働き方

令和元年は新しい私に!仕事で飛躍するために見直したいこと

いよいよ「令和」の幕開け。仕事で飛躍できるように、日々の見直しからスタートしましょう!

令和時代の幕開け

令和元年の幕開け。平成時代に達成できなかった夢や目標も、令和こそ叶えたいですよね。
仕事でさらに飛躍するためには、前に進む前にまず今の状況を見直すことが大切。今回は、仕事で飛躍するために見直したいことをご紹介します。

仕事について相談できるメンター・師匠を探す

夢や目標を叶えるためには、自力だけでゴール地点を目指さずに、周りの力を借りることが大切です。一人では突破できないようなことも周りの支えを借りれば、どうにか乗り越えていけるものなのです。

できればメンターや師匠のように、心から信頼できる人と出会い、仕事のノウハウを教えてもらうのが一番、ステップアップできるきっかけとなるでしょう。自分よりも年上であって、さらに人生経験を積まれている方との信頼関係ができてくると、仕事も軌道にのりはじめます。

アイデアをアイデアのままにしておかない

仕事で飛躍をしたいなら、アイデアをアイデアのままにしておかないように常に意識を高くもつこと。たとえば「親友と旅行に行ってみたい」と思うなら、すぐに友人に提案し、具体的な日時を決めること。

「行きたい」や「これをしてみたい」と宣言するのは誰にでもできることです。そこからいかにアイデアを実行に移すかが大事なんです。アイデアがたくさんある状態に満足しがちですが、令和時代は、ひとつでも多くのアイデアを実現化できるように「行動力」をアップさせましょう。

ビジネスアイデアを可視化する

仕事に関するアイデアを頭の中だけで保管するのは限界があります。メモに書き出しても、定期的に振り返るのが難しい状態ですね。時間があるときに、ビジネスアイデアはすべて一覧でリスト化しておくか、もしくは名刺ホルダーのようなファイルにビジネスアイデアを書き込んだカードを入れて可視化しておくといいでしょう。

次々と新しいアイデアが誕生していくと、数か月前のアイデアすらも記憶の片隅の方に追いやられてしまいます。すべてのアイデアをいつかは実現できるように、アイデアの保管方法を工夫してみてくださいね。

令和とともに新しい私へ

平成から令和へと元号が変わった以上、私たちもそろそろ脱皮しなければいけません。美しい蝶となって大空へ飛んでいくためには、日々の見直しからスタート。

とくに仕事で飛躍をしたいなら、本当に今のやり方・進め方でいいのかもよく考えなければいけません。令和とともに新しい私になれるように、早速、準備を進めてまいりましょう。

「新しい私」になるためのきっかけが欲しいあなたへ

新しいことを始めたいけど、何をしたらいいのかわからない人や、始める勇気がない人などは、やはり経験者から話を聞いてみることが一番近道です。いろいろなスタートアップを経験している女性の体験談が聞けるトークイベント「スタートアップルーム」が5月26日(日)東京六本木で開催されます。

彼女たちの経験の中に、スタートアップ(=なにかを始めること)できる秘訣が隠されています。実際にお話しを聞きながら、『それなら私もやってみようかな!』と思ってもらえるような気づきなどを得ることが出来る内容になっています。

新しい自分になる為に何かきっかけが欲しい、これからのキャリアについて迷っているという方にぜひおすすめです。

山口 恵理香

コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。金髪とCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

プロフィール