• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 「試用期間中の退職方法と本音」円満退職で新しい一歩を踏み出そう
転職

「試用期間中の退職方法と本音」円満退職で新しい一歩を踏み出そう

会社に入社して間もなく、試用期間中ではあるものの会社を辞めたいという悩みを抱えている人は、実は少なくありません。試用期間中ではあっても、退職することは可能ですが、円満退社を行うためには押さえるべきポイントがあるので、詳しく見ていきましょう。

まだ試用期間中だけど合わないから退職したい

一度は入社を希望した会社。しかし、いざ入社してみると、この会社は自分に合っていない、試用期間中の身ではあるものの、今すぐ退社したいと考えたことはありませんか。

試用期間中であっても退職することは可能ですが、円満に退職を行うためには、しっかりとポイントを押さえて、退職手続きを進めていくことが大切です。

人間関係や労働条件など、さまざまな悩みを抱える人の本音に沿って、円満に退職する方法を見ていきましょう。

試用期間中に即日退職することはできるのか

会社を退社するためには、申し出から2週間の期間を設けることが、法律で定められています。しかし、この申し出から退社までの日数は、会社の就業規則や上司との話し合いによって前後するケースがあります。

また、退社までに2週間以上を要することもあれば、即日退社が認められることもあります。

法律上2週間前に退職を届け出ると定められている

退職時期においては民法627条により、雇用の期間の定めがない場合は、退職を申し出た日から2週間を経過することによって、雇用関係は終了すると定められています。

そのため、退職を決めた場合は、退職届を2週間前には提出する必要があります。

原則として、即日退社することはできず、退職を申し出たとしても、2週間は勤め先で労働する義務が課せられています。

また、会社が退職を認めてくれない場合でも、この民法627条に基づいて、退職の申し出から2週間が経過すれば退職は可能です。

ただし、会社によって就業規則として、退職の際は1カ月前に申し出ると定められているなど、独自の規則が定められている場合があります。そのようなケースでは、会社規則に従う必要があるため注意しましょう。

試用期間中に即日退職できるケースもある

退職の申し出から退職まで、2週間を要することが一般的ですが、即日退職が可能なケースもあります。例えば、労働条件が面接時に提示されて内容と異なる場合は、労働基準法違反となるため、即日退社が法律によって認められています。

また、どうしても即日退社したいという方は、上司に一度相談してみるとよいでしょう。上司の承諾を得られた場合にも、即日退社が可能です。

試用期間中に退職したい本当の理由

一度は入社を決めた会社なのに、試用期間の間に退職したいと思う理由には、どのようなものがあるのでしょうか。今後、会社選びで失敗しないためにも、しっかり確認しておきましょう。

人間関係がよさそうで入社したのに実際は違った

仕事において人間関係は重要です。求人に掲載されていた写真や宣伝文から、アットホームでよい雰囲気に見えて入社を決めたのに、実際には違っていたということはあり得ます。

例えば雰囲気になじめなかったり、しっかりとした教育体制もなく、質問をしても無視をされたり、会話も少なく人間関係が希薄であったりなど、人間関係の悩みにより退職を決めるケースがあります。

試用期間なのに残業が多くこれからが心配

試用期間中の新入社員の残業時間は、月に10時間程と少ない人が多く、中には毎日定時上がりという方もいます。通常、入社して半年後から残業が増えてくる傾向にありますが、新入社員であっても、入社した月から50時間以上の残業を課す会社もあります。

このような会社は、残業が常態化している恐れがあります。残業について不安に思うことがある方は、面接時にしっかり確認しておくことが大切です。

会社の体育会系のノリになじめず辞めたい

上司への絶対服従、失敗やミスに対して怒鳴られる、また、暴力を振るわれるなど、体育会のノリが強くついていけないという方もいらっしゃいます。

このような会社は上下関係が厳しく、雇用主の言うことは絶対という風潮があります。そのため、労働者の訴えによって、会社の体質が改善されることは望みにくくなっています。

退職理由にネガティブなことは言わない

退職することを決めたものの、退職理由をどのように上司に伝えるべきか、迷われる方も多いのではないでしょうか。円満に退社するためにも、退職理由の伝え方は重要です。どのように伝えることが、適切なのかを見ていきましょう。

円満に退職するには批判や悪口にならないように

円満に退職するために、会社の批判や悪口になるような表現は避けましょう。会社への不満を退職理由にあげると、悪印象を与えてしまいます。また場合によっては、希望に沿った労働ができるように改善を行うので、退社を考え直してくれと引き留めに会う可能性も。

円満に退職するために、退職理由を伝える際は、主語は「私」を使い、あくまで自己都合の退職であり、「企業には責任はない」と伝わるように、話すことを心がけるとよいでしょう。

ポジティブに当たり障りのない退職理由具体例

退職理由は、ポジティブな言葉を用いるのがよいでしょう。どのような理由が最適なのか、具合例を見ていきましょう。

  • 以前から目標にしていた仕事に挑戦したい
  • 新しい環境で、キャリアアップを目指したい
  • 将来のために資格取得に専念したい

上記のように、退職は会社への不満によるものではなく、あくまで前向きな理由だと伝わる理由にしましょう。しかし、いくら前向きな理由でも、嘘をつくことはよくありません。例えば、結婚の予定がないにもかかわらず、寿退社を理由にあげると、嘘がばれたときに面倒になる可能性もあります。

また、退職を伝えた際に、すんなりと退職を受け入れてもらえずに、「キャリアアップは弊社でも実現できるのではないか」と問われることがあるかもしれません。

このようなときには、新しい環境で挑戦してみたい、20代の方であれば、若いうちに挑戦したいといった、今しかできないという熱意を伝え、退職の意志を貫き通しましょう。

次の転職活動での履歴書や面接の乗り越え方

試用期間中の退職に、後ろめたさを感じる方もいるかと思います。しかし、転職活動を行う際は、履歴書や面接において、退職の経歴をしっかり伝えることが大切です。

試用期間中の退職も履歴書に書かないとリスクにつながる

たとえ試用期間中の退職でも、履歴書に職歴として記したほうがよいでしょう。職歴に自ら記さなくても、雇用保険や厚生年金の手続きから、会社を早期に退職したことが判明することもあります。

後に退職が判明してしまうと、会社から嘘をついたと不信感を抱かれる可能性があるうえに、最悪の場合は経歴詐称として、解雇につながる恐れもあります。このようなリスクを回避するためにも、試用期間中の退職で、どれだけ短い勤務期間であったとしても、経歴はしっかり記載しましょう。

面接でもネガティブな言葉に要注意

面接において退職理由を聞かれた際、ネガティブな言葉を用いることはやめましょう。残業が多かった、人間関係に悩みがあったなどを理由としてあげてしまうと、また嫌なことがあれば、すぐに辞めてしまうのではないかと疑われる可能性があります。

退職理由は、キャリアアップや自分の夢を実現するための挑戦であるなど、ポジティブな言葉で簡潔に話すにとどめることが大切です。そして、入社後に自分は何をやりたいのか、どのように会社に貢献していけるのかなど、入社後のビジョンを重点的に話すよう心がけましょう。

試用期間中の退職は円満にする事で今後につながる

試用期間中であっても退職を申し出れば、会社の就業規則等によって前後する場合もありますが、原則として2週間後には退職が可能です。

円満に退職を行うために、退職を伝える際は、たとえ会社への不満があったとしても、会社批判をせずに、あくまで自己都合のための決断であると伝えることが大切です。

労働環境に悩み退職を希望する際は、ポイントに沿って退職手続きを進め、円満退社で気持ちよく新たな一歩を踏み出しましょう。

【転職エージェントの賢い使い方】上手に活用して転職を成功しよう

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール