• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 【転職エージェントの賢い使い方】上手に活用して転職を成功しよう
転職

【転職エージェントの賢い使い方】上手に活用して転職を成功しよう

転職エージェントは、現在若い人に広く使われています。このサービスの一番の魅力は、アドバイザーからのサポートがあること。成功するかどうかは、アドバイザーの力量にかかっていると言ってもよいでしょう。賢い使い方を知って転職を成功させましょう。

転職エージェントの使い方を詳しく知りたい人へ

以前は転職する際はハローワークで求人を捜していましたが、ネットの普及により転職サイトや転職エージェントなどを使用して転職できる幅が広くなりました。転職サイトは自分で求人を捜して応募しますが、転職エージェントは専任のコンサルタントが転職者と企業をマッチさせています。

現在の仕事に不満を感じ、転職エージェントを利用して転職したいと思っても初めて使う人はうまく転職できるか不安を感じることが多いようです。転職エージェントについての詳しい内容や使い方を知って、利用する際の不安を軽減しましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは専任のコンサルタントが求人紹介から入職までをサポートするサービスです。その特徴と、転職サイトとの違いを見てみましょう。

転職エージェントの特徴

転職エージェントはサービス内容が充実していて、しかも無料で利用できる人材紹介サービスです。さまざまな業界の案件を扱っている「総合転職エージェント」と、ある分野の業種に限って取扱っている「特化型転職エージェント」があります。

転職エージェントが無料で利用できるのは、人材会社に企業から成功報酬が支払われているからです。一般に転職エージェントは公開求人だけでなく、非公開の求人を多く取扱っています。

非公開求人とは公開されていない求人で公開するとすぐに応募枠が埋まるような優良企業の求人を、企業とつながりのある転職エージェントが独占的に抱えています。

登録するとエージェントから連絡があり、一人ひとりにエージェントの専任の担当者がついてさまざまなアドバイスやスケジュール管理を行ってもらえます。

転職サイトとの違い

転職サイトは、ネットの求人検索画面を利用して求人を捜し自分で応募する方法です。転職サイトは、情報収集から求人・応募などをすべて自分でやらなければなりませんが、転職エージェントは自分の代わりにこうした情報収集を行ってくれる点が大きなメリットです。

転職エージェントは、その人の希望条件にマッチした条件で求人を捜すので、自分で探すよりもよい条件の求人案件を紹介してもらえます。また、担当者のアドバイスを受けることにより、客観的に自分の価値を見出すことができます。

転職サイトの面接通過率は、20%程度とも言われていますが、転職エージェントは企業とつながりがあるので、面接通過率はより高くなります。面接対策、履歴書や職務経歴書の記入など、転職サイトではサイトを利用して自分ですべて行ないます。対して転職エージェントは、企業の強みに応じた答え方や自己アピールの仕方などのサポートを行ってくれる上、書類の添削もきちんとしてもらえます。

転職エージェントの基本的な利用方法

転職エージェントの基本的な利用方法は、どこのエージェントもあまり変わりません。しかし、転職エージェントによってはコンサルタントが企業担当と転職者担当で違う場合と同じ場合があります。では、順を追って利用方法をみてみましょう。

サイトに登録する

転職エージェントを利用するためには、サイトか電話で登録が必要です。サイトでの登録はプロフィールや転職先の希望条件などを入力して送信すると、メールか電話で連絡がきます。エージェントによって、扱っている求人数やサービス内容が異なるため複数のエージェントに登録したほうがいろいろな観点で見ることができます。

サイトにはさまざまなコンテンツが豊富に掲載されています。履歴書や職務経歴書などの書き方や採用までの流れ、転職のコツなど転職エージェントによって違いますが、参考にできるコンテンツが満載です。

キャリアアドバイザーと面談をする

電話かメールがきたら面談の日程を決めます。転職エージェントにより異なりますが面談の際は履歴書と職務経歴書を持って行きます。自分の目的や希望を明確に伝え、分からないことは質問をしてはっきりさせておきましょう。

転職エージェントによっては、面談のときに適性検査をするところもあります。よりよい転職をするためには、キャリアアドバイザーによるサポートが決め手になります。そのため最初の面談のときに、自分のキャリアや希望をしっかりと伝えておきましょう。

企業に応募する

希望とマッチした求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれるので、その中に応募したい企業があればピックアップして応募します。キャリアアドバイザーは求人紹介だけでなく、職務経歴書や履歴書の内容を担当者がチェックして応募した企業に合わせた内容になるように添削をしてくれます。

自己アピールの部分では、スキルや価値を十分にアピールできる内容になるようにしっかりとサポートしてもらえるのでそれに沿って書類を作成します。

面接をする

面接日程の調整は、エージェントが行います。それまでに、面接において自分をどのようにアピールするかなどのアドバイスを受けます。面接ではエージェントが立ち会うことが多いので、自分のアピールポイントを緊張せずに話せます。

さらに、伝えにくい給与交渉や雇用条件などはエージェントが交渉してくれるので安心です。面接のあとで内定が来たら、エージェントは給与交渉や入社日の調整も行います。また大手の場合は退職に関してのサポートや転職後の相談にものってもらえます。

失敗しない転職エージェントの使い方

転職エージェントを利用する際に満足いく転職ができるかどうかは、転職エージェントの力量に左右されます。失敗しないようにエージェントを利用するには次の2点に注意しましょう。

エージェントのアドバイスを100%鵜呑みにしない

エージェントは、プロフェッショナルで質が高い人材紹介サービスが多いですが中には親身になって紹介してくれないエージェントがあったり、ブラック企業を紹介するところもあります。

もし、その転職エージェントに不安を感じたら別の転職エージェントを利用したほうがよいでしょう。

担当のアドバイザーは、企業へ200~1000文字で紹介する推薦文を書くので「面接時に相違がないように、推薦文を見せていただけませんか」と丁寧に伝えてみせてもらいましょう。

結果、もう少し推してほしい内容であればその旨を伝えることも大切です。選ぶときはいろいろある転職エージェントの口コミや評判を参考にして、数社に登録しておきましょう。

エージェントには嘘をつかない

エージェントには、正しく自分の情報や希望を伝えましょう。履歴書は、一般的に手書きで丁寧に書いたもののほうが評価されます。

履歴書を書くときには、エージェントのフォーマットに沿って記入し、書いたあとはチェックしてもらうことが大切です。学歴に書く学校名は略さずに、正式名称で書きましょう。

中退や休学などのネガティブな経歴も書く必要があります。もし履歴が嘘だとばれたら、学歴詐称で企業にとって危険な人材だと判断されます。大学中退は、最終学歴が高等学校卒業になります。

【関連記事】実際にどの転職エージェントがいいのか比較してみたい方はこちらの記事がおすすめ。
転職エージェントを比較。自分に合った強みを持つところへ登録しよう

正しく転職エージェントを利用し転職を成功させよう

転職エージェントはキャリアアドバイザーが企業との間に入って転職を成功に導けるようにサポートします。

無料で利用できるうえに、希望条件に合った求人紹介や面接サポート、書類の添削、日程の調整、給与交渉などもサポートしてもらえるので、転職に不慣れでも安心です。上手に転職エージェントを利用して、希望の企業へ転職を成功させましょう。

【関連記事】転職活動って何をすればいいのか具体的に知りたい方はこちら
【ガイド】転職に必要な準備とは?活動を始めるときに知っておきたいこと

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール