは限りません。行きたくない時期も、一過性のものであったり継続的なモノであったりなど、さまざまな理由があります。どんなに好きで始めた仕事でも、仕事を忘れたい時は誰にでもあります。

多くの人は、月曜日からの出勤ですので、日曜日の夜や月曜日の朝に「行きたくない」症状になります。

過重労働の時

業種や職種にもよりますが、残業や休日出勤が多い会社に勤めていると疲れが残っている状態でも連日働かなければいけません。多くの会社は月曜日に前日までの仕事の続きをしますので、その分仕事が増えています。そのため月曜日にハードワークを強いられることが多いのです。その流れが毎週のようにあると、必然的に日曜日の夜から「仕事に行きたくない」という気持ちになります。

大企業であれば上手に有給休暇を取って休むという方法もありますが、従業員の少ない中小企業や他に代わりに仕事をしてくれる同僚がいないような会社では休みたくても休めなくなります。

昨今の「働き方改革」法で、できるだけ残業はしない、させない企業は増えていますが、それも社員を多く抱えている企業だけのことです。すべての人が休みたくても自分の一存ではなかなか休めないのが現状です。

仕事をするのが辛い時

仕事に生きがいを感じている人が陥りやすい原因ですが、仕事を完璧にこなしたくても、思い通りに仕事が進まなかったりノルマがこなせなかったりすることが原因で仕事に意欲がなくなってしまうようです。

また、任せられた仕事をこなせないのは自分の力不足だと思い込み、責任を感じてしまうことから仕事をしたくなくなるということもあります。

誰でも、仕事に慣れるまでは思い通りに仕事が進まないものです。また、ミスも多くなるのは当然です。最初から完璧にできる人はいません。分かっていても、出来ないことで仕事が辛くなり、しまいには仕事に行きたくないと考えてしまいます。

疲れがとれていない時

週休1日の会社では、なかなか疲れが取れないものです。年齢が上がればなおさら1日程度の休みでは疲れは取れません。休み明けの月曜日に仕事をしたくないという人が多いのは、これが大きな原因の一つです。

さらに残業や時間外労働などがあると、疲れが蓄積された状態のまま仕事が始まるのでさらに疲れが取れづらくなります。疲れすぎると良好な睡眠もできず睡眠不足にもなります。睡眠不足は、昼間の仕事に悪影響を及ぼすだけではなく体調悪化やうつ病の要因にもなります。

人間関係で悩みがある時

仕事に慣れてくるのと同時に、いい意味でも悪い意味でも職場での人間関係が目につくようになります。特に、直接関わる上司や同僚との関係が悪いと悩む人が増えるのも仕事に行きたくない原因になります。

新人は上司や先輩からのパワハラ、中堅クラスは上司と新人との間を取り持とうとすることで生ずる「サンドイッチ症候群」、上司やベテランクラスは、部下や新人との考え方や方針の相違に苦労するといったように、世代ごとに人間関係が難しくなります。

仕事に行きたくないときに表れる身体と心の症状

明確な理由があってもなくても、仕事が行きたくないという気持ちが続いてしまうと、体にも悪影響が出てきます。一度体に変調がみられると、自分の力だけでは改善されなくなりますので注意が必要です。

体がすごくダルい

体がだるくて、起きようと思ってもなかなか起きられない状態に陥ることがあります。他人から見ると「サボっている」と思われがちですが、自分でも思い通りにいかないぐらいまで体がダルくなると要注意です。

初期は朝起きられないだけで済んでも、症状が悪化すると、一日中布団から出られない状態になります。こうなると、仕事どころか生活に支障がでてきます。

普段のストレスが蓄積されていることが原因の一つです。今までのストレスが体に残り、うまく解消されず、脳は起きていても体がいうことを聞かない状態になります。この状態で無理をして起きると、頭痛やめまいなどが起き、悪化すると起きていられなくなります。

憂鬱になる時間が長くなる

オフの時にも仕事のことが頭から離れず気分がふさぎがちになります。初期の症状としては仕事に行く日の朝に憂鬱になっても昼ごろには良くなりますが、だんだんうつ状態が一日中になり、さらに連日続くようになります。こうなるとうつ状態が悪化していると考えられますので、医療機関での診察をおススメします。

一口に「うつ状態」といっても漠然としていて、自分がうつ状態なのかどうかは自己判断しずらいものです。それに、精神神経系の病院に行くのはなかなか勇気がいるものです。こんな時、気軽に判断できるチェックシートがありますので、一度確かめてみるのもいいでしょう。

【参照リンク:厚生労働省HP「ストレスチェック」

不安な気持ちや吐き気がする

気分が塞いでしまうのは気のせいだから、そのうち良くなると思っている人が多いようです。しかしこじらせて「うつ病」になってしまうと放っておくわけにはいきません。

「うつ病」はれっきとした病気です。一度うつ病と診断されるぐらいになると、治療に時間がかかって、場合によっては仕事を辞めざるを得ない状況になります。

しかし、悪くなる前に治療すればすぐに良くなります。それでも自己判断で放っておくと、気持ちの不安定度合いが大きくなるだけではなく体自体にも変調をきたしてくる病気です。

症状としては、初期は頭痛や肩こり、食欲不振、胃腸の調子ですが、悪くなるにつれて程度も重症化し、しまいには原因不明の吐き気などを起こしたり普段の生活にも支障が出てしまいます。

仕事に行きたくない時の対処法

大事に至らないためにも、仕事に行きたくない気持ちを軽視せずに大切にしなければいけません。日ごろからのケアをすることで、病院に行かなくても症状を軽くする方法があります。

仕事に行きたくない気持ちを話す

何事にも一生懸命にやる人は、完璧にこなしたいがためにちょっとしたつまずきでも「仕事に行きたくない」と思ってしまいます。そして、そういう人に限って仕事の話は他人どころか家族にも話さないものです。しかし、このように普段から仕事の愚痴を表に出さない人は特に注意しなければいけません。

普段からどんな些細な愚痴でも屁理屈でも構いません。気軽に話せる環境を作っておくといいでしょう。相談でなくてもただ聞いてもらえるだけでも違います。聞いてもらうだけでも十分発散できますし、話す相手によっては良いアドバイスをしてくれる場合もあります。

一方、友人や家族から「仕事に行きたくない」と話を持ち掛けられたら、どのように接したらいいでしょうか。この場合、一番いいのが「聞くことに徹する」ことです。

話をしている方は、とにかく話を聞いてもらうのが目的ですので、下手なアドバイスをすると、逆に助長することになりかねません。うまいことを言えないのであれば、「聞くことに徹する」ことです。

人間関係を改善してみる

職場上での人間関係に悩んでいる人はたくさんいます。相手がいる問題なので、簡単には自分の理想とする人間関係に作り替えることは難しいです。

しかし、自分の接し方を変えるだけでも人間関係を改善することが出来る場合があります。

自分から率先して話しかける、どんな些細なことでも「報告」「連絡」「相談」をするなどが仕事をするうえで大切なことです。初めはぎごちないかもしれませんが、こちらが苦手だと思っている人は相手もそう思っているものです。しかし、こちらの接し方を替えるだけで相手も接し方を変えてくれます。

朝はしっかり起きる

どうしても、行きたくない時でも朝はいつも通りの時間にしっかり起きましょう。仕事に行きたくないからといって具合も悪くないのに昼まで布団にもぐっていると、体内のリズムがくるってしまい仕事どころではなくなります。

普段は朝起きて仕事に行ってという生活をしている人は、その生活パターンは崩さないように気を付けましょう。これは、お休みの日にも言えることです。

お休みの日も朝はいつも通りの時間に起きて朝食を摂るという生活パターンを守っておくと、次の日からの仕事にもスムーズに取り組めます。

朝日を浴びる

朝起きるということは、体にとってもいいことです。太陽の光を浴びるとセロトニンの分泌が促されます。セロトニンは精神を安定させる大切なホルモンです。それによって、体内のリズムが正常化し規則正しい生活を送るためのエネルギーが蓄えられます。比較的夜の仕事が多い人でも、朝はカーテンを開け太陽をしっかり浴びる生活を心がけましょう。ちなみに、日を浴びるのは午前の30分間でセロトニンの分泌が活発化します。

好きなことに没頭する

日々の仕事がきつくて1日ぐらいの休みでも疲れが取れないことがあります。こういう時は、ほんの数時間でも仕事を忘れられる趣味に没頭するのはどうでしょうか。外に出てスポーツやアウトドアなどをしたり、家の中でも普段できないようなクラフトや家事に没頭したり、読書やDVDを見たりするのもいいでしょう。

休みの日はゆっくりしたいと思う人は、休日前の仕事後に習い事に通うのもおススメです。最近では、社会人向けの習い事も多くなりました。休日前に習い事をして休日を習い事の練習や課題に取り組む日に充てると充実した休日が過ごせます。

部署を変えてもらうように話をする

仕事に行きたくないのは仕事の内容だけではなく人間関係も原因になることが多いです。このような場合は、異動を申し出てみるのも一つの方法です。しかし、大企業でしたら可能でしょうが、常に人材が不足しているような企業の場合は難しいかもしれません。

それでも、会社側に悩んでいることを伝えること自体大切です。部署を変えてもらえなくても、何らかの方法を教えてくれるかもしれません。話すことでますます人間関係が悪くなるようでしたら、何らかの「嘘」を考えて異動をお願いしてもいいでしょう。大事なのは自分です。

いつもと違うルートで通勤する

仕事の日は、ほとんどの人は一日中変わらないルーティンで過ごします。職場に入ってしまうと自分からやり方を替えることはまず不可能です。

そういう時は、仕事へ行く前や終わってからの時間を自分なりに変えてみましょう。いつも何気なく通っていた通勤路を替えてみるとか、一駅前で降りてみるとか、家を早めに出て気になるカフェでコーヒーを飲んでから出勤するとか、自分で「変える」とそれだけでも気分は一新できます。

また、普段は電車通勤している所でも、自転車やウォーキングで通勤すると運動にもなり景色を眺めながら気分転換にもなります。

仕事上の自分の強みを見つける

仕事に慣れるまでや人事異動などで仕事のパートナーが変わるたびに、今までうまくいっていた仕事もうまくいかなることが多いようです。それは、誰でも同じことです。

慣れるまでは勘違いやミスは出るもの。そういうことをいちいち気にしていては先に進めません。ミスをするのも仕事を覚えるための大切なステップです。ミスは自分の糧となります。

そして、「自分は何故この部署にいるのか」と自分の役割や立ち位置についてしっかり考え、仕事場で自分の能力を出すことで自分に自信がつきますし、人間関係も良好になります。能力と言っても、仕事に閊えるスキルだけではありません。思いやる心や人間性なども十分人材として大切な要素です。

平日にも楽しみを設ける

仕事をしている間、終始苦痛であれば仕事が終わってからの楽しみをあらかじめ用意しておくのがいいでしょう。仕事が終わったら気の置けない仲間と食事に出かける約束をしたり、ちょっとしたウィンドウショッピングを楽しんだり、以前から気になっていた所に足を運んでみたり、さらに時間が合えば習い事に通うのもいいでしょう。

このように仕事の後の楽しみを事前に用意しておくと、その日の仕事を頑張れるものです。「夕方から思う存分楽しむために仕事をする」ことも大切です。

自分を変える努力をする

特に人間関係がぎくしゃくしている場合は、相手を変えることは難しいことです。この場合考え方を変えて、相手がどうこうではなく自分が変わろうという気持ちを持つことが大切です。

大人になると、性格はなかなか変えられないものですが、変えられるような柔軟な人間性を持っていることは人間として大きな武器です。自分らしさは残しながら相手に合わせると、ぎくしゃくした関係も良好になります。相手が変わらないなら自分自身が変わるのはとてもいいことです。

しっかり眠れるように整える

次の日に仕事に行きたくないと思いすぎるあまり、なかなか寝付けなくなることがあります。そんな時は、寝る前に気持ちをリラックスさせることが必要です。お風呂にゆっくり入る、温かい飲み物を飲む、リラックスできるBGMをかけるなどがおススメです。

寝る直前までPCやスマホの画面を見ていると、脳がさえてしまい寝付けません。できるだけ寝る前は刺激の少ないことをしましょう。家にいる時ぐらいは、仕事のことをすべて忘れられる環境を作っておきましょう。

なぜ仕事行きたくないのかじっくり考える

人それぞれ性格が違うので、仕事のことは忘れようと言ってもつい考えては落ち込んでしまいます。そんな時は、開き直って「なぜ、行きたくないのか」「なぜ、仕事をしたくないのか」をじっくり考えてみるのもいいかもしれません。

この時、紙に書いてみるのをおススメします。文字にすることで、頭の中が整理されます。そして実際文字にしてみると、悩みがはっきりしてきますし、悩むほどのことでもないと気づかされることも多々あります。

文字にして考えるツールとして日記は最適です。毎日の出来事を記入するだけでもいいですし、その日の気分を書き込むだけでもいいでしょう。自分のための「メモ」ですから、規則正しく毎日書かなくても構いません。気になる時にだけで十分です。こうして残しておくと、何か壁にぶつかった時に見直すこともできます。

どうしても辛い時は休む

どうしても仕事に行きたくない時は、いっそのことお休みしましょう。「仕事はあくまでも仕事」と割り切ることです。たった一日休むだけでも気が楽になることがあります。

また有給休暇が残っているなら上手に利用するといいでしょう。数日以上の有給休暇があるとちょっとした旅行に出かけたり家でのんびり過ごしたりできます。

このように「楽しみ」を用意しておくことで仕事もはかどるようになります。有給を楽しく過ごすために仕事をするのも大切です。

転職を考える

それでも、お休み後に、どうしても仕事に戻りたくない気持ちの方が強ければ、今の仕事に見切りをつけて新しい仕事に転職することをおススメします。

今の仕事にとりたてて満足のいく点がないのであれば、すぐにでも新しい転職先を見つけることです。いつまでもしがみつく理由はありません。

この場合、仕事を辞めてから転職先を探すのもいいですが、そうすると収入がゼロの状態で仕事を探すことになります。本当にやりたい仕事を見つけられない可能性があります。

できれば、今の仕事をしながら転職先を探すことをおススメします。転職エージェントに依頼すると転職探しは秘密裏に行うことができ、普段通りに仕事に通えます。

【タイプ別】おすすめの転職エージェント

転職する場合、自分ひとりで探すより転職エージェントのサポートを受けたほうが、自分にあった仕事が見つかりやすくなります。転職エージェントは会社の規模や特徴もさまざまですが、ここでは、「女性向けタイプ」と「初転職向けタイプ」に絞って転職エージェントを紹介します。

【女性の転職に力を入れている】転職エージェント3選

女性が転職する場合、結婚、出産、育児、配偶者の転勤、離婚など、それぞれ異なった事情を抱えています。女性向けのエージェントであれば、そのような事情を理解して仕事を紹介してもらえるのでおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業界No.2の「パソナ」が運営していて、25万人以上の転職を支援してきた実績もある信頼できるエージェントです。また、パソナグループは管理職の半数が女性と、女性が活躍する企業でもあります。

利用した人のアンケートでも、女性の気持ちをわかってくれて、手厚いサポートが受けられると評判です。

転職エージェントのパソナキャリア詳細はコチラ

マイナビAgent

マイナビAgentは、大手に比べると比較的中規模のエージェントですが、利用者満足度は圧倒的に高いエージェントです。サポート期限が設けられていないので、自分のペースに合わせ転職活動ができるので、今の仕事を続けながら転職先を見つけたい人におすすめです。

求人は、営業職やコンサルティング職、技術職が中心になり、約8割が非公開求人となっています。

マイナビAgent詳細はこちら

リブズキャリア

高学歴・高収入のキャリアがあり、転職でキャリアアップしたい人には、 企業の管理職案件が多く年収400万円以上の求人に限定されているリブズキャリアがおすすめです。求人紹介だけでなく、厳選された企業やキャリアパートナーからのスカウトも受けられます。

また、女性活躍プロジェクトに賛同する企業と提携していているので、他のエージェントでは得られない独占求人情報も数多くあります。キャリア面談も女性のキャリアに詳しいコンサルタントが対応してくれるので安心です。

【転職が初めての人にも安心】サポート機能が充実している転職エージェント3選

転職を成功させるためには、重要ポイントをおさえておく必要がありますが、転職が初めてだとそこまで気がまわらないこともあります。

転職が初めてでも、きめ細やかなサポートを受けられるエージェントを選べば安心です。そのような転職エージェントであれば、基本的な企業の情報提供以外にも、履歴書のブラッシュアップや面接対策といったサポートやアドバイスを受けられます。

doda

履歴書・職務経歴書の書き方や応募企業ごとに面接についてのサポートやアドバイスがもらえ、応募書類の提出、面接日程の調整などの手続きの代行もしてもらえます。手厚いサポートが受けられるので、今の仕事を続けながら無理のないペースで転職活動をしたい人におすすめです。

dodaは業界でもトップクラスの求人数を誇り、非公開求人を含む10万件以上の求人から、自分の希望にあった求人を紹介してもらえます。

dodaエージェントサービス詳細はこちら

リクルートエージェント

転職支援実績No.1の転職エージェントで、利用者も32万人に及びます。業界最大級の非公開求人数で、非公開求人が20万件以上。

実績豊富なアドバイザーが厳選した求人情報を紹介してくれるだけでなく、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実した転職サポートが受けられます。中でも、模擬面接は、面接経験が少なく自信がない人には嬉しいサービスです。

利用者数が多いので、担当者の対応が遅れたり、十分なサポートが受けられないと感じたりする場合は、他のエージェントサービスと併用して利用すると良いでしょう。

リクルートエージェント詳細はこちら

Type 転職エージェント

東京や神奈川、埼玉、千葉で、転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。若手~ミドル層の転職支援を得意としているので、初めての転職でも安心です。

エージェントとしてのあまり知名度が高くないため登録数が少ないのも事実ですが、その分他のエージェントにはない手厚いサポートが受けられます。

IT・通信・Web関連の専門知識に長けていて、SEやデザイナーにもおすすめの転職エージェントです。

Type 転職エージェント詳細はこちら

仕事に行きたくない気持ちを解消するために色々試そう

どんなに好きで選んだ仕事でも、続けているうちに何かと仕事の内容や人間関係に不満が出てきます。他の人と関わる限りは、避けられないことです。

好きで選んだ仕事をできるだけ長く続けたいのであれば、1日周期でも1週間周期でも、オンオフを上手に切り替えて仕事もプライベートも充実させましょう。

また、悩んだときは誰かにそうだんしてもいい、職場を変えるのも一つの手と、自分自身のゆとりを持つようにしましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール