働き方

整体師の平均年収や仕事内容とは。手に職をつけて活躍しよう

街中で「整体院」という看板をよく目にしたことがありませんか?最近は、自分が整体院に通ったことをきっかけに整体師を目指す女性が増えています。特別な国家資格は必要ない整体師ですが、年収や仕事内容はどのようなものなのか把握していきましょう。

整体師とは

整体師は、おもに整体院に訪れる身体に不調を抱えた患者様の施術を行うお仕事。最近では、美容業界やスポーツ選手などにも整体師としてのニーズが高まってきているようです。企業で働く、独立開業などさまざまな可能性がある整体師業界。では、整体師の年収などチェックしていきましょう。

整体師の給料についてチェック

整体院やサロンで働いている人が多い整体師。人の身体に直接触れるという大事なお仕事ですが、実際の年収、月収は一体どのくらいもらえるのでしょうか。

平均年収

整体師は、おもに整体院が勤務先となりますが、リラクゼーションサロンなどでも整体師として働いている方が多くいます。勤務先によって、収入に大きな差がありますが、整体院で働く整体師の平均年収は、200万円?300万円といわれています。整体院の院長経営者は、平均年収600万円となり、独立開業経営者になり多店舗経営がうまく行くと年収1,000万円以上になります。リラクゼーションサロンでの整体師は歩合制が多く、平均は300万円?500万円ですが、人気店で指名が多く取れると年収はもっと上がり500万円?600万円になります。

平均月収給料

国税庁の年齢別階層年収と平均年収を比べた結果をみていきましょう。

・20代は、平均年収194万円?241万円、平均月収12万円?15万円。

・30代は、平均年収265万円?303万円、平均月収17万円?19万円。

・40代は、平均年収349万円?381万円、平均月収21万円?24万円。

・50代は、平均年収405万円?408万円、平均月収25万円?26万円。

・60代は、平均年収275万円、平均月収17万円。

整体院をはじめ、介護施設などで働く整体師の年収・月収のおおよその平均値となります。

歩合制のサロンや独立開業をすると、自分の頑張り次第によって年収や月収がアップしていきます。プロスポーツ選手の専属の整体師として働く場合は平均年収は500万円ほどといわれています。

生涯年収

ここまで年代別に平均年収・月収についてチェックしてきましたが、決して高いお給料とは言い難いものでしたね。そんな整体師の生涯年収は1億4,400万円といわれています。日本の給与所得者全体の生涯平均年収は、2億円少々といわれていますので、整体師の生涯年収はかなり低めです。

整体師は他の仕事とくらべて高い?それとも低い?

人の体に直接触れるお仕事は、整体師の他に理学療法士や作業療法士、柔道整復師、エステティシャンなどがありますが、整体師と比べて年収・月収はどのくらい差があるのかみていきましょう。

柔道整復師の平均月収と年収

整体師と違って「国家資格」が必要になる柔道整復師。接骨院や整骨院をはじめ、病院やリハビリ施設でも働くことができます。そんな柔道整復師の月収は、平均23万円前後で平均年収は400万円?600万円と言われています。整体師の平均年収とくらべて少し高いようです。独立開業し、成功となれば年収は上がっていきます。

理学療法士・作業療法士の平均月収と年収

理学療法士の平均月収は、16万円?23万円で、平均年収は300万円?450万円。作業療法士の平均月収は23万円?25万円で、平均年収は390万円?430万円。いずれも専門学校や短大、大学で知識と技術を身につけ「国家資格」を取得しなければなりません。理学療法士・作業療法士は、病院で勤務しているイメージがあるかと思いますが、近年ではリハビリを重視した介護福祉施設でも多く必要とされています。

エステティシャンの平均月収と年収

ボディやフェイシャルなど全身の美容を行うエステティシャン。大手のエステサロンで働く場合の平均月収は18万円?20万円が相場で、平均年収は380万円といわれています。大手のエステサロンで経験を積み、他の企業やフリーのエステティシャン、美容部員、アロマ講師などに転職して月収、年収をアップする人も多いようです。

整体師で年収1,000万円は可能?

これまで整体師の月収、年収について調べてきましたが、決して高いお給料とはいえませんよね。では、整体師として「年収1,000万円」稼ぐことは可能なのでしょうか。

整体院やサロンで頑張って勤務していてもお給料はあまり上がらず、年収1,000万円へ到達することはなかなか難しいといえます。整体師は、比較的少ない開業資金で独立開業できるといわれています。宣伝をして来店したお客様がリピーターになって、お店が繁盛していくと年収はアップしていきます。一つの店舗を繁盛させるとだいたい年収は600万円ほどになります。店舗を最低二つは持ち、レベルの高い経営スキルを身につけると年収1,000万円稼ぐことはできるのではないでしょうか。

整体師の仕事概要

肩こりや腰痛など気になる症状がある患者さまに筋肉や骨盤の調整をして症状の改善をしていくお仕事です。また、受付業務や患者さまと問診によってコミュニケーションをとり、施術後に自宅でもできるような簡単なストレッチなども教えます。カルテに症状などを記入することも大切なお仕事です。

最近では、美容業界でも活躍している整体師の方がたくさんいます。整体師とリフレクソロジー、アロマコーディネーターなどの資格をとり、リンパマッサージや指圧、骨盤矯正を行うサロンが増えています。

また、アスリートやスポーツ選手に対して、筋肉をほぐしたりとより活躍できるようにコンディショニングを整えるための施術を行う整体師もいます。

整体師になるための勉強や資格

整体師には、柔道整復師やはり・鍼灸師と違い、特別な資格は必要ありません。ですが、身体に直接触れるお仕事ですので、筋肉や骨、生理学や解剖学などの知識をつけておくべきです。そのために大学や専門学校で専門知識を学んでおいてほうがよいでしょう。整体師としてスポーツ選手に関わっていきたいというビジョンを持っているかたは、運動学などの知識も必要となります。

整体師として美容業界で活躍したいというプランがある方は、リフレクソロジーやアロマコーディネーター、エステティシャン認定資格も合わせて取得しておくと視野が広まり今後のお仕事に役立ちます。

女性は働きやすい仕事なの?

近年では、女性整体師のニーズが高まっています。理由として、女性の患者さまが男性ではなく女性に施術してもらいたいと思っているかたが多くいることが上げられます。男性の施術は力が強くてもみ返しが起きたりする患者さまもいるため、女性整体師の適度な力のほうがよいというかたもいます。

また、自宅の一部で小顔エステや骨盤矯正などを行なっている美容サロンが急増しています。インテリアや施術メニューにもこだわり、多くの女性はサロンで非日常感を味わいながら心身ともにリラックスして、より綺麗になるために美容サロンを求めています。

こういった理由から、女性整体師のニーズが高まってきているので、女性も働きやすいお仕事といえるでしょう。また、指名制のサロンやリピーターが増えていくと、月収・年収も上がっていくので今後は女性整体師が増えていく可能性があります。

整体師は女性も手に職がついて輝けるお仕事

記載した平均年収は決して高いとはいえない整体師の現状。ですが、指名をたくさんもらえたり独立開業をして複数の店舗を持ち、成功すると年収はどんどん上がります。そのためには、下積みがとても大切になります。多くのお客さまを施術することはもちろんですが、しっかり知識も身につけなければなりません。

スキルアップをしていけば、たくさんの人の身体の不調を自分の手で治していけます。また、自分が作り出す空気や空間により多くのお客さまをリラックスさせることができます。

たくさんの可能性がある整体師。手に職がついてお客さまが少しでも幸せを感じて、癒しを与えられる、そんな風に輝けるお仕事です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール