働き方

広報とはどんな仕事?女性が活躍する人気のヒミツとは?

広報とはどのような仕事なのでしょうか?メディアなどで目にするけれど、何をする仕事なのか分からないという方も多い広報。実は、広報はとてもやりがいのある仕事です。広報の仕事の魅力をチェックしてみましょう。

広報はどんな仕事?

メディアなどで目にする機会の多い広報。有名な仕事ではあるけれど、いまいちどのような仕事なのかピンとこない方も多いのではないでしょうか?

実は、広報は女性がとても多く活躍している魅力的な仕事です。仕事内容のほか、大変さややりがい、広報になるためには一体どうすればいいのかなど、詳しく見ていきましょう。

広報の仕事内容とは?

会社のブランドとしての価値を高めるのが仕事

広報とは、会社の活動・商品・サービスなどを社会に対してPRする仕事です。会社がどういう活動をしているのかを社会に正しく知ってもらえると、会社の認知度・信頼度・好感度などがあがります。会社と社会との良い関係を築いた結果、会社のブランドとしての価値が高まり、商品やサービスの売上増加に繋がるのです。

代表的な仕事内容としては、メディアに対して会社がどのような取り組みを行なっているかを知らせるプレスリリースを発行したり、取材対応などがあります。

広告宣伝とは異なる

広報の仕事は、広告宣伝とは異なります。一般的に、広告宣伝は新聞・雑誌・テレビなどの宣伝枠を購入して、会社の新商品などをPRするために宣伝費用が発生します。

一方で、広報はメディアに自社の情報を取り上げてもらえるように、会社自ら外部にプレスリリースという形で新商品やサービスなどの情報を積極的に発信します。そのため、新聞・雑誌・テレビなどのメディア関係者とのコミュニケーション能力や情報発信能力などのスキルが求められる仕事です。

「社外向け」と「社内向け」の2つの広報活動がある

広報は、大きく分けて2つの活動を行います。「社外向け広報」と「社内向け広報」です。それぞれどのような活動であるのか見ていきましょう。

社外向け広報

社外向け広報の代表的なものとしては、プレスリリースがあげられます。プレスリリースとは、会社の取り組みである新商品やサービスなどの情報を社会に向けて発信することです。

主に対象となるのが新聞・テレビ・雑誌などのメディアで、メールやFAX、時には直接訪問したりする方法をとります。そのため、日頃からメディアの担当者達との接点や人脈を作ったり、メディアの情報を常にチェックすることが必要です。

プレスリリースなどでメディアに会社への興味を持ってもらった場合、迅速に取材に対応する必要があります。メディアの取材対応は、広報が担当する場合が非常に多いです。

また、会社が不祥事や商品の欠陥などのトラブルを起こしてしまった時に、会社のブランド価値が損なわれないよう対応するのも広報の重要な仕事の一つです。

社内向け広報

社内向け広報とは、社会ではなく社内の人達に向けた広報活動です。代表的なものに、社内報や社内イベントの開催などがあります。社会と社内との情報を共有したり、広報と社内とのコミュニケーションをとりやすくするのが目的です。

例えば、社内報は広報誌やメールマガジンを使って、広報の活動内容を社内に向けて発信します。どのようなプレスリリースを発行したか、どのような取材をメディアから受けたかなどを社内の人に知ってもらうことで、社会と社内との情報を共有できるのです。

その結果、営業がプレスリリースや取材に取り上げられた事例などを元に、積極的に営業トークに利用できるなどの連携が生まれます。広報の活動内容を知ってもらうことで、取材対応などの際に社内に協力してもらいやすくなるというメリットもあるのです。

日中の時間帯に勤務することが一般的

広報の勤務時間は、会社の業種によっても異なりますが、勤務する会社の就業規則に沿ったものである場合がほとんどです。一般的に他の職種とあまり変らず、8:30?19:00前後の時間帯で、実働8時間勤務が多く見受けられます。

企業のクライアント・株主・マスコミなど、外部の人達と頻繁にやりとりする職種であるため、基本的に日中の時間帯に仕事をすることが多いです。

どんな人が向いているの?

広報は、メディア担当者や外部の人達とのやりとりが頻繁にあります。そのため、人脈作りなどのコミュニケーション能力が求められます。

その他にも、常にアンテナをはって情報を集めるのに必要な「情報収集力」、たくさんの会社がメディアに対して発信するプレスリリースの中で埋もれない情報を発信する「プレゼンテーション能力」などがあると、さらに有利です。

広報の仕事の大変さとやりがい

大変さは、企業の顔としての責任の大きさ

広報は企業の顔として仕事を行うので、責任が大きいという大変さがあります。たとえば、会社が不祥事などのトラブルを起こしてしまった時には、消費者やメディアから広報に対して直接厳しい意見を受けることも。

また、問題が大きいほど即座に対応しなければなりません。広報の対応の仕方によって、会社のブランド価値が大きく左右されてしまうほどの責任の大きさがあります。

また、メディアにはたくさんの会社からプレスリリースが毎日大量に送られてきます。多くのプレスリリースの中から、メディアが取り上げたいと思うような魅力的な発信を行わなくてはなりません。そのため、メディア担当者とのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などの高いスキルが求められます。

やりがいは、仕事の成果が直接わかりやすいこと

広報のやりがいは、仕事の成果が直接わかりやすいということです。たとえば、自分が発信したプレスリリースがメディアに見事取り上げられることで、たくさんの反響を呼んで会社の商品が有名になることがあります。

その他にも効果がわかりやすいのが、会社の株価です。会社の株価が上がったということは、会社の活動内容を社会に正しく理解してもらえたという証です。将来この会社は期待ができると思ってもらえているという証明でもあります。

広報には、世間からの評判が直接入ってきます。頑張った結果がはっきりと目に見えると、「楽しい。もっと頑張りたい。」とやりがいを感じやすいのも広報の大きな魅力の一つです。

広報になるために必要な技術や資格

どんな種類の資格がある?

業種によっても異なりますが、一般的に広報になるために、特別に何か資格は必要な訳ではありません。しかし、広報の仕事を通して求められるスキルは多くあります。これらのスキルを磨いておくと、求職活動でのアピールがしやすくなります。

  • 情報収集力と発信力
  • プレゼンテーション能力
  • コミュニケーション能力など

その他にも、持っておくと有利な資格が2つあります。チェックしていきましょう。

広報になるために必要な技術や資格の勉強法

広報のスペシャリストになるために、実務経験を積みながら下記の資格取得に向け勉強してみましょう。

PRプランナー

PRプランナーとは、広報やPR活動の基本的な知識と実践的なスキルを磨くことができる資格です。公益社団法人「日本パブリックリレーションズ協会」が2007年より開始しました。

試験は一次?三次試験までの三段階で実施されます。三次試験の受験資格は、二次試験の合格に加えて、3年間以上の広報またはPR関連の実務経験が必要です。

資格を取得するためには、実務経験が必要となります。まずは広報やPRに関連する業務をしっかりと行い、さまざまな知識をつけてスキルを磨いておくことが大切です。また、三次試験ではプレスリリースの作成試験があります。日頃から多くの企業のプレスリリースをチェックしておくようにしましょう。

商品プランナー

商品プランナーとは、広報としての知識以外にも、商品やサービスの企画力・マーケティング・コミュニケーション能力なども磨くことができる資格です。

資格を取得する方法は二つあります。一斉試験を受験する方法と、研修を受けてその後に実施される小試験を受験する方法です。(後者は一斉試験が免除されます。)

勉強方法は、公式サイトで通信講座が設けられているので、講座を利用する方法があります。他には、商品プランナーの公式テキストと、商品プランナーの専門用語集が発売されています。テキストをよく読んで、内容をしっかりと理解しておきましょう。

ステップアップにつながることも

広報は前述の通り、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などのさまざまなスキルが求められます。業務を通して、たくさんのスキルを身に付けることができる、とても魅力的な仕事です。

広報の仕事を通して磨いたスキルを活かして、ステップアップに繋げることも十分に可能です。広報からのステップアップ例としては、営業職・管理職・販売職・経営職などが代表的です。広報としてさらにキャリアアップを目指すことも、広報で得たスキルを応用して別の職種に転職を目指すこともできます。

広報の気になる給料(年収)

広報の気になる年収は、平均で約300万円?500万円と言われています。これは、広報以外の一般的な会社員とほぼ変わらない数値です。

しかし、広報としての活躍やキャリアアップによってさらに給料をあげることも十分に可能です。自分が発信したプレスリリースがメディアに取り上げられたことで会社の商品をヒットさせたり、反響の多い取材対応を行うなど、結果を出すことで給料がさらに上がったという例もあります。

広報で女性はどのくらい活躍している?

有名なベンチャー企業やIT企業、大手企業で活躍している広報は、女性が非常に多いです。時には、あるベンチャー企業の広報が有名になりテレビの密着取材を受けたり、大手企業の女性広報専門の特集が組まれることも。

メディアに露出するなど、企業の顔として活動する機会の多い広報。企業の顔として、女性ならではの華やかさ・気配り・清潔感などが求められます。広報は、女性が多いに活躍できる職種です。

広報は大変な分、とてもやりがいのある仕事

広報は大変な業務もたくさんありますが、その分大きなやりがいを感じやすい仕事です。広報の仕事をこなすうちに、さまざまな職種で応用することができる貴重なスキルをたくさん身に付けることができます。

キャリアを形成したり、ステップアップにも繋がりやすい魅力的な仕事である広報。やりがいを感じる仕事がしたい方や、仕事を通して自分を成長させたいという方に、とてもおすすめの仕事です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール