• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 美容師の年収はどのくらい。髪を通して「美しさ」をプレゼント
働き方

美容師の年収はどのくらい。髪を通して「美しさ」をプレゼント

女性が輝くことができる仕事の一つ「美容師」。髪を通してお客様に「美」と「自信」「心の豊かさ」を提供できる仕事です。その美容師はどんな仕事をして、どのくらい収入を得ているのでしょうか。決して楽ではない職種ですが、その分やりがいもあるのです。

美容師の年収を把握しよう

美容師の仕事は、主にカットやカラー、パーマ、シャンプーブローなどをおこない、お客様の髪をきれいにする仕事です。最近ではまつ毛エクステやメイク、エステなどのトータルビューティーのサービスを提供する美容室も増え、仕事の幅がとても広がっています。

ではその美容師の年収をどのくらいなのかを、さまざまな角度からみて把握していきましょう。

美容師の給料についてチェックしていきましょう

まずは美容師は華やかな仕事のようにみえて、じつは職人のように技術ありきの仕事です。さらに一人前になっても日々勉強していかなければなりません。休みの日にはセミナーなどに行ったり、仕事が終わったあとにはレッスンをして技術の向上に勤しまないといけません。

それだけ大変な仕事の分、お客様をつければ待遇などは格段に跳ねあがります。要はお客様にどれだけ指名してもらえるかが給料の良し悪しになってくる仕事です。なにより美容師は独立もできます。腕一本あれば独立ができるため、ほかの職業よりは独立をしやすいのではないでしょうか。

平均年収

美容師の平均年収はほかの仕事と違って低いほうです。しかし美容師の仕事は職人のような技術職の仕事です。また見習いから始まり、最後はトップスタイリストや店長・オーナーというようにステップアップしていけます。もちろん独立という自分の夢をかなえることができます。ですので最初は低いですが、力をつけていくと比例して年収もあがります。

美容師の平均年収は285万円

美容師の平均年収は男性と女性どちらも変わらず約285万円といわれています。男性の平均年収が約307万円、女性の平均年収が約272万円です。また雇われている間は、よほど売上をあげない限りは高い年収は難しいでしょう。そのため、いつかは独立を目指す人が多いのではないでしょうか。

では年代別の平均年収では、20代では約235万(210万円~265万円)、30代では約345万円(293万円~398万円)、40代で約445万円(395万円~498万円)となっています。

※( )内は年代別の年収の範囲です。

しかし美容師の年収に大幅な振り幅があり、20代で年収1千万円以上稼ぐことができる仕事では、美容師は稼げる確率が高い職業なのです。指名のお客様をつけていけば売上もあがります。売上があがれば給料もあがります。ですから美容師は年齢も性別もあまり関係なく、実力があれば結果がつくのです。

平均月収 給料

では平均月収はいくらになるのか。美容師は雇われであれば、アシスタントとスタイリスト、店長に分かれます。また独立オーナーの場合の平均月収はいくらなのでしょう。

アシスタント・スタイリスト・店長(雇われ)

アシスタントは見習いといわれているため、平均月収は約18万円。スタイリストだとほとんどのお店で売上に対して変動していきます。スタイリストの場合は約25万円~35万円程です。

また都内の超有名店などではトップスタイリストになると月収50万以上です。店長の場合は単独店舗やチェーン店、都内か地方などによって給料は変わりますが、35万~50万円が相場といわれてます。

独立オーナー

独立オーナーの場合ですが、例えば都内の独立オーナーで平均月収が60万ほどです。都心の繁盛店になれば、月収100万円以上の独立オーナーもたくさんいます。しかし売上が低ければ、雇われているときよりも低い場合もあります。独立オーナーは売上に応じて変動していきます。

生涯年収

美容師の生涯年収は男性で約1億3千800万円、女性で約1億1千600万円です。一般的なサラリーマンで生涯年収が2億円以上なので生涯年収は低いです。

しかし指名のお客様をつけることができれば売上もあがり、また年収もあがります。力をつけて売上をあげていけばほかの仕事よりも高い年収を出すこともできます。

美容師はほかの仕事とくらべて給料は高い?それとも低い?

美容師はほかの仕事と比べると待遇はあまりよくありません。平均年収は285万円で一般の企業が年収400万円ほどといわれているので低いです。しかし美容師の仕事は技術さえあれば売上もあがり、キャリアアップすれば給料もあがります。また美容師はほかの仕事よりも独立が早くでき、売上次第では何倍も稼ぐ可能性があります。そのため一概に低いとはいえません。

美容師で年収1千万円は可能?

美容師は年収1千万円以上稼ぐことができる仕事です。美容師はさまざまな仕事のなかでも20代で年収1千万円以上稼いでいる人の割合がトップクラスに高い職業です。これは年功序列ではなく、指名のお客様をたくさんつけることができれば売上もあがり、それに比例して年収も高くなります。

例えば有名店のトップスタイリストだと年収2千万円以上稼いでいる人もいます。美容師は独立をすると年収が格段にあがります。もちろん売上をあげることが大前提ではありますが、年収1千万円を稼げることができる可能性が高いのです。

しかし美容業界はとてつもない競争社会

しかし今は美容室の数はコンビニエンスストアよりも多いといわれているため、ほかの美容室よりも差をつけるための努力は本当に大変なものになってきます。技術だけでなく、SNSなどを使って毎日アピールなどをすることも必要です。集客をすることも美容師の仕事です。

美容師の仕事概要

美容師の仕事は、美容室でお客様の髪の毛のカット、カラー、パーマ、シャンプー、トリートメントなどの施術を提供する仕事です。また最近では美容室でのネイルやハンドマッサージ、ヘッドスパ、エステやまつ毛エクステなどの仕事をしている美容師も多くなってきています。

昔のように髪だけを中心に経営していくには難しくなり、トータルビューティーサロンとして多種多様な仕事を提供している美容室がどんどん増えています。美容師の仕事の幅も格段に広がりました。

美容師になるための勉強や資格

美容師になるためには、国家資格である「美容師免許」の取得が必要です。美容師免許を取得するためには美容師の専門学校に行き卒業して国家試験に合格する必要があります。また美容師免許の専門学校は、二通りの専門学校があります。

一つは通学による通学制の専門学校です。こちらは2年間通学をし、所定の課程を修了し国家試験を受ける資格を取得します。そしてもう一つは通学ではなく、通信制の専門学校です。こちらは3年以上の学びが必要になってきます。

学び方の割合としては通学制の専門学校のほうが多いですが、美容室で仕事をしながら通信制で学んでいる美容師もいます。自分にあった勉強方法を選ぶといいでしょう。

女性は働きやすい仕事なの?

美容師は女性にとって働きやすい仕事のうちの一つです。お客様の7割以上のお客様は女性で、年齢関係なく「美しくなりたい」という気持ちがあるでしょう。またまつ毛エクステやネイルなど女性が求めるメニューも増えてます。その結果女性は、幅広い世代相手でも共感できるのです。

しかし勤務時間の拘束時間は、ほかの仕事よりも長いです。これはお客様が来る時間が遅かったりすることや、仕事が終わったあともカットやパーマ、カラーのレッスンがあるからです。

今は女性の意見を取り入れている美容室が増えてきている

近年美容室は女性のための待遇がよくなっています。結婚しても時短で雇ったり、休みなども昔よりも優遇されるようになりました。やはり女性の美容師はとても大切な戦力なのです。収入も女性のほうが少なくなっていますが、女性の働き方がさまざまになったため(パートタイムや時短勤務など)低くみえます。しかしそれだけ美容室が女性の美容師の要望を取り入れて雇用をしています。

美容師はとても素晴らしい仕事

美容師の仕事はお客様の髪を美しくし、お客様に喜んでもらえる、とてもやりがいのある仕事です。しかしアシスタントは収入も低く大変ですが、スタイリストになり売上をあげていけば、トップスタイリストや店長にキャリアアップしていけるため、ほかの仕事よりも高い給料をもらうことができます。

女性で独立して成功している美容師はたくさんいます。美容師は「美」をお客様に提供できる素晴らしい仕事です。女性がいつまでも輝ける素晴らしい仕事なのです。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール