ダイエット

寒い夜に食べたい!しゃぶしゃぶの気になるカロリーをチェック

しゃぶしゃぶには、牛肉や豚肉、鶏肉など様々なもので楽しむことができます。どの肉を使うかによって、カロリーも違います。カロリーを抑えたい時は、たれを少なめにしたり、しめを抑えたりするのも良いでしょう。また、アルコールの選び方も注意です。

しゃぶしゃぶ肉の部位毎のカロリーを知ろう

つい食べ過ぎてしまうしゃぶしゃぶに含まれるカロリーって、実はどれくらいあるのでしょう。ダイエット中でも食べたい、だけどカロリーが気になるという人のために豚しゃぶ、牛しゃぶ、ラム肉しゃぶ、魚しゃぶ、温野菜しゃぶと様々なパターンでのカロリーチェックをしてみました。

肉の部位ごとのカロリーの違いなどもまとめています。ダイエット中の食べ方について気をつけたい事も含めて、気になる情報を一挙伝授しちゃいます。

しゃぶしゃぶのカロリーはどのくらいか

自宅で食べた場合

定番の牛リブロースの他に絹豆腐や白菜、ネギあるいは春菊などごく一般的な、野菜の盛り合わせを加えた標準的な鍋にした場合、総合的なカロリーは平均748カロリーになります。

このうち圧倒的にカロリーが高いのは国産牛リブロースで150gあたり614カロリーなります。ところが同じ国産牛肉でも牛ロースにすると半分の318カロリーとなり。輸入牛だとさらにカロリーは低くなります。

しゃぶしゃぶ食べ放題の場合

しゃぶしゃぶ食べ放題サービスをやっている店も増えてきました。家族でのお祝いや仲間との飲み会など、大勢で食べにいく機会もあるでしょう。

平均的にみなさんはどれくらい食べるのかリサーチしてみると、一皿80gとして男性で5皿、女性でも3皿以上は食べますから、200キロカロリーから400キロカロリー以上という事になります。

本来一家族で摂取するはずの量を1人で消費している事になります。ちなみに野菜のカロリーはこれに含まれていません。

お肉の部位別でしゃぶしゃぶのカロリーをチェック

牛肉でしゃぶしゃぶをする場合

『牛バラしゃぶしゃぶのカロリー』 スーパーでは手頃な価格で買えますから、家計の節約でバラ肉をしゃぶしゃぶ用に利用する事もあるでしょう。

実際には和牛バラ肉で100gあたりのカロリーは510キロカロリー以上ですから、同じ和牛でもリブロースよりも高カロリーです。

輸入牛はそれよりは低カロリーですがそれでも400kカロリー弱ありますから、定番メニューのしゃぶしゃぶカロリーが700キロカロリー弱とすると、その数字を大幅に越える事になります。

牛モモしゃぶしゃぶのカロリー

牛モモをしゃぶしゃぶに利用した場合のカロリーはどの程度でしょうか。脂身や皮下脂肪がどの程度ついているかによって、カロリーは違ってきます。脂身がついた肉すなわち霜降り肉は、おおよそ100gあたり240カロリー程度ですが、脂身を除去しただけで10キロカロリー近くも、カロリーを減らす事ができます。

牛肩ロースしゃぶしゃぶのカロリー

しゃぶしゃぶでよく使われるにはリブロースですが、それも含めて牛のロースでは100があたり500キロカロリー弱ありますから、若干高めの肉ですがカロリーも高めです。

ただししゃぶしゃぶした時に10%から20%程度の脂のカロリーが湯にとけだしますから、そっくりまるごと脂身をも口にするわけではありません。

それでも400キロカロリーはまだ残っているわけですから、やはりロースは脂身が高めといわざるをえません。

ダイエット中なら脂身が少ないものを

牛肉に特化してカロリーを比較検討してきましたが、ロースやリブロースは同じ牛肉の中でも比較的カロリーが高めですが、それでも脂身が少ないと若干カロリーが減ります。

一般的に霜降り肉がちまたではおいしい肉とされていますが、ダイエット中は脂身が少ないものを撰んだ方が賢明です。

最も脂身吾が少ないのはもも肉で、同じ100gあたりカロリーがロース肉の約半分です。輸入牛にいたっては200キロカロリーを切る場合もありますから、ダイエット中に食べる肉としてはオススメです。

豚肉でしゃぶしゃぶをする場合

『:豚肉ロースしゃぶしゃぶのカロリー』 これまでしゃぶしゃぶの定番牛肉に特化してカロリーチェックしてきたのですが、豚肉はどうでしょうか。

価格も牛肉よりも低いですから家計の節約という意味も込めて、しゃぶしゃぶに使う肉はもっぱら豚肉という家庭もあるでしょう。

同じロースでも牛肉と豚肉を比較検討してみると、断然豚肉の方が100キロカロリーから200キロカロリーもカロリー減となります。

豚バラしゃぶしゃぶのカロリー

牛バラ肉と豚バラ肉を比較検討してみると、やはりカロリーが低いのは豚肉です。バラ肉は安い事もあって炒め物や煮物などなんでも幅広く使われるのですが、しゃぶしゃぶにも積極的に使ってみてはいかがでしょうか。

:豚もも肉しゃぶしゃぶのカロリー

もも肉は牛肉でも比較的カロリーが低めなのですが、ふた肉にするとさらにカロリーは低くなります。

100gあたりのカロリーが200キロカロリーを切るものもありますから、牛バラ肉よりも実に300キロカロリーから400キロカリーもカロリーをカットできる事を考えると、特にダイエット中はしゃぶしゃぶにも積極的に使いたい食材です。

『鶏肉しゃぶしゃぶの場合』 しゃぶしゃぶに鶏肉を使う例はあまりみないのです、もしも鶏肉を使った場合どうなるかと言いますと、100gで比較してみるともも肉でも200キロカロリー程度、砂肝にいたっては100キロカロリーにも満たないのです。

タレに一手間かけるだけで豚にも牛にもないおいしいかわりしゃぶしゃぶが堪能できます。もちろんダイエットにもオススメです。

『ラム肉しゃぶしゃぶの場合』 ラム肉は羊肉ですが寄生虫の不安がないのでレアでも安心して食べられる、肉質が柔らかくステーキに最適、実は高タンパクで脂質が多いわりにカロリーが低く、もちろん炭水化物もほとんどないという事で、ダイエット中でも安心して食べられるなどいくつものメリットがあり、若干臭いはあるものの最も女性から支持されている肉類です。

ジンギスカンなどが代表的ですが、ビーフの代わりに利用してみるのは良いのではないでしょうか。

摂取カロリーを抑えられるしゃぶしゃぶ

魚のしゃぶしゃぶでカロリーダウン

魚やカニ類は牛や豚と比較してもかなりカロリーダウンしますから、ダイエット中でも食べるのはおすすめです。100gあたりのカロリーを見ると、ほとんどの魚が100を大きく切るか200前後ですから、肉よりもはるかにヘルシーです。

実際ぶりや金目鯛あるいはハマチなど白み魚のしゃぶしゃぶというのがあって、料亭やちょっとした小料理屋でも食べられますし、スーパーでも手軽に手に入るものですから家で魚のしゃぶしゃぶパーティをするのも良いでしょう。出しがきいていて美味です。

温野菜のしゃぶしゃぶ

これはすでに実践している家庭もあるかもしれません。鍋の良いところは野菜がたっぷり食べられる事です。白菜やにんじんやネギなど好みの野菜を入れて出しでいただきます。

タレはしゃぶしゃぶ用でも甘酢でも好みのものをかけていただくのでかまいません。

100gあたりのカロリーも標準的な量の温野菜サラダでいただいたとしても、100キロカロリーいきませんから、まさにダイエット中にいただくのが最適です。

ダイエット中に気をつけたいしゃぶしゃぶの食べ方

肉の食べ過ぎ

肉のカロリーチェックに多くの時間をさいて行ってみた結果、定番の牛肉は仮に輸入ものであっても100gあたりのカロリーは400を越えるものもあり、ついつい食べ過ぎてしまった時などは、家族4人分の分量を1人でたいらげてしまう人が男女問わず多いとのデーターも出ており、あっというまに1日のあたりの標準的なカロリーを軽く摂取してしまう事になります。

しゃぶしゃぶに肉なしは寂しいという場合は脂肪を切り落として使うか、ラム肉や魚類などカロリーの低いものを使うかしてみると、かなりカロリーは推されられます。野菜を先にたっぷり食べてから次に肉を食べ始めるのも良策です。温野菜でもつけだれに少し手を加えるだけでも、おいしくいただけます。

シメはほどほどにする

鍋で楽しみなのがシメですが、ご飯やうどんあるいは餅や場合によってはラーメンなどを最後に鍋に入れてすする、これがあるから鍋はやめられないという人もいます。

チーズをトッピングして洋風のリゾットにしたものもあります。しゃぶしゃぶの良いところは肉の脂肪分を湯抜きして食べられる点と、他の鍋同様野菜をたっぷり食べられる点で、最もヘルシーで栄養バランスにも優れた食事です。

ところがせっかくカロリーを抑えてダイエットできているのに、最後の最後に肉の脂肪がたっぷり溶け出した中へ、炭水化物をたっぷりとつっこんで食べるというのでは、カロリーは一気にかけあがります。

肉のうま味がたっぷりとけ込んだ汁を無駄にしたくないというなら、一晩おいて脂肪が固まったものを除去してから、再度別のメニューとして食べてみてはいかがでしょうか。

次の日のご飯メニューを考える手間も省けて、主婦大助かりのヘルシーご飯になる事うけあいです。その際にもシメの食べ過ぎはくれぐれもしないようにご注意ください。

どうしてもシメがないと味気ないという人は、ご飯がオススメです。ラーメンはそれそのものが油であげていますし、うどんは腹持ちがあまりよくありませんから、プラスアルファで餅を追加したりご飯と一緒に入れたりします。

腹持ちがよくカロリーも比較的小さいのはご飯ですから、あえてシメに何かを入れたいならご飯がオススメです。

高カロリーなアルコールの飲み過ぎ

鍋につきものなのがビールや日本酒などのアルコールです。確かにビールを片手に鍋をつつきながら四方山話を始めれば話も弾みます。

問題はアルコールのカロリーです。最もポピュラーなのはビールですが、焼酎やチューハイなども人気です。

そのカロリーはといいますと中ジョッキ一杯につきビールが145キロカロリー、焼酎が意外と小さくて70キロカロリー、生レモンサワーが110キロカロリーとなります。

梅酒ロックが95キロカロリーである事を考えると、焼酎のヘルシーぶりが際だちます。とはいえ何杯もお変わりすればカロリーはぐんぐんと上がっていきますから、ダイエット中の飲み過ぎにはご注意ください。

タレをつけすぎない

意外とくせものなのがタレです。しゃぶしゃぶをおいしく食べるための立て役者ともいうべきタレは、一般的にごまだれが多く付け合わせられますが、意外と高カロリーなのです。

ごまそのものはヘルシーで栄養満点な食材として知られているものの、そこに砂糖を含めてなんだかんだと調味されていますから、高カロリーになっています。ダイエットを考えるならポン酢がオススメです。

しゃぶしゃぶは低カロリーな部位やタレを選ぼう

鍋の中でもヘルシーだと思っていたしゃぶしゃぶも、使う肉やトッピングの素材によってこんなにもカロリーが変わるのだという事に、びっくりした人も多かったのではないでしょうか。

魚やラム肉など低カロリーな素材を使ったり、タレをヘルシーなものにしたりする事によってダイエット中でも安心して食べる事ができます。

汁はやはりそのまま飲まない方が無難ですし、アルコールは焼酎にしてみるなど低カロリーなものに変えてみるのも手です。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール