• HOME
  • ココロ
  • 恋愛
  • 社内恋愛を安心して上手に楽しむための方法とその中身を学ぼう
恋愛

社内恋愛を安心して上手に楽しむための方法とその中身を学ぼう

女性に人気の恋愛方法のひとつ、社内恋愛。難しい気もしてしまいますがどうすれば成功させることができるのでしょうか。社会人として恋愛も楽んで 成長できるようにその中身をさまざまな方面から理解していきましょう。

社内恋愛は女性の憧れ

働く女性にとって社内恋愛は一度はあこがれる恋愛の形ではないでしょうか。しかし、リスクを考えるといま一歩踏み出せないというひとも多いと思います。上手に社内恋愛をするにはどうしたらよいのでしょうか。

社内恋愛のメリット

社内恋愛にもメリットやデメリットがあります。まずはメリットから順番にみていきましょう。

恋人と一緒にいられる時間が長くなる

仕事は毎日のことですから、社内恋愛をすれば当然一緒にいられる時間も長くなります。デートの回数が少なかったとしても顔は毎日見られますし、恋人同士によくある「仕事が忙しくてなかなか会えない」という悩みは解消されます。

あくまでも仕事ですから、社内でぴったり一緒にいられるということはないかもしれませんが、同じ部署などであれば、いつも恋人の姿を見ることができます。偶然二人きりになれる可能性もありますし、さみしさを感じることはなく仕事に行くのが楽しみになるでしょう。

共通の話題が多くなる

仕事場が同じということは共通の知人も増えますし、一緒に経験することも増えていきますから、二人で話せる話題も多くなります。

共通の話題が多くなると、コミュニケーションも取りやすくなり、会話に困ることもなくなります。共感しあえることがたくさんあるということは、絆も大きく深めることができます。二人きりのときに仕事の話ばかりするのももったいないですが、一緒に同じことで笑い合いながらたくさん会話ができたりするというのは恋人同士にとって、とても貴重で重要なことでしょう。

仕事面で理解し合える

社会人になると仕事のストレスや悩みは尽きることがありません。同僚と食事に行くなどして発散する方もいると思いますが、大好きな恋人が仕事で一番の理解者になることは、大きな支えになるはずです。仕事面での心の支えはよい仕事の源です。

残業や休日出勤なども一緒にできたり、あるいはその辛さを大切な恋人が分かっていてくれていると精神的にも体力的にもとても楽になれます。社会人は仕事中心の日々ですから、恋人同士で仕事の苦労が理解し合えるということは、よりお互いにとって思いやりも持てるようになります。まさに社内恋愛特有のメリットといえるでしょう。

秘密の関係でドキドキ感が味わえる

社内恋愛には独特のドキドキ感があります。周囲にばれないようにしなくてはならないということと、二人だけの秘密というのが、恋のときめきに拍車をかけるからです。のんびりとした恋愛よりスリルを味わいたい人には向いている恋愛方法です。これも社内恋愛でしか味わえない感覚でしょう。

社会人は毎日の時間の大半を仕事に費やすことになりますが、職場で恋をしていれば仕事にもよりやりがいがでますし辛いことも楽しくなるものです。恋をする幸せは、日々の繰り返しである仕事に予想以上に彩りを与えてくれるのです。

社内恋愛のデメリット

では、デメリットには具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

隠し続けることが大変

社内での恋愛の期間が長くなればなるほど隠し続けるのもまた大変になってきます。

男性の場合は、例えば結婚して会社を退職するということはあまりありませんし、女性以上により仕事で成功して出世したいと思う気持ちが強いところがあります。ですから、もし周囲に社内恋愛をしていることが気づかれて気まずくなり仕事に支障がでてしまうと、それこそ仕事も恋愛も台無しになってしまいます。そのため、やはり極力周囲には気づかれてないようにしなくてはなりません。恋の喜びとともに緊張感もつねに必要になるのです。

社内恋愛の楽しさと隠し続ける大変さは、つねに隣り合わせであることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

バレた時の冷やかしや嫉妬が面倒

万が一、気づかれてしまったときは、冷やかしや嫉妬をされることもあるでしょう。

気心の知れた仲間だけの職場ならよいですが、仕事はなかなかそうはいきませんし、学生のころと違って年齢も経験もさまざまな人が集まるのが会社です。女性の多い職場ですとなおさらでしょう。気にしないようにしていても、仕事は人間同士で行うものですから人間関係が円滑でないとスムーズに進みづらいものです。

冷やかしや嫉妬は面倒なものですが、人が集まる場所にはどうしてもつきものです。上司や先輩など年上の人から冷やかしや嫉妬をされると特に仕事がしづらくなりますから、注意しましょう。

喧嘩した時や別れた時に気まずい

恋人と喧嘩をしたり別れたりすることはよくあることです。通常はしばらく会わないでいたり、口を聞かず距離をおくこともできますが、仕事が絡んでくるとそうはいきません。

仕事をしている以上まったく話をしないわけにはいきませんし、同じ社内ですと別れた後も顔を合わせなくてはなりません。うまくいっているときはそれがメリットとなりますが、つまづいたときはなにより辛いことになってしまいます。

社内恋愛の相手とは、なんでもお互い話せるような関係になってなるべく喧嘩をしないことがコツです。

社内恋愛のきっかけ

実際に社内恋愛をするにはどのようなきっかけが必要なのでしょうか。仕事をしていると案外身近なことだったりします。

挨拶をする

挨拶は仕事の基本ですが、これが意外に大きな効果があるのです。当然日ごろから上司や先輩、後輩や同僚でも「おはようございます」や「お疲れ様です」の言葉は誰でも交わすでしょう。

しかし、この当たり前の挨拶にしっかりと意識を向けることで印象がかなり変わってきます。たった一言ですが、一瞬でも相手の顔をみて気持ちよく挨拶をしてみましょう。「単純接触効果」といって、たくさん言葉を交わさなくても瞬間的な相手のしぐさや表情が、予想以上に相手の心に残るものなのです。

よい印象を持ってもらえるように一瞬一瞬の当たり前の普通の接触を大切にしましょう。

同じプロジェクトに携わる

同じプロジェクトに携わることも大きなきっかけになります。携わろうと思って携われるものでもないかもしれませんが、共同作業をすることや同じ目標に向かっていくことはまず仲間意識も生まれます。

同じ苦労を分かち合い、一緒に達成感を味わうと同性同士でも気分がよいものですが、異性ならたとえなんとも想っていなかった相手でも、共通の体験があることで他の人同士とはちがう感情が自然に芽生えます。

社内に片想いの人がいる場合は、思い切って同じプロジェクトに立候補してみると仕事としても恋愛としてもよい経験ができるでしょう。

一緒に残業をする

残業を喜んでする人はあまりいないでしょう。夕方になってくると一日の疲れも出てきますし、ただでさえ気持ちが沈みがちになります。しかしそのような疲れや孤独を感じているときこそ人の温かさは身にしみるものです。

社内の人も少なくなり薄暗くなってくる夕暮れ時から夜にかけては、その黄昏効果や暗闇効果も加わることで一緒に残業をしていると、共に分かち合う疲れや苦労から必要以上に相手が愛しく見えてくるのです。

残業をするときは、気になる人と同じタイミングにすると自分の疲れも癒されますから、できれば一度ではなく何度か試してみると距離を縮められる可能性があります。

通勤の行き帰りで一緒になる

社内で話しづらいときには、通勤の行き帰りを利用するのもよいでしょう。方向が同じでないと難しいですがほんのひとときでも一緒に帰るなどして少しだけお茶に誘うでもよいでしょう。

ただし、あまりこのときに近づきすぎるとほかの人目撃された場合「あの二人は何をやっているのだろう」と不信に思われてしまう恐れがあります。慣れるまでは適度に距離を空けて歩くほうがよいでしょう。そして行き帰りに一緒になりたいからといって、あまり待ち伏せをしすぎるのも今度は相手に警戒心を与えてしまいます。なるべく自然な話題から、例えば「今日も疲れたね」や「どこに住んでいるのですか」などで、ゆっくり話かけるようにしましょう。

飲み会で仲良くなる

飲み会で仲良くなっていくのもやりやすい方法です。お酒を飲むことで相手に魅力を感じるようになる「ビール・ゴーグル効果」も期待できますし、照れ屋で普段仕事の話以外しない人の場合はお酒の席のほうがリラックスしてゆっくり話せるかもしれません。

忘年会や新年会などの大きな飲み会から少人数で行う小さな飲み会などいろいろありますが、仕事帰りのなにげない飲み会なら自分で呼びかけて開催してもさほど不自然な印象は与えません。その際はたとえおしゃべりが苦手でも笑顔をいっぱいふりまいて仕事場とは一味違う自分をアピールしましょう。

仕事の悩みを相談する

職場が同じであることを武器にして仕事の悩みを相談してみるというテクニックもあります。仕事の悩みは誰しもが抱えていますし、同じ職場なら共感もしてもらいやすいでしょう。

男性は女性に頼られたい、守ってあげたいという保護本能を少なからず皆もっているものです。仕事の悩みがある場合は、気になる男性に相談してみましょう。甘えることが苦手な女性でも悩みを聞いてもらうことはやりやすいのではないでしょうか。そしてそのときは、男性のくれたアドバイスに対して、なにかいいたいことがあっても、まずはじっくり耳を傾けることです。そうすることでさらに男性の保護本能を刺激します。

社内でできるアプローチ

きっかけを掴んでもさらにアプローチしなくては前に進みません。どうのようなアプローチが効果的なのででしょうか。

仕事を一生懸命頑張る

まずは、相手に何かをするというより自分の仕事を精一杯頑張ることです。たとえ失敗をしたりそそっかしい人でもめげることなく一生懸命に仕事をしている姿はとても好印象です。

会社は本来仕事をする場所ですから、仕事にしっかり集中して日々真面目に働いて「この子は会社でちゃんと一生懸命働く子なんだ」というイメージを与えましょう。不器用だったり仕事ができるできないより、「一生懸命」というのがポイントです。

社内恋愛は仕事あっての恋というのを忘れてはいけません。上司に対してだけでなく気になる人にも頑張って働いている姿をみせるようにしましょう。

差し入れや声掛けの気遣い

一生懸命働く子というイメージを作った後は、何気ない気遣いです。何気ない気遣いというのは頭で考えると難しいですが、本当に些細なことでよいのです。

ちょっとした一口サイズのチョコレートの差し入れなどはよくあることですから、好きな人の分にはそのチョコレートのパッケージに「今日もお疲れ様です」や「お仕事している姿かっこいいですね」など一言を書いておきます。

また、風邪をひいて休んだ日の翌日は、「体大丈夫ですか」などほんの一言だけ声をかけます。一言というのがつねにポイントです。仕事で疲れているときや弱っているときの小さな一言が、男性にとっては大きな癒しになるのです。やりすぎてしまうと周りの人の目にもなれなれしい印象になってしまうので一言ずつというのがちょうどよい理由です。

メモや付箋でのアピール

メモや付箋も仕事の必需品ですから上手に活用しましょう。

例えば、電話の折り返し依頼のメモを好きな人の机に置くことがあります。仕事の伝言メモですから真面目に内容をわかりやすく書きますが、一行あけて最後に一言「いつも頼りにしています」や「本当にお疲れ様です」と添えておきます。

このときも一言というのがポイントです。机においておくものですから長々と書いてしまうと他の人に見られたときに気まずくなってしまうので、アピールの言葉をそっと一言だけにしておくと、逆に相手も想像を掻き立てられ惹かれてくれるのです。

付箋も資料などに邪魔にならない程度に「確認お願いします」などとしたあとに同じように一言足しておくとさりげない効果が出せるでしょう。

褒めるときは具体的に

男性も仕事のことで女性に褒められるとうれしいものです。男性は、女性に甘えたい気持ちもありつつ尊敬されたいという気持ちをもっています。

好きな男性にはいつも褒めのプラスの言葉を贈るようにしましょう。その際は漠然とただ褒めるよりも具体的に「○○君が作ってくれた資料はとても分かりやすかったよ。さすがだね」や「○○君の顧客対応はいつも丁寧だから勉強させてもらっているんだよ。今度コツを教えて」などどいってあげるとより気持ちが伝わります。

落ち着いて相手をよく観察してよいところをいっぱい見つけてあげるようにしましょう。

男性からの脈ありサインの見極め方

女性からアピールすることも大切ですが、社内で男性のほうから脈ありサインをだしてくれることはあるのでしょうか。

頻繁に話しかけてくる

男性も好きな女性とはできるだけたくさん話がしたい、関わりたいと思うものです。もし、実際話して見ると大した内容ではないのに頻繁に話しかけてくる人がいたらこちらに好意があるサインでしょう。

単におしゃべり好きな人というのもいますが、好意がなければ必要最低限しか関わってこない人もいるくらいですから、頻繁に話しかけてくる人がいる場合は好意の合図として見逃さないようにしましょう。話しかけてくれるということは、こちらからもアピールできますから大切なきっかけでもあります。

進んで手助けをしてくれる

助けてあげたい、守ってあげたい、頼りがいのあるところをみせたい、これも男性の好きな女性に対する本能です。

「何か困ったことはない」と何度もいってきたり、自分から進んで仕事の資料をよく貸してくれたりする男性がいたら脈ありサインということです。女性に世話好きな人というのはいますが、男性の場合は特に異性に対しては好意のある相手にしか手助けはしない傾向があります。

男性は照れ屋な人が多いですから、それでもまめに手助けをしてくれるときは期待して大丈夫でしょう。

飲み会やイベントで常に席が近い

飲み会やイベントのときなどは、女性はなるべく気になる男性のそばに行きたいと思いますが、やはり男性も同じです。貴重なチャンスですから近づきたいと思ってしまいます。

気が付くと近くに座っていることが多かったりそばにいることが多い場合は、好意を持っている証です。1回や2回なら偶然かもしれませんが、回数が多く、かつよく目が合うときなどは男性からの好意のサインです。改めて意識をしてみると実はそのような人がわりといるかもしれませんから、飲み会などの際は落ち着いてこっそり自分の周りを見てみるのもよいでしょう。

連絡先を聞いてくる

連絡先を聞いてくるということは、大きな脈ありのサインです。好意をもっているというより確実に仲良くなりたいという合図です。

中には、女性に連絡先を聞くことに慣れていて簡単にいろいろな人に聞いている男性もいますが、やはり興味のない相手の連絡先は聞きたいとも思わないでしょう。この場合は、好きな相手だったら、交換したメールアドレスなどで安心してどんどん連絡をしてみましょう。連絡先を聞いてくれたタイミングで、食事などに誘うこともできます。

食事や飲みに誘われる

食事や飲みに誘われることも、少しだとしてもちゃんと好意があるということです。特に二人きりの食事などに誘うことは、その気がないとありえないことです。

社内の人間関係は、会社の外でも万が一二人でいるところを目撃されたらとても気まずいですから、それを覚悟で誘うということなのでそれなりに心を決めているということです。難しく考えることはないですが、食事などに誘われたときは、間違いなく好意を持たれていると思ってよいでしょう。

また、男性は自分の誘いに女性が承諾してきたときは自分を受け入れてくれたと思う人がいますから、興味のない男性から誘われたときは冷静に判断するようにしましょう。

図書館

社内恋愛がバレる原因

楽しいことも多い社内恋愛ですが、周囲にバレる原因はどこにあるのでしょうか。失敗しないようにポイントを押さえておきましょう。

アイコンタクトを交わす

好きな人が目の前を通ったりすると、思わず無意識でも見てしまいますし、そのまま目で追いかけたくもなります。女性にとって大好きな男性が働いている姿はとても魅力的に見えますから仕方がないことではありますが、実はこのひとりの人を見つめるしぐさや見つめあうしぐさは社内ではとても目立つのです。

ですから、もちろん事前に社内でアイコンタクトをとる約束はタブーですし、できれば仕事中はお互い仕事にしっかり集中しようと約束をするほうが上手くいくポイントです。社内に好きな人がいて一緒に仕事ができることはそれだけで十分幸せなことですから、そこから先は会社の外にして仕事中はそれぞれ自分の仕事を頑張るようにしましょう。それがなによりお互いにとって一番ためになることです。

頻繁に同じ時間に出社する

社内に恋人がいれば、一緒に出勤もしたくなりますが、さすがに毎日ぴったりと同時に並んで会社に入ってはとても不自然です。

社内恋愛だからこそけじめが大事です。せめて5分でもずらしてどちらかがトイレに寄ってから室内に入るなど、工夫をしましょう。会社に着く前の電車の中などで二人でくっついていたりしても会社の人に見られることがあります。前日が休みでお互いの家に泊まることなどがあったとしても、周囲にバレないようにするためには、一緒に出社はしないことが無難です。どうしてもしたい場合は何カ月に1回などと決めると特別感がでて二人の間でも楽しめるのではないでしょうか。周りが見えなくならないようにしましょう。

休暇の取り方が同じ

恋人と旅行に行ったり、休日はそれこそ一緒にいたいと思うことは普通ですから、自然と同じタイミングで休みを取ることになるでしょう。

しかし、やはりまったく同じでも違和感がでてしまいます。例えば、土日でふたりで一泊旅行をするのなら、一人は金曜から日曜まで、もうひとりは土曜日から月曜までなど一日でもずらすとよいでしょう。

大きな旅行に行きたいときは年末年始の正月休みかゴールデンウイークの連休などを利用するほうがおすすめです。混雑するのが大変かもしれませんが、何ごともすべて思い通りにいかせることは難しいですから、多少は妥協をすることが大人の恋愛です。

うっかり普段の呼び方で呼ぶ

職場では基本的に男性も女性も苗字に「さん」をつけて呼ぶことが多いですが、恋人同士になればプライベートでは二人だけのあだ名をつけたり名前を呼び捨てしたりするでしょう。

しかし、社内恋愛ではこの名前の呼び方は特に気をつけなくてはなりません。うっかり社内で普段の呼び方をしてしまうと、完全にバレてしまいます。一番ばれやすいパターンではないでしょうか。

社内恋愛においては事前に二人でしっかりと話をして、名前の呼び方などは普段から気を付けていたほうがよいでしょう。あえてよほどのことではない限りは、普段は名前で呼び合わないようにしておくのも方法です。お互いに変なクセをつけないようにすることが防げるコツでしょう。

二人でいるところを見られる

あえて約束をしていなくても、同じ社内にいれば思いがけず二人きりになることはあります。二人きりになるとついうれしくて長々と話してしまったり、手などに触れたくなったりもしてしまいます。

しかし、社内恋愛は意外にどこで人に見られているかわかりませんから、二人きりになれても親しげにするのは避けるようにしておきましょう。会社の外でも二人でいるところを目撃されることがあります。

社内恋愛は決して悪いことではありませんが、禁止の会社もありますし、人前ではあまりベタベタしないようにメリハリをつけるようにしておくと安心です。社会人の大人の恋愛ですから、大人っぽいかっこいい恋愛をしましょう。

社内恋愛で仕事もプライベートも充実させよう

社内恋愛は大変なことも多いですが、会社もひとつの貴重な出会いの場でもあります。職場で気になる人ができたときは、大人として上手なアピールをして、仕事もプライベートも幸せいっぱいの日々にしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧